【映】息もできない

息もできない [DVD]
息もできない [DVD]
Happinet(SB)(D) 2010-12-03
売り上げランキング : 2279


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ずいぶん時間が経ってからの感想アップです。

借金の取立て家業の、サンフン。すごく極道な男で、暴力暴力暴力の毎日。殴って蹴って借金を返済させる。そんなサンフンがあるとき道ですれ違った女子高生のヨニを殴って気絶させる。それがこの主人公二人の出会いです。
お互い罵倒しあいながらもなんとなく馬が合い、いつしか、悪口を言い合いながらもデートのようなこともする仲に。
ヨニには、母親亡き後弟と共に、精神錯乱状態の父親の面倒を見ています。と言っても弟も相当にグレており、こちらも暴力。映画の中はのべつ幕なしに暴力そして「シバロバー」(・・・と、聞こえたのですが「このやろう!」の意味です)の声。
ちぐはぐな二人のロマンスの様でもあり、友情物語のようでもある。
だけど、二人が一緒に幸せになるには、あまりにも「暴力」に翻弄されすぎてしまっていて、とても切ない幕切れでした。と言っても多分、そうなるんだろう・・という予想通りの結末でしたけど。
主人公二人の気持ちが、だんだんと接近していく過程がとてもよかったです。ふたりとも、自分の境遇を言わない。いかにも幸せな暮らしをしているような素振りで付き合っている。だけど、お互いなんとなく、嫌気が差すような不幸な境遇を察知している・・そんなことが伝わってくる、川べりの抱擁は特に切なかったです。
ただ、人物関係が狭く偶然に頼りすぎていて、それは暴力のリンクにハマった人たちを象徴しているのかもしれないけれど、ちょっと上手く出来過ぎという感じもしました。
主人公のヤン・イクチュンという人は、製作・監督・脚本・編集・主演、5役をこなしたそうで、すごい才能と思います。
次作も期待したいです。

★★★☆
スポンサーサイト
13:22 : [映画タイトル]あ行トラックバック(0)  コメント(0)

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL