【本】完全なる首長竜の日/乾録郎

4796679901完全なる首長竜の日
乾 緑郎
宝島社 2011-01-08

by G-Tools


内容(「BOOK」データベースより)
植物状態になった患者と、コミュニケートするための医療器具「SCインターフェース」が開発された日本。少女漫画家の淳美は、自殺未遂を起こして数年間意識不明に陥っている弟の浩市と対話を続けている。「なぜ自殺を図ったのか」という淳美の問いかけに、浩市は答えることなく月日は過ぎていた。そんなある日、謎の女性からかかってきた電話によって、淳美の周囲で不可思議な出来事が起こりはじめる…。『このミステリーがすごい!』大賞第9回(2011年)大賞受賞作。

SFは苦手・・・・と思いつつも読みすすめてみると、主人公は漫画家。そのあたりの描写が面白くて釣り込まれて、最後まで一気読みした。そして脳内で広がる別の世界という設定には、映画の「インセプション」みたいと思った。オチは何となく途中で察しがついた。
夢か現実か幻想か・・・・・・曖昧な境界は面白く読めた。

スポンサーサイト
00:00 : [本・タイトル]か行トラックバック(6)  コメント(0)

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

タイトル:完全なる首長竜の日 作者:乾 緑郎 出版元:宝島社 その他: あらすじ---------------------------------------------- 植物状態になった患者と、コミュニケートするための医療器具「SCインターフェース」が開発された日本。少女漫画家の淳美は、自殺未遂を起…

2011/04/09(土) 21:45:16 | 書評:まねき猫の読書日記

完全なる首長竜の日 乾 緑郎 著 このミステリーがすごい大賞を受賞した本作。 その時の審査員のコメントはざっとこんな感じ。 ものすごい才能が出現した。 めくるめく迷宮感覚と独創性は「イ...

2011/11/13(日) 02:17:08 | 本読め 東雲(しののめ) 読書の日々

JUGEMテーマ:読書感想文  何所までが現実の世界の出来事で   何所からが空想世界なのかハッキリしない内容でした。   SFでもホラーでもないミステリー

2012/11/10(土) 13:57:23 | こみち

小説「完全なる首長竜の日」を読みました。 著者は 乾 緑郎 淳美は自殺未遂により意識不明の弟の浩市と植物状態の人間と対話できるSCインターフェースを使い対話を続ける。 「なぜ自...

2012/11/30(金) 21:46:23 | 笑う社会人の生活

完全なる首長竜の日 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ) 主人公は少女漫画家の和淳美。 SCインターフェースを使い、 意識不明の弟、 浩市と対応する。 謎の女性が登場、 彼女が弟...

2012/12/10(月) 19:49:32 | 花ごよみ

完全なる首長竜の日 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ) 主人公は少女漫画家の和淳美。 SCインターフェースを使い、 意識不明の弟、 浩市と対応する。 謎の女性が登場、 彼女が弟...

2013/01/17(木) 21:54:16 | 花ごよみ