【展】魔女の秘密展

名古屋市博物館で、「魔女の秘密展」が展示されていて、娘の夏休みに合わせて、見学してまいりました。
娘の都合で、日曜日しか行けなくて、
やっぱり、結構な人出でした(^-^;

mj1.jpg
mj2.jpg

まぁ一番のお目当ては、拷問器具の展示を見たかったんです。
はい、拷問と聞くと、どうしてこうもそそられてしまうのでしょうか。
実際には、されるのも、するのも恐ろしくて震えてしまうぐらいなのに・・。
ヘンタイと呼ばないでね(^-^;

実際には、拷問器具は
・苦悩の梨
・スペインブーツ
・とげとげのイス
・車輪
くらいでしたっけ。
館内撮影禁止だから、この夏ボケの記憶に頼るしかなくて、レポートもテキトーですみません(^-^;

あとは、斬首用の刀とか、死刑執行人のかぶるお面とかが見ごたえありました。
それと、有名な「ワルプルギスの夜」の絵ですね。
絵はほかにもたくさん展示してあって、丁寧な解説文が書かれてて、皆さんじっくり読んでおられたので、そのためにも渋滞してましたね(^-^;
とはいうものの、私たちもじっくり読んでましたけど。

魔女として、写真撮影できるスペースもあったけど並んでたし、やめて帰ってきました。


日本では「魔法使いサリー」に代表されるように、勧善懲悪で言うなら、完全に「善」の役回り。

『魔法使いサリー』(1966年)
『ひみつのアッコちゃん』(1969年)
『魔法のマコちゃん』(1970年)
『さるとびエッちゃん』(1971年)
『魔法使いチャッピー』(1972年)
『ミラクル少女リミットちゃん』(1973年)
『魔女っ子メグちゃん』(1974年)
『花の子ルンルン』(1979年)
『魔法少女ララベル』(1980年)

以上、ウィキペディアよりコピペしました。

ララベルはそれほど見てなかったと思うけど、他のはすべて見ていました。
魔法使いって憧れましたよね~(笑)
怠慢だから(笑)
学校に空を飛んでいけたら楽ちんなのにとか
杖を振るだけで部屋がきれいになったらいいのにとか
いまだに、一瞬で晩ご飯が並んだらいいのに・・みたいな(^-^;
思考回路は子どものころと一緒だもんね(^-^;

魔女の宅急便にしても、正義の味方でしかない、日本の「魔女」「魔法使い」たち。

でも、西洋では違いました。
西洋と言うよりもカトリックの世界観では。。と言うべきか。
日本では、キリスト教の観念が根付いてないので、キリスト教が忌み嫌う「魔」に対する抵抗と言うか、拒否感がないのでした。
だから、単純に魔法少女が正義の味方として登場したらしいです。
最初に描いたのは、横山光輝さんですかね。
その功績は大きいですよね。

中世の西洋では、なぜ、魔女裁判が横行したのか、なぜそれが「魔女」という、女性対象に限られたのか。
ジェンダーの研究が進んでいるので、その観点からも魔女裁判の話が聞きたくなりました。

おススメの書物があれば教えてくださいね。


夏休みの一日、楽しい時間を過ごしましたとさ。

大好きだった本
「小さい魔女」
小さい魔女 (新しい世界の童話シリーズ)
小さい魔女 (新しい世界の童話シリーズ)オトフリート・プロイスラー ウィニー・ガイラー

学習研究社 1965-07-26
売り上げランキング : 74580


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


スポンサーサイト
18:16 : [そのほか]もろもろトラックバック(0)  コメント(2)

【映】7月の鑑賞メーター

おっと、

広告が付くぐらい放置してしまいました(^-^;
毎日暑いですね。
暑くてPCの前に座っていられませんでした。
少しだけ楽になった気がします。

もう、夏に飽きてきました。
秋と冬が恋しいです。

日が短くなってきて、うれしいな。
怠け者なんで、冬が好きなんです(^-^;

さて、7月の映画鑑賞記録を今頃。。。
なんだか、こうしてみると、見まくってました。

相変わらず、韓国ものが多いみたい。
サスペンスはやっぱり韓国ものが面白い。
「テロ、ライブ」
「ポイントブランク」
「さまよう刃」
それぞれすごく面白かったです!

洋画では、ターミネーター祭りで、エドワードファーロング君ブームが訪れた我が家。
「アメリカンヒストリーX」を今更ながら見ましたが、
これがすごく良い映画でした。
「アメリカンヒストリー」は昔見たんだけど、「X」は見てませんでした。
今まで見なかったのが惜しいくらい。
「愉快」ではないけど、心に残る映画です。



7月の鑑賞メーター
観たビデオの数:16本
観た鑑賞時間:1761分

デトロイト・ロック・シティ [DVD]デトロイト・ロック・シティ [DVD]
エドワードファーロングブームなのである。ほとんど欧米のロックに疎いんだけどそれでも楽しめました。時代背景が・・・(^-^; サタデーナイトフィーヴァーの時だよね(笑)確かにその頃同級生の男子がKISSKISSと騒いでたし。。とか、ここにもファラフォーセットのポスターが!とか。若さゆえの無謀な行為の数々も許せてしまうな(笑)自分はいま「親」なので、ジャムの母の行動も分からなくもない。でも映画では完全に子ども目線で見てしまった。あのお母さんちょっとキャリーの母みたいね。
鑑賞日:07月26日 監督:アダム・リフキン
グラスハープ-草の竪琴- デジタルニューマスター版 [DVD]グラスハープ-草の竪琴- デジタルニューマスター版 [DVD]
近頃はエドワード少年にハマってる娘と鑑賞。何気にすっごい豪華キャスト!!と思ったら監督はウォルターマッソーの息子なのか。マッソー&ジャックレモンっていうキャスティングも気が利いている。地味だけどしみじみと胸に沁みる物語。少年が大人になるってどこか少し寂寥感と郷愁を覚える。
鑑賞日:07月26日 監督:チャールズ・マッソー
偉大なる、しゅららぼん スタンダード・エディション [DVD]偉大なる、しゅららぼん スタンダード・エディション [DVD]
母親が滋賀県出身、そしてわが市の教育委員会やロケ地の協力があったようで、それだけで見てしまった。学校の武田鉄矢の真似してた先生に爆笑してしまった。あそこが一番おもしろかったな(^-^;
鑑賞日:07月19日 監督:水落豊
ハイヒールの男 [DVD]ハイヒールの男 [DVD]
あららら。ひょっとして、トンデモ映画なのか?と思うような展開でした。髭の浮き出た顔の、変なカツラの女装、どうしょうやしらんと思った。終盤の女装は、美しかったけど!どこに向いてるのかな。いまいちつかみ所がわからなかった。
鑑賞日:07月17日 監督:チャン・ジン
ケープタウン [DVD]ケープタウン [DVD]
こわい街だね。手首切られたり、生首送りつけられたり。事件がたくさん起きてきて、この二人がなんで動き回ってるのか、忘れてしまってた(^^ゞ のんだくれでどうしようもなさそうなオーリー刑事が、実は有能で情に厚い、カッコよかった。
鑑賞日:07月16日 監督:ジェローム・サル
アメリカン・ヒストリーX [DVD]アメリカン・ヒストリーX [DVD]
WOWOWでターミネーターをやってて、エドワードファーロングつながりで見てみた。ネオナチに傾倒する少年たちの物語で、とても怖かった。1998年制作の映画だけど全然古さを感じない。今もやっぱりこの手の問題は人にとって大きく、ひょっとしてますます大きくなっているのでは。単純なラストではないから、すごく余韻が後を引くし、深く記憶に残りそうな作品でした。怒りは君を幸せにしたか。。。グサッと胸に刺さりました。★★★★☆
鑑賞日:07月13日 監督:トニー・ケイ
フライト・ゲーム (初回限定特典/デジタル・コピー付) [DVD]フライト・ゲーム (初回限定特典/デジタル・コピー付) [DVD]
まぁまぁ普通に楽しめた感じだけど、突出した面白みは感じなかった。話の展開は(主人公が犯人に仕立て上げられていくくだりとか、誰もが怪しいとか)良く出来てると思うけど・・。ま、ふつーでした。★★★ FBIならケータイは完全防水ではないだろうか。
鑑賞日:07月13日 監督:ジャウマ・コレット=セラ
悪魔の倫理学 [DVD]悪魔の倫理学 [DVD]
はっきり言えば「あたり」じゃなかった。。残念。かなりとっ散らかった作品でした。誰の立場にも感情にも共感できず、まったく面白くなかった。★★
鑑賞日:07月13日 監督:パク・ミョンラン
さまよう刃 Blu-rayさまよう刃 Blu-ray
原作も良かったがこちらの映画も良かった。似たようなテーマで「母なる復讐」を見て間がないけれど、こっちのほうが迫真に満ちていた。父親の気持ちを忖度しながらも法律に従うべき刑事たちのやりきれなさが伝わってきて、良かった。最後は泣けてたまらなかった。。。チョンジョエンは言うに及ばずイソンミンもかなり良かった。この人をいいと思ったの初めて(^-^;★★★★☆ 

鑑賞日:07月08日 監督:イ・ジョンホ
ディズニー映画の名曲を作った兄弟:シャーマン・ブラザーズ [DVD]ディズニー映画の名曲を作った兄弟:シャーマン・ブラザーズ [DVD]
うーん、「ウォルトディズニーの約束」では、結構仲が良さそうだったんだけど・・・。まぁこんなものだよね。狩人も超、仲が悪いって言う話だし。ともかく、ウォルトの人間性がここでも、素晴らしいと描かれていた。私もディズニー作品は好きなんだけど、ダークサイドが徹底的に隠されているって気がする。
鑑賞日:07月08日 監督:ジェフリー・C・シャーマン,グレゴリー・V・シャーマン
ポイントブランク~標的にされた男~ [DVD]ポイントブランク~標的にされた男~ [DVD]
この手のアクション映画はもう飽き飽きかと思いきや、各所で「おっ!」と目を引く設定が盛り込まれていて(クルマのシーン、女刑事のシーン)とても面白かった。もちろんリュ・シンヨンの存在感は大きいんだけど私の好きなイ・ジヌクがまたカッコよかった。もっと早く見たかったんです。ユ・ジュンサンもハマってたよ(笑)ラストも痒い所に手が届くような親切なラストだったと思う。★★★★
鑑賞日:07月08日 監督:チャン
テロ, ライブ [DVD]テロ, ライブ [DVD]
やっぱ韓国映画はこうじゃなくっちゃ。満足した。テレビ局の局長、警察、そして大統領・・だれが国民の命を一番に考えてるんだろう?
ってところで、かなりムカつく展開。犯人を応援してしまうパターン。功名心と野心にあふれながらも落ちぶれたアナウンサーがどう変わっていくかが見もの。
鑑賞日:07月06日 監督:キム・ビョンウ
ママはレスリング・クイーン [DVD]ママはレスリング・クイーン [DVD]
どこかで見たと思ったが、キャッチミーイフユーキャンのお母さん!やっぱりきれいですね。で、まずまず面白い。★★★☆。ただ主人公のローズがイマイチ・・確かに同情の余地はあるものの、過去の罪が教訓となって自身に生きてない感じがいやだった。ネタバレ注意→→→つまりね、リング上でキレたり(そういう性格だから過去の罪があるんでしょうに。そのために息子と引き裂かれてるんだから、充分反省したんだろうに・・)、最後試合放棄するなんてどう言うこと??自分が誘っておいて。。と思った。ほかはよかったんだけどね。ちょっと「カリフォ
鑑賞日:07月06日 監督:ジャン=マルク・ルドニツキ
風と共に去りぬ!? [DVD]風と共に去りぬ!? [DVD]
ミスターGO!に続いて、偶然にもソン・ドンイル氏の出演作品だったが、そのせいで比較して、こちらのほうが面白かった。穴掘りの場面で少し見失ってしまったけど(^-^;でも、なんとなく想像の範疇だったなぁ。でもまぁ、みんなのつながりに心地よく感動できた。★★★☆といったところか。
鑑賞日:07月06日 監督:キム・ジュホ
ミスターGO!  [DVD]ミスターGO! [DVD]
長いわ。。しかもあんまり面白くないし・・。少女とゴリラのつながりがちゃんと伝わらなかった。特に少女がゴリラを大事に思ってるって言うのが全然見えてこなかった。もう一頭のゴリラの存在は余計なんじゃないかな。蛇足で冗長になってしまったと思う。最後はゴリラが可哀想になったけど、まぁこのオチで良かったと思う。でも、いくらなんでも長すぎる。ソン・ドンイルはさすがに良かったですよ。
鑑賞日:07月04日 監督:キム・ヨンファ
私は公務員だ [DVD]私は公務員だ [DVD]
まぁまぁ。特に大きな盛り上がりもなくて・・・。でも、地味で堅実な公務員が、若者に協力して自分も変わっていく姿が好ましかった。妙なイライラがなくて、安定した気持ちで見られて良かったかな。下ネタもなかったし。
鑑賞日:07月02日 監督:

鑑賞メーター
17:30 : [映画タイトル]月別鑑賞記録トラックバック(0)  コメント(0)