【本】麒麟の翼/東野圭吾

4062168065麒麟の翼 (特別書き下ろし)
東野 圭吾
講談社 2011-03-03

by G-Tools



内容(「BOOK」データベースより)
寒い夜、日本橋の欄干にもたれかかる男に声をかけた巡査が見たのは、胸に刺さったナイフだった。大都会の真ん中で発生した事件の真相に、加賀恭一郎が挑む。

さすがに東野さんの本だけあって、サクサクと読めた。
「カッコウ」「プタチナ」「白銀」と、あまりにも印象に残らない作品が続いたので、今回も実は期待しないで読んだのだけど、その割には面白かったなーと言うのが正直な感想。
「赤い指」や「新参者」同様、加賀恭一郎でほろりシリーズ・・と言う感じだけど、個人的には好みじゃない。
人情モノは別の作家に任せて、加賀恭一郎と言うキャラクター頼みの作品じゃなく、東野さんならではのスパイスの効いた辛口のミステリーを書いて欲しい。

ネタバレになりますが

↓ ↓ ↓
子どもたちが起こした事件ですが、人が一人死んでるんだから、現場検証はもっとしっかりとされたと思う。
プールサイドの足跡とか、そう言うのよく調べもしないで調書を書いたのかな。
ありえないと思うな。

↑ ↑ ↑

ただ、加賀恭一郎の、「犯人であることを暴くよりも、犯人ではないことを証明する」姿勢は素直に良いと思う。
そういう警察官が実際にいたら、冤罪は少なくとも今よりも少なくなるのでは・・・。
スポンサーサイト
11:44 : [本・タイトル]か行トラックバック(1)  コメント(2)
ねーさん
思っていることは同じだね。
ドラマとしては面白いけど、ミステリーは雑
後から出て来たキャラが犯人とは(*`∧´)
「スパイスの効いた辛口のミステリーを書いて欲しい」は、私も同感です。

2011/06/03(金) 11:06:40 | ラム │ URL | [編集]

ラムちゃん、貸してもらっておいて、この感想。
申し訳ないです(^_^;)

ところで、「摩利と慎吾」今度送ります。
「漂流教室」楳図さんの、送ったことあったっけ?
「金魚屋古書店」は読んだよね?
「テレプシコーラ」の第2部は送ったほうがいいよね?
またケータイでもいいから、お返事頂戴ね。(*^_^*)

2011/06/04(土) 11:51:45 | short │ URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

ここから夢に羽ばたいていく、はずだった。誰も信じなくても、自分だけは信じよう。  まずは来訪記念にどうかひとつ!  人気blogランキング【あらすじ】寒い夜、日本橋の欄干にもたれかかる男に声をかけた巡査が見たのは、胸に刺さったナイフだった。大都会の真ん中で...

2011/07/26(火) 18:58:56 | じゅずじの旦那