【写】あじさい

あじさいの季節です。クリックで大きな写真出ます。

P6124396s.jpg

P6124394s.jpg

P6124391s.jpg


今年のアジサイは去年のより色がきれいな気がします。

スポンサーサイト
14:59 : [そのほか]写真トラックバック(0)  コメント(2)

【説】新聞連載「マイストーリー」

朝日新聞で連載中の、「マイストーリー」とても面白く読ませていただいています。
林真理子さんの作品です。
あいかわらず冒頭からの掴みもオッケー。
韓ドラにハマって以来小説をほとんど読まなくなったけど、以前は面倒で読めないことがほとんどだった新聞小説が、ちょうどいい感じなのかな。毎日ちまちま読めるという・・・(笑)
中日新聞では角田光代さんの「拳の光」。
角田さんは大好きな作家さんだけど、ボクシングと言う素材がイマイチそそらず、読んでいません。。。(^^;

「マイストーリー」は、自費出版の会社に勤める男が主人公。
いろんな人物が自分史を出版しようとしていて、その分野では繁盛しているみたい。
ただ、出版業界全体が低迷していて、編集者や作家が集まっても、以前のような華やかさがない。
「本を読む人はどんどん減っているのに、本を出したい人が増える一方」とのこと、今はこうしてド素人がブログなんかで駄文を書き散らしてますしね・・・(^-^; そういう意味でも世間に向けて本を出すってことのハードルが下がってるのかも。
問題は資金でしょうけど。
出版業界なので作者の林さんの身内の話でもあるわけで。
その辺がかなりリアルに迫ってきて面白いです。
東野さんの作家シリーズなんかも大好きなんだけど、すこし似た空気があるかも??(ないかも・・)

さて、今の段階では。
この編集者のところに、それほど有名でもない芥川賞作家が、自分の母親が本を出すので・・・と、訪ねています。
その母と娘(作家)の関係がなにやら、ややこしそう。
いわゆる「毒親」ってほどでもない感じですが、娘は母になにかいろいろ思うところがありそう。

毎日楽しみに読んでいます。今後の展開も楽しみです。
林さん、これからもがんばってくささい!!(笑)
 ...続きを読む
09:32 : [本・タイトル]ま行トラックバック(0)  コメント(0)

【映】FLU 運命の36時間

B00IMSUMMSFLU 運命の36時間 [DVD]
TCエンタテインメント 2014-05-28

by G-Tools


「FLU 運命の36時間」を見ました。
愛するチャン・ヒョクさんの主演作品。
面白かった!!!

いわゆるパンデミックサスペンス。
密航してきたベトナム(かどこか)の難民が乗ったコンテナで、激烈な症状の病気が発生、コンテナの中の人間はほとんど死んでしまい、やがてその病気が上陸して韓国で爆発感染。
主人公のカン・ジグは救急救助隊員をしており、とある事故で、女医イネに出合います。
救急隊員と医者、感染が猛烈な勢いで広まりパニックになる盆唐の街の中で、巻き込まれながらも、自分たちの立場からウィルスに対する戦いを挑む彼らの様子を描いています。

FLU⇒インフルエンザ
36時間⇒感染から死ぬまでの時間

詳しい感想はこちらにあります。
良かったらクリックして飛んでください。こちら
17:39 : [映画タイトル]英数トラックバック(0)  コメント(1)

【赤】アニメ「赤毛のアン」観てます!

赤毛のアン
赤毛のアンTVサントラ 北原文枝 麻生美代子 井上和彦 山田栄子 槐柳ニ 高島政羅 羽佐間道夫

日本コロムビア 1995-06-21
売り上げランキング : 170146

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


朝の連ドラ「花子とアン」は、たまーに見てます。
ネッ友さんが書いてくださるブログで、あらすじを読ませていただいたり。
そんな感じ。

でも、NHKのBSで放映中の「赤毛のアン」は、週一ですから、欠かさず見ています。

原作はシリーズ通して何度か読みました。
「赤毛のアン」と「アンの娘リラ」が特に好きで、この2冊はシリーズ中で、一番たくさん読み返しました。

すべて知ってると、アニメを最初から見て、胸いっぱいになります。

男の子と間違われてアヴォンリーに来たアン。
間違いだったから、孤児院に送り返されるか、それとも錐のようなブルエット夫人の家に行くか、どちらにしろ、絶望のどん底にいたアンが、グリンゲイブルズで、日ごと「ふつう」の少女として幸せになっていく姿を見て感無量です。
アンの幸せがこちらにも伝わって、見てるほうも幸せになります。

マリラも素敵ですが、やっぱりマシュウ。
いちいち、泣かせます。
第一話で、アンのおしゃべりに心を奪われ、アンを好きになったマシュウ。
アンが「望まれなかった子」だと、本人が知った時のショックを慮って心を痛めるあたりで、もう涙が出ます。
アンを置いてあげることになるまでの心配、マリラの決意に喜び、アンを思う気持ちに泣かされます。
アンの好きなチョコレートキャンディーを買って帰るくだりなんかも、マシュウの優しさに目頭が熱いです。
マリラの「あの子が来てからたった3週間なのに、ずっといたみたい。あの子がいなかったなんて想像できない」と言うとき、アンが幸せになることで、マリラもマシュウも幸せになったんだな・・・と。
私も幸せを感じます。

子ども時代に「世界名作劇場」とかで読んだ「赤毛のアン」。
そしてアニメ「赤毛のアン」を見て、大人になって結婚してからシリーズを読み・・・
あれから何十年。
今アニメを見て、当初よりもっともっと感動している私です。

しあわせなアンを見て、しあわせな気分に浸りつつ・・・・。

01:31 : [映画タイトル]アニメトラックバック(0)  コメント(0)

【漫】「ハチミツとクローバー」

ハチミツとクローバー COMPLETE BEST (期間生産限定盤)(DVD付)
ハチミツとクローバー COMPLETE BEST (期間生産限定盤)(DVD付)林有三&サロン’68 TVサントラ YUKI スネオヘアー THE BAND HAS NO NAME

ERJ 2006-12-20
売り上げランキング : 164703


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


アニメを娘が見てるので、さりげなく一緒に見る・・・。
これ、あんまり好きじゃないんですよね。
・・・・と、思ってたけど、好きじゃないというよりも、苦手なのかも。
あまりに切なくて。
漫画、一度読んだら再読したいと思えなかった。
アニメも・・・泣けますよね。
14:15 : [そのほか]テレビやドラマトラックバック(0)  コメント(0)