【映】渇き

B003KY4D6A渇き [DVD]
角川映画 2010-07-23

by G-Tools



大好きなソン・ガンホがバンパイヤに~!
これは見なくてはと、レンタルリリースを楽しみにしていました。
「オールドボーイ」など復讐三部作のパク・ヌチャクの監督作品っていうのも、楽しみのひとつでした。
バンパイヤものと言っても、元来謎の病気の治療法の発見のために、自ら身をさしだした神父が、その病気によっていったん死ぬが蘇り、その後はお決まりの「血が欲しい」と言う話です。普通の「吸血鬼」とちょっと設定が違います。
普通の吸血鬼は、美女ののど元にガブっと食らい付き血をすすり・・・ですが、このバンパイヤってば。
コメディ?と一瞬思いました。(^^ゞ

それに、元来吸血鬼って、青白い顔の繊細な美青少年っていうイメージでしょ。たとえば「ポーの一族」「インタビュー・ウィズ・バンパイヤ」「トワイライト」などなど・・・。
しかし、韓国を代表するソン・ガンホ、決して「美青年」とも「美中年」とも違います。
ところが、ビジュアル的にいけてるんですよ。
まず、神父の衣装・・・キャソックって言うらしいんですけど、これがカッコいいんです。
これをはためかせながら、原題が「こうもり」らしいのですが、こうもりさながらに宙を舞う、ソン・ガンホがみょーにカッコイイ!
そして、このドラマは「不倫」ドラマでもあります。
相手の女優さんとはかなり濃厚なシーンがありまして、今まで無きにしも非ずですが、あんまりその手のソン・ガンホを見たことがなかったので、そのエロさにくらくらしました(←変?)。
ただ、病気発生時にボツボツができるんですけど、私はこの手の症状が苦手。
でも、ハウルの変身シーン(羽が顔や手から生えてくるとき、収まっていくときのブツブツ苦手!)ほどは、気持ち悪くなかったな。。

神父の心理も見応えがあったけど、よりすごかったのは、不倫相手のテジュの変貌ですね。
神父と付き合うことでどんどん変わって行く、その姿に唖然としてしまった。
バンパイヤになったからと言うよりも、この女と出会い、ハマっていくことが神父の不幸だったかも。
バンパイヤ退治のヘルシングみたいなのが出てきて杭を打つとかの、お定まりの展開じゃなくて。
テジュに振り回される神父の姿に哀れみをおぼえる内容でした。



スポンサーサイト
11:45 : [映画タイトル]か行トラックバック(0)  コメント(0)

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL