【本】マリアビートル/伊坂幸太郎

マリアビートル
マリアビートル伊坂 幸太郎

角川書店(角川グループパブリッシング) 2010-09-23
売り上げランキング : 1181


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


内容紹介
酒浸りの元殺し屋「木村」。狡猾な中学生「王子」。腕利きの二人組「蜜柑」「檸檬」。運の悪い殺し屋「七尾」。物騒な奴らを乗せた新幹線は、北を目指し疾走する! 『グラスホッパー』に続く、殺し屋たちの狂想曲。 (角川公式サイトから)


前半はともかく、「王子」のキャラクターにむかついて仕方がない。良いようにされている「木村」にもイラっとする。緊迫した状況なのにムダに会話も多く、その点のリアリティがないと思う。
ライトな感じで「人殺し」の話をする檸檬と蜜柑のふたりも最初はイヤだった。
ともかく、前半はイマイチ腹立たしい感じが勝ってしまい、それほど吸引力は感じなかった。
が、中盤からやっぱり、加速がつくように面白く感じてきました。進行中の新幹線の中という、「密室」の中で、新幹線という環境をまさに端から端までフルに活用したミステリーとしては、すごく良くできていると感心しました。
ともかく、私は王子が大きらいで仕方がなかったので、誰かが(蜜柑と檸檬あたりが)王子を「なんとか」してくれるんだろうと期待して、それだけが楽しみで?読んでいました。
後半、木村の両親が登場してから本当に面白くなってきましたね。
すると、それまでの会話がムダにペラペラ喋ってただけでもなかったんだなとか、判ってきたので。
木村の両親が一番よかったです。

これ、「グラスホッパー」の続編だそうですが、そっちは読まずに挑みました。
同じく殺し屋の出てくる物語としては、「魔王」のマンガ版を読みましたが、そこでは「蝉」が良かったんだけど、蝉がどうなったかが「マリアビートル」中に書かれていて(ほかの殺し屋の話も)、ちょっと寂しく感じました。


けこたんさんにお借りしました。ありがとうございました。
スポンサーサイト
21:49 : [本・タイトル]ま行トラックバック(0)  コメント(0)

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL