【映】やさしい嘘と贈り物

B003CN5W1Oやさしい嘘と贈り物 [DVD]
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン 2010-10-08

by G-Tools



途中から「ひょっとしてそうかな?」と思ったけど、意表をつく展開だった。
面白かった。そして切なかった。★★★★

一人暮らしの老人、ロバート。もうすぐクリスマスだが、プレゼントを贈る相手は自分しかない。「ロバートからロバートへ」という贈り物をツリーの下においている。
仕事はスーパーマーケットの支配人。でもそれは名ばかりで絵を描いて時間を潰している。共同経営者のマイクが実質の店長で、ロバートに手を焼いているようにも見える。
孤独をもてあますような毎日だったが、あるときロバートが家の戸を開けて出かけたために、向かいに住む女性が心配して入り込んでいた。それに驚き、怒りながらも最後は「心配してくれてありがとう」と、礼を言うロバート。
その女性メアリーは、いきなりロバートを食事に誘う。
戸惑いながらも応じたロバート。二人は急速に接近し、仲良くなっていくのだったが・・・・・。


孤独な老人の心を溶かしていくメアリー。
ずいぶん積極的だなーと思ったけど、老い先の時間を思うと、ためらったり悩んだりする時間も惜しいのかもしれない。
トシを取っても恋愛したっていいじゃないか!と思い、温かい目で見守った。
また、共同経営者のマイクがいい味!
一見ロバートに手を焼いているのかな?と思ったけど、辛抱強く付き合っていて、イイヤツだなーと思った。

以下ネタバレを含みますので、これから見る人は読まないで!!


















何もかも分かってから思い返せば、符号の合うことがたくさん。
ドアを開けっ放しで外出するなんて・・!
車庫にクルマを突っ込んでしまったこと。
メアリーがやけに積極的なのも、マイクがロバートに優しいのも。
「明日は休むんだろう?」と言いながら、メアリーの娘が来たときクルマを出さずにそばにいたこと。
ロバートの車庫やクルマをマイクが直しておいたこと。
そして、薬・・・。
てっきり、問題があるのはメアリーのほうだと思ったのに。
年をとるということは、切なく哀しいことだと思う。
でも、振り返ればそこに幸せな人生があったとしたら、それでいいのじゃないだろうか?
哀しくも温かい・・でもやっぱり切なくて哀しい物語だった。

スポンサーサイト
17:19 : [映画タイトル]や行トラックバック(0)  コメント(2)
私も見ました。同じく、途中からひょっとして?と思いました。メアリーが訪ねてくるあたりとか、途中の、あのモヤモヤした映像とか・・・。主演のマーチン・ランドー、その昔「ミッション・インポッシブル」あの映画のオリジナル版のドラマに出ていたんですよ。時の流れを感じました。

2011/07/24(日) 21:48:49 | くまま │ URL | [編集]

コメントありがとうございます おねいさま(*^_^*)

ああ、そうなんですか!「スパイ大作戦」でしたっけね。
感想の中に「マーチンランドー目当てに見た」と言う言葉があり、それほど有名な役者さんなんだな・・と思ってました!
「スパイ大作戦」は大人気だったようなので、納得です。
私の見た映画の何本かに出演されてるみたいだけど、全然覚えが・・・・・・・(^_^;)
ジョニーデップの「エドウッド」で年老いた役者を演じていたことだけ覚えがありました。
私が知ったときはすでに「年老いた」人でしたね。
お若い頃のご活躍も見てみたかったです。
「ひょっとしてそうかな?」
と思ったとき、すでに衝撃でしたわ。
だんながあんなふうになったらどうしましょう。
いや、私がなるかも・・・・(^_^;)

2011/07/24(日) 23:59:30 | short │ URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL