【映】危険なプロット

危険なプロット(初回限定版)筒スリーブケース仕様 [DVD]
危険なプロット(初回限定版)筒スリーブケース仕様 [DVD]
東宝 2014-04-16
売り上げランキング : 17087


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


おススメですよー。すごく面白かったです!★★★★☆

主人公の高校教師ジェルマン、生徒たちの文学への不勉強や才能の無さ(それ以前の問題と思うけど)に日々落胆している文学教師です。お粗末な宿題の中から見つけたのは、クロードと言う生徒の、秀逸な作文。
それは、自分の友達の家庭に憧れ、家庭に入り込んで観察したことを記した「物語」でした。
クロードはラファという友達の家庭に近づき、勉強を教える同級生と言う立場で、家に入り浸ります。
平凡なラファの家庭。
だけど、クロードが「覗く」ことによって、平凡な家庭の非凡性が顕わになっていくのです。
それを日々作文として提出するクロード。
文章の終わりにはいつも「続く」の文字が・・・。
読むジェルマンはのっけからこの「物語」に惹かれ、のめり込んでいきます。
クロードが「覗く」家庭を、作文を通してジェルマンも「覗く」のです。そしてその
ジェルマンを通して妻のジャンヌも、ラファの家庭や夫婦関係、そして、ジェルマンとクロードの師弟関係を見つめている。
そんな彼らをとおして、私(観客)もまた、「覗き見」するという、幾重にも入り組んだ「覗き見」が成立していると思いました。
「覗き見」の共犯としての罪悪感や背徳感を感じつつ、クロードとジェルマンの描く「物語」にのめり込んでいく感じ。
いつバレるんだろう、というハラハラドキドキ。。とてもスリリングでした。
オチも、予想外で・・・とても気に入りました。
綺麗なピアノのBGMも良かったし、なによりも、クロードを演じたエルンスト・ウンハウアーが美しい!!
おススメします。
↓音楽を聴いてみて!このBGMが物語をよりスリリングに仕上げてたわ。





以下ネタバレ的に感想。

●ラストはヒチコックの「裏窓」っぽい。ジェルマンは結局、数学のテストを盗んだことによって、クビになってしまうけど(そのくだりは真実だったのね・・・というか、ほとんどが事実だったんだろうと思うけど)決して、クロードを恨んでいない。
ふたりがベンチに座ってアパートを「覗き見」ながら、また次の「プロット」を練っているシーンは、ふたりの未来を暗示しているんでしょう。
クロードは家庭的に恵まれず、けっこうキツイ生活をしている・・っていうのが最後にわかる。それも切ない。
そんなクロードにとってジェルマンはある意味大事な存在なんだろうな。
そしてジェルマンにとっても、クロードは幻の息子という感じかも。
そんな二人が背徳的に物語を紡いでいくのだろうかと思うと、(ジェルマンは地位も仕事も妻もなくしたという)絶望的なシチュエーションの中にも、胸がぬくもるようにも感じました。けっして後味は悪くなく、良いラストで、好きです。

●また、中年女が好きなクロード(^-^;
母親を投影していることは明らかですが・・。もったいないね(笑)
ラファの母親に別れを告げられるシーンは切なかったなぁ。

●ジェルマンの妻。夫やクロードを「悪趣味」と批判してたけど、自分もけっこうのめりこんでたのがおかしかった。
画廊?をやるにはセンスが悪すぎるよね(^-^;いくらなんでもアレはないでしょう。あんなセンスで自分を芸術的と思ってる人間はいないと思うけどなぁ(笑)
ジャンヌは「芸術」と思ってるのに、ラファが「ジェルマンの妻はポルノ店を経営している」と言っていて笑った。
結局この夫婦は上手くいってるように見えて、砂上の楼閣の関係だったのかも。

●たとえば、自分の家の子どもの友達が、私が知らない間にうちの中をあちこち物色しているなんて、そんなことがあるとしたら耐えられない。うちの場合どこもかしこもカオスなので(^-^; 箪笥ひとつ、引き出しひとつ、見られたくないというか、見せられたものじゃない。。ちゅうの(笑)クロードが寝室やクローゼットや洗面所をくまなく見て回るシーンは、思わず、「やめてーー!!」と思いました(^-^;
覗き見しているつもりで映画を見てたけど、あの瞬間は「覗かれている」感じになったわ。

●クロードの描くラファの家庭に唐突に登場して、文章の添削や指南をするジェルマンが笑えた。
事実と妄想(創作)の区別はどこに?
おおむねが事実と思い込んでいたので、あの自殺シーンにはドキッとしましたよ。


スポンサーサイト
15:38 : [映画タイトル]か行トラックバック(0)  コメント(0)

【映】スノーピアサー

スノーピアサー [Blu-ray]
スノーピアサー [Blu-ray]
KADOKAWA / 角川書店 2014-06-27
売り上げランキング : 2202


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「殺人の追憶」「母なる証明」など、その作品が私も大好きなポン・ジュノ監督がハリウッドで撮ったというSF大作です。
設定は近未来、今から程20年後の2031年。
世界は氷河期に突入していて、絶滅に近い状態です。
ノアの箱舟のように、スノーピアサーという列車に乗った人たちだけが生存者。
列車は走り続けています。止まったら全員死ぬとか言ってたような気がします。曖昧ですみません(^-^;
この列車がすごく長くて、すごくすごく長くて、先頭に近づくにつれ支配層(裕福層)になっていって、最下層の人間たちが最後尾の車両にとじ込められてるんです。
物語はこの最後尾の最下層の人々が反乱を起こすというもの。
出演陣がとっても豪華です。
主演はクリス・エヴァンス。ひげ面で私は分かりませんでした。イケメンがひげで隠れててもったいなかったけど、イケメンは髭面でもイケメンです(笑)
彼が反乱軍のリーダーなんだけど、弟分には「リトルダンサー」の(イメージが強いので)ジェイミー・ベル。最下層の長老みたいな人がジョン・ハート。そして監督のお気に入り(と思う)ソン・ガンホ。ティルダ・スウィントンとか最後にはあんな大物俳優さんも。。。
物語は前半がちょっとダラダラしたような気がします。が、列車の最後尾で閉塞感に包まれた極貧生活は見ていてつらいぐらいでした。食べ物と言うと真黒なプロテインバー(だったかな)という、グミみたいな羊羹みたいな食べ物です。でもこれがのちにとんでもない原料からできていると分かります。
何だと思いますか。。色から想像してください。うげー。。。
極限状態の中で、リーダーのクリス・エヴァンスとかジョン・ハートとかジェイミー・ベルとかがとてもまっとうな正義感を持っていて救われるのですが、彼らがともかくカッコよく見えます。
革命軍は、長い長い列車を最後尾からずんずんと先頭車両に向かって進みます。
その途中では阻止する支配層側の兵士たちとの戦いがあったり、革命軍の誰かが命を落としたり、中盤からはハラハラの展開で釣り込まれました。
いかんせん長い物語なので、入り込むまでに時間がかかりましたね(^-^;
最後に思わぬ事実が発覚するんだけど、「そうだったのか!!」と、感動する(驚く)には、ちょっと映画の長さと展開に疲れてしまっていたかなぁ・・・(^-^;
個人的には★★★~~★★★☆かな。
ぜひとも見てみて!!って言う感じではなく、お好きな人はどうぞって感じ。
何が好きって言うと、終末世界を描いた映画や、監督や俳優さんが。あるいは、鉄道が好きとか?


それにしても、いろんな終末のパターンがあるけど、よくいろいろと思いつきますね。
まだ地球の形が残ってるので良かったです(笑)
16:44 : [映画タイトル]さ行トラックバック(0)  コメント(0)

【映】10月の鑑賞メーター

10月の鑑賞メーター
観たビデオの数:3本
観た鑑賞時間:238分

42 ~世界を変えた男~ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産)42 ~世界を変えた男~ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産)
期待したほどは、ものすごおおおおく感動するというわけではなかったような。でも、標準以上には面白かった。もっと恐ろしい差別が描かれても良さそうだけど(無情な差別意識で殺されるひともいるんだから)割と平穏に終わっていったという印象。まぁホッとしたんだけど。。42と言う背番号を、全チームの永久欠番にしたというエピローグに一番感動しました。紳士で動じない大人物だった主人公、その立派な態度に頭が下がりました。差別意識撤廃の一助は「和」だなぁ。紳士でなくても差別されてはいけないはずだけど。
鑑賞日:10月27日 監督:ブライアン・ヘルゲランド
ザ・ファイブ-選ばれた復讐者- [DVD]ザ・ファイブ-選ばれた復讐者- [DVD]
最近の韓国暗黒映画ではなかなか面白かった。緊迫感があったし、ハラハラドキドキさせてくれた。救いがない暗~~~い物語は好きです。キムソナが頑張ってた。
鑑賞日:10月23日 監督:
ハード・ラッシュ [Blu-ray]ハード・ラッシュ [Blu-ray]
面白かった!・・・と思ってここ(鑑賞メーター)見たら、えらく評判が・・あらら・・(^-^; 私的には楽しめました。雰囲気がどこか「ミニミニ大作戦」に似てた感じ。あっちのほうが良いけれど。ウォールバーグはイケメンじゃないけどカッコ良くて好き。主人公は悪事をしてもヤクは持ち帰らないという筋が一本と追ってるのが好感持てて、でも、あんな悪いやつからどうやって逃れるんだろう、と思っていたら気持ちよく調子よく解決した。ラストも爽快感がありました。いいなー、2000万ドル。なんちゃって。
鑑賞日:10月23日 監督:バルタザール・コルマウクル

鑑賞メーター

15:52 : [映画タイトル]月別鑑賞記録トラックバック(0)  コメント(0)

【映】ゼロ・グラビティ

B00G1W3UKIゼロ・グラビティ ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産)2枚組 [Blu-ray]
ワーナー・ホーム・ビデオ 2014-04-23

by G-Tools


面白かったですーー。
一気に90分が過ぎました。
これは劇場で見たら迫力あっただろうなと思いました。
テレビでも十分面白かったのですけど。
アカデミー賞も取って、テレビでもさんざん宣伝してたので、それだけで見たような気になってしまったんですね。
うーん。見に行かなくてちょっと後悔。。。
ストーリー的にはそれほど驚きの展開と言うわけではなかったです。
ただ、宇宙空間の描き方が、ものすごい臨場感です。
ほんとうに宇宙で撮影してきたみたい!
劇場の大スクリーンで見て、CGの迫力がすごくても、テレビで見ると結構CG丸出しだったりで、思ったよりもしょぼいなと思ったことはよくあるんだけど、今回はテレビで見ても迫力ありました。
演技もリアルで、宇宙では本当にこんな風になるんだろうなと言う感じです。
サンドラ・ブロックも結構イイ年だとおもうんだけど、鍛えられた美しいボディで、それも目を奪われました。女性から見たら憧れます。

宇宙の厳かな静謐と美しさ。
人間がそこに足を踏み込む(踏みにじる)のは傲慢なのでは?
ふとそんなことを思ったら、火の鳥(手塚治虫)が画面の彼方から飛んでくるような、錯覚を覚えました(笑)

ネタバレになるので言いませんが、泣けました。
★★★★★

★★★★☆
どちらかでしょう。
もうしばらく考えてから決定しましょうかね。
15:31 : [映画タイトル]さ行トラックバック(0)  コメント(0)

【動】びっくりした!

うち、末娘が4月からハムスターを飼ってるんです。
それが、昨日の夜中に私が様子を見たとき、死んだようになっていて。
餌をやってもいつものようにガリガリと食べず、ゆっくりゆっくり、食べてるんだかないんだかわからない状態。
そのうちに私の手の中で動かなくなってしまいました。
目をつぶって、ころんと横に倒れた感じで、足もピンとのばしてしまい元に戻らない。
あ~~~・・・・死んでしまった。。。
まだ1年にもなってないのに。。。。
そっといつもの寝場所に戻し、おがくずをかけておきました。。
そして寝ている娘に何と言おう・・・と、思って大変落ち込んでしまいました。
すごく可愛がってるのです。

結論から言うと、生きてたんです!

朝、娘が学校に行ってから(その時も言えなかった)部屋に見に行くと、
レタスの場所が動いてる!
え??
と思ってハムを触るともそもそと動き出し、私のところに来ました!
ふつーです!
普通に元気ないつものハムちゃんです!
ひまわりの種をやったら、いつものように元気にがじがじと食べました!!

あ~~~~よかった!!!

昨日のは何だったんでしょう。
いつも夜中に聞こえてくる、回し車の音も全然しなかったので、
やっぱり死んだんだ・・・
回し車を回してないのを、夜中に娘が気付いたら、大騒ぎだなぁ・・・
なるべく、それを先延ばしにしたいなぁ・・・
なんて考えて、私まんじりとしなかったんですよ。
朝も、いつもよりも早く起きてしまって。

でも、本当に生きていてくれてよかったー(^-^;
寿命が短いハムスターですが、なんぼなんでも7か月や8か月では。。。

寒かったのかなぁと思って、いちおう防寒対策はしてあるつもりだったけど、
もっと温かくしておきました。

やれやれ、生き物を飼うってほんと大変(^-^;
出来るだけ長生きしてほしいものです。


20:29 : [そのほか]もろもろトラックバック(0)  コメント(4)

【写】高山へ

夫の姪っ子の結婚式で、高山に行ってきました。
時間的に観光や紅葉狩りをする余裕はなくて、残念でしたが・・
少しだけでも、撮った写真をアップッぷ(^-^;
クリックして大きい写真を見てくださいねぇ~・・♪

e0276270_23281269.jpg
山が雪で真っ白で、びっくりしました。
高山、寒かったですよ。
この山、穂高連峰かな??

e0276270_2328159.jpg
紅葉は進んでいたけど、それほど綺麗ってこともなかったような?

e0276270_2328544.jpg
テレビではよく見る、高山の赤い橋、宮川中橋です。
土嚢が、先の水害を彷彿とさせて痛々しいですね。


ところで、私、着物で結婚式に参列したんですが、
もともとショートヘアなので、そのままでいいかなと思ったんだけど、
すこし、すそ(襟足)が伸びてたんですね。
でも当然、アップにするには全然足りない、でも、そのままでもおかしいという中途半端な長さで。
着付けの美容師さんが切ってくれました。

実は年末にも着物を着る用事があるんです。
その時のために私は前髪を伸ばしていたんだけど、けっこう切られてショック。。。

実は実は私は何を隠そう、(隠してもしょうがない・・というか、そういう問題ではない)
ゴーリキアヤメを目指しているんです!!

言わずもがな、ヘアスタイルだけですよ(^-^;
念を押すまでもないよね(笑)
今回、それがすっごく・・・
程遠い髪型になってかなりへこみました。

なんて説明したらいいんだろう・・・・
カーラーで巻いて、逆毛を立てて、ふんわりふんわりさせてモリモリに盛って
それをスプレーでガチガチに固めて・・・
髪が倍ぐらいの容量になったんですよ。

出来上がりのヘアスタイルを見たときの衝撃と言ったら。。。
筆舌に尽くしがたいとはこのことか・・!!と・・・(^-^;

美容院から姪の家に帰ったら、そっこーで髪を崩しちゃいました(^-^;
写真・・・・撮っておけばよかった。
いまどき珍しいヘアスタイルだったと思うんだけど。

なんて言っちゃ、美容師さんに申し訳ないですね(^-^;
ちなみに、一緒にしてもらっていた、義姉と義妹は普通のヘアスタイルだったんですよ。

年末に着物を着るときの参考になったかも・・です。


さて、お式は、人前結婚式でした。
神仏に誓いを立てるのではなく、お集まりの皆さんに誓いを立てるという式です。
仲人さんはないし、もちろん、三々九度もなく、とっても現代的な式でした。
花嫁さんは和装のときも、高島田では(綿帽子や角隠しも)なかったです。
今は高島田をかぶる人はあんまりいないみたい。
花嫁が、家を出るときは普段着で。
昔のように、花嫁衣装で家を出ることもなく。
なにもかも、以前とはずいぶん違いますよね。
感慨深かったです。
00:57 : [そのほか]写真トラックバック(0)  コメント(2)

【映】プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命

table border="0" cellpadding="5">プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命 スペシャル・プライス [Blu-ray]プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命 スペシャル・プライス [Blu-ray]
Happinet(SB)(D) 2015-02-03
売り上げランキング : 2430


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

松林を超えた場所・・・・松林の向こうの場所
タイトルの意味がよくわからないんだけど、要所で登場する松林がタイトルのポイントなのかな。
重苦しくて胸が締め付けられるような物語でした。
サブタイトルにあるように、宿命・・・というか、宿業と言うか・・・不思議で悲しい因縁の物語です。
意表を突かれるストーリー展開で、私はぜんぜん予想がつきませんでした。
ときどき度肝を抜かれる部分もあり、けっこう驚きの連続だった(^-^;
人間の良い面だけじゃなく、悪い面もたくさん描かれていて、展開としては私は「嫌な物語だなぁ」と思いながら見ていました。。。が、その割にラストに至っては後味が決して悪くないという不思議な物語。
あんまり書くとネタバレになるのでこの辺で。
ライアン・ゴズリングってカッコイイってことで人気があるようですが、私はちょっと苦手な俳優さん。
演じたキャラによると思うけど、この作品以外では「ドライブ」を見ましたが、どうも何を考えてるかわからないみたいな役柄だったし、非常に安直に、演じたキャラによって苦手意識が・・。今回は多分、メイクだと思うけど(そうであってほしい)イレズミだらけなんだもん。苦手なんだよねぇ。。。そういうキャラだったからなんだけども。
(余談だけど、トム・ハーディーもお顔は好きだけどあのタトゥーにドン引き・・)
ラブコメなんかに出てくれたら払拭できるかもしれません(^-^;
ブラッドリー・クーパーは明るいイケメンって感じで好きです。安直に(笑)
デイン・デハーンは、「リンカーン」でちらっとしか出てなかったけど鮮烈にイケメンだなぁと思ったので、今回じっくり見ることができてよかったです。私の中ではレオ君とジュード・ロウをミックスしたような感じなんだけど、いかがでしょうか。
あと、ヤツが出てた。レイ・リオッタ。相変わらずな感じ。気の毒なぐらいです(笑)
作品の評価は個人的には★★★☆です。




では、以下、ネタバレ感想です。




ルーク(ライアン・ゴズリング)は移動遊園地のバイクショー(球体の中でバイクを走らせるショー)で生活している流れ者。
しかし、かつての恋人が自分の子どもを産んでいたことを知ると、子どものためにショーの仕事を辞めて、子どもとその母親がいるこの街(スケネクタディ)に留まる。
そこで自動車修理工場の自称経営者にすすめられ、銀行強盗をする。
そしてそのあげくには、警官に撃たれて死んでしまうのだった。


私はこのルークに切なさを感じました。
流れ者だった彼、そのかつての恋人のことも大事にはしなかったようですが、自分の子どもがいたと知り、きっと初めて「愛情」を感じたんじゃないでしょうか。
なんとか息子のためになりたい、息子のために自分に出来る限りのことを、いいえ、それ以上のことをしてやりたいと思うのです。
それで銀行強盗を、すすめられるままにやってしまう。
暴力的で短絡的で自己的で無知で・・・良いところと言ったらバイクの運転ぐらい。
でも、息子に対する愛情は本気です。でもその表現方法が間違っているのが一目瞭然で私は好感が持てなかったのです。申し訳ないことに・・・(^-^;
だいたい、子どもの母親・・・なんでルークに会いに行ったか。
それがすべての発端だと思う。
それに、彼女。ちゃんとした連れ合いがいるのに、なんでルークと寝ちゃうかな。
やっぱり好きだったんだろうね。
でも、今の彼に申し訳ないとか思わなかったのか。彼女にも好感が持てなかったです。


ルークを撃ち殺した警官エイブリー(ブラッドリー・クーパー)は、罪人とはいえ人の親を一人殺してしまったので、罪の意識を抱いて苦しむのです。。。っていうか、この、ルークの死にのけぞりましたよ。主人公だと思ってたのに死んじゃって。
でも、物語の中にルークの存在は生きていました。
このエイブリーが正義漢かと思いきや、警官たちの横領を盾に自分が出世してしまい、ただの正義漢じゃなくなってしまったのも驚きでした。
一気に15年後に話が飛んでいたのも驚きで、今度は彼らの子どもたちの物語になっています。

ルークの子どもジェイソンとエイブリーの子どもAJ、二人が知り合い、ルークの子どもが「良い子」で(ちょっとだけ悪い)エリートのエイブリーの子どもがグレてます。

ジェイソンが父親のことを知りたがって、自動車修理工場のところへ行く。
ルークのことを修理工場のオヤジが、良く伝えたのでホッとしました。
でも、自分の父親の「死の真相」を知り、復讐心が生まれてしまう。
エイブリーはとっくにジェイソンとAJが友達になったことを知っていて、AJには、ジェイソンと付き合うなと言ってます。

エイブリーの家に侵入するジェイソン。
エイブリーを銃で脅して松林へ。
銃を向けると「すまない。ジェイソン」とエイブリーが泣きながら言うので、彼が何もかも承知だと知ることに。
エイブリーの財布には折りたたまれた、一枚の写真があります。
それはルークとジェイソンと、その母親が一緒に写っている15年前の写真。
両親は幸せそうに笑っています。
エイブリーを殺すことなく、立ち去るジェイソン。

そのまま町を出て、オートバイを手に入れ、「西」へと向かいます。
父親の生きた証であるオートバイ。。

父親を慕うジェイソンが切なかったです。
銀行強盗の末に死んだなんて不名誉な父親を、ジェイソンは慕ってる。
そのことが胸を暖かくしてくれたし、エイブリーを殺さなかったことも良かった。

だから、嫌な物語だと感じても、見終えた後は胸がジーンと温かくなりました。

20:14 : [映画タイトル]は行トラックバック(0)  コメント(0)