【食】栗

P9284582.jpg

今日は栗剥き。
2時間ぐらいぶっ通しで栗を剥きました。
わたし、けっこう集中力あるのかな(笑)
庭に1本栗の木があるのです。
今年は何だか知らないけど、よく実っています。
剥いても剥いてもキリがない感じ。。
まだまだ落ちてきますし、まだまだ生っています。
せっかく生ってるものを腐らせるのは惜しいし、かといって全部剥くのもしんどすぎます。
今日も同じ姿勢で剥いていたので、体がこわばってしまったし(笑)
親指の付け根は水ぶくれしそうだし、腱鞘炎になりそうだし(どんだけー!)
栗剥くのって過酷なんですよ。

それに全部食べたらカロリーが・・・・・(^-^;

秋の栗と柿、春のタケノコは、いっときにたくさんたくさん集中してしまい、ちょっと困ります。
年中にばらけたらいいんだけど・・・

でも旬だから美味しいんですよね。

写真上部に少しだけ映り込んでるのは金木犀です。
いまとっても良い香りです。

とにもかくにも秋!!ですね。


追記

栗剥きの必需品です。
これがあると、本当に楽ちんです。
これで剥いても大変なことは大変だけど、ふつうに包丁で剥くのと雲泥の差。

おススメします!
替え刃もついてます。
3シーズン使ったけど、まだ刃は替えてないのですけどね。

諏訪田|スワダ 栗の皮むき鋏 栗くり坊主

諏訪田|スワダ 栗の皮むき鋏 栗くり坊主
価格:1,500円(税込、送料別)

スポンサーサイト
21:07 : [そのほか]写真トラックバック(0)  コメント(0)

【映】小説家を見つけたら

小説家を見つけたら [DVD]
小説家を見つけたら [DVD]マイク・リッチ

ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント 2009-06-26
売り上げランキング : 15301

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
グッド・ウィル・ハンティング~旅立ち~ [DVD] 風とライオン [DVD] 遠い空の向こうに [DVD] 恋愛小説家 [DVD] いまを生きる [DVD]


WOWOWで放送があったので、久しぶりに見ました。
ション・コネリーというと、スコットランドの独立問題でタイムリーです。
このひと、スコットランド人だったのですね。
「アンタッチャブル」ではアイルランド人の役だったので、ついアイルランド人だと思っていました。
というか、あんまりよく分かってないですが(^-^;

それはともかく、映画の話。

泣きました。。
以前に見たときもかなり泣いたけど、今回もとても泣けてきました。

好きな場面は、ウィリアム(ショーン・コネリー)の誕生日だからと、彼を外へ連れ出すところ。
まだ少年のジャマールは、それがウィリアムに、どれほどの負担になるかも考えず、ただ喜ばせようとして連れ出すんですよね。自分が好きなバスケットの試合、きっとウィリアムも楽しむに違いないと思ったんだと思う。
けれど、長年引きこもっていた老人には、あの人ごみはハードルが高いですよね。
パニック障害が起きてしまう。
そこでジャマールはウィリアムが好きなヤンキーズの野球場へ連れていく。オフシーズンで(たぶん)静まり返ったグラウンド。でもウィリアムは楽しそう。
そして、自分の過去を告白するんです。
尊敬する兄が帰還兵となり荒んでしまい、飲酒運転の末に事故死したということ。
兄が死にゆくそばで、看護師が嬉々として、ウィリアムの小説を好きだといい、サインを求めたこと。
それで断筆したということ。
その告白も、パニック障害も、何もかもを含めて「今夜はとても楽しい夜だった」って言う、その台詞とか、お互いの気持ちがとっても素敵です。
もちろんラストの作文コンテストに、ジャマールを助けるために登場したウィリアムもとってもカッコいいです。
自転車で急ぐ老作家。手信号がまた渋いです!
嫌味な教授を相手にジャマールを弁護するウィリアム。。泣ける~。
ジャマールをカッコよく助けた後、故郷へ帰ると言ってまた自転車。
まさか自転車でスコットランドまでいかないだろうけど?解放された感じが見えて感動。
ウィリアムが死んだあと、その部屋に、彼の小説が置かれていたのも、その序章をジャマールに書くようにされていたのも。もう泣けて泣けて・・・。
「グッドウィルハンティング」と、とても良く似た話です。
同じ監督の映画だから。
でも、正直に言えば「グッドウィルハンティング」よりも私はこの「小説家を見つけたら」のほうが好きなんです。
先日はロビン・ウィリアムズ氏が亡くなって、追悼番組として「グッドウィルハンティング」と「いまを生きる」をこれも久しぶりに見ました。
特にこれらを比較する理由もないけど「小説家を見つけたら」が一番感動的だったのです。



22:11 : [映画タイトル]さ行トラックバック(0)  コメント(2)