砂漠/伊坂幸太郎

4408534846砂漠
伊坂 幸太郎
実業之日本社 2005-12-10

by G-Tools


面白かった!!
PCよりも、本!と思わせる面白さでした。
読後も爽やか~♪
そして、なんだか、ちょっぴり切ない。
時間はあっという間に過ぎていく。そんなせつなさかな?
そして、「友だちっていいもんですね♪」って素直に思える。心地よい読後感だった。
ちょっとした叙述トリックが入ってますね。
思わず、前の部分を読み返したよ。そしたら、やっぱり、そう言うことねと納得できる部分が各所に散りばめられてた。
これが、切なさを倍増しにした。
やられました。

伊坂さんはなんとたったの2冊目です。
それはかなり、好みの作品だったんですが
結構意見が分かれる作品で、好きじゃないという人も大勢いましたね。
伊坂さんの作品は癖があるとか良く聞きまして、ちょっと躊躇する気持ちが無きにしも非ずでした。
初読み本が好みだったんだから、他の本も手を出せばよかったのに。

で、2冊目のこの作品、とっても面白かったのです!!

+++あらすじ+++

主人公の僕、北村。盛岡出身で、仙台の国立大学に入学。
新入コンパで知り合った同級生に、マージャンに誘われます。
「北」村
「東」堂
「西」嶋
「南」
そして、鳥井の5人がなんとなくひとつのグループになり、行動をともにするようになるんです。
彼らが、騒動に巻き込まれたり、恋をしたり、マージャンをしたりして、繰り広げるキャンパスライフ、青春グラフィティ。

+++

西嶋がすっごく好き。
自分がもしも西嶋の身近にいたら、彼らのように西嶋のよさを分かったかどうかはギモンだけど。きっと「変な人」「嫌味な人」「やたら熱くなって迷惑」なんて思って敬遠するんじゃないかな~と思う。
でも、そんなうっとおしい西嶋を自然な感じで仲間として尊重している、他のメンバーもいい感じです。
まっとうなことを言ってるのに、明らかに「浮いてる」。
今の日本で、「まっとうなこと」を声高に主張するのは、「普通」とは違うのでは…。
心では思ってても、口に出したり出来ないと思う。
それをやってしまう西嶋は素敵な人です。
はっきり言って、西嶋から…と言うよりも、西嶋の発言に見入ってしまった。

「その気になれば砂漠に雪を降らせることもできる」

この言葉を「ムリだろ」と笑うか、共感できるか…。私は共感できる人間でありたいなと思いました。(それにはちょっとトウが立ちすぎてるけどね)

+++

↓私の読んだのは「アヒルと鴨のコインロッカー」
これも良かったです。

アヒルと鴨のコインロッカー
伊坂 幸太郎

4488017002

関連商品
重力ピエロ
チルドレン
陽気なギャングが地球を回す
グラスホッパー
死神の精度
by G-Tools
スポンサーサイト
21:37 : [本・タイトル]さ行トラックバック(3)  コメント(12)
伊坂作品は苦手意識が強いんだけど気になるんですよ。
shortさんの感想を読んだら読んでみよーかと思っちゃいました。
あちこち見てみると『砂漠』は読みやすいように思います。
さて先日はたっくさんTBありがとーございました。
いよいよ明日から4月!
また1年頑張りましょー…。

2006/03/31(金) 21:11:50 | ユミ │ URL | [編集]

ねーや!気が合うね。UPした日が一緒だったとは!
私は伊坂さん4作目だったと思うんだけどこれはHITだったよ!
いつもドキドキして読むからね、またハズレじゃないかとか思って。
でも前回読んだ『死神の精度』も面白かったし徐々に苦手は克服しつつあるようでホッとしてます。
そうそう!ねーさまが言うとおり西嶋のよさは私にも判らずに終わりそうな気がするわ(^^ゞ

2006/04/01(土) 00:14:28 | らぴ~♪ │ URL | [編集]

ひさしぶりです。
ふらっと、立ち寄ったら、「砂漠」の感想が書かれていたので、TBさせていただきました。
伊坂さんの作品、最近、読み続けています。
新作「終末のフール」も予約入れました。

2006/04/02(日) 21:41:31 | 花 │ URL | [編集]

伊坂さんの作品全部が私も受け入れ
できるかというとそうでもないのです。
新作の「終末のフール」を読んだが、
これは、あまり相性良くなかった。
読んでみる?
でも、「砂漠」は、楽しかった。
きっと麻雀知ってたら倍増してたんだろうなぁと思うと損した気分。

2006/04/04(火) 09:40:05 | あさみ │ URL | [編集]

うぎゃー。めっちゃ遅レスでゴメンナサイ!!
ユミさんも伊坂さん苦手なの?わたしは苦手と思うほどは読んでなくて、今のところあたりばかりですよ。
これはねー、面白いよ!大学生ってこんな感じなのかなって、羨ましかったです。大学生活を送ったヒトなら、きっと懐かしいと思うかも♪

2006/04/04(火) 13:42:24 | short │ URL | [編集]

わお、遅レス許して~~ごめんね!!
で、らぴーってば、ドキドキしながらもつい、伊坂作品を読んじゃうなんて、そりゃアアタ、ファンなのだね!!
わたしなんて、あたり♪と思っても、次々とは読まないんだからファンとはいえないもんね。
西嶋って、絶対リアルな知り合いだったら、彼のよさは分からないよね。
この物語は、西嶋のよさを分かるやつらの物語、という感じがしました♪

2006/04/04(火) 13:45:48 | short │ URL | [編集]

ご無沙汰してます♪TBありがとうございます!
わたしもあとでさせていただきますね。
面白かったですね♪最初はマッタリしていたけど、「春」の後半からあとは一気読みでした!
伊坂さんのほかの作品でお勧めがあればまた教えてください。
こんなにも意見の分かれる作家さんはあんまり、いないんじゃないでしょか?

2006/04/04(火) 13:53:31 | short │ URL | [編集]

あさみさん、長々お借りしていてスミマセン^^;
でも今回もヒット作品ばかりです!あさみさんの眼力に感謝♪
あひるの空もおもしろいよ~♪
あさみさんのお好きな伊坂作品は「チルドレン」だっけ?前にオフ会の時、聞いたのに忘れた…。
あさみさんが面白くないと言う「週末のフール」…読みたいような読みたくないような…悩みますね
でも、図書館で借りるとしたら10人目…!伊坂さんも人気で品薄です。
積読が多いので、今回はパスさせていただこうかな…。

2006/04/04(火) 14:06:17 | short │ URL | [編集]

ねーや、(*^-^*)/こんばんは~♪
私もTBさせていただきましたよ。
よろしくですーー
終末のフール
私予約入れたのだけど
あさみさんはイマイチだったのね
なんか不安になってきた。。。。(^^ゞ

2006/04/05(水) 20:15:38 | らぴ~♪ │ URL | [編集]

ありがとー。TBうれしー^^
らぴーのところはTBって、もしかして出来ないのかな。
してもらうだけで申し訳ないね♪
フール。わたしも読みたくなってきたよ。
案外評判も悪くないよね。
ただ、図書館、めぼしい伊坂作品は10人ぐらい待たされるよ。
人気ですね。伊坂さん♪

2006/04/06(木) 17:20:09 | short │ URL | [編集]

ショートさん、こんばんは♪
昨晩はありがとうございました。

この作品、伊坂作品の中で1番好きですね。
先ほどTBしようとしたら出来ませんでした。
システムエラーかな(汗)

連続小説、第6回まで書きました。
登場人物紹介欄も作りました。
見て驚いてください(笑)

2006/04/23(日) 19:46:39 | トラキチ │ URL | [編集]

トラちゃんおはよーです♪
こちらこそ、ありがとうございました。またしても話題がイイ男方面に逸れてしまい、ほかの方には申し訳ないことを…。誰か止めてくれる人がいりますね(笑)
「砂漠」は伊坂作品でトラちゃんのイチオシ?私は2作目だけど「あひかも」のほうがどっちかと言うとすきかな。むろん、こちらも良かったですが。TB出来ないときあるね。こちらから挑戦してみますね。
登場人物のご紹介もありがとう(笑)今後の活躍を楽しみにしてます(笑)

2006/04/24(月) 10:12:57 | short │ URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

砂漠伊坂幸太郎実業之日本社 2005年12月 大学生になった春。法学部の同じクラスの学生が居酒屋に集まる。盛岡出身の北村は、鳥井、南、東堂、西嶋ら新しい仲間と出会う。東西南北の名前から、北村は麻雀に誘われる・・・・・・・・・北村―――上から全体を

2006/04/02(日) 21:44:09 | <花>の本と映画の感想

砂漠 東北のある大学に入学した北村はクラスメイトとなった鳥居に誘われたのをきっかけに 西嶋、南、東堂らと麻雀を通じて仲良くなりしばしば行動をともにするようになる。 好奇心から様々なことに首を突っ込んでは次々にトラブルを起こしてしまう彼らの 大学4年間を綴っ

2006/04/05(水) 20:12:55 | Amazing Grace BOOK REVIEW

砂漠大学入学と共に主人公北村が鳥井、西嶋、東堂、南と出会い過ごす4年間、細かい出来事は書かれてないけど、主だった出来事だけ振り返っている。名前が北が付くだけで麻雀のメンバーに誘われたり、南という女性は特殊な力を持っている~だなんて普通の日常からチョット外

2006/04/06(木) 23:44:11 | みかんのReading Diary♪