【写】なばなの里イルミネーション

義妹が富山からやってきたので、「なばなの里」へ行きました。
さっそくイルミネーション撮影のチャンス!!
・・・・と思ったんですが、思ったよりも難しかったです。(^_^;)
ちゃんと三脚を持っていったのに、そもそも、水平になってないし!!
絞りとかシャッター速度とか、ISOとか、よく分からないくせに色々といじろうとしたら、操作が????状態になってしまったり・・・
あるいは、せっかくのリモートシャッターが動かなくなったりとか。。。
きらきらのクロスフィルターをつけたけど、あまりにきらきらしすぎでうっとおしいし。
いや~~。たくさん撮ったけど満足いくものはあんまりありません(^_^;)
リベンジしたいです~。
カメラも買ってみて分かったことが多いけど、イルミネーションも撮ってみないと分からないですね。

では、へたくそなのも、自分なりの満足行く写真も取り混ぜてアップします。
クリックで大きな写真出ます。

まずはそこそこの写真から。
なばなの里と言えば「光の回廊」。
P2250930.jpg

ライトのひとつひとつはこんなにかわいい花のライト。
P2250935.jpg

P2250931.jpg

「水上イルミネーション」も代表的。
これがあんまりうまく撮れなかった(^_^;)
P2250921.jpg

こちらのほうがマシだと思いますが、実はこれは去年撮った写真。
しかも、コンデジ・・・(^_^;)
コンデジのほうがうまく撮れた典型例です・・・。
539083_260321934058314_1506439637_n.jpg

毎年変わるテーマ、今年は「大自然」だそうで。
確かに去年よりもバージョンアップした感じでした。
P2250939.jpg

そのほかは「ピンクのトンネル」
P2250954.jpg

「光の雲海」
P2250973.jpg

花が咲いたらきれいなんですけど、まだ、咲く前なので・・・・(^_^;)
P2250986.jpg

以上が、まぁまぁそこそこの写真かなぁ~・・・と言っても良いかかな?という写真です。
で、こちらは・・うーん・・と言う感じの写真。
 ...続きを読む
スポンサーサイト
21:12 : [そのほか]写真トラックバック(0)  コメント(2)

【写】カメラを買いました

P1040700.jpg

先月のなかば、ついにカメラを買いました。前から欲しかったので・・。
ミラーレスのちいさくて安いやつ・・(^_^;)
あんまり思い切った買い物が出来ないので、ミラーレスの中でも安いものを選びました。
(そんな理由で選ぶのは私ぐらいかと思いますが)
買ってみて分かったのですが、コンデジのように機能がすべてそろっている(接写も望遠も両方利く、とか)わけではなくて、用途目的に応じたレンズが欲しくなるのですね。
私のカメラは「M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 II R」と「M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8」がついていました。
でも、思っていたのと違う・・。
接写も出来ないし、望遠もこれじゃ弱い。それに、絞りだのシャッタースピードだのやってみると結構・・いや、かなり難しいのですね(^_^;)なにもかも、思惑違いです・・・いったいどんな気持ちでカメラを買ったのかと、自分に対して情けなくなりました。
今はとにもかくにもカメラに関してはもうちょっと大きな望遠のレンズが欲しくなってしまいました。
でも、しばらくは手持ちのもので練習してみます。

と言いつつ・・高いものは買えませんが、ポチポチと安物ばっかり買ってしまいました(^_^;)







P1040701.jpg


P1040703.jpg

とりあえず、どんな写真を撮ったかと言うと・・・
まだまだ勉強中なので、へたくそはご容赦くださいよ(^_^;)
でも勉強したからといって、素敵な写真が撮れる可能性があるわけでもないのですが・・。

1枚目 うちのボタンインコのレイです(*^_^*)
(クリックしていただくと大きな写真が出ます)

a50423a3.jpg

2枚目 3枚目は雪の日に撮りました。

b79dae97.jpg
2e743cfe.jpg

4枚目5枚目は同じ写真なのですが、夕焼けモードとドラマチックトーンっていうアートフィルターをかけて撮りました。

2bccb8f1.jpg
8a8fcebe.jpg

↓のきらきら写真は、これをつけて撮りました。


P22107~1

あとは・・・・

P2230793.jpg
P2230795.jpg

また撮った写真をアップします。みてやってください。。(^^ゞ

ここにも写真をアップしています。
http://blog.livedoor.jp/kabotya2013/
20:27 : [そのほか]写真トラックバック(0)  コメント(4)

【映】王になった男

無題

とくに、イ・ビョンホンが好きと言うわけではないけれど、いま、韓国時代劇にハマっているので(「王女の男」→「宮廷女官チャングムの誓い」→「善徳女王」→いまは「トンイ」と「太陽を抱く月」を見ている)時代劇を劇場で見たくて出かけました。

とっても面白かった!!

やっぱり劇場で見る時代劇は迫力があったし、何よりも物語が面白い!

李氏朝鮮第15代国王(在位:1608年 - 1623年)公海君。夜ごと暗殺におびえる彼は、影武者を必要としていた。白羽の矢が立ったのは、宴会のたいこもちのハソン。王とそっくりな上に宴会芸で王を揶揄していた。
王が病気になったため、ハソンはその間、王の代役を勤める。

ありがちと言えばありがちな設定だけど、庶民(文字が読めるのである程度の階級はあったらしい)が王宮に入り、最高地位の王様として暮らすギャップ・・・たとえば、大便ひとつ自由に出来ないとか←見ているこちら側もへぇ~!!そんなことまで!!みたいな驚き・・あるいはハソンを影武者に仕立てた長官のホ・ギュンとのやりとりなど、笑えるシーンが満載。

脇役たち、そのホ・ギュン、宦官のチョ内官、毒見役のサウォル、正室の王妃(これが、今見ている「トンイ」だったので驚いた)などなど、彼らとのやり取りがとても楽しい。

★★★★☆

ここから先はネタばれです。




























ある意味天真爛漫なハソンは魅力的で、それだけでも見ていて楽しかったのだけど、たった15日間と言う間にハソンは宮廷に渦巻く権謀を知り、政治を勉強して、「それらしく」なっていく。
元が庶民なだけに、庶民の立場から政治を見る。
それはハソン自身の成長物語でもあり、大変感動的だった。最後の謁見の場で叫ぶように語る「王」としての気持ちには泣かされてしまった。
ハソンに惹かれていくホギュンやチョ内官たちの気持ちがよく伝わったし、サウォルにいたっては最後は身を挺して忠誠を守る。サウォルと護衛官の最期は涙なくして見られなかったし、彼らに対して涙を流すハソンにも泣けた。王としては、どうしてもハソンを殺さねばならなかったのか。悲しかった。
でも、最後にホギュンが・・・。
見詰め合う二人の姿にまたもや感動せずにはいられなかった。
17:47 : [映画タイトル]あ行トラックバック(0)  コメント(6)

【映】ニーチェの馬

B0098F40G8ニーチェの馬 [DVD]
タル・ベーラ
紀伊國屋書店 2012-11-24

by G-Tools



ものすごい映画だった。
そこは嵐のような風が吹きすさび、歩くのもやっと。そんな荒野のあばら家に、父と娘の二人が住んでいる。娘は井戸の水を汲み、父親の着替えを手伝い、馬の世話をする。食事はいつもゆでたジャガイモだ。
そんな生活が、ただ、そんな生活が描かれている。それだけの映画といえばそれだけだ。
この映画を見ていて私は大昔に読んだ長塚節の「土」を思い出した。
戦争とか災害とかの中ではなく、単なる「日常」なのに、それがもう想像を絶する過酷さ。
「こんな人生はイヤだ」と思わずにいられない日々の暮らし。
淡々と、単調な生活が描かれているだけ。それなのに、絶望を感じてしまう、それが似ていたように感じた。
正直言えば面白くない映画だ。単調なので見飽きるし眠気に襲われる。
でも、見終えた後、忘れがたい感慨がある。
10年たっても20年たっても覚えているような気がする。「土」と同じように。
★★★
22:37 : [映画タイトル]な行トラックバック(0)  コメント(0)

【本】狭小邸宅/新庄耕

4087714942狭小邸宅
新庄 耕
集英社 2013-02-05

by G-Tools


図らずも、垣谷美雨「ニュータウンは黄昏て」に続いての「家」物になった。
しかし今回は「売る側」の物語だ。
主人公の「ぼく(松尾)」は不動産会社に勤めていて、家を売るのが仕事だ。
でも、なかなか売れない。
そんな社員に会社上層部は完膚なきまでに面罵したり貶めたり、徹底的に扱下ろす。
また、家を「売る」ことを「殺す」などと言うそうで、この業界の裏の顔に慄いてしまうのだ。
ただでさえ、物を売ると言う仕事は楽ではない(仕事なんてどれも楽ではないと思うが)うえに、売るものが「家」とあってはその過酷さも想像を絶する。
都心では、ペンシルハウスと呼ばれる、小さな家(表紙絵の家だ)でさえも5000万円以上するらしく、条件がよければ価格も驚くほど上がってしまう。
そんな業界の裏話に震えながら、こんなにも理不尽に(思える)ひどい扱いを受けながら、主人公はなぜこの会社を辞めないんだろう?と疑問だった。もう辞めたらいいのに、すぐに辞めたらいいのに・・と言う気持ちがずっと消えない。じれったいぐらいだった。
だがやがて、主人公は変わっていく。ふとしたきっかけがあって、成長する姿を見せられる。
けれど、それでハッピーエンドになるかと言うと、そんな単純じゃなかった。
辞めずに、あきらめずに頑張ったことに、えらかったね・・とほめてやりたい気持ちと、やっぱり辞めたらよかったんじゃないのか・・と言う気持ち、複雑な気持ちで本を閉じる。
決して爽快な読後感ではないけど、一気に読まされた。
14:20 : [本・タイトル]か行トラックバック(0)  コメント(0)

【本】ニュータウンは黄昏て/垣谷美雨

4103333715ニュータウンは黄昏れて
垣谷 美雨
新潮社 2013-01-22

by G-Tools



一軒家かマンションか、分譲か、賃貸か・・・。
いずれにせよ、住居について考えるのは大変だ。
バブルのころ中古の公団住宅4LDKを五千二百万円で買った頼子は、その後のバブル崩壊、資産価値の急落、夫の会社の退職金制度の廃止、年金支給額の繰上げなどなど、思いもよらぬ事態ばかりに見舞われて、十数年のローンを残し苦境にあえいでいる。夫が会社では冷遇されているようだし、自分にはマンションの理事役が回ってくるし、その上マンションは老朽化し、修繕か立替かで揺れている。
片や頼子の娘、琴里は就職活動に失敗しバイト生活。あるとき、久しぶりに会うことになった中学時代の友達から彼氏を紹介されたのだが、その後友達は行方をくらまし、紹介された彼氏と琴里はいつの間にか親密に。
彼氏は富豪の御曹司だったのだが・・・。
二人の親子に焦点を当てて、家、と言うものについて考えさせられる。
ローン地獄で苦しい頼子は理事になったことで、マンションに住むことのデメリットをイヤと言うほど突きつけられてしまう。私はマンション住まいではないので、いわば他人事だと割り切れるはずだったけど、簡単に割り切れず、読んでいて陰気になってしまった。
あまりにもリアルだったからだと思う。
(このマンションの理事会を定年制にするという案が挙がり、50歳代の頼子は受け入れがたく感じているけど、私が住民だとして、80とか85歳になって理事なんて大変なことをしたくないし、やれるかどうかも分からないよな~と思った。しかし、定年制にすると理事が若い人たちだけに当たり、それがゆえに新規入居者もなくなるということで、理事の問題ひとつだけでも考えただけでしんどい・・・と言うように、)
いろいろと大変なことが目の前に提示されたようで、気分が沈んでしまった。
以前「全壊判定」と言う小説を読んだが、そのときも解決の糸口がない問題を前に、「なんて大変なのだ」とため息をつくしかなかったのだけど、今回も同じ状況だった。
ともかく、マンションと言うか団地と言うか、集合住宅と言うのは色んな人が住んでいる。人が100人いれば考え方も100通りあるのと同じだ。どこで妥協するのか、どこまでは自分の意志を貫くのか・・物事をひとつ決めるのに、問題が大きいほど意見が分かれるし揉める。それで住まいは「ひとつ」なんだから厄介なのだろう。
物語の核のひとつは、このマンションの住民たちの人間ウォッチングだろう。
色んな人がいて色んなことを言う。その点は面白かったが、家を持つということが、本当に幸せにつながるのか?と疑問を感じてしまった。
現に、琴里の友達は自分たちの家を持ち、ニュータウンを出て行ったけれど、けっして幸せそうには見えないのだ。かと言って、残っている琴里、頼子の家が幸せかと言うとそうでもない。
ではいったいどうすれば人は家のことで満足できるのか?
やっぱり最終的にはお金なの?
で、琴里の彼氏の登場である。
決してお金があることが幸せには繋がらない。(金=幸せと言われても困るが)
山積の問題は、すべてがきれいにクリアされたわけではないので、とっても爽快なハッピーエンド!!と言うわけには行かないのだけど、少しだけ爽快な気分を味わうことができる結末にほっとした。

でも、やっぱり、琴里にしても、三起子にしても、友達に対してなんてひどいことをするんだろう、としか思えない。私が友達なら絶交だ・・・と思う。その点ではもやもやは払拭されなかったかな。。。
14:07 : [本・タイトル]な行トラックバック(1)  コメント(0)

【映】ヘッドハンター

B009SGAE30ヘッドハンター [DVD]
東宝 2013-01-25

by G-Tools


たしか、クリスチャン・スレーターの出演作品にも同じタイトルの映画があるけれど、こちらはミレニアムでおなじみ北欧はスウェーデン発の作品。

主人公のロジャーは身長168センチ。美人でスタイル抜群の妻がいる。金回りがよく、妻にも贅沢をさせている。大企業のヘッドハンター(引き抜き屋)をやっている。
しかし、それは表の顔。
彼は実は、美術品専門の「泥棒」だったのだ。。

美術品専門の泥棒なんて、ちょっとエロイカを彷彿としてしまった(笑)。
作品としてとても面白かった。
誉められたものじゃない、泥棒家業。でも、ロジャーに肩入れして見てしまった。
敵もさるもの。こんなのが相手じゃ助からないよ・・とドキドキハラハラさせられた。
ニコライが好きなのと、予告編を観て面白そうに思えたので観てみたけど、予告が面白いと中身が大したことないケースが多い。でも、これは期待を裏切らなかった。とても面白いサスペンスだった。

ネタバレはしませんが、見て損はないですよ。
ただし、一部、げーっとなりそうなほど苦手な描写があったので、ご注意を。
私はどんなにグロくても、人間がミンチになっても(映画ではね!)平気で見ていられるけれど、これだけは・・・思い出してもげーーーだわ。必要な描写だったから仕方がないね(^_^;)

★★★★
21:05 : [映画タイトル]は行トラックバック(0)  コメント(0)

【本】冬の旅/辻原登

4087714829冬の旅
辻原 登
集英社 2013-01-25

by G-Tools


思ったよりも読みやすい文体(初辻原本、前に何かを挫折した)。
ある時点から転げ落ちるようにして果ては収監され、満期出所となった主人公の人生を、それに関わる人々の群像劇を交えて描く。
どのキャラの人生も結構な悲惨さで悲惨のリンクの末、主人公がさらに悲惨になるという・・・。
途中で阪神淡路大震災の描写がありとても生々しくてその部分が一番読むのが辛かった。
まぁ物語としては、だから何?と思ってしまいそうな筋立てだけど、一気読みしてしまった。
こういう本を読むとついつい吉村昭の「仮釈放」を思い出してしまうなぁ。暗さでは「仮釈放」に軍配。
10:40 : [本・タイトル]な行トラックバック(2)  コメント(2)

【本】ブラックボックス/篠田節子

4022510455ブラックボックス
篠田節子
朝日新聞出版 2013-01-04

by G-Tools



食の安全に大きく真正面から取り組んだ意欲作。自分が食べているものを信用できなくなる恐ろしさがあった。巻末の参考資料を見て、ますますこの物語がただのフィクションでなく、現実に起きていることなんだと慄然とした。
滅多に食べないのだが、たとえばファミレスのサラダなんかは、切り口の新鮮さを保持するために、薬液に漬けると聞いていた。家庭で調理すれば分るが、生野菜は切れば間もなく変色する。長時間サラダバーに置いておいても変色しないなんて、それだけでも不自然なことだ。
しかし、この本を読んで、外食のサラダを避ければそれでいい、スーパーのカット野菜を使わなければそれでいい、と言う問題ではないと言うことがよーくわかる。
田舎なので隣のおばちゃんが自分の畑で作った作物をくれたりする。自分の家にも小さいながら畑があり、両親が細々と季節の野菜を作ってくれる。収穫作業は手伝ったり任されたりしている。
土は当然付いているし、食べるためには落とさなければならない。洗って綺麗にして、虫がいたら取り払う。
たしかにスーパーで買うよりも手間がいるのだ。
でも、今の主婦達は(この言い方も良くないらしい。食の管理を引き受けているのが主婦だけで、子どもの健康状態に問題が起きれば母親だけの責任とされる物言いに問題があるのだ)徹底的に手間を嫌うことが多い。
消費者のニーズは、安心して食べられる安全な作物。泥がついてなくて、虫もついていない、虫食いの痕もない、見た目の美しい野菜。扱いやすく手間いらず、そのうえ栄養豊かで味もいいもの。。そして、安いもの。。。
生産側は消費者のニーズと、コストと言う両面をクリアして農作物を作らねばならない。その結果、この本に登場するようなハイテク農場が・・・いや、ハイテク農作物工場とでも言うべきファームが登場するのだ。
残留農薬や偽装表示には敏感な消費者達。でも、農薬を大量摂取した野菜と、その必要はないけれど遺伝子操作された野菜を比べたら、どちらを選ぶのだろう?
また、表示義務のない薬品も中にはあり、それらがいくつか体内に入り独自の化学反応を引き起こさないとは限らない。
自分のことだけなら危機感も低いかもしれない。しかし我が子にそんな危険な食べ物を与えることが出来るのか。
いま、子ども達に多い重篤なアレルギー反応だって、元はその母親の長年の食生活に原因があるといわれたら?
食は生きることの基本中の基本だ。
本書はそれらに対して人々が、あまりにも無知でいい加減できちんと学習しなかったことへの警告であり、わがままを求める姿勢に対して反省を促しているのだと思う。
しかし、そんなことをいっていたら何も食べられない・・。とどうしても思う。
そしてだからと言ってどうすればいいのか分らない。
無知で無力だ。
このまま自分達に都合の良いことだけを求め続ければ、やがてその要求は企業の餌食となり、今よりももっととんでもないものを食べさせられる時代が来る。そんな危機感でいっぱいになってしまった。

小説としては実は読みづらい。
まるで生協の学習会で勉強させられているような感じだった(私には)。
物語のメリハリもそれほど大きくないので、だれてしまった。主人公達にもイマイチ肩入れできない。
テーマとしてとても興味深いし、提起される問題には瞠目すべきだと思うけど、いかんせん「物語」としては面白みに欠けたと思う。
それでも、一読の価値ある作品だろう。
海外労働者の実態や、農家の現状にも言及していてその点も読み応えがあった。
以前読んだ「震える牛」も良く似た感じがしたけれど、小説としては「震える牛」のほうが面白かったかな。
11:30 : [本・タイトル]は行トラックバック(0)  コメント(0)

【映】シャーロック

B007ND97AQSHERLOCK / シャーロック [DVD]
角川書店 2012-07-06

by G-Tools



遅ればせながら「シャーロック」にハマっています。

面白い~~~~~~~~~(*^_^*)
シャーロックの変人っぷりがハンパなくて、でも可愛くて!
なんて意地悪で性格が悪いんでしょうか(笑)でも私も苛められたいです(爆)。
ロングコートとマフラーが素敵過ぎてカッコよくって、コートのすそをひらひらさせながら一生懸命走るシーンなんかに、胸きゅんきゅんきゅんの萌え萌え萌え~~~~~です~~♥
吹き替えもいいですよね。
ああいうテンポのいい会話は吹き替えで見る方が楽しめます。声優さんの声もよく合ってる!!

BSで放送があったとき、評判がいいのはTLなんかからも分ったけど、時すでに遅しで録画もし損ねていて無念に思っていました。
年末だか年始だかにも再放送がありましたよね?そのとき録画したんですけど、今思うと第2シーズンの2、3話を録画したみたいです。
で、今回の地上波再放送でようやく第1シーズンから見ることが出来ました。
第2シーズンも地上波で再放送してくれますよね?????

いまから楽しみで仕方ありません。
というか、ここで終わり???殺生な~~!!!ですから。
はやく再放送してください。
第2シーズンの終わりも見たけど、それもまた「どういうこと??」みたいな。
どっちも、早く続きを~~~!!!

しばらく韓国ドラマにハマっていたけど、今の時点ではシャーロック萌え~~なのですようふふのふ(*^_^*)

14:59 : [映画タイトル]さ行トラックバック(0)  コメント(2)

【映】アウトロー

outlaw.jpg


彼の名はジャック・リーチャー。世界でもっとも危険な流れ者(アウトロー)。

面白かった。
テレビや予告編では、トムさんが体を張ったアクションを、スタントなしでこなしたことばかりが大きく取り上げられていて、イメージしたのは相当ど派手なアクション映画。たとえば、M:Iシリーズのような…。
だけど、いざ見てみたら、思いのほか地味なしっかりとしたサスペンス映画だった。
白昼5人を無差別に狙撃した殺人事件の容疑者ジェームズ・バーが呼んだ、軍隊時代の知り合い?(この辺、実は寝てしまったので良く分らない…)それがジャックリーチャー。
彼は事件の真相を探るうちに、バーが犯人ではありえないと思い立つ。そうして真実に近づいていくのだけど、その過程はなかなかサスペンスフルで見応えのある展開だった。
盛大に宣伝していたカーアクションなども確かに見応えがあるのだけど、個人的にはミステリー部分にこそ面白みを感じた。
またトムさん演じるリーチャーは(本名じゃない辺り…)結構とぼけた部分もあって、笑いを誘う場面もちょくちょく。本人がいたってマジメなので余計に面白かったりして。
スマートすぎず完璧すぎず。結構泥臭くって、私はイーサンハントよりもこちらのほうがスキだな!
どうやって生活しているんだろう?って気はしたけど(笑)、貧乏臭くて、孤独で、でも自由で…。友達もないし財産もない、家もない。携帯電話も免許証も、煩わしいものだから持たない。いっそ潔く清清しい。ひとつ間違えばホームレスなんだけどな。でも不思議と羨ましかったりもする。
トムさんはもう50なのに、そりゃ確かにある程度衰えた感じがあるのかもしれないけど、あの肉体や運動量はとても50には思えない。
私は却って最近のトムさんのほうが好き。
それと、こちらもトシ取ってしまったなぁって感じがしたけど、ロバート・デュバルがとっても渋くてカッコよかった~~!!!
映画館で見て満足できました。
★★★★



01:59 : [映画タイトル]あ行トラックバック(0)  コメント(0)

【映】ザ・レイド

B00AANT9OAザ・レイド [Blu-ray]
角川書店 2013-01-11

by G-Tools


麻薬王の潜伏する30階の高層ビルに、SWATが攻撃を仕掛け、麻薬王もろとも壊滅させようとする。
と言う単純な物語。だけど、裏切りありーの、突然の邂逅ありーので、なかなか面白い展開だった。
なによりも、アクションがすごい~~~!
かっこいい~~~~~!!!
最初はなんとなーく見ていた。じっさい、誰が主人公なのかもあんまりしっかり把握しないまま見てた。
と言うのは、これはツタヤのオンラインレンタルで借りたのだけど、オンラインだと予約したときのことを忘れてて、手元に届いたときには「これ、どんな映画だったっけ?」と思うことしばしば。この作品もそんな感じで見始めたので、ほとんど前知識もなかった状態。
しだいに、主人公が活躍するシーンが目立つようになると、「誰これ?強ぇぇ~~~~!!!カッコいい~~~~!!!」と釘付け。
ストーリー云々よりも肉弾戦のアクションを楽しむ映画。
なんせ、このビルの中から移動しないし、アクション映画にお決まりのカーチェイスもないんだもん。


他の人のレビューをつらつら見るに、格闘シーンが長すぎて飽きるとか、闘い過ぎて強さが逆に伝わらなくなってるとか書いてあるのを見た。それもそうかなと思ったけど、個人的にこういうのが私は好みなんだな。
カーチェイスよりも。
面白かったー。満足!!!

★★★★☆
17:45 : [映画タイトル]さ行トラックバック(0)  コメント(0)

【映】2012年 マイベスト

劇場鑑賞部門

まずは劇場版から。
今年は劇場では23本の映画を見ました。
残念ながら、アクション大作と言う物に心を惹かれなくなりつつあります。
評判の良い「ダークナイトライジング」や「007スカイフォール」なども、個人的にはそれほど面白いと思えませんでした。「ドラゴンタトゥーの女」も原作のほうが面白かったと思うと…。
「バトルシップ」「ダークシャドウ」「スノーホワイト」「アメイイジングスパイダーマン」「デンジャラスラン」「ボーンレガシー」「リンカーン秘密の書」などなど。結構アクション映画を見ているんだけど、イマイチ楽しめなかったのは、トシ取った証拠でしょうか?哀しい・・・(^_^;)
そんな中で、劇場版ベストを5つ選びました。

1位 最強のふたり
文句なく。面白くて楽しくて、そして切なくて。とてもとても大好きです。劇場で見ることが出来てよかったです。感想

B00APA14KK最強のふたりコレクターズ・エディション(2枚組)(初回限定仕様) [DVD]
アミューズソフトエンタテインメント 2013-03-22

by G-Tools


2位 おおかみこどもの雨と雪

アニメですけど感動しました。子ども達がかわいかったし、おおかみおとこもカッコよかったな(*^_^*)感想

B00AHSQRBQおおかみこどもの雨と雪 BD(本編1枚+特典ディスク1枚) [Blu-ray]
バップ 2013-02-20

by G-Tools



3位 哀しき獣
思えばこの作品を最後に、アクション映画から気持ちが離れたかも。レンタルで見たらそこまで面白く感じなかったんですけども・・・(^_^;)感想

B007C13JTO哀しき獣 ディレクターズ・エディション [Blu-ray]
Happinet(SB)(D) 2012-06-02

by G-Tools



4位 悪の経典
うーん、数ある作品を押しのけてこれ?っていう気がしなくもないけど、それがねぇ・・とっても楽しめたんですよね!不思議と。感想

5位 Black&White ブラック&ホワイト
これもねー…(^_^;)めっちゃばかばかしい映画なんだけど、見終わる頃にはすごく楽しくなってて。
まぁ、個人的な好みなので…。感想

B00AQACHLYBlack&White/ブラック&ホワイト エクステンデッド・エディション [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2013-03-02

by G-Tools



レンタル・録画鑑賞部門

今年は、衛星放送を(無料ですが)見られるようになったので、せっせとテレビ録画をして映画を見まくりました。で、気づいたらなんだかんだで123本も見てました。これは鑑賞メーターの記録なので、もっと見てるはず。とくに、「宮廷女官チャングムの誓い」や「善徳女王」なども見てましたので…(^_^;)。
その中からベスト15くらいを上げてみようと思います。(変更あり 2月3日)

1位 瞳の奥の秘密 感想
しっとりとした大人のミステリー。見応えありました。
B004CCQSTY瞳の奥の秘密 [DVD]
東宝 2011-02-18

by G-Tools


2位 ヒックとドラゴン 感想
これはいいアニメです。映像は綺麗だし迫力ある。キャラに魅力があって物語も素晴らしく言うことない。ぜひともブルーレイで!!
B0051DPN6Mヒックとドラゴン スペシャル・コレクターズ・エディション [Blu-ray]
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン 2011-07-22

by G-Tools




3位 海洋天堂 感想
ジェットリーが無償でも出演すると熱望した作品。死に行く父が息子を思う気持ちに泣いた。
B006TKYNSU海洋天堂 [DVD]
キングレコード 2012-04-11

by G-Tools



4位 海辺の家 感想
よかったわ~~。親と子が不器用に思いあう姿に泣きました。
B0002ADHVM海辺の家 [DVD]
日本ヘラルド映画(PCH) 2004-07-14

by G-Tools


5位 日の名残 感想
切なくて切なくて。
B002MTS43W日の名残り コレクターズ・エディション [DVD]
イスマイル・マーチャント
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2009-11-04

by G-Tools




6位 ロストアイズ 感想
切なくて哀しいホラー。こういうの大好き。
B005DPSQ26ロスト・アイズ [Blu-ray]
SHOCHIKU Co.,Ltd.(SH)(D) 2011-11-11

by G-Tools



7位 127時間
 感想
主人公の姿に打たれます。
B0055BCPAW127時間 ブルーレイ&DVDセット (初回生産限定) [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2012-01-07

by G-Tools


8位 キッズリターン 感想
今年は「スマグラー」で安藤政信君にハマりました。映画もたくさん見たけどこれが一番良かった。かわいくて切ない。
B000UMP1GQキッズ・リターン [DVD]
バンダイビジュアル 2007-10-26

by G-Tools





9位 公共の敵シリーズ 感想
今年はソル・ギョングにもハマった。好きだ~この人。
B00359YA2C公共の敵 【韓流Hit ! 】 [DVD]
エスピーオー 2010-03-26

by G-Tools

B0093P68P4カン・チョルジュン 公共の敵1-1 [DVD]
エスピーオー 2012-11-02

by G-Tools



10位 スマグラー 感想
安藤政信君にハマった作品。物語がそう面白いと思えないけど、各所に魅力が。Superflyの「愛をくらえ」がすっごくカッコいい。
B006VJYQ40スマグラー おまえの未来を運べ スタンダード・エディション [DVD]
Happinet(SB)(D) 2012-04-27

by G-Tools



11位 サイモンバーチ 感想
泣いた~~。短く強く美しい生涯だと思うと涙なみだ。
B0009Y29E2サイモン・バーチ [DVD]
マーク・スティーヴン・ジョンソン
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント 2005-09-21

by G-Tools



12位 ワンスアポンアタイムインチャイナ 天地大乱 感想
リーリンチェイカッコよす~~。ドニーさん、最高~!!!な一作。
B0002YD68Wワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ 天地大乱〈デジタル・リマスター版〉 [DVD]
ツイ・ハーク
ジェネオン エンタテインメント 2004-11-25

by G-Tools



13位 トライアングル 感想
不思議タイムループミステリー。徐々に明らかになる「そういうことか!」に、のけぞる。
B005UIYEAOトライアングル [DVD]
アミューズソフトエンタテインメント 2011-12-22

by G-Tools



14位 プリンセスと魔法のキス 感想
エヴァンジェリーーン!!(涙)
B003IABC0Gプリンセスと魔法のキス [DVD]
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 2010-07-14

by G-Tools



15位 いつか晴れた日に 感想
大人のじれったい恋愛がいじらしくて慎ましくて。。素敵。
B003XKRTX0いつか晴れた日に [DVD]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2010-09-22

by G-Tools




個人的な好みなので、みなさんとは違う部分も多々あろうかと思いますが。
いかがでしたか私のベスト。
ご意見聞かせてくださいね(*^_^*)

13:17 : [そのほか]年間ベストトラックバック(0)  コメント(5)

【本】2012年 マイベスト

今回は、「フィクション部門」「ノンフィクション部門」「海外部門」の3つに分けてあります(笑)

フィクション部門
1位 ソロモンの偽証 宮部みゆき 
4103750103ソロモンの偽証 第I部 事件
宮部 みゆき
新潮社 2012-08-23

by G-Tools

久しぶりに宮部さんですっごく楽しませていただきました。長いのにちっともだれることなく、全体通してのものすごいリーダビリティはさすがとしか言えませんでした。文句なく面白かった!!感想

2位 64 横山秀夫
416381840564(ロクヨン)
横山 秀夫
文藝春秋 2012-10-26

by G-Tools

最初のうちはちょっととっつきにくくて、リーダビリティという点でやはり「ソロモンの偽証」のほうが勝ったかなと思うけど、でも読後の深い満足感と後半の目くるめく展開には、「このミス」1位は伊達ではないと感じました。しびれました。脱帽!!感想

3位 母の遺産 水村早苗
4120043479母の遺産―新聞小説
水村 美苗
中央公論新社 2012-03

by G-Tools

親の最期を看取るということの大変さがひしひしと伝わった。死に行くときに「別物」になってしまう人間の悲しみ、それを見送る側の気持ちに圧倒された。 感想

4位ひそやかな花園 紙の月 角田光代
4620107565ひそやかな花園
角田 光代
毎日新聞社 2010-07-24

by G-Tools

4758411905紙の月
角田 光代
角川春樹事務所 2012-03-15

by G-Tools

角田作品から2作ランクインしました。読み応えはどちらも同じくらいあったと感じたけど、個人的に「ひそやかな花園」が好きでした。「紙の月」は現実味のないことをふわふわとやってしまう主人公を、とても現実的に描いてあって面白かった。そして怖かった。男はその後どうやって生きるのか、続編を書いて欲しいです。
この2作品でぐっと角田さんが好きになった。紙の月感想 ひそやかな花園感想

5位 七つの会議 池井戸潤
4532171164七つの会議
池井戸 潤
日本経済新聞出版社 2012-11-02

by G-Tools

すごく面白かった。社員は会社にとってちっぽけなねじなのだ。しかし、たかがねじ、されどねじ。ねじの反乱。「空飛ぶタイヤ」についで面白かったと思う。感想

6位 147ヘルツの警鐘 法医昆虫学捜査官/川瀬七緒
4062178311147ヘルツの警鐘 法医昆虫学捜査官
川瀬 七緒
講談社 2012-07-18

by G-Tools

虫を法医学に取り込んでミステリーに仕立てるなんて!!面白かった!!ただし虫の嫌いな人は要注意!!感想

7位 歪笑小説 東野 圭吾
4087467848歪笑小説 (集英社文庫)
東野 圭吾
集英社 2012-01-20

by G-Tools

東野さんらしいユーモラスな物語で、もっとどんどんこういうの書いて欲しいな!!東野さんの本今年もたくさん読みました。これからも楽しみにしています!「ナミヤ雑貨店の奇跡」「歪笑小説」
ナミヤ雑貨店の奇蹟ナミヤ雑貨店の奇蹟
東野 圭吾

by G-Tools

禁断の魔術 ガリレオ8禁断の魔術 ガリレオ8
東野 圭吾

by G-Tools


8位 俺に似た人/平川克実
4260015362俺に似たひと
平川 克美
医学書院 2012-01-20

by G-Tools

「母の遺産」と同じくこちらも親を看取る小説。こちらは男所帯の寂しさと言うか、とても淡々としてたけど、妙に胸を打つ作品だった。文中あちらこちらにハッとさせられるくだりがあって、また読み返してみたい本です。感想

9位 クローバー・レイン/大崎梢
4591129667クローバー・レイン (一般書)
大崎梢
ポプラ社 2012-06-07

by G-Tools

気持ちの良い物語でとても楽しめた。。「出版」と言うひとつの目的に向かって、人の気持ちが寄り添うさまは、爽快で感動的だった。 感想

10位 舟を編む/三浦しをん
4334927769舟を編む
三浦 しをん
光文社 2011-09-17

by G-Tools

三浦しをんさん、オタクを描くのがお上手!と思った。まさに言葉のあふれる様が海のように、宇宙のように感じて、この言葉の中で生きている自分の幸せを感じた。 感想

次点 「漁港の肉子ちゃん」
「七十歳死亡法案、可決」「誰かの木琴」


海外小説部門

1位 特捜部Qシリーズ/ユッシ・エーズラ・オールスン
4151794514特捜部Q ―檻の中の女― 〔ハヤカワ・ミステリ文庫〕
ユッシ・エーズラ・オールスン 吉田奈保子
早川書房 2012-10-05

by G-Tools

特捜部Q ―キジ殺し―― (ハヤカワ・ポケット・ミステリ 1853)特捜部Q ―キジ殺し―― (ハヤカワ・ポケット・ミステリ 1853)
ユッシ・エーズラ・オールスン 吉田薫(翻訳)

by G-Tools

特捜部Q ―Pからのメッセージ― (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)特捜部Q ―Pからのメッセージ― (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)
ユッシ・エーズラ・オールスン 福原 美穂子

by G-Tools

面白かった~~。特に好きなのが「檻の中の女」で、 登場人物も、事件の凄惨さもその動機も、そして真実に近づく過程も、何から何まで面白かった。マールとアサドのコンビが絶妙。続きも追いかけたい!!
特捜部Q キジ殺し感想 檻の中の女感想 Pからのメッセージ感想

2位 アイアン・ハウス/ジョン ハート
4150018553アイアン・ハウス (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)
ジョン ハート John Hart
早川書房 2012-01-25

by G-Tools

いやんもう主人公のマイケルがカッコよすぎる~~。惚れました!!感想

3位 クリスマスに少女は還る/キャロル オコンネル
4488195059クリスマスに少女は還る (創元推理文庫)
キャロル オコンネル Carol O’Connell
東京創元社 1999-09

by G-Tools

ドキドキハラハラ、グイグイと読みました!!衝撃の真実に絶句した・・・・。感想


4位 開錠師/スティーブ・ハミルトン
4150018545解錠師〔ハヤカワ・ミステリ1854〕 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)
スティーヴ・ハミルトン 越前敏弥
早川書房 2011-12-08

by G-Tools

ミステリーというよりも青春小説みたいな部分もあって2度美味しい作品でした。さくさくっと読めるよ。感想


5位 荊の城 上・下/サラ・ウォーターズ
4488254039荊[いばら]の城 上 (創元推理文庫)
サラ・ウォーターズ 中村 有希
東京創元社 2004-04-22

by G-Tools

4488254047荊[いばら]の城 下 (創元推理文庫)
サラ・ウォーターズ 中村 有希
東京創元社 2004-04-22

by G-Tools

えええ~~??っていう怒涛の展開で、何度「なんと!!」と、のけぞったことか。ラストまで含めてとても楽しめました。 感想

6位 忘れられた花園 上・下/ケイト・モートン
 
4488013317忘れられた花園 上
ケイト・モートン 青木 純子
東京創元社 2011-02-18

by G-Tools

忘れられた花園 下忘れられた花園 下
ケイト・モートン 青木 純子

by G-Tools

3世代の女たちの物語が現代にうまくまとめられていて、徐々に真実に近づいていく過程がスリリングで面白かった。 感想

ノンフィクション部門

1位 聖の青春/大崎善生
4062100088聖の青春
大崎 善生
講談社 2000-02-18

by G-Tools

読み終えて涙が一時止まらないぐらい感動した。 たった29歳で命を終えねばならなかった村山氏の無念と命のはかなさがともかく悲しい。師匠の森さんとの間にあるつながりにも泣かされた。 2012年に読んだ本の中で一番良かったと思う。感想

2位 無菌病棟より愛をこめて/加納朋子
4163750304無菌病棟より愛をこめて
加納 朋子
文藝春秋 2012-03

by G-Tools

突然にして「急性白血病」というシビアな病気になってしまった作家の加納朋子さんの、闘病記。でもとても明るくて愛に満ちている。夫の貫井さんの存在感も大きかった。加納さん、病状はどうなのかな。感想

3位 どん底 部落差別自作自演事件/高山文彦
409379832Xどん底 部落差別自作自演事件
高山 文彦
小学館 2012-04-02

by G-Tools

最初の犠牲者の中学教師が、中高生のときに自身の母親を蔑み罵倒して日々暮らしたエピソードがあった。しかし、後に悔い改めてお母さんに頭を下げたという。涙なくしては読めなかった。 感想

4位 木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか/増田俊也
410330071X木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか
増田 俊也
新潮社 2011-09-30

by G-Tools

力道山を知らない私が読んでも、とても胸打たれる面白い評伝だった。 ともかく、昭和を生きた格闘家たちの生き様にしびれた。 感想
23:32 : [そのほか]年間ベストトラックバック(0)  コメント(2)

【映】ソウル・サーファー

B008UQEM3Mソウル・サーファー [DVD]
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 2012-12-05

by G-Tools


2003年10月31日、ハワイに暮らす前途有望な13歳の少女ベサニーはサーフィンの練習中に突然サメに襲われ、肩の下から左腕を奪われるという悲惨な事故に遭遇する。かろうじて一命をとりとめた彼女は入院中も涙を見せず、家族の支援のもと、事故からわずか1カ月でサーフィンを再開する。しかし、復帰して最初の競技大会では思うような結果が出せず、サーフィンそのものをあきらめかけてしまう。彼女が本当の悲劇を乗り越えていくためには、心の変化が必要だったのだった―。Amazon紹介文抜粋

これが実話ということに、そもそも深い感動を覚える。ベサニーは事故にあったとき13歳だったらしい。13歳なのにあんなにも前向きで明るく周囲にも優しく出来るなんてひたすら頭が下がる。それとも13歳だったからだろうか?ともかく、不幸な事故によって不幸になるかどうかは本人しだいって言うことが伝わってきた。ハワイは美しく、サーフィンは迫力あって見応えがあり100分強あっという間。役者の皆さんもサーフィンの練習頑張ったみたいで、役者魂を感じた。
★★★★
22:54 : [映画タイトル]さ行トラックバック(0)  コメント(0)

【映】ヘルプ~心がつなぐストーリー~

B0089A4SKGヘルプ~心がつなぐストーリー~ [DVD]
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 2012-09-19

by G-Tools


<ストーリー>
作家志望のスキーターは南部の上流階級に生まれ、黒人家政婦の存在が当たり前の地域社会で育ってきた。だが、大学から戻った彼女は、白人社会で家政婦たちが置かれた立場が、もはや当たり前には思えなくなってくる。そして、身近な家政婦たちに現状に対しての想いをインタビューしようと試みるが、彼女たちにとって真実を語ることは、この南部という地域社会で生きる場所を失うことを意味していた…。
そんなある日、白人家庭に黒人専用トイレの設置を義務付けようと活動する、スキーターの女友達の家で働いていたミニーが、トイレを使用したため解雇されてしまう。誰もが口をつぐむ中、ミニーの親友のエイビリーンが勇気を出して、ついにスキーターのインタビューに応じた。
そしてその小さな一歩は数多くの勇気へと広がり、やがて彼らを取り巻く社会を根底から揺るがす大事件へと発展していく…。
Amazon紹介文

<感想>
とても心に残る物語だった。テーマの深刻さとユーモアがとてもバランスよくて、ただ重い気持ちだけでもなく茶化すこともなく訴えてくる。人間って立場が変われば差別される側にもする側にもなる。でも、その立場になって見ないと本当の気持ちは分らない。だからこういう映画や物語で想像するしかない。差別をしないスキーターやシーリアに頭が下がるとともにヒリーを憎んでしまうけど、自分はヒリーじゃないときっぱり言えないと思う。
★★★★★
22:52 : [映画タイトル]は行トラックバック(1)  コメント(2)

【映】アーティスト

B008HQAZEAアーティスト コレクターズ・エディション [Blu-ray]
ポニーキャニオン 2012-10-17

by G-Tools


[STORY]
物語の舞台は1927年のハリウッド。
映画界屈指の大スター、ジョージ・バレンティンは、新人女優ペピーを見初め、人気女優へと導いていく。
強く惹かれあう二人。
しかし、折りしも映画産業はサイレントからトーキーへの移行期。
サイレントに固執するジョージが没落していく一方で、ペピーはスターの座を駆け上がって行くこととなり…。
Amazon紹介文

[感想]
おもしろかった!!なんちゅう分りやすい映画なんでしょうか。感動的でした。
せりふがないゆえに却ってストーリーが分りやすくなってる(まぁ分りやすいストーリーだろうけど)。
表情や流れで、感情や言いたい事がめちゃくちゃ伝わってきた。
主演俳優のクラシカルな上品さ、プライド、ダンス、とても良かったです。
犬がまた可愛い~~!!健気さに泣けました。
すごく良かったです!感動は何も複雑な物語の中にあるんじゃないと感じました。

ちなみに母親に貸したら「昔の映画はやっぱりいいねー」ですと。
★★★★★
22:49 : [映画タイトル]あ行トラックバック(0)  コメント(0)

【映】1月に見た映画

1月の鑑賞メーター
観たビデオの数:15本
観た鑑賞時間:1454分

少年は残酷な弓を射る [DVD]少年は残酷な弓を射る [DVD]

鑑賞日:01月31日 監督:リン・ラムジー
パイ / トラとライフ・オブ・漂流した227日(監督:アン・リー 主演:スラージャ・シャルマ、 イルファン・カーン) [Blu-ray]パイ / トラとライフ・オブ・漂流した227日(監督:アン・リー 主演:スラージャ・シャルマ、 イルファン・カーン) [Blu-ray]

鑑賞日:01月31日 監督:
目撃 [DVD]目撃 [DVD]
テレビ録画。つまらなかったら見なくてもいいやと思ったけど、面白くて最後まで見た。泥棒のプロが空き巣に入ったら、そこでとんでもないものを目撃してしまう。その泥棒がクリント。で、「事件」が起きてる間に「困った」顔で隠れてるのが面白かった(笑)相変わらず娘とうまくいってなくて(そういうイメージだ)いかにもクリントイーストウッド!みたいな。カッコよくて渋くて面白かった~~。
鑑賞日:01月24日 監督:クリント・イーストウッド
Soul Surfer [DVD]Soul Surfer [DVD]

鑑賞日:01月24日 監督:
幸せの教室 ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]幸せの教室 ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]
う~ん。予告編に惹かれて借りてみたんだけど、予告ほど面白くなかった。ジュリアロバーツの教授っぷりが第一印象でサイアク。あんな先生に教わりたくない。大学のシステムがあんまり分らないのも原因。カルチャースクールとどう違うのかな。。授業を受けてそれがすごく身についた!!っていう実感があまり伝わらなかったような。ラブストーリーとしても、なんだかあっけない気がした。
鑑賞日:01月21日 監督:トム・ハンクス
顔のないスパイ DVD顔のないスパイ DVD
そこそこかなぁ・・。リチャードギアがすごい腕利きのスパイに見えない。正体がばれそうになって必死でおたおたしているように見えた。それに、写真に写ってるって言うだけで正体に気づくとか、そんな簡単に割り出していいの??みたいな。あれやこれや突っ込みたくなってしまった。こういう仕事をしながら家庭ではよき夫よき父親でいられるなんて、なんという二重生活だろう。本当の善人にはできないと思うな。
鑑賞日:01月19日 監督:マイケル・ブラント
ペパーミント・キャンディー [DVD]ペパーミント・キャンディー [DVD]
ソル・ギョングの代表作みたいに言われてるので必見!と思って見た。列車が逆行すると物語も時代をさかのぼり、冒頭の出来事がなぜ起きたのか、その原因に近づいていく設定。男がここまで壊れてしまった理由が徐々に明らかになり絶句してしまう。とても虚しくて哀しい物語だった。ただ、私にとってギョングさまの代表作は「公共の敵」かなぁ。あの作品のギョンさまが大好きです。
鑑賞日:01月17日 監督:イ・チャンドン
コクリコ坂から [DVD]コクリコ坂から [DVD]
テレビ録画で。正直に言って原作があまりにも面白くなかったので、映画はそこそこ面白いと感じた。随所にジブリ映画のあれこれ雰囲気が出ていて、エラソーですがオリジナリティがないんじゃないか?っていう気はしたけど。普通にそこそこ楽しめました。「ゲド戦記」は挫折したので。(そういえばどっちも岡田准一・・って皆さんとっくに気づいてた?)
鑑賞日:01月16日 監督:宮崎吾朗
猟奇的な彼女 [DVD]猟奇的な彼女 [DVD]
テレビ録画で。評判が良いのでいつかは見たいと思っていた。始まってしばらくは、そこまで面白いかなぁ・・・っていう感じ。あの女の子にも男子にもイライラさせられてしまった。最後まで見れば、まぁご都合主義ではあるけれど、ちゃんと伏線は張ってあるわけだし、何よりも見ている人たちをほっとさせるラストに、よかったな~~~って思えるから、それで何よりだった。確かに彼女は可愛い。チャ・テヒョンはイケメンじゃないけど優しそうだし彼を選ぶことで結果的に彼女にも好感が持てる。↓私もゲロはイヤだった。
鑑賞日:01月15日 監督:クァク・ジェヨン
ヘルプ~心がつなぐストーリー~ ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]ヘルプ~心がつなぐストーリー~ ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]

鑑賞日:01月14日 監督:テイト・テイラー
アーティスト コレクターズ・エディション [DVD]アーティスト コレクターズ・エディション [DVD]

鑑賞日:01月12日 監督:ミシェル・アザナヴィシウス
ヴァルハラ・ライジング [DVD]ヴァルハラ・ライジング [DVD]
よくわかりませんでした・・・・・・
鑑賞日:01月10日 監督:ニコラス・ウィンディング・レフン
ドン底女子のハッピースキャンダル [DVD]ドン底女子のハッピースキャンダル [DVD]
レンタル店で見つけて「おお!クリスチャンスレイターだ!」と思って借りてきたけど、主人公ではなくて脇役でした。。がっくし。男がいなくなった村で女たちのサバイバル的な生活が始まると言う話ですが、女ったって妙齢のセクシーな女しかいなくて(おばあさんとか子どもとかがいない)非現実的。コメディとして楽しむべきかもしれないけど面白くなかった。一応最後まで見たけど。神父さんが女性達のために発奮して疲れ果ててしまうのですが、ひょっとしてその代役をスレイターがやるのか・・???と思って心配したけど、そこはなんとか。ほっ。。
鑑賞日:01月09日 監督:ガブリエラ・タリアヴィーニ
カエル少年失踪殺人事件 [DVD]カエル少年失踪殺人事件 [DVD]
韓国お得意の実話ベースのミステリー。スコーンと突き抜けて「スッキリ」出来る話じゃないあたりが、韓国映画らしい気がする。なかなか後を引くラストだった。前半のあの流れ、アレはなんだったんだ??と、一瞬思ってしまったんだけど、そこにきっちり唸らせてくれるポイントが仕掛けてあって、それがあるからこの映画の面白さに繋がったと思った。でもやっぱり「殺人の追憶」とか「チェイサー」みたいなスピード感が欲しいよね。ちょっともったりしたかな。
鑑賞日:01月08日 監督:イ・ギュマン
サニー 永遠の仲間たち デラックス・エディション DVDサニー 永遠の仲間たち デラックス・エディション DVD
正直言えば、よくある話じゃないかと思うけど、世代的に同じぐらい(向こうのほうが若いですけども!)と思うので共感する部分があった。気持ちのいいハッピーエンドで、見終えたときホッとできたのがいい。
鑑賞日:01月08日 監督:カン・ヒョンチョル

鑑賞メーター

22:45 : [映画タイトル]月別鑑賞記録トラックバック(0)  コメント(0)

【映】少年は残酷な弓を射る

B009CQGJ76少年は残酷な弓を射る [DVD]
東宝 2012-12-21

by G-Tools


母親にまともな愛情を注がれずに育つと、子どもはモンスターになると言う物語。
といっても、ここに登場する母親が特段酷い母親とは思えない。
虐待するでもないし、逆に私なぞから見ればとても辛抱強く子どもに接している。
その少年はどこまでも母親を試すかのように、実に周到に…子どもとは思えないほど粘着に母親を困らせるのだけど、母親は実によく我慢していると思う。
いちど箍が外れたことがあるけれど、私に母親を責める気持ちになれない。私は悪い母親だろうか。
それよりも、母親だけが子どもの性格形成に大きな影響を与えると言う、その決め付けはどうなの?
お父さんとはとてもうまくいっていた要に見えたけど。すくなくとも、父親はとても愛情深く子どもを育てていた。それでも、子供がモンスターになってしまったら、それは母親の責任ですか?
どうして母親一人がその責めを負わねばならないの?

たしかに犯罪者の生い立ちを読んだりすると、家庭環境が大きく影響している場合が多いけれど・・。

母親が酷いと言うよりも、途方にくれた表情が心に残ってしまった。
少年はとても美しかった。





00:28 : [映画タイトル]さ行トラックバック(0)  コメント(0)

【本】父のひと粒、太陽のギフト

4344022769父のひと粒、太陽のギフト
大門 剛明
幻冬舎 2012-11-09

by G-Tools


夢破れて、姉から紹介してもらった会社でいやいやインターンとして働くことになった小山大地(30歳・ニート)。そこは、農業界に名をとどろかせる若き天才・水倉陽太が 経営する、ひまわり農場という農業会社だった。 実家の家業でもあった農業を、初めはかろんじ ていた大地。だが黙々と新種の改良に打ち込 み、実作業をこなす水倉の姿を目の当たりに し、次第に働くことの意味、農業の面白さを見 出だしていく。 そんなある日、突然水倉の死体が畑で発見され た。 大地は、水倉のひとり息子・陽翔とともに、水倉の死の真相に迫ろうとするが……。

ひとりの天才の背後にうかびあがったのは、悲しき農村の因習だった。ミステリー界の新鋭が挑む新境地。 若者たちの成長とともに描かれる、新社会派ミステリー。(Amazon紹介文)


今回は「農業」ですか!
とても面白く読んだ。
ミステリーと言うよりも、主人公大地の成長物語と言う側面で、読み応えがあった。最初のダメっぷりが徹底されているからこそであり、ダメダメなニートが農場に入ったことで急速にしっかりしていくのを見るのは、とても気分が良かった。
大地だけではなく、農場の社長や家族など(息子がとくに)魅力的で好感が持てた。登場人物のすべてが生き生きとしていたと思う。こういう物語は感情移入しやすく読みやすいのだ。
日本が抱える農業の問題点を素人にも分りやすく描いてあるし、TPPの問題にしても、ひとつの意見として素直に「そうかも」と思える。
ミステリーとしてはイマイチ弱いと言うか、種明かしを読めば説得力に欠ける。
いくらなんでもそれはないだろうと思った。
ミステリーにせずとも面白い物語になったのではないかと思うんだけど、逆にミステリー(殺人事件)にしたことで、メリハリがあって印象的な物語になったと思う。
00:01 : [本・タイトル]た行トラックバック(0)  コメント(0)