【映】ロストアイズ

B005DPSQ26ロスト・アイズ [Blu-ray]
SHOCHIKU Co.,Ltd.(SH)(D) 2011-11-11

by G-Tools


失明した姉が首吊り自殺。フリアは不審を感じ、姉の死の真相を探る。
背後に感じる「男」の気配。自身にも忍び寄る失明の恐怖。
誰を信じれば良いのか・・・緊張の連続の果てに見えたものは・・・。


デルトロ製作と聞いて期待して見た。
「永遠の子どもたち」が大好きなのだけど、今回すこしだけ趣が違い、ホラーと言うよりもサスペンス。
でも怖~~~い感じがとても面白かった。
アングルが怖いですよね。いつもながら。
フリアが目の見えない女性に取り囲まれるシーンとか、犯人と思しき男と対峙するシーンとか、ドキドキさせられたシーンがたくさんあって満足!
ラスト付近には誰もが目を背けたくなるシーンがあり、今まで見た痛いシーンの中でも最高に「痛い」シーンだった。
そしてやっぱりどこか切なくて優しい。こんなに怖いのにラストは涙・・・・。


見えている人間には「見えない」男、
見えない人間には「見える」男
皮肉で悲しい。
そして美しい結末。
見えなくなる前に「見たい」ものはなんだったのか。
そこには確かに「愛」があった。

★★★★


スポンサーサイト
11:43 : [映画タイトル]ら行トラックバック(1)  コメント(0)

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

『パンズ・ラビリンス』、『ヘルボーイ』のギレルモ・デル・トロが製作を勤めたスペイン映画『ロスト・アイズ』。 “目が見えなくなることの恐怖”、“人の顔が見えない恐怖”を映像的にうまく表現していて、なかなか面白い映画です。 冒頭の超常ホラーのような展開...

2012/01/23(月) 03:01:10 | Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>