【韓】ウォンビン作品個人的ベスト3

思えばあれは昨年の秋・・・忘れもしない9月の29日のことでした・・・。
後にウォンビンさんのお誕生日と知った、ご縁のあるその日。
私は映画「アジョシ」を見て、ウォンビンさんにドはまりしてしまいました。
それからはあけても暮れてもウォンビンさん一色の毎日でした。
今のところ、一般的に見られるであろうと思われる作品は、網羅したつもりです



しかし、最初に「アジョシ」でハマった私から見たら、見れば見るほどにビンくんの魅力にまいるばかりで、「アジョシ」で見せたテシクのカッコよさは、ビンくんの中のホンの一部分であったことが分かりました。
どのドラマでもまるで別人のような表情、そしてどのドラマでもとことん魅力的。
いつもいつも主役俳優を食ってしまう勢いがありました。
恐らく「クアンキ」や「レディゴー」や「コッチ」では、ドラマの進行とともにビンくんの人気が上がり、本来は準主役であったのが主役級にと変わって行ったのではないですか?
・・・こんなことは従来のファンの方々には「いまさら」なことでしょうね(^_^;)。

さて、そんな中で私なりにトップ3の作品を上げて見たいと思うのです。
もちろんどのビンくんも素敵だったので、甲乙つけがたいのは山々ですが、あえてやってみる。


ではまず
ベスト3から!
(カウントダウンなの・笑・・ネタバレを含みますのでご注意ください)

ベスト3は・・・・・


「クアンキ」です!!

とにかくロン毛のビンくんがカッコいい!!
ちょっとクールで、でも本当は温かい男の子。
恋と友情の狭間で揺れに揺れるカン・ミンの切なさにやられました!
イ・ドンゴンさんの演じたドンウクがまた良いキャラで、恋人のソンヨンをカン・ミンに委ねる決意をしたあたりのエピソードは涙、なみだでした。
そして晴れて恋人になったカン・ミンとソンヨンのラブラブっぷりがまたまぶしくて微笑ましくて、大好きなドラマになりました!
残念ながら市販のソフトは、全36話の半分の18話に縮められたもの。
全作品見たいものですね。
PCで見られないこともないようなのですが、専用ソフトをインストールしたり、ややこしそうです。こちら
PCで見るよりもテレビで見たいしね!!
今からでも遅くないので、全36話のソフト販売をお願いしたいものです。




そして第2位は・・・・




「フレンズ」です!!

これは他のドラマに比べて前後編の4時間足らずの短い時間ですが、ドラマとしての完成度が高く、また音楽が素晴らしいのです。サントラも買いまいして毎日運転のお供に聴いています。
メインテーマが美しくて切なくて、いつも目頭を熱くし、泣き顔になりながら運転しております(笑)。
ボーカルの女性の声も美しく、またあの主題歌も良いんですよ。
ドラマの内容も本当に素敵でした。
印象に残るシーンは、最初のほうでメールのやり取りをしているときの、ジフン。嬉しそうな顔と、いそいそメールチェックするしぐさが可愛くてたまりません!
が、それよりも何よりも個人的に思い出すのは、小澤さん演じる坂巻くんにコテンパンにやり込められて、無言で傷つくジフンの姿です。
私は自分がMっ気だと思ってましたが(^^ゞどうも、ビンくんに対してはSになるらしく(笑)ビンくんが傷ついていたり、泣きそうな顔になったり、切ない表情になったらめちゃくちゃ萌えてしまうようです。(ひょっとしてみなさんもそうではありませんか?)
だから、智子に去られたあとの空港での悄然とした姿も大好き!!!!!!!
それと、智子の潔い去りっぷりが大好きですね。
あんなに短い手紙一通で・・しかも、本心なんて書いてない手紙を残して、きっぱりと去った智子。
書きたいことは山ほどあったはずです。
私だったら便箋10枚あっても足りないに違いないと思われ・・・あ、私のことはどうでも良いですね(^^ゞ
あのときの智子の決意が大好きです。
終り方も、ジフンの台詞で「これからが大変だ。でも今は考えないようにしよう」なんて・・・・・問題を丸投げしても愛を取る覚悟と潔さ(笑)。
本当に素敵なドラマだったなぁ・・・・。
こころからうっとりしました。
こんな文章を書いているだけでも感極まって泣けてきます(爆)。
これはレンタルじゃなくて、ボックスを買いました。
だから、特典映像も楽しみました。
ビンくんの人気のすごいこと!!!さもありなん・・・ですが、本当に偉大な人気者ですね。
今は当時よりももっと人気に拍車がかかってるんですよね。



そして、第一位は・・・・・・

じゃじゃーん「コッチ」です!!!

やっぱり見終えてすぐって言うのも、印象が強い原因ですが、何と言っても「長い」!!
長い間、ビンくんを見ていられるって素晴らしいことでした(笑)。
(だから結局映画よりもドラマが好きになってしまいました)
それだけじゃないですよ、もちろん!ミョンテの成長が素晴らしくて泣かされました!!
年上の女性、サンランとの禁断の恋。
セーターをプレゼントされてサンランへの恋心を自覚した辺りから、萌え萌えのキュンキュンで見てました!
当初は不倫ではなかったので、なぜそこまで反対されるのか良く分からない部分もありましたが、いざ結ばれそうになったときようやく私も疑問・・・というか不安を感じ(笑)黙って立ち去ったサンランの決断にはほっとしたし、また、潔さに感銘も受けました。
(「フレンズ」の智子といい、潔い女性が好きなのかも・・・
 自分がウジウジしてるから・・あ、私のことは良いってば!)
一番好きなシーンは、そりゃもう無理やりのキスシーンも良いし、最後にやっと抱き合う二人の姿もいいです。
「俺はいつまでも待つよ」と言う懐の大きな男になったミョンテの台詞に、今度こそは私も
「サンラン!行ってよし!!行け!飛び込め!行かなきゃ女じゃないぞ!」と背中を押しました(笑)。
しかし、何よりも好きなのは、キョングが怪我をして入院中に、サンランがキョングとともに平澤を去る決意をしたときのこと。
ミョンテが捨てられた子犬のような目で
「行かないね。どこへも行かないね」
とサンランにすがったあのシーン。
あれはもう号泣しましたが・・・・思い出しても涙が・・・・あのときのビンくんほど萌えさせるシーンはなかったです。
そしてラストの
「俺が来るのを、待ってなかった?」
ぎゃーーーーー!!!これこれ!!
クラクラするほどにミョンテが愛しいです~~!
サンランに「待ってたわ」と言わせたい。待ってたわと言われたいミョンテ。気持ちが可愛くて切なくて愛しくていじらしくて悶絶でした!
心に残るせりふ大賞決定です!

ミョンテとサンランのロマンスのほかも見応えがありすぎ~の面白すぎ~のドラマでした(*^_^*)
長男ジュンテの人格者っ振りも印象深く、またヒョンテが・・・あの、ヒョンテがミョンテに「どこへも行くな。俺とここにいてくれ」って言うのも良かったなぁ~~~~。
ま、思うことは色々と書いてきたのでここでは多くは語りませんけど(充分多いか?)。



・・・・と揚げ連ねてみれば、なんと「アジョシ」はトップ3の選から漏れてしまってますけど(^_^;)
でも、充分大好きだということ、他の作品も大好きだということを最後に追記しておきます。
「アジョシ」のBD発売まであと少しと思うだけで胸が苦しくなる今日この頃ですもん・・・・。


最後に、全部の感想のリンクを貼っておきます。



・アジョシ 感想
・彼が駅で降りた 感想
・マイブラザー 感想
・ブラザーフッド 感想未アップ
・秋の童話 感想 その1 その2 その3
・フレンズ 感想
・ガン&トークス 感想 その他
・プロポーズ 感想
・レディーゴー 感想
・クアンキ 感想 その1 その2 その3
・コッチ 感想 その1 その2 その3 その4 その5 その6 その7
・母なる証明 感想(まだビンくんのファンでないころにつき悪しからず)

んーむ。こうしてみると12本ですか?
キャリアと人気の割りに寡作なお方・・・・。



ビンくんのことをこうして書いている時間って、本当に楽しかったです。
韓国ドラマは見ないもんだと思ってましたが、見てみればすごく面白いし、韓国の人たちの考え方や風習、習慣も垣間見えたし、何よりも韓国が身近に感じられるようになりました。
いつか私も行って見たいなー。

また、いつもビンくん関連の記事に拍手やコメントしてくださった方々には本当に感謝です。
見てもらってる=共感してもらってる というのは嬉しかったです。
ありがとうございました(*^_^*)
ビンくんの記事は今後も書くかもしれませんが、既出の作品の感想はこれでオシマイになるので・・・寂しいですがここでいったんお礼とさせていただきます。


今後はどんな作品に出演されるのか楽しみですが、どんな作品にしろご活躍を念じています。
いつまでも輝き続けるビンくんでしょう。
みなさんとご一緒に応援して行けたら・・・と思っています(*^_^*)

潔くない私のだらだらした文章にお付き合いいただき(笑)ありがとうございました。

スポンサーサイト
11:48 : [そのほか]韓国ドラマトラックバック(0)  コメント(4)
shortさん こんばんは^^
ビン君の作品を完全網羅されましたね~おめでとうございます^^/
「コッチ」がshortさんのベスト1ですね☆

学生服を着たやんちゃな高校生ミョンテ、サンランさんからのプレゼント
された地味なセーターを着て心ときめくミョンテ、血気盛んな青年から
包容力のある立派な大人に成長するまでのミョンテを見ながら、時には母、
時にはコッチちゃん、そして最後にはサンランさんになりた~い!
と、誰もが思いながら観た作品ですね^^

最終話~ミョンテのサンランさんへの愛の名台詞や家族の幸せそうな
笑顔は、長~いトンネルからやっと抜け出し爽やかな風が吹きそよいで
いるような すがすがしい気分にしてくれますね♪ 
これは、50話を最後まで観たご褒美♪ だと勝手に思っています^^♪

私もドラマの中では「コッチ」が一番好きな作品です☆

shortさんの素直な感想はとても新鮮で楽しく興味深く読ませていただきました。
どうもありがとうございましたm(_)m
これからもビン君の活躍を念じてゆっくりと一緒に応援させてください^^
また、お邪魔させていただきますね~^^/ 

2012/01/16(月) 21:15:16 | macky │ URL | [編集]

mackyさん いらっしゃいませ♪
さっそくご覧いただいてありがとうざいます。

はい、「コッチ」もう大好きな作品になりました!!!
> 私もドラマの中では「コッチ」が一番好きな作品です☆
mackyさんと一緒なんて嬉しすぎます!!(*^_^*)

この数ヶ月、本当に楽しかったです。
「明日も『アジョシ』を見に行こう」とか
「明日は『コッチ』の続きを借りに行こう」とか
「明日は落札した『フレンズ』が届くかしら」とか・・・
(ごめんなさい。中古で買ってしまいました(^_^;))
明日を楽しみに待つなんて、私の生活ではなかなかあることじゃないので(笑)
ワクワクした日々を過ごさせていただきました!!
これからはまた、2月2日に向けて「待ち遠しい」感を味わうことになると思いますが(*^_^*)

コッチの感想は、mackyさんが端的にずばりと書いてくださるとおり、
そのとおりの物語でした。
良いお話でしたね~~。
そうでしょう。みんなが「コッチ」「お母さん」「サンランさん」になりたかったでしょう。
最後の大団円の嬉しさは50話見たご褒美・・・なんて素敵な表現でしょう!!
本当にそうですね!
最後にご褒美が待っているから、この作品がすきなんです、きっと。
智子ちゃんが言うように
「途中は泣けるけど最後はハッピーエンド」
が一番いいですもん。


>
> shortさんの素直な感想はとても新鮮で楽しく興味深く読ませていただきました。
> どうもありがとうございましたm(_)m

身に余るお言葉です。こちらこそマメに覗いてくださってありがとうございました。
コメントもいつも温かく感謝感謝です。

> これからもビン君の活躍を念じてゆっくりと一緒に応援させてください^^
> また、お邪魔させていただきますね~^^/ 

こちらこそ皆さんと一緒に応援させてくださいませ!
私もmackyさんのブログをいつも楽しみにしています。
今後ともどうぞよろしくお願いします(*^_^*)

2012/01/16(月) 22:11:31 | short │ URL | [編集]

こんにちは!私のところにコメント下さっていたのにお返事が本当に遅くなりまして申し訳ありませんでした。今年も本当に宜しくお願い致します☆

shortさんのベスト3にはガン&トークスは入ってないのですね~。私はビンくん熱が落ち着いている今もこれが一番ですね。でもコッチが一番というのはビン君聞くと嬉しがると思いますよ(笑)渾身の作品のようですもんね。私は…本当の意味で韓流にハマれないんだと思います。ビンくんは韓流だと思ってませんし、たまたま韓国の人?みたいな。だからやっぱり好きなのは映画に出てるビン君なのかも。王家衛作品とか出てくれないかな~?と昔から思ってます。

2012/01/22(日) 00:08:56 | アキ │ URL | [編集]

アキさん
コメントありがとうございます。
「ガン&トークス」も「アジョシ」も「ブラザーフッド」もトップ3に入れませんでした。
ガッカリされましたか?ごめんなさい(^_^;)

私は一気にこれらの作品を見たんですが、やっぱりラブストーリーが良いなーと思ったんですよ。
「ガン&トークス」ももちろん良かったですよ!ビンくん、カワユかったですよね。
サントラも買ってしまったんですよ。(*^_^*)
内容的には言いたい事もいろいろありますが笑、面白い映画で気に入りました。

>ビンくんは韓流だと思ってませんし、たまたま韓国の人?

わかります!私も同じ気持ちですよ。
私も決して「韓流」にはまったわけではないと思ってるんですけど・・・・・
でも、ビンくんの「ドラマ」にはずっぽりとハマってしまいましたね。

ひょっとしてこれからもっと韓国ドラマをどんどん見たりして(笑)

ウォン・カーウァイ・・・・花様年華・・・ですよね~~(*^_^*)

ともかく今後の出演作品がすごく気になります。
良い映画に出てほしいですね。出来ればラブストーリーが良いかな(笑)

2012/01/22(日) 15:45:15 | short │ URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL