【映】ザ・ライト エクソシストの真実

B004PVTF3Iザ・ライト エクソシストの真実 Blu-ray & DVDセット(初回限定生産)
ワーナー・ホーム・ビデオ 2011-08-17

by G-Tools


引き続きオカルト映画・・・。
見たのはもっと前ですが。さくっと感想を。

今現在、この現代に、カトリックでは大真面目に「悪魔祓い」の講義が行われているのを観てある種のショックを受けた。
映画や物語の中だけのことだと思っていた。
最初は「科学的」「医学的」に「対象者」を見ようとする主人公。
その見地から「エクソシストの真実」を解明するとばかり思っていたのだけど、じつは真逆で、主人公の思考が変わっていく。
「悪魔は存在する!」
・・・う~~ん・・・・どうしても賛同できないので映画も楽しめない私。
物語は真実に基づいていると言うけど、どこまで真実なのか非常に怪しいと思う。
お腹から釘が出てきたりとか、神父なんかの表情とか脚色では。
映画の中で神父が言うせりふがあって(なんといったのか忘れてしまったけど)それを聞いたとき、キリスト教を信仰することが悪魔に取り付かれる恐怖を伴うなら信仰しないほうがいいのではなかろうか?と思った。


実は悪魔というのはメタファーで、自身の中の邪な気持ちや負の部分一切合財を示しているのかも。
エクソシストというのはそういうものとの闘いを表しているのか・・・。
・・・・にしても、やっぱり私には理解できない。
スポンサーサイト
11:45 : [映画タイトル]さ行トラックバック(0)  コメント(0)

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL