スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- : スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)

【本】特捜部Q ―檻の中の女― /ユッシ・エーズラ・オールスン

特捜部Q ―檻の中の女― (ハヤカワ・ポケット・ミステリ 1848)
ユッシ・エーズラ・オールスン 吉田奈保子
4150018480


やっぱりシリーズは順に読まねば!!と、痛切に思いました。
すっごく面白かったです!!
特捜部Qって、こういう事情で作られたんだ・・・カールってこういう人だったんだ、カールとハーヴェイはこういう事件で「現状」に陥っているんだ、アサドはこういう人だったんだ、そういうわけで「地下室」「3階」なんだ・・・などなど・・・・・物語の基盤というか、基礎知識があったので(なじんだのかも知れないけど)文章が速やかに頭に入ってきて楽しかった。
これを読んで、「キジ殺し」も思い出して、そして第3作目が楽しみです。

【story】
特捜部Qとは、未解決の事件をもう一度捜査する使命を負った特別な部署。
追い払われるようにして、その特捜部Qの部長に任命されたカール。ただし人員はカールのほかにはシリア人のアサドだけ。
部下ができたことで仕方なく捜査を始めたのは、5年前に失踪した美人議員の事件。
自殺か他殺か失踪かわからないまま「自殺」と片付けられていたが、お義理のように事件を調べていくと、どんどんと新事実が現れてきた。
議員失踪事件が起きた2002年と、現代2007年がリンクするとき、果たして真実は。

【感想】
何から何まで面白かった!
まずは主人公カール!!
一見気難し屋のカールは警察内では煙たがられているけれど、実はとても頭が切れて、以前部下を失った事件の深いトラウマを抱えていることや、妻の連れ子や下宿人との家庭生活や、なかなかに屈折したものを抱えている。
その部下になったアサド。この人物がまたカール以上の異彩を放ち、魅了された。なんといってもスーパーマンのように何でもお見通しだったり・・。二人のコンビはとても面白くてそして頼りがいがあった。
事件はものすごく陰惨。本のタイトルどおり「檻の中の女」がもう一人の主人公。
かなり常軌を逸する犯行で、ミステリー小説の中でもかなり悪質だと思うのだけど(ミステリー通というほどではないので確信はないけど、私は斬新な手口と思った)・・。
なぜ、彼女がこんな目にあっているのかまるでわからない。
ヒントのひとつもないように思う・・だから、特捜部Qが事件の解明をするなんて、至難のように感じる。
が、ひとつ、またひとつと小さなヒントを手がかりにして真実に近づいていくくだりは、まさにワクワクハラハラさせられた。
犯行がむごければむごいほど、犯人に下る鉄槌を厳しく激しくと願うのだけど、今回は犯人側にも思わず同情してしまう事情があった。もちろんだからといってこんなことは許されないと思う。
でも犯人が来た道のりを思うと、ここまで狂気に駆られてしまったのも納得してしまった。
というわけで、登場人物も、事件の凄惨さもその動機も、そして真実に近づく過程も、何から何まで面白かった。
今後も続刊の予定があるのかな?
ぜひとも読みたいと思う。
おススメ!!★★★★★



スポンサーサイト
12:58 : [本・タイトル]た行トラックバック(0)  コメント(0)

【本】特捜部Q ―キジ殺し―― /ユッシ・エーズラ・オールスン

特捜部Q ―キジ殺し―― (ハヤカワ・ポケット・ミステリ 1853)
ユッシ・エーズラ・オールスン 吉田薫(翻訳)
4150018537



海外ものには疎いものですから・・・図書館の新刊コーナーにあったので何気なく借りてきたら、シリーズ第2弾の「キジ殺し」でした。。(^_^;)で、2作目を先に読むという失敗をしてしまいましたが、どうにも読みづらく・・。まず、名前がやっぱり難しい。ただでさえ海外ものは敷居が高いのに、デンマークが舞台ってことで、名前になじみがない。覚えるの難しかったです。主人公は「カール」なのですぐ覚えられましたけど・・。
でも「キジ殺し」も面白かったです。
が、次に第一作目の「檻の中の女」を読んだら、もっともっと面白かったです。
やっぱりシリーズものは順を追って読むのがベストですね。
特捜部Qの成り立ちや、登場人物の相関などがより鮮明にわかるからですね。。。


【story】
20年前に無残に殺された10代の兄妹。妹は「死ぬまで殴られた」のが死因という残酷な事件だった。
この事件は容疑者グループが世界的な富豪たちの子息だったが、グループのひとりが単独犯行を自供したためにすでに解決していた事件だった。
そのファイルがある日突然特捜部Qに、何者かの手によって持ち込まれたのだ。
誰が、今頃、何のためにファイルを特捜部Qに持ち込んだのか。
上層部からも捜査をやめろというお達しがあるが、特捜部Qのカールは、やめろといわれれば言われるほど「やる」人間だった。風変わりなイスラム教徒のアサド助手と事件解明に挑むのだった。

【感想】
第一部を読む前に読んだのが原因と思うけど、結構読みづらくて時間がかかった。
登場人物がたくさんで名前も覚えにくくて混乱した。男か女かゲームか土地か・・・わかりづらい(^_^;)。
犯人グループは残酷で、高校時代にとんでもない犯行を繰り返して大人になった。
そんなやつらにはなんとしても天罰を下してもらいたいと思いながら読む。
犯人たちはかなりはじめの方で、カールが断言しているので、後はどうやって彼らの犯行だと決定付けるかが見物。
現代でもかれらは同じようなことを繰り返しているが、ただ一人、キミーという女だけは彼らから離れている。
キミーの存在が事件を暴く鍵になっているのだ。
キミーも同じ穴の狢とはいえ、読むうちにだんだんと親近感のようなものが沸いてきた。
事件の残虐性や、事件解明にいたるまでのスリル、そして登場人物たちの造形など、とても面白いミステリーだった。
カールには何かの事件で全身麻痺になった同僚のハーディがいる。
彼が「退院して自宅療養する」ことになって、今後はより面白いストーリーになっているのじゃないだろうか?
ちょっとライムを思い出した。

21:30 : [本・タイトル]た行トラックバック(0)  コメント(0)

【本】アンチェルの蝶/遠野潤子

アンチェルの蝶
遠田 潤子
4334927912


面白かったです!!
初めての作家だったけど、「月桃夜」で第21回日本ファンタジーノベル大賞を受賞しデビューという話だったので、本作が出版としては2作品目のようですね。私はファンタジーが苦手なので、「月桃夜」もちらっとチェックしたけど、たぶん読まないだろうな。
でも、この「アンチェルの蝶」みたいなミステリーなら今後も読んでみたいですね。
私が好きなタイプのミステリーでした。


【story】
大阪の港近くの下町で、薄汚れた古い居酒屋「まつ」を経営する藤太のもとへ、かつての同級生、幼馴染の佐伯秋雄が25年ぶりに訪れた。秋雄は小学生の女の子を連れており、藤太にいきなり「その子をたのむ」と言い残して去っていった。
女の子は「ほづみ」という名前で、「いづみ」の娘だという。
途方にくれる藤太だったが、翌日、秋雄が自宅マンションの火事で行方不明になっているという。
いったい秋雄はどこへ。
ほづみと暮らし始めた藤太に、秋雄といづみとともに過ごした中学時代の思い出がよみがえる。
カレル・アンチェル指揮の「新世界より」を聴いては泣いていたという秋雄。
秋雄は、そしていづみはどこに消えたのか。

【感想】
物語の雰囲気がとてもミステリアスでよかった。
小汚い居酒屋に突然やってきたかわいいかぐや姫のようなほづみ。
もちろん、独身の中年男にいきなり「父親代わり」は勤まらず、紆余曲折があるのだけど、なんとかほづみを育てよう、傷つけないように寄り添おうという藤太の気持ちが好ましい。
応援したくなってくる。
人付き合いを嫌い、誰にも心を開かなかった藤太がほづみによって変わっていくあたりや、居酒屋の雰囲気や居酒屋の客たちまで変わっていくし、ほづみを間にして藤太と客たちの間の壁が取り去られていく様子など、見ていてとても気持ちがいい。
そして、じょじょに藤太や秋雄、いづみの「過去」が明らかになるのだけど、そこにある過去の事実は本当に惨い。
悲惨な子供時代を寄り添うようにして生きていた3人が、いじらしくて切なくて愛しく感じた。悲惨な子供時代をすごしているからこそ、いま、藤太にはほづみと一緒に幸せになってもらいたいと願いながら読む。
秋雄が隠そうとした真実は苦々しく切ないものだけど、今後のふたりの幸せを願わずにいられない。
どうか、どうか・・・と願わずにいられないのである。

21:02 : [本・タイトル]あ行トラックバック(0)  コメント(0)

【映】ALWAYS 三丁目の夕日'64

always
ALWAYS 三丁目の夕日'64

見て来ました。
娘が、主題歌担当のBUMPOFCHICKENが大好きなので・・・・。
前作も彼らが主題歌を歌ってました。当時も観に行ったけど、そのときは特に彼らのファンじゃなかったなぁ・・・。
なんて思い出していました。
前作を観に行ったのは、第一作目が面白かったから。
でも第2作目はやっぱり・・・・イマイチ・・・・でしたね。
今回はまぁ第二作よりは良かったけど・・・やっぱり第一作目のほうが面白い。
第一作は子どもたちが「子ども」だったから。
今回は前作よりも4~5年経ってて、一平も淳之介も高校生。
一平なんかは可愛さがなくなって、エレキギターに夢中の反抗期。
親の自動車整備工場「鈴木オート」なんか継がない!と生意気盛りの青春真っ只中です。
鈴木オートは従業員も増え、鹿児島出身?南九州から来たらしい新入りもいて、六子は頼もしい「大黒柱」に成長していました。でもどうも好きな男の人が出来たらしい。六子もまた青春です。
淳之介は小説家になりたいのを隠して、茶川に言われるままに東大を目指している振りをしている。
茶川は住まいを増築して、妻になったヒロミは大きなお腹を抱えている。
そんな三丁目では、もっぱら東京オリンピックの話題で持ちきり。
当時の日本の上向きな感じや、希望に満ちていた感じが伝わり、どこか「復興」というイメージが重なります。
物語は終始笑と涙に包まれて2時間半と言う長い時間もあっという間。
面白かったです。
茶川と父親との確執などは、茶川があまり好きでない私も感動したし、六子の恋の行方にも涙しました。

物語はとくに意外性もなく、想像通りといえば言えまして、でも笑って笑って泣いて泣いて。。。
それも想像の範疇だったけどね・・・(笑)。
それでも納得できる楽しさがありましたね。

★★★☆

考えてみたら2012年の初映画です。
21:13 : [映画タイトル]あ行トラックバック(1)  コメント(4)

【本】聖の青春/大崎善生

聖の青春 (講談社文庫)
大崎 善生
4062734249


出版社/著者からの内容紹介
話題の作家のデビュー作!
将棋の知識は必要ありません。

村山聖、A級8段。享年29。病と闘い、将棋に命を賭けた「怪童」の純真な一生を、師弟愛、家族愛を通して描くノンフィクション。新潮学芸賞受賞作。

重い腎臓病を抱え、命懸けで将棋を指す弟子のために、師匠は彼のパンツをも洗った。弟子の名前は村山聖(さとし)。享年29。将棋界の最高峰A級に在籍したままの逝去だった。名人への夢半ばで倒れた“怪童”の一生を、師弟愛、家族愛、ライバルたちとの友情を通して描く感動ノンフィクション。第13回新潮学芸賞受賞作



読み終えて涙が一時止まらないぐらい感動した。
たった29歳で命を終えねばならなかった村山氏の無念と命のはかなさがともかく悲しい。
周囲・・・ご両親はもちろんのこと羽生善治名人をはじめ将棋のライバルでもあり友達でもあった仲間たち、そして懇意にしていた著者も(本書からも村山氏に対する愛情が伺える)・・・・何よりも師匠の森氏の心中を想像すると本当に泣けた。
幼いころから病気でずっと入院生活をしてきて、いつの間にか隣のベッドが空になっているのが「普通」の生活の中で見つけた生きる喜び、すなわち将棋。とても頭脳明晰で集中力もあり記憶力もすごかったと思われる村山氏が将棋と出合った、そのご縁の不思議を感じる。
そして将棋を通して師匠森氏との出会いがあった。
慈愛に満ちた森氏の、村山氏への愛情を本書から感じて、本当に泣けてしまった。
病気がちだった村山氏は天然キャラだったらしく、微笑ましいエピソードも満載で魅了される。でも、何よりも「優しい」人だったことに感銘を受けた。ダニに対してすら「生きているものを殺すなんてかわいそうじゃないですか」と言ったというくだりには、はっとさせられた。また20歳になったといって嬉しそうに師匠を訪ねたくだり・・・。子どものころから20歳になるまでに死ぬかも・・・と思って生きてきたんだと思うと胸が詰まった。
病気と闘いながら、這うようにして、まさに命を削るように、将棋をさし、名人を目指した村山氏。
病気があっての自分だと達観もしていたと言う。
深く感銘を受け感動した。
言葉にならないぐらいです。
20:57 : [本・タイトル]さ行トラックバック(0)  コメント(2)

【写】写真

p2012119-1
田んぼ、まだ1月なのに畝が作られている。春の準備。

p2012119-2
近くに小さなダムがある。朝日が昇る瞬間。

p2012119-3
冬の空と枯れ木。冬枯れという感じ。

p2012119-4
こんな冬の空が大好きです。

p2012119-5
「海の博物館」
12:39 : [そのほか]写真トラックバック(0)  コメント(0)

【映】ロストアイズ

B005DPSQ26ロスト・アイズ [Blu-ray]
SHOCHIKU Co.,Ltd.(SH)(D) 2011-11-11

by G-Tools


失明した姉が首吊り自殺。フリアは不審を感じ、姉の死の真相を探る。
背後に感じる「男」の気配。自身にも忍び寄る失明の恐怖。
誰を信じれば良いのか・・・緊張の連続の果てに見えたものは・・・。


デルトロ製作と聞いて期待して見た。
「永遠の子どもたち」が大好きなのだけど、今回すこしだけ趣が違い、ホラーと言うよりもサスペンス。
でも怖~~~い感じがとても面白かった。
アングルが怖いですよね。いつもながら。
フリアが目の見えない女性に取り囲まれるシーンとか、犯人と思しき男と対峙するシーンとか、ドキドキさせられたシーンがたくさんあって満足!
ラスト付近には誰もが目を背けたくなるシーンがあり、今まで見た痛いシーンの中でも最高に「痛い」シーンだった。
そしてやっぱりどこか切なくて優しい。こんなに怖いのにラストは涙・・・・。


見えている人間には「見えない」男、
見えない人間には「見える」男
皮肉で悲しい。
そして美しい結末。
見えなくなる前に「見たい」ものはなんだったのか。
そこには確かに「愛」があった。

★★★★


11:43 : [映画タイトル]ら行トラックバック(1)  コメント(0)

【映】ハーモニー

B004SFUDY6ハーモニー [DVD]
Happinet(SB)(D) 2011-07-02

by G-Tools


韓国の刑務所を舞台に、そこで出産した女性と同房受刑者や刑務官との友情を描く。

まずビックリしたのは死刑囚が一般の受刑者と同房で生活していると言うこと。
この映画を見て彷彿とした「グリーンマイル」なども、日本でもそうだと思うけど、死刑囚は独房だろう。
出産後の待遇なども、子どもが1歳半になるまで同じ部屋で生活しているし、刑務官が理解があって温かいなど、驚くことが多かった。
物語は特に意外性のあるものではなかったけど、母と子の別れや、受刑者と外の家族との絆やあるいは確執が描かれていて、とにもかくにも涙なみだの展開がユーモア交じりに描かれて見飽きない。
タイトルにあるように、刑務所内で合唱団を結成して、それにより受刑者間の友情が深まり、「外」での合唱公演への参加も決める。目標を持って自分が出来ることに励むと言うのは、生きていくうえでとても大事なことだとひしひしと感じた。
受刑者たちはそれなりに罪を犯してそこにいるのだけど、刑務官たちが彼女たちを信じていて、人間らしく扱っているのがとても感動的だった。
ひさしぶりに、涙涙の号泣映画を見た。

★★★★
11:11 : [映画タイトル]は行トラックバック(1)  コメント(2)

【映】デザートフラワー

デザート・フラワー [DVD]
シェリー・ホーマン
B005GO576W


「砂漠の女 デイリー」を映画化したもの。
砂漠の遊牧民の娘として育ったワリスは、初老の男と結婚させられるのがいやで、砂漠を抜けて祖母の住むソマリア首都モガディシオまで逃げる。つてを頼りイギリスはロンドンで、ソマリアの外交官の家で家政婦として働くが、ソマリアの政情不安で帰国命令が出て、一家は帰国。
ワリスは帰国がイヤでまた逃げ出し、ダンサーのマリリンと出会い、家に連れて行ってもらう。
マリリンの紹介でバーガーショップで働いているところを、有名な写真家に見出されてモデルへの道が開けたが・・・・。

トップモデルのワリス・デイリーのサクセスストーリー・・・なのだけど、それだけではない。
成功したワリスは、雑誌のインタビューで答える。
「自分の人生を変えたのは、写真家との出会いではない。
3歳のときに受けた性器切除だ」と。

映画としては淡々とモデルに上り詰めるまでが描かれていて、あっという間に20年も過ぎていて、いつの間に?と言う感じもしたけど、描かれている内容はかなりの衝撃だ。
私はこの原作を読んだ。少し前に読んだので詳しい事は忘れてしまったけど・・・。
映画を見て興味をもたれた方は、ぜひとも原作の自伝を読まれることをお勧めする。
(私のように読んでも忘れてしまったら意味がないけども・・・(^_^;))
同じ女性として、性器切除なんて恐ろしくて考えたくない。
自分の娘にも何の疑問も抱かずに、それどころか進んでそれを施すなんて、それも考えたくもない。
たった3歳でそんなむごいことを・・・・。
デイリー氏が問題提起してから、このことは公に論議されるようになったというけど、それでも今でもそれを行う少女たちは何百万人もいるらしいし、それも、アメリカ国内においても年間6000人もいるとか。
習慣、文化・・・一言で言えば簡単だけど、どうしてそれがなくならないのか。
この手のビックリするような文化や習慣はアフリカにはまだまだ沢山あって、本も一杯出ている。
私はこの原作本の他には「生きながら火に焼かれて」「生かされて。」と言う本も読んだけど、想像を絶する世界がそこにはある。
ときにはまだ現在、進行形の形で。
私がそれを知ったところでどうなるんだろう・・・と、読後の無力感と言ったら途方もなかったけど、少なくとも知らないよりは知るほうが良いと思う。
映画の出来栄え云々以前に、この世界を知って欲しいと思ってしまうのだ。
そして私ももっと他の本も読まなければ・・・と思う。(読む前からくじけてしまうのだけど)

さて、映画の中で印象的なシーンは。
もちろん、マリリンと自分の性器を見せ合うシーンもインパクトが大きいですが(マリリンとの友情が映画の中でひとつの軸。すごくよかった)、ワリスがお腹を痛くして病院に行ったときのこと。
イギリス人の先生はワリスの局部を見てすぐに「割礼」と分かったのだろう。ソマリア人のスタッフを通訳として呼ぶ。
先生は手術を勧め「なくなったものは復元できないけど、痛みを和らげることは出来る」と優しく言うのですが、ソマリア人スタッフは通訳する振りをして、ワリスを責めるんです。
「白人の男に股を開いて見せたのか」
「ふるさとや親に顔向けが出来ない恥知らず」
などなど、痛烈に。。。
おそらくワリスは既に英語も出来ていて、医師の言葉も分かったはず(原作にそういう部分があったのかな?覚えてませんが・・・)。今でもやっぱりこうしたことはあるのかもしれない。
価値観や風習を変えていくのは本当に難しいものですね。
纏足のような例もあるんだろうけれど。

ちなみにタイトルの「デザートフラワー」の意味は「砂漠の花」=「ワリス」だそう。



砂漠の女ディリー
砂漠の女ディリーワリス ディリー Waris Dirie

草思社 1999-10
売り上げランキング : 177305

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ドキュメント 女子割礼 (集英社新書) ディリー、砂漠に帰る 生かされて。 (PHP文庫) 生きながら火に焼かれて (ヴィレッジブックス) 切除されて (ヴィレッジブックス N キ 2-1)

22:34 : [映画タイトル]た行トラックバック(0)  コメント(0)

【韓】ウォンビン作品個人的ベスト3

思えばあれは昨年の秋・・・忘れもしない9月の29日のことでした・・・。
後にウォンビンさんのお誕生日と知った、ご縁のあるその日。
私は映画「アジョシ」を見て、ウォンビンさんにドはまりしてしまいました。
それからはあけても暮れてもウォンビンさん一色の毎日でした。
今のところ、一般的に見られるであろうと思われる作品は、網羅したつもりです



しかし、最初に「アジョシ」でハマった私から見たら、見れば見るほどにビンくんの魅力にまいるばかりで、「アジョシ」で見せたテシクのカッコよさは、ビンくんの中のホンの一部分であったことが分かりました。
どのドラマでもまるで別人のような表情、そしてどのドラマでもとことん魅力的。
いつもいつも主役俳優を食ってしまう勢いがありました。
恐らく「クアンキ」や「レディゴー」や「コッチ」では、ドラマの進行とともにビンくんの人気が上がり、本来は準主役であったのが主役級にと変わって行ったのではないですか?
・・・こんなことは従来のファンの方々には「いまさら」なことでしょうね(^_^;)。

さて、そんな中で私なりにトップ3の作品を上げて見たいと思うのです。
もちろんどのビンくんも素敵だったので、甲乙つけがたいのは山々ですが、あえてやってみる。


ではまず
ベスト3から!
(カウントダウンなの・笑・・ネタバレを含みますのでご注意ください)

ベスト3は・・・・・


「クアンキ」です!!

とにかくロン毛のビンくんがカッコいい!!
ちょっとクールで、でも本当は温かい男の子。
恋と友情の狭間で揺れに揺れるカン・ミンの切なさにやられました!
イ・ドンゴンさんの演じたドンウクがまた良いキャラで、恋人のソンヨンをカン・ミンに委ねる決意をしたあたりのエピソードは涙、なみだでした。
そして晴れて恋人になったカン・ミンとソンヨンのラブラブっぷりがまたまぶしくて微笑ましくて、大好きなドラマになりました!
残念ながら市販のソフトは、全36話の半分の18話に縮められたもの。
全作品見たいものですね。
PCで見られないこともないようなのですが、専用ソフトをインストールしたり、ややこしそうです。こちら
PCで見るよりもテレビで見たいしね!!
今からでも遅くないので、全36話のソフト販売をお願いしたいものです。




そして第2位は・・・・




「フレンズ」です!!

これは他のドラマに比べて前後編の4時間足らずの短い時間ですが、ドラマとしての完成度が高く、また音楽が素晴らしいのです。サントラも買いまいして毎日運転のお供に聴いています。
メインテーマが美しくて切なくて、いつも目頭を熱くし、泣き顔になりながら運転しております(笑)。
ボーカルの女性の声も美しく、またあの主題歌も良いんですよ。
ドラマの内容も本当に素敵でした。
印象に残るシーンは、最初のほうでメールのやり取りをしているときの、ジフン。嬉しそうな顔と、いそいそメールチェックするしぐさが可愛くてたまりません!
が、それよりも何よりも個人的に思い出すのは、小澤さん演じる坂巻くんにコテンパンにやり込められて、無言で傷つくジフンの姿です。
私は自分がMっ気だと思ってましたが(^^ゞどうも、ビンくんに対してはSになるらしく(笑)ビンくんが傷ついていたり、泣きそうな顔になったり、切ない表情になったらめちゃくちゃ萌えてしまうようです。(ひょっとしてみなさんもそうではありませんか?)
だから、智子に去られたあとの空港での悄然とした姿も大好き!!!!!!!
それと、智子の潔い去りっぷりが大好きですね。
あんなに短い手紙一通で・・しかも、本心なんて書いてない手紙を残して、きっぱりと去った智子。
書きたいことは山ほどあったはずです。
私だったら便箋10枚あっても足りないに違いないと思われ・・・あ、私のことはどうでも良いですね(^^ゞ
あのときの智子の決意が大好きです。
終り方も、ジフンの台詞で「これからが大変だ。でも今は考えないようにしよう」なんて・・・・・問題を丸投げしても愛を取る覚悟と潔さ(笑)。
本当に素敵なドラマだったなぁ・・・・。
こころからうっとりしました。
こんな文章を書いているだけでも感極まって泣けてきます(爆)。
これはレンタルじゃなくて、ボックスを買いました。
だから、特典映像も楽しみました。
ビンくんの人気のすごいこと!!!さもありなん・・・ですが、本当に偉大な人気者ですね。
今は当時よりももっと人気に拍車がかかってるんですよね。



そして、第一位は・・・・・・
 ...続きを読む
11:48 : [そのほか]韓国ドラマトラックバック(0)  コメント(4)

【韓】コッチ その7

みなさまこんにちは。
ついに私、「コッチ」最終回まで見てしまいました。
何と感慨深いことか。

ネタバレ全開で参りますので、畳みます。
「続きを読む」もしくは↓からお読みくださるようお願いします。
 ...続きを読む
16:52 : [そのほか]韓国ドラマトラックバック(0)  コメント(0)

【映】かぞくはじめました

かぞくはじめました Blu-ray & DVDセット(初回限定生産)
B004U4QVKA


ホリーとメッサーはそれぞれの大親友が夫婦になった縁で付き合いがあるが、相性は最悪。
でも、その友達夫婦がある日、幼い愛娘を残して事故死してしまった。
二人は何と、愛娘ソフィーの後見人として3人で同居する羽目に。
相性最悪の二人だったが、協力して育児をこなすうちに・・・。

こういう話があっても良いなーと思わせられる素敵な物語。結果はまぁ想像がついてしまうけど、そこにいくまでのあれやこれやがとっても楽しくて面白い。同居しながらも恋愛関係にはなく、それぞれが恋人を持っていても平然としている。不思議な関係。でも、ソフィーのこととなれば二人ともが一番に考える。
実の親でも、中には育児放棄してしまう親がいるのに。最初はオムツの取替えや離乳食、戸惑うことばかりで、そういう困難の果てに育児って慣れていくんだよね~。誰だって「初めて」のときはあるんだし。うんうん分かる!と言うのが一杯あって見飽きなかった。
そして、やっぱり胸きゅん!も切ない部分もあって、面白かった。
保護観察の女性がまた良い味出していました。そしてジョシュ・ルーカス・・ってやっぱりどうもこういう感じなのね。出てきたときからこうなるだろうと分かってしまう(笑)

主演のジョシュ・デュアメル、ちょっとジム・キャリーに感じが似ていた。
どこかで見たぞ・・・軍服のイメージ・・・と思ったら。「トランスフォーマー」だ!!納得!
まずまずのイケメンですね。

★★★★
15:33 : [映画タイトル]か行トラックバック(0)  コメント(0)

【映】英国王のスピーチ

英国王のスピーチ コレクターズ・エディション(2枚組) [DVD]
B00507W4SO



国王崩御により即位した兄が、憲法違反の結婚を強行したために(離婚歴のある女性と結婚するのはご法度)まもなく退位。そうして繰上げで王位に着いたのは、吃音症に悩むかんしゃく持ちの弟、ヨーク公だった。
ヨーク公は異端の吃音矯正師(ドクターではない)ライオネル・ローグのもとへ通い吃音を矯正している最中、ジョージ6世として即位する。
ほぼ同時期にイギリスは、ついにドイツとの開戦を決定。ジョージ6世は全国民に向けてスピーチを!
がんばれジョージ6世、ライオネル!


地味で淡々とした映画だけどとても見入ってしまった。隅々まで面白かった。
役者たちの演技も最高でした。

でも、大英帝国と言う存在に、どうしても疑問が・・・・・(^_^;)
だから★★★☆
見てソンはない。劇場で見ても良かったなぁと思うけど。
これが「植民地解放」とかのスピーチだったら文句なく感動すると思うけど。


15:20 : [映画タイトル]あ行トラックバック(1)  コメント(4)

【本】2011年 マイベスト

昨年中に読んだ本、「読書メーター」の年間まとめによると、読んだのは85冊になっています。
上下2巻組みのは1作品と数えていますので、実質的には76作品ほど読んだ計算。
毎年目指しているのが100冊読書なので、去年は全然足りませんでした。
それと言うのも9月29日に「アジョシ」を見て・・・以下自粛(^^ゞ。

その中で、マイベストを選んで見ました。

1:オーダーメイド殺人クラブ/辻村深月
1:ジェノサイド/高野和明


4087714039オーダーメイド殺人クラブ
辻村 深月
集英社 2011-05-26

by G-Tools

4048741837ジェノサイド
高野 和明
角川書店(角川グループパブリッシング) 2011-03-30

by G-Tools


苦肉の策で同点1位にして見ました(^_^;)。
どっちもものすごく面白くて、大好きです。
感想はこちら オーダーメイド殺人クラブ ジェノサイド

3:フクロウからのプロポーズ/ステイシー・オブライエン
びっくりするほど面白かった!メンフクロウの生態をとても読みやすく、かつ学術的に描いてある。それが自然とユーモラスにもなっている。著者もふくろうも身近にいるような臨場感。本当の愛情って、こういうものじゃないのか?おしまいのほうは涙が滂沱と流れてしまった。感動的な作品だった。
感想

4863131011フクロウからのプロポーズ 彼とともに生きた奇跡の19年
ステイシー・オブライエン 野の水生
日経ナショナルジオグラフィック社 2011-02-21

by G-Tools



4:解剖医ジョン・ハンターの数奇な生涯/ウェンディ・ムーア
「開かせていただき光栄です」を読んでその関連本として読んだ。史実だけあり、迫真の展開。今現在の医療の発達はこういう先人の努力や苦労があったからこそと、頭が下がり、主人公の変人っぷりには度肝を抜かれてしまった。
感想

4309204767解剖医ジョン・ハンターの数奇な生涯
ウェンディ ムーア Wendy Moore
河出書房新社 2007-04

by G-Tools



5:開かせていただき光栄です/皆川博子
実ははじめての皆川作品。すっごく面白かった!!「もっと死体を!!」バートン先生、大好きだ。そしてサー・ジョンも素晴らしかった。もっとこの人たちの活躍を読みたいな!!
感想

4152092270開かせていただき光栄です―DILATED TO MEET YOU― (ハヤカワ・ミステリワールド)
皆川 博子 佳嶋
早川書房 2011-07-15

by G-Tools



6:西南シルクロードは密林に消える
「ビルマ・アヘン王国潜入記」と同じぐらいに「まじめで」(失礼!)読み応えがあり、相変わらず面白く、個人的に高野本2トップ。
感想

4062765012西南シルクロードは密林に消える (講談社文庫)
高野 秀行
講談社 2009-11-13

by G-Tools




7:下町ロケット/池井戸潤

読了が3月で、ちょっと印象が薄れてしまったけれど、自分の感想文を見直してみて、やっぱり面白かったことが蘇り。キャラの揃った面白いストーリーで夢中で読めたっけ。今思うとやっぱり「空飛ぶタイヤ」のほうが面白かったとは思いまする。
感想
下町ロケット下町ロケット
池井戸 潤

by G-Tools



8:卵をめぐる祖父の戦争/デイヴィッド・ベニオフ
ドイツ占領下のロシア、主人公は死刑を免れるために「卵」を探す旅に出る。命と卵。そのアンバランスな滑稽さ。命が卵よりも軽々しく扱われる不条理がさらりと描かれていて、重い物語だけれど主人公たちのたくましさが感動的・・・。
感想
卵をめぐる祖父の戦争 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ 1838)卵をめぐる祖父の戦争 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ 1838)
デイヴィッド・ベニオフ 田口俊樹

by G-Tools



9:地のはてから/乃南アサ
北海道に入植した家族に育つ、とわの一生。ひたすら描かれたのは、ただ生きているとわの姿。シンプルなそのテーマに、どこまでも逞しく家族を守りぬくとわの生き方に、心から感動しました。
感想
地のはてから(上) (100周年書き下ろし)
乃南 アサ
4062165937



10:白人はイルカを食べてもOKで日本人はNGの本当の理由 /吉岡 逸夫
いるかを食べるのは残酷でいけないことなのか・・・・日本の食文化は世界に認められないのか?だんだんと自信がなくなってきたけれど、この本を読んでその点はすっきり納得。食べてヨシ!!
感想
白人はイルカを食べてもOKで日本人はNGの本当の理由 (講談社プラスアルファ新書)
吉岡 逸夫
4062727129




以下次点作品(タイトルクリックで感想ページへ)

ロケットボーイズ/ホーマー ヒッカム・ジュニア
ブラックランズ/ベリンダ・バウアー
裁判百年史ものがたり/夏樹静子
二人静/盛田隆二
失踪家族/リンウッド ・バークレイ
結婚相手は抽選で/垣谷美雨
闇のダイヤモンド/キャロライン・B・クーニー
刑事のまなざし/薬丸岳
チェインギャングは忘れない/横関大
マザーズ/金原ひとみ
化合/今野敏
裁かれた命 死刑囚から届いた手紙/堀川恵子


数は多くこなせませんでしたけど、充実した読書生活を送れたと思います。
トップに入れた作品はどれも読み応えがあって面白かった!
今年も良い本と出合いたいものです(*^_^*)
11:11 : [そのほか]年間ベストトラックバック(0)  コメント(2)

【映】2011年 マイベストDVD版

家で見た映画は(ほとんどがレンタル)100本以上。。。多分。
その中からベスト10を選んでみます。

1:幸せの隠れ場所

実話ベースの映画で、「世の中にこんなに美しい物語があるだろうか?」と思うぐらい感動的な話だった。
裕福な家庭の主婦アン・リーと貧しい家庭で母親がジャンキーのマイク。両者の奇蹟のような出会いの物語。
感想

B0046VSZBAしあわせの隠れ場所 [DVD]
ワーナー・ホーム・ビデオ 2010-11-23

by G-Tools


2:ボーイズドントクライ

これも実話ベース。だけど、ものすごく悲惨な話。実話だけに悲しすぎる。
性同一性障害の女性を描いた作品。とても印象に残った映画です。
感想

B004JKNBYYボーイズ・ドント・クライ [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2011-03-18

by G-Tools


3:小さな命が呼ぶとき

ポンペ病という難病で、長く生きられない幼い我がこのために、今までの生活を全て捨てて子どもたちのために奔走する父親と、研究者として父親に協力する学者が、力を合わせて新薬開発にかける姿を描く感動作品。
感想

B0052ZD8DO小さな命が呼ぶとき [DVD]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2011-07-22

by G-Tools


4:イップマン 序章 葉問

ブルースリーの師匠として名高い葉問の人生を描いた作品。
とにもかくにもドニー・イエンのアクションが最高!葉問の気品ある静かな強さにしびれた。
感想

B004NRP1Q4イップ・マン 序章&葉問 Blu-rayツインパック
Happinet(SB)(D) 2011-06-02

by G-Tools


5:ザ・ロード

文明崩壊後の世界で生き抜こうとする父と息子の物語。
極限の中でなんとしても生きよう、息子を守り抜こうとする父親の姿と、父を慕う息子のいじらしさに打たれた。
感想

B003ZX8FEMザ・ロード [DVD]
Happinet(SB)(D) 2010-12-03

by G-Tools


6:みんな元気

老いた親が子を思う気持ち、また逆に子どもらが老いた親を思う気持ち。大切に思いあうって理屈抜きに素晴らしいこと。最後はもう号泣。感動的でした。
感想

B00472MEOCみんな元気 [DVD]
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 2011-01-19

by G-Tools


7:扉をたたく人

面白みのない人生に飽いたような老教授が、ひょんなきっかけで「ジャンベ」を演奏する若者と出会い、ジャンベを学び、楽しみを得る。しかし・・・・・・。
切ない地味な物語ですが、考えさせられる内容でずっしりと心に響きました。
感想

B002QBT2UK扉をたたく人 [DVD]
東宝 2009-11-20

by G-Tools



8:目には目、歯には歯

ほぼ同時に起きた強奪事件の真相は・・・目に見えない犯人と警察との攻防。し犯人の本当の狙いは??
警察側が一歩一歩犯人に近づいていく緊迫感。
なによりも主演のチャ・スンウォンが渋くてカッコよい!!
感想

B0038L2WM2目には目、歯には歯 [DVD]
ビデオメーカー 2010-05-07

by G-Tools



9:フローズンリバー

意外な展開の物語で結構ハラハラさせられた。
トレーラーハウスで暮らし、賃貸代が払えない主人公がとった行動とは。
保留地を舞台に、アメリカのひとつの内情を描いてある。深い問題提起がある。
主人公のレイ、そしてインディアンのライラ。二人の女性を心から応援したい。
感想

B0041EPT9Sフローズン・リバー [DVD]
角川映画 2010-12-10

by G-Tools



10:ブラザーフッド

朝鮮戦争を舞台に引き裂かれた兄弟を描く。従軍する中で変わっていく兄と弟。
変わらざるを得なかった兄の鬼気迫る姿が圧巻。同じ民族同じ国家でありながら、闘わなければならない悲劇に、ただ言葉がなかった。ビンくん、可愛くてカッコいい~❤

B0001A7CZKブラザーフッド プレミアム・エディション [DVD]
ジェネオン エンタテインメント 2004-11-05

by G-Tools



次点作品

狼たちの処刑台 クロッシング キックアス プレシャス 96時間 義兄弟 半分の月がのぼる空


B004JPHZ0A狼たちの処刑台 [DVD]
ゲイリー・ヤング
アメイジングD.C. 2011-04-08

by G-Tools

B0048BPFP2クロッシング [DVD]
マクザム 2010-12-24

by G-Tools

B004IEAZ18キック・アス Blu-ray(特典DVD付2枚組)
東宝 2011-03-18

by G-Tools

B003WA6CLQプレシャス [DVD]
Amuse Soft Entertainment =dvd= 2010-11-05

by G-Tools

B003QUCYFU96時間 [DVD]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2010-08-04

by G-Tools

B004T7WNFK義兄弟~SECRET REUNION~ [DVD]
アミューズソフトエンタテインメント 2011-05-27

by G-Tools

B003YU881Q半分の月がのぼる空 [DVD]
ポニーキャニオン 2010-12-02

by G-Tools



23:39 : [そのほか]年間ベストトラックバック(0)  コメント(2)

【映】2011年 マイベスト劇場版

2011年に見た映画のマイベストです。

劇場鑑賞は27本。
その中でベスト5選んで見ました。

1:アジョシ  言わずと知れた・・・・(^_^;)

アジョシ ウォンビン・エディション(初回生産限定) [DVD]
アジョシ ウォンビン・エディション(初回生産限定) [DVD]
Happinet(SB)(D) 2012-02-02
売り上げランキング : 650

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ウォンビンのビタースウィート・ノスタルジア DVD-BOX アジョシ オリジナル・サウンドトラック 母なる証明 スペシャル・エディション(2枚組) [DVD] BINUS / ウォンビン [DVD] アジョシ スペシャル・エディション(2枚組) [Blu-ray]

関連商品もつけてみたりして❤ビンニムがいっぱい❤きゃー

2:X-MEN:ファースト・ジェネレーション


2回見に行っちゃったわ。マカヴォイのプロフェッサーXも良いのですが、マグニートーも良かった!

B004VCX4HEX-MEN:ファースト・ジェネレーション 2枚組ブルーレイ&DVD&デジタルコピー(ブルーレイケース)〔初回生産限定〕 [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2011-09-28

by G-Tools



3:ハリー・ポッターと死の秘宝 PART 2


あ~~・・・・・・・・
これでもう、おしまいなのね・・・。
寂しすぎて見返すのも辛いんですけど。
10年の長きにわたって楽しませてくれて本当にありがとう。。。

B002UHJ9FSハリー・ポッターと死の秘宝 PART 2 [DVD]
ワーナー・ホーム・ビデオ 2011-11-16

by G-Tools



4:カンフー・パンダ2


3Dアニメだと、「塔の上のラプンツェル」もかなり良かったです。
でも、「カンフーパンダ」の、孔雀があまりにもカッコよかったのでこっちに軍配。
ピクサーがんばれー!

B0064LS3SKカンフー・パンダ2 ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン 2012-01-20

by G-Tools


B004LKRQ84塔の上のラプンツェル DVD+ブルーレイセット [Blu-ray]
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 2011-07-20

by G-Tools



5:ザ・ファイター


うっとおしくても結局兄ちゃんが好きな、弟のいじらしさ。兄弟愛にぐっと来た。

B004N3B96Oザ・ファイター コレクターズ・エディション [Blu-ray]
Happinet(SB)(D) 2011-10-04

by G-Tools



次点は「グリーンホーネット」
・・・はい、ちょっと義理入ってます(^^ゞ
B005HT5UTUグリーン・ホーネット [Blu-ray]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2011-10-05

by G-Tools




↓これだけ劇場で見たタイトルですけど、今思うと当時の星の数と今日アップするランクとはちょっと違いますねー。
時間が経つと感想も変わってくるものでして。
ジョニーなんて2本も映画見たんだなぁ・・・。
「アジョシ」以降は全然積極的に映画を楽しめなかったなぁ・・・(←やっぱりそこ)


ミッションインポッシブル ゴーストプロトコル ★★★★
ワイルド・スピードMEGA MAX ★★★
猿の惑星:創世記(ジェネシス)   ★★★
マネーボール ★★★★
アジョシ ★★★★★
トランスフォーマー ダークサイド・ムーン ★★★☆
Piranha ★★☆
薔薇の名前 ★★★★☆
カンフーパンダ★★★★☆
ハリーポッターと死の秘宝 PART2 ★★★★★
ワイルドバンチ★★★
X-MEN:ファースト・ジェネレーション ★★★★☆
アジャストメント ★★★
パイレーツ・オブ・カリビアン―命の泉― ★★★☆
岳 -ガク- ★★★
八日目の蝉 ★★★☆
ブラック・スワン ★★★★
ザ・ファイター ★★★★☆
塔の上のラプンツェル ★★★★☆
ツーリスト ★★★
ドラえもん のび太と鉄人兵団 ★★★☆
ナルニア国物語/第3章:アスラン王と魔法の島 ★
終着駅 トルストイ最後の旅 ★★★★
ウォール・ストリート ★★★
RED ★★★★
グリーン・ホーネット ★★★★
ソーシャル・ネットワーク ★★★★
21:45 : [そのほか]年間ベストトラックバック(0)  コメント(2)

【本】解錠師/スティーヴ・ハミルトン

4150018545解錠師〔ハヤカワ・ミステリ1854〕 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)
スティーヴ・ハミルトン 越前敏弥
早川書房 2011-12-08

by G-Tools



幼いころの「事件」がきっかけで、まったく喋らなくなったマイケル。
とある特殊な能力を見込まれて、学校の同級生たちがたくらむ、いたずらに巻き込まれ、警察沙汰になってしまう。
そのことから、マイケルの人生はある方向へ向かって、不可抗力的に突き進んでいく。
けっきょく、オレンジのスーツに身を包み、現在の「場所」にいることになった原因は。。。。


マイケルの特殊能力とは、金庫破りの能力である。
こんな能力があれば、悪人は放っておかないに違いない。
だからマイクは利用され、そのことで自分を縛り、身動きが取れなくなってしまう。
マイクの思いに反して、どんどんと事態が予期せぬ方向へ進んでいくのが、とても気掛かりで心配になる。
「犯行」を重ねるマイク。悪事には違いないのだけど、どうしてもその手腕の鮮やかさは見応えがあり、感心して応援してしまう。やっぱり特殊能力が「カッコいい」のだ。
ただひとり、自分を理解し、理解しあう相手と、マイクは「絵」を描くことを通して、愛情を伝え合う。
夜中に「能力」を使って、恋人の部屋に忍び込み、自分が描いた絵を置いて来る。すごくドキドキした。また彼女も「絵」で自分の思いを返す。そのふたりのやり取りに、ゾクゾクするようなトキメキを感じてしまった。
マイクの一人語りの形式なので、読者にはマイクの思いが伝わるのだけど、内面はとてもユーモアがあり聡明で情熱家だから、好感が持て、また感情移入もしてしまう。
犯罪小説であり、青春ラブストーリーでもある。
最初から最後まで、かなりぐいぐいと読ませられた。
面白かった!





19:46 : [本・タイトル]か行トラックバック(0)  コメント(0)

【本】銀色の絆/雫井秀介

銀色の絆
銀色の絆雫井 脩介

PHP研究所 2011-11-10
売り上げランキング : 60519


Amazonで詳しく見る
by G-Tools




横浜で何不自由ない暮らしの中で、娘の小織にフィギュアスケートを習わせていた梨津子は、夫の不義を機に離婚、実家のある名古屋へ転居する。
そこは言わずと知れたフィギュア王国。
子どもがコーチについて習っている間は、母親たちの談笑の時間となっていた横浜での選手生活とはまるで違い、名古屋では母親たちも熱心に練習に参加していた。そこで自分の態度を改め、娘の選手としての大成のため、一心に尽くすきもちになった梨津子。
娘の小織は、新しいコーチや強力なライバルたちを得て、練習に励む。
二人が目指すものは・・・・・。



すでに「田舎の公立大学」に進んだ主人公が「過去」を語る形なので、選手としての行く末は最初から暗示されている。
もう一方で、当時を母親目線で語る形で物語が進行していく。
華やかなリンクで舞うまでに、そして表彰台に上るまでに、どれだけの苦労や努力やその他モロモロがあるのか・・・母の目線でつづられる。
たとえば、子どもが練習している間は母親たちはビデオカメラでその姿を録画したり、コーチの手が届かないときなど、自らの娘のためにアドバイスをしたり、そのためにはもちろん母親たちもフィギュアスケートを勉強しなければならない。
コーチとの付き合い方。コーチのためには、弁当の係、コーヒーの係、おやつの係などを順番に受け持つ。あるいはコーチから母親に話があれば、ベンチの上に正座して聞く・・などなど、内部事情が明らかになっている。おそらくこれはリアルな実情なのじゃないだろうか。
金銭的な面も大きく、コーチ代、リンク代、衣装代、振り付け代、遠征代・・などなど、計り知れない大金が必要らしい。
トップに上り詰めるには、単に実力があるというだけではダメだということのようでもある。
実は読んでいて「へぇ~~」と思う反面、コレを知る意義は?と疑問がわいた。
著者は何が目的でこの小説を書いたのだろう?とさえ感じた。
こういった裏事情を何も知らず、選手の華やかな場面だけを見ていることを批判されているのか・・。
そして、過去と現在の二階層の物語なので、はなしが分断されているのか、過去を振り返る小織の口調によって、緊迫感が削がれたようにも感じられた。
母と娘が両者一丸となって死に物狂いでトップを目指すと言う感じじゃなかったので、ふたりの温度差にイライラさせられたというか、カタルシスが得られないと言うか・・・・。
ところが!
ラストは号泣!!
梨津子の気持ちになってみれば、同じ母親として共感できる部分もあったのだろう。読んでいる最中はあまり共感できないと感じたのだけど・・・。
すべてが終って、空の巣症候群のような、やりつくした燃え尽き症候群というか、そういう感情が梨津子よりも読者の私に芽生えたのかもしれない。

なお、作中、まるで真央ちゃんのような選手が出てきてあまりにも一致する符号に驚いてしまった。
雫井さん、いつこれを書き上げたのか。知っておられたのか。しゃれにならないような気がした。
15:47 : [本・タイトル]か行トラックバック(1)  コメント(0)

【韓】コッチ その6

ついに45話まで見ました。残すはあと5話だけ。ソフト2本です。寂しい・・・・。
今はとりあえず「サウジアラビア」と言う展開にビックリしています。
出て行かないよね?ミョンテ。平澤(鐸でしたっけ?)から出て行かないよね。
物語は平澤で完結するよね?
・・・でも、まさかの刑務所2年越しって言うのがあったので、心配・・・。

話はよくよく考えたらちっとも進展しておりません!
なのに、グザグザ感がないのはたいしたものだと思います(笑)。
ひとえにミョンテのキャラクターに負うところが大きいでしょうか?
早く終れ!とはホンの少しも思ったことはなく、それどころか
グザグザでもグダグダでも何でも良いから、もっと続いて欲しい!
とさえ思います(笑)

今回、感動したのは、長男ジュンテ夫妻に起きた出来事。
妻が不妊と分かり、それでなお、ああいう態度に出ることが出来るジュンテ、
本当に優れた人物だと思いました。
(以前診察を受けた後とっさに『三ヶ月』と、嘘をついたときは絶句しましたが)
物語中、唯一ラブラブの絶頂を保ち続けるカップル。
素晴らしい二人です。
でも、さすがに、自分の不妊を知ったヘスンが泣くシーンは切なく
二人の気持ちを思うと、もらい泣きしました。

それから、やっぱりジョンヒ。。。
DVと言う言葉もまだ普及してなかったと思うのですが
あんな目に会いながらも、嫁ぎ先に尽くすジョンヒの健気さには
もうただ、気の毒でたまりません。
だれか、早くジョンヒを救い出してあげて!
夫とその母は謝ったりして「心を入れ替える」とか言っているけど
そんなの絶対にないと思いますから!!!
どうかジョンヒをあの家に戻さないで欲しい。
この物語は総じて、女性のキャラクター造形が「いいひと」になってて
悪女と言うのがいない。
強いて言えば、ミョンテたちのお母さんが「悪妻」だったでしょうか(笑)
何かと言うと「ウンコかけてやる」と言い放つ強烈なキャラクターですが(^_^;)
憎めない、家族思いの母なのです。
しかし、ジョンヒの嫁ぎ先の姑はひどい。
あの親子には、マンホの言葉通り天罰が下って欲しいものです!

そしてそして、今回の萌えツボは・・・・・・・
 ...続きを読む
15:17 : [そのほか]韓国ドラマトラックバック(0)  コメント(2)

【旅】鳥羽 海の博物館

みなさま、今年もよろしくお願いします!

p201212


実は私、年末に鳥羽に行きました。
看板で「海の博物館」と言うのが目に付いたので、入ってみました。
写真の龍は、そこにいた、牡蠣の殻で作られた龍です。

先日テレビでも目にしたのでアップしてみました(*^_^*)。

p201212-2

なかなか壮観でしたよ。

「海の博物館」結構面白かったです。
他の写真もアップしておきますね。

p201212-3

p201212-4

p201212-5

p201212-6

p201212-7

p201212-8

p201212-9


いろんな展示物があり、海女さんの生活も紹介されていて、特に船に関する展示が多く、壮観でした!





 ...続きを読む
22:09 : [そのほか]写真トラックバック(0)  コメント(2)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。