【本】ナオミとカナコ/奥田英朗

ナオミとカナコ
ナオミとカナコ奥田 英朗

幻冬舎 2014-11-11
売り上げランキング : 22976


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



うっふっふ。
久しぶりに本を読みましたよ。。。
思えば昨年末に黒川博行さんの「後妻業」(感想なし)を読んでから、5か月目です!!
去年よりもさらにさらに読書量が激減しています!(^-^;

しかし、この本は無理してでも読んでよかった~。
すごく面白かったです。
まさに「ページをめくる手が止まらない!」でした。
もともと、奥田さんは大好きな作家さんですし。
「後妻業」は感想も書かず仕舞いだったけど、今回は久しぶりに感想を書こう!と思います。
それぐらい面白かったんですってば(笑)。

タイトルのナオミとカナコ、ふたりは「親友」です。
第一部はナオミの章で、第二部がカナコの章になっていますが、物語は一つです。
ふたりはある事件を起こします。
その一部始終と顛末が描かれているのです。
・・・って言うとザックリ言いすぎですが(^-^;
興味がある方はここで私の記事を読むのをやめて、この本を読まれた方がよろしいかと存じます(^-^;

しかし、流れだけでも・・と言う方は、次も読んでください。

第一部の主人公のナオミ、百貨店の外商部門勤務です。
まるで「執事」のように、個人的な相談事や頼まれごとに奔走することもあり、本来は学芸員希望の直美にとっては不本意な仕事ながら、元来の生真面目さから、とても熱心に仕事に従事しています。
あるとき、華僑相手の商談会で「万引き」騒動があり、直美は肝の座った対処ができた。
それを縁としてチャイナタウンの中国食料品店の李朱美社長と懇意になります。

本作ではこのチャイナタウンでのエピソードが頻出しますが、中国人とのやり取りや関わり方など、中国人と日本人の性格や生活性の違いも含めて、とても興味深く、これだけでも奥田さんなら一つの作品を作ってしまいそうです。
そこで生き生きと働く直美の姿が読者の好感度を上げていきます。

直美には大学生のころからの親友がいて、実はこの親友、加奈子が夫のDVに苦しめられているんです。
あまりにひどい暴力に、ついに直美は、加奈子の夫を「排除」することにします。

さてその方法や、結末は・・・??


以下は完全にネタバレ感想です。


話の流れ的には、そう思うのも仕方がないかな・・と思う一方で、やっぱり人を殺すという行為の恐ろしさに、「無理無理無理!!!」と思う気持ちが強く、しかしコトを進めていくこの二人にハラハラさせられっぱなしでした。
物語と主人公二人の行動力に勢いがあるので、上手くいきそう(完全犯罪)に見えなくもなかったですが、あちこちで綻びがあったのです。
それが、第二章の「カナコの章」で次々に露見して、ふたりは追い詰められていきます。
第二章は第一章以上にハラハラの連続で、心臓に悪いぐらいです。
夫の排除を決めたとき、どうして「正当防衛」を装った殺人にしなかったのかと。。。
カナコのひどい状態を見れば警察も突発的に身を守るために殺してしまった・・と、正当防衛の過失致死にしたのではないかと思うんだけど。
それでは少し平凡になってしまいますかね。。。
自分でも、ひょっとして突発的に殺人を犯してしまう可能性と言うのは、完全には否定できない私ですが(^-^;計画を立てて冷静に、人を殺すと言うのは、考えただけでも本当に恐ろしいのです。
しかも、完全犯罪なんてあり得ないでしょ。
防犯カメラ
通話記録
Nシステム
素人にだってわかることすら、分かってない二人。。
と言うのが、どんどんと、出るわ出るわ。
あれもこれも、あまりにも考えなし、杜撰、雑!
でも、こっちも勢いにのまれて「良く出来た犯罪かも」なんて思ってしまった。
第二章を読むと、読みの甘さの大きさにあきれ返ってしまいます。

加奈子の夫には手ごわい味方がいました。
妹の陽子です。
切れ者で行動力がある。彼女がどんどん真相に迫っていくのです。それが怖いんです。
ホントのラストでは行く先々に陽子が現れたりして、まるでターミネーター並みの存在感でした。。
お~こわ(^-^;

ふたりの犯した犯罪は、許されることではないのですが、心情的にはまったく同情してしまっていて、うまく逃げてほしいと・・そればかりを念じていました。

第一章で得た人脈が終盤で生きてくるなど、物語の構成的にも良く出来ていると感じたし、「よっしゃ!」と言いたくなるような快挙があったり、終盤のスリリングなことと言ったら、読み終わるまで本から離れられませんでした。

奥田さんはこの二人にどんな結末を用意しているのか?
やっぱり「天網恢恢」なのか?
それとも、逃がしてやってくれるのか?
ページをめくりながら「奥田さん、どっちなの!!」って気持ち(笑)

結論は・・・奥田さん、ありがとう!!
と言う感じでした。
結末にも、そしてこの面白い本を書いていただいたことにも。


最後に、DV被害者がこの世からなくなりますように。念じてやみません。
スポンサーサイト
10:31 : [本・タイトル]な行トラックバック(0)  コメント(4)

【映】とらわれて夏

とらわれて夏 [DVD]
とらわれて夏 [DVD]
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン 2015-02-04
売り上げランキング : 2215


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ジャケットとタイトルから分かるように、脱獄犯が母と息子のふたり暮らしの家に押し入り(正確には違うのですが)、数日暮らすうちに、母親のほうと恋仲になる・・と言う物語です。
それだけと言ってしまえばそれだけなんですが、息子の目線で物語が進むため、新鮮です。
子どもの不安感や、大人たちに対する感情など、とてもよく伝わってきて、ドラマティックな内容で、でも、展開としては地味なのですが(どっちやねん!)見ていて飽きませんでした。
うつ病っぽい母親を、ケイト・ウィンスレットが演じていて、雰囲気が出ていました。

★★★★

以下ネタバレです!!









ヘンリー少年は、離婚した母親と一緒に暮らしています。
精神的に不安定な母親を、父親は支えきれずに離婚したようです。
母を支えるのは自分だと、幼心に覚悟しているヘンリーがいじらしいんです。
でも、どうしても、父の役割はできない自分に歯がゆさも感じています。
そこにやってきた脱獄犯のフランク。
脱獄犯と言う響きのおどろしい感じとはまるで違う、フランクは意外にも紳士的で優しく、そして何よりも頼りがいのある「大人の男」でした。
ヘンリーは父親不在の家庭で、きっと心細かったと思う。そこにフランクと言う頼れる男がやってきた。
その安心感や、だけど、フランクが殺人者だと言う恐れ、何よりも彼に傾倒していく母親を見て、平坦な心ではいられません。そんあヘンリーの気持ちが全編溢れます。
母親にもフランクが必要であると、理解はできても、母に「女」を見たくはない・・・と言うかかなり複雑な感。なによりも自分が捨てられるかもしれないと言う不安に苛まれてしまうのです。
(そういう風にけしかける存在もあったために。その「彼女」が面白いです。子どもなのに世間を知り尽くしているような、斜に構えた蓮っ葉さ、あんな女子に理屈をこねられたら誰だって納得してしまいますよ!)
フランクと母親が徐々に恋人っぽくなっていくんだけど、その辺の描写はヘンリー目線で描いてあるため、ぼかされた感じです。恋愛映画って言う感じは前面には出てません。
ふたりは逃避行を決意します。もちろんヘンリーも連れて。
結局、「脱出」直前にフランクは刑務所に逆戻りしてしまう羽目に陥るんだけど、(誰が通報したのか不明)二人は連絡不通の長い年月を経てなお、愛情を保っていて、やがて大人になったヘンリーのもとへ、フランクから手紙が来るのです。
大人になったヘンリーは、母の住まいを教えます。
子ども時代とは違う素直な気持ち、二人を祝福する気持ちで。
母は、あの家にいます、と。



唯一納得できないのは、フランクが脱獄しようとしたことですね。
この性格なら、自分の罪をきっちり清算しようと思うのではないかな?
男らしい人なのでね。
でも、心に残る物語でした。
21:42 : [映画タイトル]た行トラックバック(0)  コメント(0)

【講】藤川 幸之助さん

満月の夜、母を施設に置いて
満月の夜、母を施設に置いて藤川 幸之助 谷川 俊太郎 松尾 たいこ

中央法規出版 2008-06
売り上げランキング : 167950

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
徘徊と笑うなかれ 手をつないで見上げた空は: 認知症の母からの贈り物 (一般書) 詩画集 いっぱいごめんいっぱいありがと―認知症の母とともに

先日、藤川幸之助さんという作家で詩人のかた(ご本人のHPはこちらです)の、講演会を聞かせていただくご縁がありました。
認知症のお母さんの介護をされた経験をお話されました。

お母様は60歳で若年性アルツハイマー型認知症を発症され、84歳で亡くなられました。
最初は夫である、藤川さんのお父様が介護を一手に引き受けておられたのだそうですが、お父様は突然持病の心臓病で亡くなってしまいます。
おそらくご自分がいつか突然亡くなってしまうと言うご懸念があったのか、お父様は遺言を準備されていました。
その遺言に、二男である藤川さんに、お母様の介護を「お前がやること」と、記されていたそうです。

なんで?

と思われた藤川さんですが、それでも、覚悟を決めてお母様の介護を始められました。
その長きにわたる体験を、講演会でお話くださいました。

認知症は本人も辛いでしょうが、家族も辛いです。
目の前で変わっていく親を見なければならないのは、きっととても辛いと思います。
強くたくましい、賢く包容力のあったはずの親の変貌は、なかなか受け入れられないものかも知れません。
すると、この講演会も悲痛なイメージがあるかもしれませんが、意外にも講演は笑いに包まれ、何度も大爆笑が響き渡っていました。
藤川さんのユーモラスな話しぶりに、聴き入っていました。
でも、やっぱり泣けました。
笑ったり、泣いたり、忙しい2時間半でした。

先生は詩人でおられるので、ご自作の詩を(BGMつきで)織り込みながらの講演会でした。
(それがまた泣かせるんです。反則です(^-^; )

藤川さんは、「自分が母を支えている」と思い込んでいたけれど、実はそうすることで、「自分が母に支えらえている」と思われたそうです。
お母様が認知症になったからこそ、命や人生について考えることができ、優しくなれたのだ、と。

さて、その藤川先生が、明日テレビに出演されます。

NHK Eテレ ハートネットTV

リハビリ・介護を生きる あなたの中の私を失う時 
認知症の母を詠む 詩人・藤川幸之助

2015年5月13日(水曜)
再放送2015年5月20日(水曜)

番組HPはこちら


※番組HPの曜日が間違っています(>_<)




個人的に、講演の内容で印象に残ったことを、すこしご紹介します。

全編印象的なお話でしたけど、お母様ご本人が、ご自分の記憶がだんだん失われていく自覚があって、完全に忘れてしまう前の辛さ・・みたいな部分は特に心に残っています。
荻原浩さんの「明日の記憶」を読んだ時も、すごく身につまされたのですが、自分が認知症でいつかすべてを忘れてしまうと言う自覚が、自分を苦しめるのです。
藤川さんのお母様に限らず、認知症が進んでくると、家族の会話に入っていけない。
家族が笑っても、なぜ笑っているのか、話の内容が理解できない。
理解できないけれど、その場の雰囲気に合わせて、自分も笑う。
そして、人の話が理解できないから、唐突に自分の話をする。
それしか、話が出来ないから。
でも、それは何度も何度も繰り返した、同じ話になってしまう。
家族は何度も聞かされた話にうんざりして、
「さっきも聞いた」
「何度も同じことを言うな」
などと、遮ったり怒ったりしてしまいます。
そのときの、本人の気持ちって、どうなんでしょうね。
想像することもできないのですが、辛いだろうなと思います。
藤川さんのお母さんは、そんな中で、いつしか部屋から出て行き、三面鏡の前で自分のメモ帳を見ていたそうです。
そのメモ帳には、自分の名前や家族の名前が書いてあり、お母さんは何度も何度も繰り返して、読みながらなぞっていたそうです。忘れないように。自分の名前、夫や息子の名前を忘れないように。
筆圧でメモ用紙が破れるぐらいに、強く、何度も、なぞっていたそうです。
その時のお母様のお気持ちを思うと、言葉がありません。

先生のお話の中にあった、別の人の話ですが、やっぱり同じように家族だんらんの中で、人の話を聞かずに自分の話ばっかりするおばあさんがいたそうです。
「さっき聞いた」「同じ話を何度もするな」と怒られるおばあさん。
みんながおばあさんを持て余していた時、幼い孫が言ったそうです。
「おばあちゃん、さっきの話、もう一度してよ」と。
おばあさんは早速話しました。
聞き終った孫くんは「おばあちゃんの話は何度聞いても面白いなぁ!」と言ったんだそうです。
そして、おばあさんはその、何度も繰り返したその話をしなくなりました。
おばあさんは、「聞いてくれた」こと、「求められた」こと、存在を「認められた」ことで、深い安心感を抱いたのでしょう。
同じ話を何度も、怒られても止められても繰り返してしまう認知症の人は、自分の存在の不確かさに慄いているのかもしれません。そして、自分の存在を確認するために、しゃべり続けるのかもしれません。

そのほかにも、初めてお母様を施設に預けたときのエピソード(お母様を施設に置いて、自分だけ帰ろうとしても、お母様は藤川さんの洋服を掴んで離さなかったそうです。そんなお母様を置き去りにする罪悪感と身を切られるような辛さ・・。)や、
認知症が進行する中で、料理ができなくなっても、息子である藤川さんのために、大大大好物のカレーライスを作ってあげたいと思うお母様のエピソードだとか
認知症のお母様を近所の子供がバカにしたときの、お父様の腹の座った対応だとか
そして、お母様がなくなった時のこととか

思い返しても涙が出るような、ご紹介したいエピソードの満載です。

自分の親が認知症になったら、きっときれいごとでは済まされない、しんどい思いをするのだと思いますが、藤川先生の講演を思い出すことができたらなぁ・・と思っています。
藤川さんは、子どものようになっていくお母様の姿を
「子供のような姿に還っていく」
「その姿で私を育ててくれた」
「認知症と言う病気が私と母の絆を強めてくれた」
「その存在そのものを愛しく思う」ようになっていったとのこと。

病気になったら、人は病気を治そうとばかりする。だけど、病気を受け入れることで、自分の道が見えてくる。
人はそこに存在するだけで大きな意味がある。と藤川さんは言われました。
認知症のお母様を、支えて、支えることで自分も支えられるという、関係性の中でご自分が成長されたとのことです。

ぜひともご紹介したく、記事にしてみました。
読んでくださった方ありがとうございました。





命が命を生かす瞬間
命が命を生かす瞬間藤川幸之助

東本願寺出版部(真宗大谷派宗務所出版部) 2013-05-13
売り上げランキング : 549805


Amazonで詳しく見る
by G-Tools








14:52 : [本・タイトル]写真集などトラックバック(0)  コメント(4)

【雑】母の日

P5115919.jpg


あ。
私がもらったもの・・・ではありません(^-^;

私が、母にあげ・・・たものでもありません(^-^;

うちの妹が、うちの母に、あげてました。

ちなみに私は、特別のことはナッシング・・な、そんな母の日(笑)
11:01 : [そのほか]写真トラックバック(0)  コメント(7)

【映】4月の鑑賞記録

4月は久しぶりに劇場鑑賞がありました。
「寄生獣」の第1部です。
BUMPOFCHICKENのプロモーション映像が流れると言うので、劇場で見なくっちゃ!!と言う娘に付き合いました。(付き合わされました)
原作が大好きなんですが、細かいところは忘れてて(^-^;映画も悪くなかったです。
第2部も(テレビで放映があったら)見ようと思っています。

4月のベストは「ゴーン・ガール」です。
「聞いてほしいのあたしのこと」も佳作。

この二つはおススメできます。





4月の鑑賞メーター
観たビデオの数:7本
観た鑑賞時間:745分

ブラックサイト [DVD]ブラックサイト [DVD]
なぜか再視聴して見た。以前見たときはノンストップでドキドキハラハラして見たはずだけど、今見るとそれほどでもなくて、7年ぐらいの間にネット環境もこっちのネット知識も違って、うーん、ちょっと残念かな。本当に面白いものは年数が経っても変わらず面白く感じるから、この作品はそこまでではないようです。特に最後があっけない。そして、同僚の捜査官、同じベッドで寝ないでください、何もないとしても(^-^;
鑑賞日:04月27日 監督:グレゴリー・ホブリット
イフ・アイ・ステイ 愛が還る場所(初回生産限定) [DVD]イフ・アイ・ステイ 愛が還る場所(初回生産限定) [DVD]
いやはや、オーバー50がハタチの娘と一緒に「親子で見てもいいんだろうか」と内心思いながら見るべきではなかったかも(^-^;私もハタチだったら感動したかなぁ。娘は気に入っていました。こういった恋愛に(恋愛映画と断定)夢を持つには私はトウが立ち過ぎてて(^-^; 黒江ちゃんは熱演。演奏シーンとか上手だった。そして「イコライザー」の時よりもずっと痩せてキレイになっていた。探偵マイクハマー懐かしい。
鑑賞日:04月24日 監督:R・J・カトラー
寄生獣 DVD 通常版寄生獣 DVD 通常版
もうすぐテレビ放送があると言うのに、BUMPファンの娘に付き合い(PV上映付)劇場鑑賞。私は原作ファンです。東出くんがあまりにもそのままなイメージで笑いました。CGも良く出来ていて、ミギーはちょっと作りものっぽいなぁと思ったけど、あんまり生々しすぎてもねぇ…これぐらいで良かったのかな。声もイメージと違ったけどだんだん馴染み、最後は可愛いミギーで、これはこれでよかったです。マンガのころはケータイもないし、いろいろ、今と違うよね。役者さんたちがみなさん、思ったよりもずっと良かったです。
鑑賞日:04月21日 監督:山崎 貴
きいてほしいの、あたしのこと ウィン・ディキシーのいた夏 [DVD]きいてほしいの、あたしのこと ウィン・ディキシーのいた夏 [DVD]
今までノーチェックだったのが不思議なぐらい良作。アンナソフィアロブちゃん好きなのに!孤独は人々が、少女と野良犬によって結びつき、少女自身の孤独も癒されていく過程が丁寧に描かれていて、犬の演技?の絶妙によってなんとも胸がぬくもる作品。派手な展開はないけれど、心に残る作品です。犬、ほんとに可愛いですよー。
鑑賞日:04月21日 監督:
ゴーン・ガール 2枚組ブルーレイ&DVD (初回生産限定) [Blu-ray]ゴーン・ガール 2枚組ブルーレイ&DVD (初回生産限定) [Blu-ray]
面白かった。じわじわ来る。ノーヒントで見てもらいたい映画。思いもかけないオチで驚いてしまった(^-^; まさかそこで終わるとは。賢すぎる・・(怖いと言うよりも)。。。その手口自体は現実的ではないと思うけど、それらを取り巻く状況がとてもリアルに感じた。2時間半と言うと最近はたいてい途中で眠くなってしまうけど(^-^;この映画は全然眠気に襲われなかったです。
鑑賞日:04月13日 監督:デイビッド・フィンチャー
黒い家 スペシャル・エディション [DVD]黒い家 スペシャル・エディション [DVD]
原作大好き。だから、「知ってる」から、それほどのインパクトがなくて逆に残念な気がした。中盤まではイマイチに感じてしまったけど、終盤はさすがに怖くできていて満足!お前はバカか?みたいn突っ込みながらハラハラさせてもらいました。ちょっと妻が美人過ぎませんかね。
鑑賞日:04月12日 監督:シン・テラ
隣人-The Neighbors - [DVD]隣人-The Neighbors - [DVD]
なんでだろう??怖くなくて残念。多分犯人の男が怖くないんだと思う。不気味さや狂気がユルすぎたか、襲われるほうのハラハラ感が見てる側に伝わらないし、手に汗握るとか目を覆いたくなるような怖さがない。オカルト部分(?)は最初白けたけれど後半に効果発揮でよかった。最近韓国映画が面白いだけに、ハードルも上がったかと思うけど、私としては残念でした。つまらないって言うことではなくてね。
鑑賞日:04月09日 監督:

鑑賞メーター
09:45 : [映画タイトル]月別鑑賞記録トラックバック(0)  コメント(0)