【映】みんな元気

B00472MEOCみんな元気 [DVD]
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 2011-01-19

by G-Tools


「ニュースネマ・パラダイス」のジュゼッペ・トルナトーレ監督の同名作品のリメイクだそうです。
オリジナルがあることも知らなかったし、ジャケットの雰囲気から、ハートウォーミングなホームコメディかな~ぐらいに思っていたけど、ふたを開けてみたら、エライ泣かされてしまいました。

ロバート・デ・ニーロが演じるフランクは、妻を8ヶ月前に亡くしたばかり。慣れない一人暮らしをなんとか順調そうに送っています。独立した4人の子どもたちが久しぶり(妻の葬儀以来)集まるというので、いそいそと準備している様子がほほえましい。お肉も高級なものを、バーベキューのセットも買って・・。それなのに、子どもたちにドタキャンされてしまいます。

しかしフランクはめげずに、遠方の子どもたちにこっそりと会いに行くんです。持病があって医者に止められているにも関わらず。。。ナイショでいきなり会いに行き、驚かせてやると言う悪戯心。
でも、それも、最初に訪れた次男の家で、留守なのか、待ちぼうけを食らわせられて・・。
フランクは無事に、子どもたち全員に会えるのでしょうか。

老いた親が、子どもや孫に会えるのを楽しみにしていたのに、それがドタキャン・・。それだけでもウルルっとなってしまった私。次男の家の前で待ちぼうけを食らって、ただ待っている姿や、「今日は用事があるから一緒にいることが出来ないの」と追い出すようなシーンなど、見ているほうは哀しくて、おじさんが気の毒で泣けてきます。
また、子どもたちが一瞬、幼い子どもの姿で登場するシーンなど、親にとっては子どもはいつまでも子どもなんだなぁ・・・と、親の愛情をひしひしと感じて、それもまたウルル~。
ともかく、かなり最初のうちから、ツボにハマってしまってずっと泣けてきたんです。
子どもたちには子どもたちの事情があり、それが分かる後半は、それまた涙で。

母親は良かれと思って、父親に子どもたちの「真実」を伝えなかったんだろうと思うけど、でもそれは正しいことなんでしょうか?悪い姿もいい姿も、全部伝えたらよかったのに。私はこの家のお母さんは何を考えて、全て秘密にしてなくなってしまったんだろうと思います。家族なら、幸せも困難も分け合うべきですよね。て、それは理想に過ぎないんでしょうかね。

ともかく、ロバート・デ・ニーロがはまり役。あのひと、演技力があるから何をやっても上手いと思うけど、本当にあの人の雰囲気や表情に泣かされました。

★★★★☆
スポンサーサイト
11:42 : [映画タイトル]ま行トラックバック(0)  コメント(2)
私は主人公をマストロヤンニが演じたオリジナルが好きなのですがリメイクがあるのですね。
マストロヤンニのはイタリアが舞台なのでイタリア人と家庭って凄く関わりが深いだろうからより一層哀しみが我々よりも深い感じがしました。イタリア人も陽気にパスタ食べてるだけじゃないんだなぁと高校生(でした)の時に思いました(笑)


私も父や母をがっかりさせないようにちゃんと孫を見せに行こうと思います。


しかしデニーロもあんな役をするようになったんですねぇ…

2011/04/24(日) 03:42:16 | アキ │ URL | [編集]

アキさん、コメントありがとうございます(*^_^*)

オリジナルを映画館でご覧になったなんてすごいですね。
高校生の時に?オトナっぽい感じです(*^_^*)
でも、こういう映画って、見る年代によって
全然違う印象を受ける映画のひとつですよね。
かく言う私も高校時代「クレイマークレイマー」を観にいったのですが。
やっぱり子どもを持ってから観るのとでは
全然違う感情が沸いてきますよね。
オリジナルを観ていなくて比較できないのですが
切なくて泣きました。

>私も父や母をがっかりさせないようにちゃんと孫を見せに行こうと思います。

ぜひとも!
私なんて、もう、孫を待つおばあちゃんになった気分です(笑)

デニーロ、違和感ないんですよ!(笑)
何をやってもぴたりとハマってしまうのかな。

もうひとつの記事にもコメントありがとうございました。
非表示にしていただいていたので、こちらでちらっと。
>ファンミ 
行きたいと思ってるんですけど・・
大阪ならなんとか。
でも、お高いですね。
歌ってくれるのかな。コンサートじゃないので、内容がどうなのかな?と。
>ヤンヤン 夏の想い出
今度見てみようと思います!(*^_^*)

2011/04/24(日) 20:20:21 | short │ URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL