【映】ハリー・ポッターと死の秘宝

ハリー7

ハリーポッターも、いよいよ最終章に入りましたね。
「賢者の石」は、私もHPで映画の感想を書き始めてまもなくの頃、上映になりました。
それがこんなに続くなんて。こんなに世界的な大人気になるなんて。当時は想像しませんでした。
とんでもない危機に直面しながらも、恋だとか愛だとか、クディッチの試合だとかちょっと間の抜けたエピソードが細切れに入ってきて、どうにも緊張感を削ぐな~~と思っていた、今までのハリー・ポッター。(それがまた魅力でもあるんだろうけれど)
ところが今回は、最初から最後まで、とても面白い、大人も充分に楽しめるサスペンスアクションのような映画になっています。
今回は、前回「謎のプリンス」のラストの衝撃もさめやらぬまま、ヴォルデモード卿の魂の入った「分霊箱」を探すために、例の3人で出発します。
さまざまなピンチや仲間割れの果てに・・・・・
ともかく全編はらはらドキドキ!一気に運ばれてしまった2時間半でした。
今回、涙の出るようなシーンがいくつか・・。
それから、ハーマイオニーの可愛さに、今更ながら釣り込まれました。
だいたい、子役時代に可愛いと、成長しては「むむ~・・・」って言う感じになる子が多いように思うのだけど、ハーマイオニーは時とともにキレイになっていく感じです。
ロンやふたごの兄弟、ウィーズリー家の子達が我が家では人気度が高いんですけど、ロンはずいぶん大きくなりました。たくましくなったと言うか、固太り?筋肉質?ごついです、はっきり言えば。
ハリーは、途中で役者を替えるとか言う話もあったような気がするけど、ずいぶん老け込んだけど(笑)そのままダニエル・ラドクリフが演じきりました。(まだ終ってないけど)
老け込んだけど(しつこい!)これでよかったと思いました。
それにしても、あのひとはいつどの映画に出ても強烈ですね・・・。
今回も一番強かったのがあの人だと思うな・・・。
ヘレナ・ボトム・カーター!(笑)
それよりも強いのが実は●●●だったとは、意外な誤算でしたけどね(笑)。
今回は、ともかく続きが早く観たい。
観たいけど、観たらそれで終わりだと思うと残念だから、観たくないような。
観たいような観たくないような。
終ったらすごーーーーく寂しいです。
ちょうど、長女がハリーと同じ年なんですよ。
だから、映画の中の子どもたちの成長が、そのまま長女の成長や、二女の成長に重なってしまい、本当に感慨深いです・・・・。




スポンサーサイト
16:30 : [映画タイトル]は行トラックバック(0)  コメント(0)

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL