【本】民王/池井戸潤

459111662X民王
池井戸 潤
ポプラ社 2010-05-25

by G-Tools


過去に実際にあった出来事が、実はこんな裏があったと。
よくできていると思いました。
思ったよりも軽すぎて、他の小説家の作品を読んでいるみたいな感じがしたけど、楽しめました。
よくあるタイプの話で読み飽きたよ~と思ったけど、そうじゃなくて意外性があったのが一番良かったです。
最後は痛快な終わり方でしたね。
でも、ざっくり読んですーっと忘れてしまってて、アップが遅くなったわ。
「空飛ぶタイヤ」みたいなの、また読みたいです。

スポンサーサイト
15:37 : [本・タイトル]た行トラックバック(2)  コメント(2)
池井戸さんは社会派ってイメージだったので、お!今回は政治か!って身構えてたんですけど、拍子抜けするほど軽くて、でもテンポよく読めました。
まさか池井戸さんで、爆笑するとは・・・(笑)

どこかで聞いた政治家の失敗談や、入れ替わり・・・って、目新しくはないけど、でも楽しめました。
ラストは、よ~っし!おっしゃ~~!!ってもう一度立ち上がれよ~~!!って盛り上げて終わったのも、池井戸さんっぽいし。

でもやっぱり池井戸さんのベスト1は、「空飛ぶタイヤ」ですね!!!!

2010/09/28(火) 11:52:00 | じゃじゃまま │ URL | [編集]

じゃじゃままさん、こんばんは!!
「民王」お読みになったんですね。
うん、あまりにも軽くて拍子抜け~(笑)
面白いとは思うけどなんか物足りないと言うか。
やっぱり「空飛ぶタイヤ」ですよね~~
アレ読んだら大概のものでは納得できないよね!
いま、小説新潮で「鋼のアリス」という小説を連載していて読んでいます。
リストラされた男が・・・・・と言う話(良く分かる説明だ!笑)
中々面白くって読み続けてますよ。
期待してますの(^ω^)

2010/09/29(水) 21:51:02 | short │ URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

日本国、最大の危機  まずは来訪記念にどうかひとつ!  人気blogランキング【あらすじ】ある日突然、首相・武藤泰山と、武藤の大学生のドラ息子・翔の中身が入れ替わってしまう。原因もわからないまま、やむなく泰山の変わり身となって国会に出ることになった翔。遊ん...

2010/09/08(水) 15:46:21 | じゅずじの旦那

政界をコミカルに描いた作品2編 民王価格:1,575円(税込、送料別)■池井戸潤『民王』  池井戸潤って、こんな作風だったっけ?  政治の世界を舞台に、くすくす笑えるエンターテインメント小説  あ...

2010/11/15(月) 19:59:35 | 子育てパパBookTrek(P-8823)