【本】銀色の絆/雫井秀介

銀色の絆
銀色の絆雫井 脩介

PHP研究所 2011-11-10
売り上げランキング : 60519


Amazonで詳しく見る
by G-Tools




横浜で何不自由ない暮らしの中で、娘の小織にフィギュアスケートを習わせていた梨津子は、夫の不義を機に離婚、実家のある名古屋へ転居する。
そこは言わずと知れたフィギュア王国。
子どもがコーチについて習っている間は、母親たちの談笑の時間となっていた横浜での選手生活とはまるで違い、名古屋では母親たちも熱心に練習に参加していた。そこで自分の態度を改め、娘の選手としての大成のため、一心に尽くすきもちになった梨津子。
娘の小織は、新しいコーチや強力なライバルたちを得て、練習に励む。
二人が目指すものは・・・・・。



すでに「田舎の公立大学」に進んだ主人公が「過去」を語る形なので、選手としての行く末は最初から暗示されている。
もう一方で、当時を母親目線で語る形で物語が進行していく。
華やかなリンクで舞うまでに、そして表彰台に上るまでに、どれだけの苦労や努力やその他モロモロがあるのか・・・母の目線でつづられる。
たとえば、子どもが練習している間は母親たちはビデオカメラでその姿を録画したり、コーチの手が届かないときなど、自らの娘のためにアドバイスをしたり、そのためにはもちろん母親たちもフィギュアスケートを勉強しなければならない。
コーチとの付き合い方。コーチのためには、弁当の係、コーヒーの係、おやつの係などを順番に受け持つ。あるいはコーチから母親に話があれば、ベンチの上に正座して聞く・・などなど、内部事情が明らかになっている。おそらくこれはリアルな実情なのじゃないだろうか。
金銭的な面も大きく、コーチ代、リンク代、衣装代、振り付け代、遠征代・・などなど、計り知れない大金が必要らしい。
トップに上り詰めるには、単に実力があるというだけではダメだということのようでもある。
実は読んでいて「へぇ~~」と思う反面、コレを知る意義は?と疑問がわいた。
著者は何が目的でこの小説を書いたのだろう?とさえ感じた。
こういった裏事情を何も知らず、選手の華やかな場面だけを見ていることを批判されているのか・・。
そして、過去と現在の二階層の物語なので、はなしが分断されているのか、過去を振り返る小織の口調によって、緊迫感が削がれたようにも感じられた。
母と娘が両者一丸となって死に物狂いでトップを目指すと言う感じじゃなかったので、ふたりの温度差にイライラさせられたというか、カタルシスが得られないと言うか・・・・。
ところが!
ラストは号泣!!
梨津子の気持ちになってみれば、同じ母親として共感できる部分もあったのだろう。読んでいる最中はあまり共感できないと感じたのだけど・・・。
すべてが終って、空の巣症候群のような、やりつくした燃え尽き症候群というか、そういう感情が梨津子よりも読者の私に芽生えたのかもしれない。

なお、作中、まるで真央ちゃんのような選手が出てきてあまりにも一致する符号に驚いてしまった。
雫井さん、いつこれを書き上げたのか。知っておられたのか。しゃれにならないような気がした。
スポンサーサイト
15:47 : [本・タイトル]か行トラックバック(1)  コメント(0)

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

親が子に対してできることってなんだろう?そんな母と娘の絆とは?  まずは来訪記念にどうかひとつ!  人気blogランキング【あらすじ】夫の浮気で離婚、娘の小織とともに名古屋へと転居し、無気力な日々を送っていた藤里梨津子だったが、フィギュアスケートの名コーチ...

2012/01/31(火) 16:42:40 | じゅずじの旦那