【映】悪魔を見た

B004WI29ZU悪魔を見た スペシャル・エディション [DVD]
Happinet(SB)(D) 2011-08-02

by G-Tools


「冷たい熱帯魚」に続きこれを見て、いささか食傷・・・にはならないけども(^_^;)
こちらも同じく「人体解体系スプラッター」含む映画。

韓国犯罪映画では「オールドボーイ」に衝撃を受け、「殺人の追憶」で感嘆し「チェイサー」「母なる証明」でひれ伏した(笑)。
他にも見ているけど、この4作品が犯罪映画の中では個人的にテッパン作品。(他の映画は「おばあちゃんの家」「JSA」「オアシス」あたりが好きです)

「悪魔を見た」もかなり期待したけど、ちょっと及ばなかったなぁ~~。

めちゃくちゃ残酷!!と言う部分では視覚的に「眼福」な感じはしたけど、心理的に迫ってくる恐ろしさがなかったんですよね。
物語は、ざっと説明すると、婚約者を殺されたイ・ビョンホンが犯人に復讐するという話。
その復讐方法が、どうにも中途半端だもの。
本人的には、「一発で殺しては復讐にならない。徹底的に怖がらせて殺してやる」と言う趣旨。
でも、決定的に不満なのが、犯人の男が「復讐を怖がってない」と言うこと。
イ・ビョンホンがどんなに、何をやっても、あれをやってもこれをやっても、恐れたりしない。
怯えてもない相手に何をやってもスッキリはしない、溜飲が下がらない。
そもそも、その殺人鬼が、最初から露出しすぎで、そのために却ってリアリティがなくなってしまった。
「こんなヤツいたら怖いよ~~」と、本気で思えないのだ。
イ・ビョンホンの行動にもイライラさせられた。
犯人は追い詰められながらもなお、「与えられた合間」にどんどん殺人を繰り返していく。
「合間」なんか「与える」から、関係ない他人まで犠牲になるんじゃないの?と思うと、イ・ビョンホンのやってることに疑問がわく。挙句の果てにあんな事態に・・・・。

この映画は、でも、ラストにこそ「悪魔」が集約されているんじゃないでしょうか。
それはイカン。それはやめて。それだけは・・・!と言う本当に衝撃のラスト。
あまりにも可哀想なのは、チェ・ミンシクでも、イ・ビョンホンでもない。
それは、なぜ彼らがそんな目に合わねばならないの?と言う、人たちだった。
あまりにも後味の悪い・・だからこそ、心に残る映画になったと思う。
悪魔は誰だったんだろう?

★★★
スポンサーサイト
11:16 : [映画タイトル]あ行トラックバック(0)  コメント(2)
ねーさん、
私も同じく、スヒョンのやり方は私も疑問に思いました。彼が復讐する気持ちは痛いほどわかる、でも、なんでひと思いに殺さなかったのか、そんなことしていれば、第2、第3の悲劇が訪れるのは間違いないと思ったら、やっぱりみたいな。ホント、犯人は復讐に何も怖がってないというか、むしろ楽しんでいたような。ミンシクの危機迫る演技は見ごたえがあったけど、残酷さが感じないのは、「オールドボーイ」と同じ気がしました。

2011/11/21(月) 20:34:10 | ラム │ URL | [編集]

ラムちゃん
コメントありがとう(*^_^*)
世間的な評価が「怖い!!」っていう感じだったので期待したんだけど・・・。
全然怖くなかったなぁ。
冒頭殺された、イ・ビョンホンの彼女は可哀想だったけどね。
ラストなんて、誰に復讐してるの?って感じでした。
あの驚かされた人たちが本当に気の毒で・・・・
親と息子でしょう。
いくら悪人でもそんなの見たら、まともな神経ではこのまま生きていかれないんじゃない?
と思ったよ。
悪魔は誰?
そういう意味では「おもしろい」と感じたけど。
「オールドボーイ」は面白かったよ~。
でも、今見ても同じように面白く感じるかな?
ちょっと自信ないかもね(*^_^*)

2011/11/22(火) 15:48:23 | short │ URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL