【映】カンフーパンダ

カンフーパンダ

すごく面白かった!
実は「1」は、それほど面白いと思わなかったので、スルーするつもりだったけど、どこかで「面白い!」という声を聞いて、それならば・・・と見に行ったんです。
そして、評判どおり面白かった!!


前作は、のんきで食いしん坊のパンダのポウが、伝説の龍の戦士に指名されて特訓して、みごと最強の戦士となり、悪を倒す・・・という物語だった。
今回は、ポウの出生の秘密を絡ませて、新たな敵、孔雀のシェン大老と戦うのだ。
シェンは、カンフーも強いけど、最強の武器を持ってやってきた。
その武器の前に、カンフーは歯が立たない。
カンフーの時代は終り、これからは「武器」を操るものが天下を握るのか・・・。
シェンVSポウ、火器VSカンフーという戦いはどちらが勝利するのか。

序盤で、シェンの放ったオオカミたちとの戦いのシーンがあるが、これがすでに迫力満点で面白い!
ポウのとぼけた感じと裏腹に、その強さに痺れる!
マスターファイブの面々との絆も強硬になり、息もぴったり、そして、なによりもカンフーはその型が美しく、戦いの中にも舞いの美しさがあるのがいい。ピタリピタリと型が決まる様は本当に見応えがある。

敵の孔雀が、またカッコ良いのだ。
私達は吹き替えで観たのだけど、孔雀の声は藤原啓二さん。
さすがの吹き替えで、とっても安心して見られたし、また孔雀の迫力、コメディタッチの部分も言うことなしの面白さだった。
カンフーの強い孔雀、私はちょっと「らんま1/2」のムースを思い出したんだけど(笑)。

今回は、ポウの自分探しとも言える物語が入っている。
自分は一体誰なの?どこから来たの?という疑問に答えるように、記憶の奥深くが刺激される。そして思い出す。自分が何ものかを・・・。

感動的だった!
ラストは涙が止まらなかった。

今までCGアニメはなんと言ってもディズニー&ピクサーと思っていたけど、考えが改まるようだったなぁ。
まだ観ていないけど「ヒックとドラゴン」も見ないとね!!

★★★★☆
スポンサーサイト
11:29 : [映画タイトル]アニメトラックバック(0)  コメント(0)

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL