【本】純平、考え直せ/奥田英朗

純平、考え直せ
純平、考え直せ奥田 英朗

光文社 2011-01-20
売り上げランキング : 5824


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


下っ端のヤクザの純平、ある日組長から、いわゆる「鉄砲玉」に「任命」されます。
下調べと「その後」の前慰労をかねての3日間を描いた作品。
面白くてさくさくっと読めます。
読んでる間中、読者の誰もが「純平、考え直せ」と思うのです。
あまりにも「素直」で「純粋」過ぎるために、組織や上の人間に利用され、それが分からない純平が哀れで切ないのですが、それがコミカルに明るく描かれているので、暗くならないんです。
3日間に多くの出会いがあり(そう言うあたりは都合よすぎな展開?)人々に好かれている様子を見たりしては、純平のよさが読者においおい伝わってくる。
最後は純平が大好きになってしまっています。
途中、ネットの書き込みで純平の行動を世間が評価するのですが、これが結構今の世の中にありそうな展開。
書き込みのシーンが多すぎてちょっとだれますが・・・でも、本当にこういうこと書きそうなリアリティがあります。
そして、登場人物の一人、元大学教授の薀蓄がすごくまともな意見で説得力があったのも印象に残っています。
純平は大好きで、物語としても面白かったですが、やっぱり現実的に考えて、引いてしまう自分がいるのも確か。
純平、考え直せ。そして堅気になりなさい。
そう言いたいです。

スポンサーサイト
12:05 : [本・タイトル]さ行トラックバック(1)  コメント(0)

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

坂本純平、21歳。新宿・歌舞伎町のチンピラにして人気者。心酔する気風のいい兄貴分の命令は何でも聞くし、しゃべり方の真似もする。女は苦手だが、困っている人はほうっておけな...

2012/10/12(金) 15:14:31 | 粋な提案