【本】再会/横関大

4062164655再会
横関 大
講談社 2010-08-06

by G-Tools


江戸川乱歩賞受賞作品・・・ということで読みました。

美容室経営者の息子の万引きを発端に発生した殺人事件。それに絡んで否が応でも再集結した小学校時代の仲間たち4人。殺人事件の犯人がこの中にいるかもしれない・・と言う疑問が起きる。それは、殺人が、ある凶器によって行われていたから・・。ある凶器・・それは4人が遠い昔、タイムカプセルに納めて地面の奥に埋めたものだったから。
はたして、犯人は・・・・。

かなりオーソドックスなミステリーでした。殺人が起きる、誰かが殺した。誰が殺した?・・
実は何日か前に読み終えて、感想を書く時間がなかったので、時間がたってから書いているんですが、今思い出そうとしてもそんなに鮮明に内容を思い出せないという・・・読んでいる最中はなかなか面白かったけど、読み終えてしまうとそれほど印象に残らないと言うタイプの物語でした。言ってしまえば「可もなく不可もなく」。
私はこういうミステリーはきらいじゃないけど。
昔の行動が今現在の事件に深く関わってくる・・というのが、無理なく感じられて、その点含めて面白かったです。

しかし、どうしても言いたいことがある・・けど、完全なるネタバレになるのでやめておきますけど・・・。これもネタバレになると思うけど一言だけ→「本末転倒」ですよね?

スポンサーサイト
13:40 : [本・タイトル]さ行トラックバック(1)  コメント(0)

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

小説「再会」を読みました。 著者は 横関 大 非常に読みやすく ストレートなミステリー 淡々と進んでいくのだが 最後まで しっかりと読ませてくれて ある種の個性や味はないのだけれど・・・ 現在の事件と23年前の事件がつながり 明かされてく真実 ソツなく良く出...

2011/09/19(月) 21:39:18 | 笑う学生の生活