【映】ドラゴン・タトゥーの女

ドラゴン・タトゥーの女


物語の内容はここ「ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女/スティーグ・ラーソン
原作の感想です。

スウェーデン版の映画の感想は⇒「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女


スウェーデン版よりもやっぱり面白かったです。
OPから度肝を抜かれるほどスタイリッシュで釣り込まれた!
リスベットの配役は、スウェーデン版よりも良かったと思う。
かっこいいイメージと、頼りなげなかわいいイメージもちゃんとあって、納得の配役。
ただ、スウェーデン版と同じく「ワプス」としての活躍があまり描かれておらず、そこは原作で一番大好きな部分だったので、がっかりしたかも。
原作とはラストが少しだけ違う。
思い切ったはしょり方をしたと思うけど、すっきりしてよかった。
ダニエル・グレイクも案外イケてました。

ラストは切ないんだよね~。
原作もそうなんだけど、このまま終わってほしくないと思ってます。
思っていても作者がいない今、なんともならないんだろうけど・・・。

★★★★

スポンサーサイト
13:00 : [映画タイトル]た行トラックバック(0)  コメント(0)

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL