FC2ブログ

【映】君の膵臓を食べたい

君の膵臓をたべたい DVD通常版
君の膵臓をたべたい DVD通常版


デビュー作にして2016年本屋大賞・堂々の第2位、という住野よる著書による同名原作の映画化作品です。
タイトルだけは知っていたけど、未読。
内容を全く知らず、どんな話なのか、タイトルにつられて鑑賞しました。

一見すると、人肉食か?連続殺人ものか?と思ってしまうのだけど
ぜんぜん方向性が違います!!

私はとても楽しめた、というか感動しました。
これを言うとその作品のネタバレになるかもしれませんが
『半分の月がのぼる空』に雰囲気が似ていたと思います。
それで監督がおなじなのかもと思ったけど、ぜんぜん違った(^^;



ネタバレ感想です。↓


高校生で余命宣告を受けているさくらは、共病日記という名前を付けて日記を付けているのです。
それをクラスメートの春樹が拾い、そこから何かと春樹に付きまとうさくら。
けれども、さくらはとても明るくて、元気で、病気を感じさせないし、またうっとおしくもない。
このさくらを演じた浜辺美波という女優さんがとてもよかった。
笑顔がすてきなかわいい人だと思いました。
反対に春樹はクラスにもどこにも友達がいない、根暗(死語かな…)今で言う、インキャって感じか(^^;
さくらの病気を最初から知っているので、無碍に冷たく出来なくて、言うことも聞いてしまう。
ふたりでデートしたり旅行したり。
おたがい最初は全然知らないのだけど、こうして「仲良し」として付き合ううちに、魅かれあっていくのですね。
だけどそれは恋、というにははかなくて淡いもの。
そんな二人の関係が見ていてとても心地よかったです。

高校生なのに、あと一年ぐらいで死ぬとわかっていて、ずっと笑顔でいるなんて(一人の時は泣いたとしても)とても強いなと思います。50過ぎてももうすぐ死ぬと言われたら、死が怖いというよりも、家族や友達との別れがつらくて寂しくて泣いてばかりいるのではないかと思ってしまう。
普通なら未来に向けてやりたいことや夢がいっぱいなのに。
それだけでも泣けてきそうな物語です。

さくらのことばで印象的なのは、春樹との出会いを偶然ではないと言ったときの言葉。

それまでのさくらの選択と、春樹の選択が重なって、そして二人は出遇ったのだと。
出遇うべくして出逢ったのだと。偶然でも運命でもない、自分たちの意思で出遇ったのだと。
はっきりと覚えてないけど、そんなこと言ってました。

それに、さくらは余命宣告を受けているが、そんな宣告を受けていない春樹も
いつ死ぬかわからないのが人生です。
それは私にも。
誰でも、いつ死ぬかわからない。
そんなことを言っていたのも印象的でした。




じっさいさくらは病気ではなく、通り魔に刺されて死んでしまいます。
それはとても残酷な展開だったのでショックでしたが
さくらが実に言っていた通り。
それはだれにもわからないことなのです。



生きるということに前向きなメッセージが素直に響いてきて、とても悲しいけれどもいい後味の映画でした。
若い二人の役者さんも新鮮で素朴でよかったです。
原作も読みたいな!
スポンサーサイト
22:29 : [映画タイトル]か行トラックバック(0)  コメント(0)

【映】ディス/コネクト

ディス/コネクト [Blu-ray]
ディス/コネクト [Blu-ray]


知名度が低そうだけど拾い物の作品を見ました!
とてもよく出来ていたと思います。
ネットで誰もが陥り得るトラブルを堅実で誠実に描いてある。
ネットがらみの映画ってたいてい奇をてらって盛り上げようとする物が多いと思うのですけど、
(『ブラックサイト』とか『チャットルーム』とか?)
こちらは本当に身近な、自分の身に起きるかもしれないと思わせられる3つの事例を群像劇にして描いてあり、
却って新鮮だしリアルに迫ってきて考えさせられました。
実際には、闇サイト殺人など、信じられないほど残虐な事件が起きていて、
それはもうフィクションを超える恐ろしさです。
比べたらこの作品ではまだまだ生ぬるく感じる向きもあるかもしれませんが、
私は真に迫って感じました。


以下ネタバレ




物語は3つの群像劇です。

最初に登場するのはカイルという18歳の少年。
後にわかってくるのですが、ビデオチャットで売春のようなことをしています。
地方テレビ局の女性キャスターのニーナは取材を申し込みます。
番組は注目をあび、やがて全国ニュースで取り上げられたことからFBIが介入することに。
カイルを思う振りをしながらも結局出世と保身に走ってしまうニーナ。
カイルはどうなるのか?


次に、少年二人が行き過ぎたいたずらで同級生を自殺に追いやってしまう物語。
そもそもこの二人ジェイソンとフライは自分たちのオシッコを空のボトルに入れて
フィットネスクラブのコンビニの陳列棚に置いて、人がそれを飲むのを見て喜んでいるような
最低のクソガキ(シツレイ!)ども。
目を付けたのは友達がいない、陰気なキャラの同級生男子ベンです。
SNSで女の子になりすまし、ベンに好意的なメッセージを送り
陰からベンがそれを見て喜ぶ姿を見て嗤うという悪質ないたずらをします。
次第にエスカレートして、ついにはきわどい写真を送り合うことに。
もちろんその写真は拡散され、絶望したベンは自殺してしまいます。
一命をとりとめたものの意識はもう戻らないと言われています。

ジェイソンの父親マイクは元警官で今はネット犯罪専門の探偵業をしています。
マイクに仕事を依頼した一組の夫婦、デレクとシンディは、カードの情報を盗まれてお金を知らない間に使い込まれてしまいました。
犯人を突き止めたマイク。その犯人は、シンディのチャットの相手でした。
夫妻は子どもを亡くしていて、その寂しさとシンディはチャットで紛らせていて
チャットの相手も妻を亡くした経験から、共感した二人は慰めを求めあっていたようです。
シンディには夫がいるけれども、夫はシンディの悲しみには向き合わず
彼はまたイラク戦争での経験から立ち直れず
夫婦はお互いの悲しみや辛さから目を背けていて溝が深まっていたんですね。
犯人捜しで行動を共にするうちに、その溝が埋まっていく感じが皮肉ではありましたが…。
夫婦は犯人の家を訪れ、報復しようとします。







結局描かれているのは孤独に苦しむ人々がネットを通して繋がりを求めるも
そこに真実の繋がりはなく、翻弄されてしまう姿。

自殺したベンの物語が本当につらく悲しかったです。
どうしてそんなひどいいたずらができるんだろう?
いじめは人の人生を狂わすし壊す!
(『ヒメアノ~ル』を見て)
ベンはもう2度と目覚めないかも知れない。
その人生を奪ったのは心無い、軽い気持ちからやったいたずらで、取り返しがつかない。
責任も取りようがないではないですか。

最後にジェイソンの父親が息子とその友達のしでかしたことを知るけれど
証拠隠滅しようとしてました。
職業柄簡単なことだと思うけど、元警官なのにひどいです。
(自分が同じ立場なら同じことをするかも)

ベンを自殺に追いやったふたりのクソガキ(失礼!)にはおとがめなしの結末で
ぜひとも、映画が終わった後も、何らかの決着に向けて物語が続いていることを念じます。


シンディとデレクは探偵にネットの深淵を見られ、お互いにもばれてしまうけど、
チャットの中身が夫に知られたあたりは、目も当てられない感が、わかるだけにひやひやしてしまった。
それに、実はマイクが突き止めた犯人はチャットの相手ではなかったのだけど
チャットの相手もまた乗っ取りの被害者だったのに
夫妻によって最悪殺されそうになって、そこも怖かった。
無駄に犯罪者になるところだったから。
ふたりはこの件でお互いにやり直すことができて、怪我の功名というところでしょうか。
唯一ほっとするラストでした。


ベンは愛されてないと思っていたけど家族は心からベンを愛していた。
それが伝わってきて、切なかったです。

いろいろ考えさせられました。おススメ!
00:08 : [映画タイトル]た行トラックバック(0)  コメント(0)

【花】今日もアジサイ

2017060701.jpg

2017060703.jpg

2017060702.jpg

00:04 : [そのほか]写真トラックバック(0)  コメント(2)

【花】墨田の花火

今日も…墨田の花火

コントラスト
いじってみました

いじりすぎたかな


2018060504.jpg

IMG_0234c.jpg

2018060502.jpg

2018060501.jpg


2018060503.jpg





22:14 : [そのほか]写真トラックバック(0)  コメント(6)

【花】アジサイ

とりあえず、墨田の花火

なんか、何の変哲もない写真…(^-^;



2017053102.jpg

2017053101.jpg

IMG_0200.jpg



22:43 : [そのほか]写真トラックバック(0)  コメント(0)