【本】オーダーメイド殺人クラブ/辻村深月

4087714039オーダーメイド殺人クラブ
辻村 深月
集英社 2011-05-26

by G-Tools


ウォンビン熱が重症すぎて、ほかの映画や本に触手が動かず困っていますが・・・・。
先月の読書はついに、たったの2冊と言う少なさ。
15年ほど前から記録をつけ始めて以降、初めてじゃないかなぁ・・・・3冊ってのはあったけど、2冊とはねぇ。
しかも感想も書く気にならないほど。
ビンくんのこと以外、書きたくない・・・・(笑)
でも、ちょっとは書かないと、リンク切られてしまう(^_^;)

映画も、ビンくんのDVDを借りたのと一緒に、何枚かほかの映画も借りているんですが、なんか・・・見る気にならないんですよね~。見ないともったいないと思って、昨日は「ブルーバレンタイン」ってのを見たけど、イマイチ気が乗らなくて早送りで見てしまったし。
でも、「目には目、歯には歯」は面白かった。これはあとで感想を書くつもり。

そんな中で読んだこの「オーダーメイド殺人クラブ」
図書館に予約入れてました。かなり待った。だからせっかくだからがんばって読んだ。
でも、がんばる必要ありませんでした。

ハマるってこういうことを言うんですよね。
こんな中学生の女の子が主人公の小説を、アラフィーの、50に手が届こうとするおばさんが、末っ子すらこの小説の主人公よりも年上なのに・・・・。ハマってしまったんです。


主人公のアンは中学2年生。名前の由来は「赤毛のアン」。母親がマニアなのだ。前髪パッツンがトレードマーク。バスケット部で、ちょっと前には彼氏もいたことがある「リア充」だ。
彼女の世界はとても生き難い。ホンの些細なきっかけで、いや、きっかけさえ分からないまま、昨日までの「親友」たちから仲間外れにされたり無視されたり・・・。先生は信用も信頼も出来ないし、家に帰ればピントが外れた母親に、大事な秘密の「スクラップ」を見られたりして、気が休まることがない。
こんな風に書いてしまうと、本当に些細なことだ。
大人になったらもっと大変なことはいくらでもある。
そう言ってしまうのは簡単だけど、渦中にあるアンには、それは生きる気力が損なわれるほどの辛い出来事の数々。ちょっとしたことが致命的に感じられたりするのだ。
アンが大切にしているのは、同じ世代の誰かが起こした「事件」を色々溜め込んだスクラップブック。自殺だったり殺人だったり。
母はそれを見て心配するのだが(私でも娘がそんな記事ばかり切り抜いていたら心配になるだろう!)アンはそういうことに心を奪われる「夢見がち」な少女だったのだ。
あるとき、隣の席の男子徳川が「少年A」となり得ることを予感したアンは、徳川に頼む。
「私を殺して」
そして徳川の返事は「いいの?」と言うものだった。
そのときから二人で築いていく濃密で密かな時間。
「死」は、二人にとって、とても真剣でリアルなのだけど、彼女たちが真剣であればあるほど、非現実的に感じられる。
片やアンは、現実としてクラスのヒエラルキーに翻弄されては一つ一つに傷つき戦く。アンの中でその「現実」と「非現実」のバランスが、それこそ「非現実的」に見えてくる。
絶対に「事件」なんか起きないんだろう、どっちかが臆すかどうかしてやめるに決まっている。
読み進めて確信が沸いてくる。それほど、二人の「計画」は「夢見がち」なものだったから。
「夢」を見ながら二人の距離は縮まっていく。
ほほえましくすらあった。
しかし「実行」のときはやってくる。
その日その時の描写は、目が離せず圧倒された。
そして、胸が締め付けられた。
徳川のことを思う。
徳川は何を考え何を感じて、アンと一緒にいたんだろう?
アキバへ行った時、水着がなくなった時・・・。あとから思うと少しだけ見えそうになった徳川の気持ちや、描かれていない徳川の視点を思うと、切なくて胸が苦しくなるようだ。
ラストは後日談を含めて涙が止まらなかった。
陳腐だけど・・・胸が震えた。
大好きな1冊になりました。



スポンサーサイト
11:48 : [本・タイトル]あ行トラックバック(1)  コメント(2)
私も図書館予約中です。
なかなかまわってこない~。
辻村 深月さんてキャラ立ちのする作品が多いですよね。
また読み終わったら感想伝えに来ます~♪

2011/11/08(火) 16:58:21 | これ。 │ URL | [編集]

メグさん
こちらもコメントありがとー(*^_^*)

辻村作品は3つめ・・・。
「子どもたちは夜と遊ぶ」「ゼロ。ハチ。ナナ。ゼロ」に次ぎ。

私も中2病だったのかも・・・・
だからハマったのかな?
と思ったりします。

3回も読んでから返しました。
まだ読みたかったけど。
メグさんも読んだら感想聞かせてくださいね。
ミクシちっともログインしてなくて・・・
また覗きます!!

2011/11/09(水) 23:13:33 | short │ URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

-

管理人の承認後に表示されます

2014/06/13(金) 14:22:10 |