【本】真夏の方程式/東野圭吾

416380580X真夏の方程式
東野 圭吾
文藝春秋 2011-06-06

by G-Tools



内容(「BOOK」データベースより)
夏休みを伯母一家が経営する旅館で過ごすことになった少年・恭平。仕事で訪れた湯川も、その宿に滞在することを決めた。翌朝、もう一人の宿泊客が変死体で見つかった。その男は定年退職した元警視庁の刑事だという。彼はなぜ、この美しい海を誇る町にやって来たのか…。これは事故か、殺人か。湯川が気づいてしまった真相とは―。

今回はまぁまぁ楽しめました。
まず、湯川と恭平少年とのやりとりが面白い。
まずこんな理屈っぽい少年はそうそういないとは思うけど、湯川に臆せず立ち向かう恭平少年を応援してしまったし、またそんな恭平を可愛く思っている湯川の気持ちにも、ほっこりさせられて、二人のやり取りは楽しかった。
勉強の部分も、こちらも勉強させてもらったし。。
舞台となった玻璃ヶ浦はかつては観光で栄えた美しい海。今は観光客も激減し衰退してしまっている。そこにわいて出た地下資源。自然を守るか、地下資源をとるか、そのへんの社会問題的な部分も興味深く読めた。
相変わらず何を考えているのか、何が分かっているのか分からない・・けど、何かつかんでいそうな湯川の言動も気になって、興味をグイグイと引かれ、久しぶりにじっくりと丁寧に読む気にさせてくれた、読んでいる間も「楽しい」作品だった。

ただ、着地点はどうだったろう?それはアリなのか??
もやっとしたものが残る。

しかし、近頃の人情に傾いている作品よりも、こちらのほうが面白かったし好み。

ラムちゃんにお借りしました。ありがとうございました(*^_^*)
スポンサーサイト
13:21 : [本・タイトル]ま行トラックバック(2)  コメント(6)
ねーさん、お久しぶりです。
最新ガリレオを読破しましたね。
早速、拝見しました^^
トリックは疑問は残るけど(というかよくわからん)、「麒麟の翼」のような強引さがなかったせいか、私的goodの作品でした。
少年とのやり取りは私も面白いと思いましたよ。少年のこと、「偏屈少年」と言うのには笑いました^^
環境問題もそうですが、今回も東野さんらしい「愛」のドラマ。ラストは虚しさがあるかなと思いきや、爽やかさを感じました^^v


私も博士はつかみどころがないキャラですが、むしろその方が人にない、個性があって面白い。「Xの献身」でも感じましたが、彼は優しい人だと思いますよ。

2011/08/10(水) 11:50:46 | ラム │ URL | [編集]

ラムちゃん
早速コメントありがとう~~
お返事遅れてゴメンネ。

今回久しぶりに満足しました(ナニサマ)
読んでいても手ごたえがあるというか、「ちゃんと読む」気になれて(ナニサマ)
東野さん、やればできるんじゃん!みたいな(ナニサマー!!)

湯川さんのほうが、加賀さんよりも個人的には好きですね。
うんうん私も「偏屈少年」笑った。誰が言うの?って言う感じね(笑)
優しいけど、甘くない湯川センセ、また今後も活躍期待しましょう!

図書館ではとんでもない人数が待っています。
貸してくれてありがとう(*^_^*)

2011/08/14(日) 10:36:22 | short │ URL | [編集]

ご無沙汰してます~
東野さんはパスすると言いながら新刊はやっぱり読んでしまうkigiです(笑)

ただ、ガリレオシリーズには論理的冷静さと科学を期待してしまう私としては、ちょっと物足りなさも感じましたね。
それでも読者を引き込んでいくところは、やっぱり上手いと思いますが。

資源開発問題は、もうちょっと突っ込んで欲しかったかな。
ラストは私も疑問が残りました・・・

2011/09/11(日) 20:46:51 | kigi │ URL | [編集]

Kigiさん、いらっしゃいませ!

東野さん・・・最近、どうもね~~て感じですね。
あんまり悪し様にぶっちぎるのも申し訳ないけど・・(この作品はそう悪くなかったけど)

まぁ読み流している部分も多いです(^_^;)
今回はかなりマシだったかな(ナニサマ!!)。


Kigiさんの感想にあった「失踪家族」読みました。
面白かったですー!!(*^_^*)

2011/09/13(火) 11:06:01 | short │ URL | [編集]

shortさん、こんにちは。
毎日暑いですね、もうイライラしちゃいます。

私はガリレオとは相性が悪いのか、眠気に何度も襲われました。会話がたぶん淡白なせいかな?
どうにも納得のいかないというか、やりきれなさが残りました。
どうも成実には不満が残るし、重治父はきっとものすごく重いものを背負ったし、それにしてもどうしてあんなことをしたのか。
妻子を守ろう!!って思っちゃったんでしょうかね。塚原さんはそんなつもりじゃないのに。
塚原さん、浮かばれませんよね~。

見てみぬ振りするなら、容疑者Xでも見てみぬ振りして欲しかった。(爆)

2012/07/29(日) 12:12:58 | じゃじゃまま │ URL | [編集]

じゃじゃままさん、こんにちは!
本当に暑いですね~~~。こないだなんて室内37度でした・・・(^_^;)
今は30度ちょうど。
なんと!涼しく感じます!!(笑)

真夏の方程式・・・ですね~。
この辺、ガリレオといわず東野さんの物語がすべてイマイチで・・・
だからあんまり覚えてないんですよ。ゴメンナサイ(^_^;)
じゃじゃままさんのコメントから
そういえば成美は不満だったなぁ・・と思いだしました。
そして
>見てみぬ振りするなら、容疑者Xでも見てみぬ振りして欲しかった。(爆)
ほんとほんと。
そのとおりです!
この話、細部は忘れてるけど、ラスト湯川がどうしたかだけは覚えてて
そりゃイカンのじゃない??っていう気持ちがあったから。
態度が一貫してないのは良くないぞ~~<湯川
ね(^o^)丿
じゃじゃままさんに一票!!(笑)

2012/07/30(月) 20:57:15 | short │ URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

真夏の方程式東野 圭吾文藝春秋 今回は、東野圭吾『真夏の方程式』を紹介します。久しぶりのガリレオシリーズですね。ミステリーとしてはあっさり目だとは思いますが、ガリレオ先生と子どものふれあいなんていうのは今までとは違うし、環境と科学技術のつきあい方は福島...

2011/08/25(木) 20:09:57 | itchy1976の日記

《★★★》 どうも私はガリレオとは相性が悪い。 海底調査のためにとある海辺の町にやって来た湯川。行く途中の列車の中で、両親が多忙のため夏休みの間親戚の家に預けられる少年

2012/07/29(日) 12:09:02 | じゃじゃままブックレビュー