【本】夢を与える/綿矢りさ

4309018041夢を与える
綿矢 りさ
河出書房新社 2007-02-08

by G-Tools


ある少女の半生が描かれています。
恋人を手放すまいとしてしがみつくようにして父親と結婚した母親は、主人公ゆうが生まれてからは、一心にゆうの面倒を見る。それが高じて、ゆうはモデルクラブからCM出演、そして芸能界のスターダムにのし上がっていくのです。ステージママに翻弄された子役タレントの物語・・・と一言で言い切るには、アイデンティティの確立できないままに成長し、周囲に翻弄される悲しい少女の物語のようでもあり・・・。
あまりにも、その人生が、両親の結婚のきっかけから丁寧に丁寧に書かれているので、読み進めるのが難儀に感じるほどでした。が、文章が読みやすいのでなんとか・・。
本当のスターの実生活って、どんな感じなんだろう。。。なんて、下世話なことを考えながら読みました。
ステージママがぴったりくっついている若いタレントって、本当にたくさんいて、表面化するのはステージママの行き過ぎた管理だとか、強欲ぶりだったりするので、信憑性はあるような・・・ないような。
まったくその世界を知らないのでなんとも言えませんね。
こういう物語の主人公には珍しく我が弱い感じの主人公だったんだけど、やっぱりいったんこうと決めたらてこでも動かない。応援してよいやら、良く分からないもやもやした読書でした(^_^;)
親として考えてみると、胃が痛いどころではありませんわ。。。。
スポンサーサイト
11:09 : [本・タイトル]や行トラックバック(0)  コメント(0)

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL