【本】フリーター、家を買う。/有川浩

4344017226フリーター、家を買う。
有川 浩
幻冬舎 2009-08

by G-Tools



11月に読んだ本ですが・・・。ちなみに11月は3冊読みました。10月が2冊だったので、読書もゆるゆる~~~~~~~っと復帰してきたのかな。ウォンビン廃人を脱してきたのか・・と思うと、それはそれで寂しいものがありますが・・。
ちょっとずつ、本も読めるように、映画もウォンビンさん以外の作品も見られるようになったし。
ま、良いことなのかな・・・・。


と、どうでも良いつぶやきは置いといて!(^^ゞ

実はこんなに人気ある作家さんだけど、私は有川さんって初めて読んだのです。
お友達にいただいて、ほっと文庫の「ゆず、香る」は先に読みましたけど、短編だしね。

B005GJR878ほっと文庫 ゆず、香る
有川 浩
バンダイ 2011-08

by G-Tools


ちなみに、「ゆず、香る」は大学の同級生で、実はお互いに好きなのに、「友達」と言う居心地のよい関係に甘んじて、自分の気持ちを打ち明けたりしては、そのぬるま湯のような居心地の良さが壊れてしまうのでは・・・と恐れるあまりに、長年「友達」でい続ける二人の物語です。
入浴剤にかけたラストが小気味良く、胸キュン!な展開で、短編ながらインパクトの大きいラブストーリーです。

さて、本題。

「フリーター、家を買う。」

【STORY】

25歳の誠治は、大学を卒業後に就職した会社をものの3ヶ月で辞めてしまった。高をくくっていた新しい就職口も見つからず、バイトで過ごすが、そのバイトさえも一所で長続きしない。そのうちに母親が重度のうつ病をわずらっていることが分かり、一念発起してそれまでの生活態度を改める。母親にとって、今の環境が良くないとわかり、引越しをするため「家を買う」と言う目標・・・に近づくために100万円ためると言う決意をするのだが・・・。

【感想】ネタバレあります、ご注意願います!

なかなか面白いサクセスストーリーで一気にサクーッと読めた。
ドラマの評判を聞いた限りでは、かなり主人公がイラっとする男だと言うこと、主人公の母親が痛々しいほどうつ状態がひどく正視に耐えないと言うことだった。
たしかに主人公、いい加減すぎてイラっとした。
しかし、その父親もひどいもので、家族に対する態度には、主人公に感じる以上に嫌悪感があった。
前半、どうなるんだろう・・この一家は・・・と目が離せなくて一気にハマった。
工事現場での土方のバイトを始めてから、人が変わったようになる誠治と、その父親。
ひとつ、きっかけがあれば人間は変われる!そんな印象を受けて爽快な気分になった。
父親すらも、誠治が軽蔑するような側面だけじゃなく、会社の中では出来る「経理の鬼」だとか、長所がクローズアップされてきて、読んでいる私も見直した。
父親が変わったというよりは、こちらの見方、見る位置が変わったことで、違う側面が見えたということだろう。






スポンサーサイト
15:16 : [本・タイトル]は行トラックバック(2)  コメント(6)
私も最近はなかなか本が読めなくて、まずいです。夜はすぐに眠くなるし。(爆)

この作品は、よかったですよね。仕事が続かないのはなんでも人のせい環境のせいにしていて、それが徐々に変わっていく変化がよく出てました。
建設事務所の人たちもすごくいい人で、働くってそういうことだよね~ってしみじみしてました。

お姉さんもしっかり者で安心だし。

ドラマは私には結構不満だらけだったので、あれが賞をもらったのかと思うとジャニーズの力かしら、ニノが出たから?なんて勘繰ってしまいます。

この作品のよさは、時間をかけて息子が変わっていくところで、ドラマのようにお父さんの不倫やお姉さんの嫁姑問題みたいなドラマチックに盛り上げなくても十分なのにな~って。
原作のよさ半減でした。

2011/12/28(水) 14:29:59 | じゃじゃまま │ URL | [編集]

じゃじゃままさん、コメントありがとうです!!

ドラマご覧になっていましたか。
私は見てないので、見ておけば良かったかな?とも思ったけど
じゃじゃままさんの感想を聞いて、どうでもよくなりました(笑)
ちらっと、ドラマのHPを見たんですよ。
そしたら、なんとなく設定が違う感じがしていたんです。
じゃじゃままさんのコメントを読み、納得しました。

有川さんはすごく人気ですよね。
私は初めてだったのですが、作家読みするかどうかはビミョーかな(^_^;)
でも、この本は面白かったです!

2011/12/30(金) 19:32:28 | short │ URL | [編集]

余計なこと言ってたらすみません(汗)

有川さんは自衛隊3部作っていうのもあるんですが、その中の「海の底」っていうのがB級映画っぽくて私好みなんですよ~~。
海から巨大な生き物が出てきて、人間を襲う、って【グエムル】が高評価の私らしくそっち系の話なんですよ~。是非是非。(笑)

その他「植物図鑑」「阪急電車」もデレデレで女子心キュンの物語で私は好きです。

今年もあとわずかですね。
よいお年を。そして来年もよろしくお願いします。

2011/12/30(金) 23:02:51 | じゃじゃまま │ URL | [編集]


じゃじゃままさん!!
新年おめでとうございます(^▽^)
 
昨年は後半3ヶ月、本も映画も急激に更新頻度が別次元のベクトルを持ってしまい。。。(^^;
 

へんなこと ぜんぜんですよー!!
恋愛ものがおおいって聞いてるので、もともとあんまり興味ないんですよ
大きな声じゃ言えませんが。。。
たぶんほかの本は読まないと思いますね。

じゃじゃままさん
今年もたくさんおしゃべりしましょうねーー♪

よろしくおねがいします!!!










































































> 余計なこと言ってたらすみません(汗)
>
> 有川さんは自衛隊3部作っていうのもあるんですが、その中の「海の底」っていうのがB級映画っぽくて私好みなんですよ~~。
> 海から巨大な生き物が出てきて、人間を襲う、って【グエムル】が高評価の私らしくそっち系の話なんですよ~。是非是非。(笑)
>
> その他「植物図鑑」「阪急電車」もデレデレで女子心キュンの物語で私は好きです。
>
> 今年もあとわずかですね。
> よいお年を。そして来年もよろしくお願いします。

2012/01/03(火) 16:19:07 | short │ URL | [編集]

shortさん、あけましておめでとうございます~。
今年も映画に本に、たくさん語り合いましょう!!!是非ともよろしくお願いします。

「海の底」いや~、グエムル系なんですけどね~。って、グエムル評価高いの私だけですもんね。(笑)

2012/01/05(木) 17:42:14 | じゃじゃまま │ URL | [編集]

じゃじゃままさん、
ご丁寧にありがとうございます!
今年も仲良くしてくださいね!!

うふふふ・・グエムル。。。もう、引っ張るんだから~~(笑)
いや、人気ありますよ、グエムル。
こないだも、娘の友達と映画の話をしていたんですが
その子がめっちゃグエムルが好きで。
私思わず「思ったよりも小振りの怪獣で、あれ?って拍子抜けした」と言いましたら
「そこが現実的でいいんですよ~~」と言われましたよ。
今年は私もグエムルのよさが分かるような映画鑑賞をしなければね(笑)
どんな映画や本に出合えるか、楽しみにしています!
よろしくお願いします(*^_^*)

2012/01/06(金) 13:28:38 | short │ URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

面白くて一気に読んでしまった。「フリーター、家を買う。」武誠治は新入社員研修に嫌気がさしてたった3ヶ月で会社を辞めてフリーター生活を送っていたが、ある時嫁いだ姉・亜希子が帰省し母が重度のうつ病であること、父親・誠一の態度がもとで近所の人々から20年に渡っ...

2011/12/04(日) 18:00:43 | 日々の書付

≪★★★★☆≫ 家族を守るため、近所のいじめに耐えてきた母が精神を病んでしまった。 町を出る気持ちのない無理解な父、母親の病状に気づかずグータラ生活を続けてきた息子誠治。 そんな誠治が、一念発起。母親を今度は自分が守るため、身勝手な父や世にも恐ろしい実姉…

2011/12/28(水) 14:22:59 | じゃじゃままブックレビュー