【本】白砂/鏑木蓮

4575236985白砂
鏑木 蓮
双葉社 2010-07-21

by G-Tools


20歳の一人暮らしの女性が殺されるという事件が起きた。
いまどきの若い女性にしてはとても堅実で質素で地味な暮らしぶりをしていたようだ。
殺害現場には「遺骨」をペンダントにしたものが捨てられていた。
浮かび上がった中年男性との関わりは?
二人の女性の、「遺骨」との関わりを通して事件の背景に迫るミステリー小説。

なんとなく二人の刑事の人物像が好きじゃない。殺人事件を目の前にして軽口たたいたりとか・・。
本当の現場はそんなものかもしれないけど、読んでいて一気に高感度が下がってしまった。
軽妙さを出したかったのかもしれないけど。
それに、年長刑事の家庭内の部分などは下手なファミリードラマみたい。
美人の奥さんと奥さんに似た美少女の娘。ウソくさすぎてしらけてしまいました。
と、本編に関係ないことで散々けなしてしまいましたが、設定は悪くないと思いました。
真実が分かったときは「なるほど」と、得心する気持ち。
でも、この設定ならもっとドラマティックな物語になり得た気がしてちょっと残念ですかね。
今後に期待したいです。
スポンサーサイト
23:19 : [本・タイトル]さ行トラックバック(0)  コメント(0)

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL