【本】地のはてから/乃南アサ

4062165937地のはてから(上) (100周年書き下ろし)
乃南 アサ
講談社 2010-11-16

by G-Tools

4062165945地のはてから(下) (100周年書き下ろし)
乃南 アサ
講談社 2010-11-16

by G-Tools



平凡な農家次男坊の妻、つねは、大正初期、夫に言われるままに夜逃げ同然に、ふるさと福島を後にして、北海道知床はウトロに開拓民として入植した。政府が掲げる入植心得とはまるで違った過酷な北海道の大自然の前に、なすところもなく途方にくれるような暮らしの中で、懸命に家族を守るつね。
物語は、その家族の姿を、つねの娘とわの視点で描く。
幼いうちから口減らしのために奉公に出されたとわの、賢く誠実でたくましい生き方。やがてとわも家庭を持ち、つねがそうしたように、母として家族を必死に守るように生き抜くのだが、そのとわにもやはり厳しい人生があるのだった・・・。


「言われているほど寒さは厳しくない」「想像するほど開墾は難しくない」「交通の便もよくなってきている」「子どもの教育も問題ない」「ちょっと働けば大金持ちになれる」などなど、政府の入植心得を読んで見ると、良くまぁこれだけ嘘八百書けるな~と思うぐらい、耳障りのいい事ばっかり書いてあります。
実際に彼らが体験させられた北海道ウトロでの暮らしは、過酷を通り越して悲惨としかいえません。日の光さえも入らない原生林、伐木でやっと開いても、あたり一面のクマザサはとても簡単に畑になるものではなく、ようやくの思いで畑にして、すずめの涙ほどの収穫を楽しみにするも、毎年沸いて作物を根こそぎ食べていくバッタの大群、教育どころか道はなく、井戸も電気もない暮らし。冬は凍えるばかりのその地で、一家は瞬く間に困窮していきます。
口減らしに出されたとわの奉公先は小樽で、とわは今まで見た事がない都会暮らしをします。大きな町、大きな道、たくさんの人がいて、井戸があり、電気がある。子守として滅多に休みもない生活は、まだまだ幼いとわにはつらいものですが、それでも、ウトロに暮らす家族を思い健気に耐えては、仕送りをします。
「二度と帰ってくるな」と、とわを送り出したつね。そんな母の言葉をうらみながらも、家族を思うとわの気持ちに泣かされることしばしば。
結局、つねにしてもとわにしても、家族や生活を守ることに必死の人生です。趣味だの、余暇だの、そんなことは思う暇すらありません。蛇口を回せば水が出る、つまみを回せばガスが出る、スイッチひとつで灯りがともる、車を使えるし、クルマがないとしても、道はあるのが当たり前、道がない不便なんて思ったこともない・・・
こんな生活をしながらストレスが溜まるだの悩みがあるだの・・・、心の底から恥かしくなります。
全編とおして、母つねと娘とわの、お互いを思い合う気持ちに感動したのですが、つねづね、母と娘の物語には複雑な感情を持ち、いろんなことを思わされてしまう私も、この二人のシンプルな愛情には、ただ胸が詰まりました。
とわの人生も波乱万丈です。何度も何度も泣けてきた。やっと人並みになったように見えても、戦争があったり火事に合ったり、かんなん辛苦とはこのことか・・・・が、どこまでも逞しく家族を守りぬくとわの生き方に、心から感動しました。おススメです。



●最後のほうが駆け足で、たとえばタマヨのことなど、あまりにもあっさりと過ぎていったのでビックリしました。もうちょっと書いてあげてほしかった。ある意味余計に切なかったです。
●三吉・・・ああいう結末は予想していなかったけど、私が三吉なら私だって日本軍のために兵隊になるなんて、真っ平ゴメンと思う。
●この物語のなかで一番よかったー!と思ったのは、つねの、いわゆるなさぬ仲の長男が、つねを大事にしてくれたこと、そしてそのお嫁さんが、とてもいい性格の人だったこと。つねが老後、今までで一番幸せ(と言うのは言い過ぎかもしれないけど)に生きていかれると思うと、心からホッとする。




数年前に「ロビンソンの末裔」(開高健・著)を読んだのですが、そのときも同じ衝撃を受けました。
その自分の読書感想に、「ワイルド・ソウル」(垣根涼介)に言及していたんですが、
どちらにも共通して言えることは、政府が国民をだまくらかしているような事実があったということに驚いたということ。
久しぶりにまた読んでみたくなりました。
ロビンソンの末裔 (新潮文庫 か 5-3)
ロビンソンの末裔 (新潮文庫 か 5-3)開高 健

新潮社 1973-01
売り上げランキング : 394823


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


4101329737ワイルド・ソウル〈上〉 (新潮文庫)
垣根 涼介
新潮社 2009-10-28

by G-Tools

ワイルド・ソウル〈下〉 (新潮文庫)
ワイルド・ソウル〈下〉 (新潮文庫)垣根 涼介

新潮社 2009-10-28
売り上げランキング : 91331


Amazonで詳しく見る
by G-Tools





スポンサーサイト
13:49 : [本・タイトル]た行トラックバック(1)  コメント(6)

【映】グリーン・ホーネット

gh

うふふふふふ・・・・・・(*^_^*)
見てきました。昨日、公開と同時にって言うわけにはいかず、夜の便で見ました。
私がジェイのファンになってから、映画を大画面で見るのはこれが初めてでして。
ちょっとふっくらしていて(笑)本来のジェイはもっともっとカッコいいんだけど!
と思いつつも、ちょっとぐらいふっくらしてもカッコいいことに変わりないから!!
画面の中で動くジェイに釘付け~~♪
実はこちらのシネコンでは、3D上映がなくてフィルム版で見てきたのですが、3Dの場合字幕で見るのが辛いので、どうしても吹き替えで見たいし、また上映も3D=吹き替えになってるところが多いと思うのですが、フィルム版では字幕です。当然ジェイの生?声~
ともかく、字幕見る以外はジェイの顔・姿を見ていました(*^_^*)
ジェイの可愛い笑顔も(32歳の殿方に『可愛い』は禁句かもしれないけど、どうしても可愛いんです!)カンフーアクションも、ちらっと登場したピアノを弾くシーンも何もかも、堪能しました。
エンドロールでは、「雙截棍 Nunchucks 」が流れてきてまたまたテンションが上がりましたし!
さてさて、次はちょっと遠いんだけど隣の市のシネコンまで3D見に行かねば~!!
ふふふふふ・・・ふふふのふ(*^_^*)


 ...続きを読む
10:05 : [映画タイトル]か行トラックバック(0)  コメント(4)

【好】好きな人のこと

周・遼

と言うわけで、こちらでもカミングアウト。
ジェイ・チョウには以前からハマっていますが、実は昨年唐突に石川遼くんにもハマりまして・・。
もともとその活躍を応援して、試合なんかもテレビでいつも見ていたんですが
あるときから、心臓を打ち抜かれて「LOVE」と感じ・・
ついにはファンクラブに入会すると言う血迷い?(笑)

そして、もう一人のダーリン、ジェイ・チョウ。
昨年はCDが一枚ニューリリースしただけで、何度も見た映画をDVDで見返したりという
案外に地味なファン活動を行っていただけですが
先ごろ日本でもファンクラブがオープンしたので、こちらも早速入会しました!


今までどおり
ジョニーデップもクリスチャンスレーターもジョシュハートネットもレオナルドディカプリオも好きですが
いまの私のダーリンは周&遼。

なにも発表するほどのこともないけど(笑)カテゴリーも作りました。
お仲間がいらっしゃったら温かく見守ってください(*^_^*)
22:50 : [そのほか]好きな人のことトラックバック(0)  コメント(0)

【映】ソーシャル・ネットワーク

ソーシャルネットワーク

監督 デヴィッド・フィンチャー
出演 ジェシー・アイゼンバーグ(マーク・ザッカーバーグ)
   アンドリュー・ガーフィールド(エドゥアルド・サベリン)
   ジャスティン・ティンバーレイク(ショーン・パーカー)
   アーミー・ハマー(キェメロン&タイラー・ウィンクルボス)
   マックス・ミンゲラ(ディビヤ・ナレンドラ)

先日ゴールデングローブ賞の作品賞を受賞した「ソーシャル・ネットワーク」見てきました。
主人公のマーク・ザッカーバーグはハーバード大学でトップの成績を誇る秀才ですが、人の気持ちを忖度するのが苦手で、彼女を怒らせてしまい振られてしまいます。挙句に彼女の悪口をブログに書くなど男として、人として大事なものが欠落しているとしか思えない人間性。
そんな彼が仲間と一緒に、大学内のSNSを立ち上げ、それが現時点で世界最大のSNS「Facebook」に発展していくのです。
最初はSNSを立ち上げるまでの経過、そしてそれ以後は裁判(調停)のシーンによって、調停の場面と交互に今までの経緯が語られていきます。一体何があってこんな風に裁判沙汰になっているのか?それがおいおい判ってくるのです。

驚いたのは、そう言うサイトを立ち上げたのが「学生」と言うこと。このハーバード大の学長の言葉が映画の中で登場するのですが「仕事を探すのではなく仕事を作れ」と言う意味の(違うかな)ことを言っていました。学生は勉強していればいいというのではなく、学生である時点からもう社会のなかでどれだけ通用することができるか、そう言うことを考えられるか、と言う視点?育つ学生もケタが違うんだなぁと・・・。
主人公は「Facebook」のヒットにより大成功を収めていくんですが、それが、だから幸せかっていうと、全然そうは思えないんです。主人公が好きか?と言うと、見ていても全然好きにならない。悪人とは思わないけど、一言で言うと「友達甲斐のないやつ」であり「KYなやつ」です。
ショーン・パーカーと知り合い、介入されてからの物語はスリリングで面白いんですけど、やっぱり主人公がバカに見えてしまいました。大事なものを見落として目先のチャンスばかりを追う、まぁ誰でもそうなんですけど。でもいたくエドゥアルド・サベリンに同情してしまった。
最後の場面で、マークがなにをしているか・・・あのシーンが印象的で忘れられません。
結局それ?みたいな・・・。
とても皮肉な結末でした。

ところで、ボートクラブのふたごの兄弟、カッコよかったんですけど・・ふたごじゃなくて二役やってたんですね。そっくりだと思った~(笑)

それから、夫を連れて見に行ったんですが、夫はネットと言えばヤフースポーツとかゴルフ関係の情報を見るぐらいで、SNSという言葉もよく知らないぐらいのネット音痴。夫を連れてきたのは失敗だったなー、夫、きっとつまらないだろうなぁ・・と思ってちょっと集中できませんでした。夫に悪いことをしてしまいました・・(^_^;)

それからそれから
いよいよ、待望の映画が公開になります!!
ぎゃー!!!悶絶してしまいます~~(*^_^*)
いやもう、ジェイを好きになってまだ2年になってないですけど、
ジェイを大画面で見られる日が来るとは・・・感激の至りです!!
テレビで予告編も流れているし、テレビでジェイが見られるなんて~~~♪

ああ~~~(*^_^*)早く見たい!!


gh
22:30 : [映画タイトル]さ行トラックバック(0)  コメント(0)

【鳥】豆苗好きなインコたち

どこの家でもそうだと思うんですけど、子どもとかだんなさんとかが
「犬飼うぞ!」とか「トリ飼うぞ」とか「ハムスター飼いたい」とか言っていても
世話するのは絶対に「お母さん」ですよね・・・・・(-_-;)

はい、ウチもご他聞に漏れず。
朝、エサの殻をふーっと吹いて(一度娘がやったら「貧血になる!」だって・・)
新しいエサを足してやり、
水を替えてやり、敷物のチラシを替えてやり
そして、豆苗をやります。


s1

s2

s3


ぴーちゃんたち、とくにぴーちゃん
豆苗が大好きみたい。
写真で判るかなー?
くちばしやアゴの羽をまっつあおにして食べてる。


b1

b2

まぁこういう姿を見たら、世話するのもやぶさかじゃないけどさ・・・・。

だけど、飼うって言ったのなら責任持てよ!!
と、心中で愚痴っています。

まったく、誰のトリだよ・・・・・・┐( -"-)┌ヤレヤレ...


11:25 : [そのほか]我が家のインコトラックバック(0)  コメント(8)

【映】96時間

B003QUCYFU96時間 [DVD]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2010-08-04

by G-Tools

B003QUCYG496時間 [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2010-08-04

by G-Tools



わがままを押し通して海外旅行に行った娘(別れた元妻と暮らしている)を、フランスで謎の組織に拉致されてしまった、元CIA工作員が娘を救助する物語。

ちょっとネタバレになるけど、どうせ助かるだろう、どうせ助けるんだろう・・と言う先は見えている物語。「ダイハード」的な・・。
それでも充分楽しめる物語でした。
まずなんといっても、父親ブライアン役のリーアム・ニーソンがカッコイイ!
もうすぐ60になろうとする彼ですが、充分アクションもいけるし、惚れ惚れとしてしまうぐらいに強いお父さんを熱演してました。本当にカッコよかった~!
私、思ったんだけど、奥さんはなぜあのだんなさんで不満だったんだろうか?
強くて賢くて、何でも出来て、CIAならお給料もいいだろうし、生活も安定しているし。たしかに夫の無事が心配ではあるんだろうけど、それって別れたらすむ問題なのか・・。
私だったらあんな夫なら理想だな!と思ってしまった(笑)。
女性は良く理想のタイプの男性は?ときかれて「守ってくれる人」と答えるではないか。(草食系男子と肉食女子がはびこる最近は違うのかな?)ブライアンのような男だったら、絶対に守ってくれるし(そもそも危険な目に合うことが滅多にないとは思うけど)理想のきわみではないのか?
まぁともかく、この映画は娘を案じて大活躍する強いお父さんの姿を見ているだけで満足できる映画です。
「ダイハード」のジョン・マクレーンと「ボーン」シリーズのジェイソン・ボーンをミックスしたような感じと思います。(どっちも大好き!)
でも、あのお嬢さんにそこまで大金出しますか。と言う感じはしましたが(^^ゞ。

★★★★

リーアム・ニーソンは「特攻野郎Aチーム」もカッコよかったです。
ご活躍ですね(*^_^*)私にはシンドラーとジャン・バル・ジャンが印象的だな。
22:02 : [映画タイトル]英数トラックバック(0)  コメント(0)

【映】イングロリアス・バスターズ

B004773B9Oイングロリアス・バスターズ [DVD]
ジェネオン・ユニバーサル 2010-12-22

by G-Tools

イングロリアス・バスターズ [Blu-ray]
イングロリアス・バスターズ [Blu-ray]
ジェネオン・ユニバーサル 2010-05-12
売り上げランキング : 9527


Amazonで詳しく見る
by G-Tools





監督・脚本:クエンティン・タランティーノ
出演:ブラッド・ピット
    メラニー・ロラン
    ダイアン・クルーガー
    マイク・マイヤーズ
    クリストフ・ヴァルツ


第二次世界大戦下のフランス。ドイツ軍ランダ大佐は「ユダヤ人ハンター」と異名を取り、片っ端からユダヤ人を検挙し殺していく。ショシャナはそんなランダ大佐に一家を惨殺された生き残り。
かたや、アメリカ軍のアルド・レイン中尉率いるナチスバスターズ8人の極秘部隊は、ナチスを震え上がらせるほど残酷なやり方で、ナチスを退治していくナチスバスターズ。
ショシャナとバスターズはあるプロジェクトで奇しくも交錯する。そのプロジェクトとは・・・。

史実を大胆に無視した設定で、ここまで思い切りやってくれると却ってさばさばとした気持ちで楽しめる。
ともかく、ランダ大佐がお見事なんです。憎たらしいほど完璧。頭いいし勘は鋭いし、冷徹無比でクールで、何ヶ国語も喋ってしまって誰もランダ大佐に太刀打ちできない。憎たらしいキャラだけど、どうにも魅力的で忘れられない人物。なんたって軍服がかっこいいよね・・・・どうしても・・・思わんとこ、と思ってもこれだけ似合っていたら萌えちゃうドイツ軍服。特にロングコート。
しかし、ショシャナに対する仕打ちなんか見てて、こいつを誰かがやっつけてくれる!と期待してみていました。それが、ブラピ・アルド中尉に違いないと思っていたんだけどね~。
その点がちょっと期待はずれ。アルド中尉とランダ大佐の火花の散るような対決が見たかったけど、かなり方スカシな感じがしてしまいました。
とは言え、他の出演者たちもかなり豪華なラインナップで、バスターズの面々など、もっと活躍を見たかった。
女優陣もみんな美しかった!ダイアン・クルーガーはいつものとおり美しかったけど、ショシャナを演じた女優さんの倫とした古風な美しさにかなり見入ってしまいました。

★★★☆


21:46 : [映画タイトル]あ行トラックバック(1)  コメント(2)

【映】ロビン・フッド

ロビン・フッド


監督 リドリー・スコット
出演 ラッセル・クロウ(ロビン・ロングストライド)
    ケイト・ブランシェット(マリアン)
    マーク・ストロング(ゴドフリー)
    ウィリアム・ハート(ウィリアム・マーシャル)

これ、昨年末ギリギリに見に行った映画です。
一年の〆がラッセル・クロウとは・・・
と言うぐらい、ラッセル苦手だったのですが、作品自体は結構見ているので・・
だんだんカッコよく見えつつあるのでした。
男臭さがちょっと枯れてきていい感じになってきたのかな。
リドリースコット監督とのコンビ映画も好きです。

ロビンフッドと言うと、ケビン・コスナーのやったのが良かったですね。
ケビンコスナーもカッコよかったし、ショーンコネリーもクリスチャン・スレーターも出ていて、好きな映画です。
こちら、ラッセルのロビンフッドは、伝説になる前の物語。
だから、ケビンコスナー以前のロビンフッドということ。
それにしちゃ、老けていますけど(笑)

十字軍遠征で疲弊しきったイングランドにフランスは隙あらば攻め入ろうとして、現国王の弟王にスパイを送り込み意のままに操ります。兄王が戦死すると王の資質がない弟王が王位についてしまい、いよいよフランスの思うつぼ。内乱を引き起こしその混乱に乗じてイングランドの制圧を画策します。
戦死した兄王の王冠を送り届けようとするマーシャルが、闇討ちに合う場面に遭遇したロビンは、マーシャルからふたつのものを託されます。
ひとつは国王の王冠、もうひとつはマーシャルが父親から黙って持ち出した家法の剣。
ロビンはマーシャルになりすましイングランドに帰還、マーシャルの遺言を果たします。。。

ケビンコスナーのロビンフッドを見ていたら、ラッセルのロビンなんて~と思っていたんだけど、思いの外カッコよかった。寡黙で男くさいロビン。何よりも「強い」!!強い男はカッコイイ。
強いだけじゃなく賢くてたくましい。頼もしいのです。
それにジェントルマンだし・・・ケビンコスナーなら強引に女性に迫っても「セクシーでいいわ~」と思うけど(笑)ラッセルはやっぱり、無骨なほうが似合うと思う。
危険なときに颯爽と現れて救ってくれたらもうそれでオッケーですよね(笑)。

あと、私が好きだったのは老マーシャル卿。
老いて目が見えず、20年近く戦争に行ったきりの息子。自分の意に反して戦地に行き、家法の剣を盗むようにして持ち出した不良息子。だけどやっぱり息子の帰りを待っていたはず。それがかなわないと知ったときの悲しみの表情はとても胸を衝かれました。その後ロビンをわが息子のように迎えたり、城を死守しようとしたり・・・もう老マーシャルには本当に泣かされた。
妻のマリアン(ケイトブランシェット)はわずかな結婚生活のあと、老マーシャルとふたりで城と領地を守ってきた。二人の間に漂う絆に、ジーンとさせられました。

12世紀の戦争は火薬もなく、本当の肉弾戦。その迫力も大きかったし長い映画だったけど見ていてとても面白かった。ラッセルクロウがキライだ・・・と思っていたのが過去のことになりつつあります(笑)




17:53 : [映画タイトル]ら行トラックバック(0)  コメント(0)

【本】往復書簡/湊かなえ

往復書簡
往復書簡湊 かなえ

幻冬舎 2010-09-21
売り上げランキング : 5966


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


手紙のやり取りからなる3つの短編集。
形式ばってない気楽な文面なので、読むほうもするすると読める。
何度も手紙のやり取りをするうちに、10年前、20年前、15年前に起きた出来事の「真実」が見えてくる。
「十年後の卒業文集」では、学生当時仲良しグループだった、放送部の女子4人のやりとり。
そのときそれぞれが感じていたことは、別の子から見たら全然違うことだったという・・そう言う話は誰にでもあるのでは。と思うと、物語がよりリアルに感じられる。自分がものすごく気にしていて、10年経ってもうじうじと悩んでいることも、実は相手はなんとも思ってないとか、あるいはその逆とか・・ひとの気持ちも記憶も、自分だけで解釈してみても、相手のあることなのだから腹を割って話してみないと真実はわからないのかもしれません。
手紙によって、その真実を腹割って話し合う、誤解が解ける場合もあれば、知らないほうが良かったことがわかってしまうこともあり。
すごくサクサク読めるけれど、それほどに心に残らないし今までの著者の作品に比べてパンチに欠ける気がしたかも。
17:00 : [本・タイトル]あ行トラックバック(0)  コメント(0)

【本】マイケル・ジャクソン裁判 あなたは彼を裁けますか?/アフロダイテ・ジョーンズ

マイケル・ジャクソン裁判 あなたは彼を裁けますか? (P‐Vine BOOKS)
マイケル・ジャクソン裁判 あなたは彼を裁けますか? (P‐Vine BOOKS)アフロダイテ・ジョーンズ 押野素子

ブルース・インターアクションズ 2009-05-02
売り上げランキング : 14074


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


私はマイケル・ジャクソンの特にファンではないけど、昨年「This is it」を見て、マイケル・ジャクソンと言う人のカリスマ性と音楽的才能を始めてまじまじと目の当たりにして、今更ながらそのすごさに驚いたのです。
この本は、マイケル・ジャクソンが巻き込まれた「少年に対する性的虐待疑惑」などの裁判の全記録。
特にファンでもない私は、テレビのワイドショーで流される情報を断片的に受け取り、そのまま感慨も何もなく信じ込んでいました。
おそらく、デーブなにがしかの情報が元だった記憶があります。
しかし、本書や「This is it」などで垣間見るマイケル・ジャクソンは、そう言うイメージとはまるで違う、まじめで心優しく人がよく、地に足の着いた謙虚な人間なのですね。
メディアの報道とはとことんいい加減なものなのだと改めて知らされて、そしてやたらとそれを信じ込んでしまう自分がとても恥かしくなりました。
まずネバーランドと言うテーマパークひとつを取ってみても、マイケルジャクソンが子どもたちをどれほど大事に思っていたかが良く分かるし、プライバシーがまるでないマイケルがそこをどんなに必要としたかが、本書からやっと伺えました。
ともかく、今まで聞いてきたあれはナンだったんだ?と思うぐらい、報道されてきたマイケルと本書に書かれたマイケルは違います。鵜呑みにしてしまってゴメンネ・・・。

ただ、本としてはまとまりに欠ける感じがして読みづらかった部分もあった。
もうちょっと整然と書くことも出来たのでは?
それから、マイケルを貶めようとするパワーは検察側のどこに、なぜ、こうも強くあったのだろう?その点もう少し知りたかった。人種差別の犠牲になったとかチラッとは書かれていたけど、追求されていないので少し残念だった。とは言え、これは「裁判」に関する書なのでそれでいいのかも。
それでも本書を読んで良かったと思う。

00:18 : [本・タイトル]ま行トラックバック(0)  コメント(0)

【本】告解者/大門剛明

4120041492告解者
大門 剛明
中央公論新社 2010-09

by G-Tools


金沢市郊外の鶴来にある更生保護施設の鶴来寮で補導員として働いている深津さくら。
日々、寮生たちの世話に忙しい。
あるとき、重罪犯として服役していた久保島健悟が入寮した。久保島は23年前に2人を殺めて刑に服したと言う。しかし、実際にふれたその人柄は、刑務所でも模範囚だったと言うだけに、決して粗暴ではなくむしろ礼儀正しい物静かな男であり、きちんと更正しているように見えるのだった。
そんなとき、近くの公園で中年男性が何ものかに殺害されると言う事件が起きた。
元犯罪者の「巣」でもある鶴来寮にも、容赦なく刑事や世間の視線が集まる。
犯人は誰なのか、そして久保島は更正し、普通の生活を送れるのだろうか・・・。

著者の大門氏は三重県出身伊勢市在住とのことで同県人として追いかけています。
「雪冤」「罪火」「確信犯」に続き、4作品目の読書でしたが、この作品が一番面白かったです。
一貫して「贖罪」や「更正」と言うテーマで物語を書き続けている姿勢はとても好感が持てます。
今回も「更正」と言うテーマの下に、保護施設で働くさくらの目を通して、事件の真相に迫るミステリーを描いていますが、今回はさくらと久保島と言う二人の関係の行く末なども気になり、一気に読んでしまいました。
冒頭の殺人の真相は、わかってみれば意外にも思わせぶりが過ぎたのでは・・などと思わされたし、23年前の事件にしても、小説としては都合よく設定しすぎでは・・・などなど、思うところは結構あったのだけど、それでも話の全体像が魅力があり釣り込まれました。
だんだんと小説として読みやすく面白くなってきた感じがします。

吉村昭さんの「仮釈放」を思い出しました。




23:56 : [本・タイトル]か行トラックバック(0)  コメント(1)

【本】卵をめぐる祖父の戦争/デイヴィッド・ベニオフ

4150018383卵をめぐる祖父の戦争 ((ハヤカワ・ポケット・ミステリ1838))
デイヴィッド・ベニオフ 田口俊樹
早川書房 2010-08-06

by G-Tools


新年最初の読書はこちら「卵をめぐる祖父の戦争」です。
なんとなく愉快そうなタイトルです。
作家である著者が、自分の祖父の戦争体験を聞いて本にした・・と言う形です。
語り口が「おじいさん」の一人称なので「わし」となっていて、軽妙でユーモラスなので、なんだか楽しいコメディなのかと思ってしまったのですが、れっきとした戦時中の体験談。それもかなり悲惨で過酷。タイトルからは想像もできません。

舞台はドイツ占領下のロシアのピーテル(レニングラードの愛称)、17歳の「わし(レフ)」はあることがきっかけで軍部に捕まってしまう。同じく軍隊からの脱走兵として逮捕されていたコーリャとともに、ある指令を受ける。死刑を免れるためにふたりはその指令を果たすために街に出るのであった・・・。

この「指令」と言うのは、軍の大佐の娘が結婚するときにどうしても必要なケーキを焼くための卵を1ダース集めると言うもの。卵1ダースで命が助かるなら軽いもの・・と思ってしまうんだけど、この時代のロシアの町全体はとてつもなく飢えているのです。卵どころか日々の食糧さえも満足に入手できず、ひたすら人々は空腹をもてあます毎日。どこをどう探しても卵なんてない。犬や猫も食料になってしまうほどなのですから。あるときは自分たちも「食糧」になるかと言う危険に見舞われたりもします。
ふたりは意を決して、ドイツ軍の陣地に乗り込むのです。卵のために・・。

この「卵探し」の間にふたりが残酷で陰惨な場面を見聞きしたり、過酷で苛烈な体験をしたり・・。
タイトルや文体から受ける軽妙でユーモラスなイメージとあまりにもギャップのある内容に呆然としてしまいます。「わし」レフが一方的にコーリャを敬遠していたのが、だんだんと友情を感じ始め、ふたりの距離が近づいていくと物語にどんどんひきつけられました。
こんなにも命がけで卵を探すなんて・・あまりのばからしさ。滑稽です。
命と卵・・それがどうやって天秤ばかりに乗るのか。戦争と言う狂気がそうさせるのだと、滑稽であればあるほど、その狂気が際立ちました。
命よりも重いものはないはずなのに、卵よりも軽々しく扱われる。それが無性に悲しくて切ない。だけど滑稽で・・・。
そしてそんな中でも、彼らがちゃんとたくましく、ミッションの遂行とともに成長していく姿がとても印象的でした。心に残る物語でした。

22:28 : [本・タイトル]た行トラックバック(1)  コメント(0)

2010年マイベスト【読書編】

タイトルクリックで詳しい感想に飛びます。


1 :収容所から来た遺書/辺見じゅん

心の底から「この本を読めてよかった!!」と思う本。極限の中で「生きるために」こそ「愉しみ」を感じることの大切さ。ダモイ(帰還)を切望して止まない人々の姿に感動そして涙。絶対的おススメの一冊。


昭和十七年の夏 幻の甲子園

戦争と言う過酷な日々の中でなお野球をすること、観戦すること、それが人々にどんなに希望であったか。死と向き合いながら試合をする選手の姿に涙涙。


天地明察/冲方丁

今年読んだ小説の中で、文句なく、一番面白かった!


サラの鍵/タチアナ・ド・ロネ

知らなかったときには戻れない。知らないほうが良かった。いいえ、知っていなければならなかったのだと、読みながらいろいろな感情に揺れ動きました。そして、結末。泣きました。読み終えても余韻が後を引く物語でした。


5 夏草の記憶
  沼地の記憶/トマス・H. クック

今年初めてこの著者の本を読み、ハマりまくりました。記憶シリーズはどれも「何があった?」「誰が何をした?」「何をされた?」とワケが判らないんだけど、だんだんと判ってくるスリルとサスペンス。特にこの2冊が印象的で好きです。

夏草の記憶
緋色の記憶
死の記憶
夜の記憶
心の砕ける音
闇に問いかける男


巡礼/橋本治

「孤族」の時代だとか「無縁社会」だとか色々問題になっているけれど、この本もそう言うこと。なぜだかわからないけど、いつの間にかそうなってしまった・・誰のせいでもなく気がついたらこうなっていた・・・と言うことがすごい説得力があった。人事じゃない。怖くて切なかった。


七人の敵がいる/加納朋子

とても上手い小説と思う。著者の意見に100%同意は出来ないし、やっぱり主人公の気性や思考には反感があるけど、そう思う私もだんだん主人公が好きになるし、物語も面白く感じたし・・・。お見事と思えた。


下流の宴/林真理子

上流バーサス下流。だけど、結局何が「上流」で何が「下流」なのか?


逝かない身体/川口有美子

「大切な肉親を『生きていては哀れな存在』と思い込む」過ち「あるがままの生を肯定する思想」の欠如「患者を哀れむのをやめて、ただ一緒にいられることを喜び、その魂の器である身体を温室に見立てて、蘭の花を育てるように大切に守ればいい」
生きることの意味を問われ、生命の神秘に圧倒されました。


10 死刑の基準―「永山裁判」が遺したもの/堀川 惠子

「法は全ての被告人の前において平等でなければならない、裁く人によってその生死が左右されてはならない。死刑宣告は裁判官全員一致の意見によるべきである」死刑は是か非か・・・・揺れまくる私です
13:09 : [そのほか]年間ベストトラックバック(0)  コメント(0)

2010年マイベスト【映画編】

タイトルクリックで、詳しい感想に飛びます。

1:母なる証明

なんというすっきりしないラスト、そしてなんという素晴らしさ。母の気持ちが余すところなく伝わってきて本当に打ちのめされた感じ。韓国映画は素晴らしい。

B0038WLB5K母なる証明 スペシャル・エディション(2枚組) [DVD]
Happinet(SB)(D) 2010-04-23

by G-Tools



2:JSA

今までなぜ見なかったんだろう?もう、涙涙の映画でした。分断された国家の悲劇、同じ民族なのになぜ憎み合わなければならないのか・・・・・

B00005QCIHJSA [DVD]
パク・サンヨン
東芝デジタルフロンティア 2001-11-22

by G-Tools



3:トイストーリー3

アンディ・・・もっと違う結末を期待したよ。だけど、仕方がないよね。人は大人に成らなければならないんだから。3を見てからもう一度、2を見た。ラストのウッディの言葉に号泣した。4も待ってる。いつかまた再会してほしい。

B0041RQQD8トイ・ストーリー3 [DVD]
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 2010-12-01

by G-Tools



4:オアシス

おいおいおい、素晴らしいじゃないですか。思い切り善意と思い込みを否定されてしまった・・ひとはナニサマなんだろう?心は自由、生きていくって言うのは辛くもあり、そして素晴らしくもある。恋人たちの再会を念じて・・!!

B00068X5HQオアシス [DVD]
イ・チャンドン
バンダイビジュアル 2004-12-23

by G-Tools



5:ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1

今までののほほんとしたイメージとは180度変わって重苦しく辛い物語。だけど、今までで一番面白かった。ハーマイオニーの美しさにやられました!

B004LQ081Uハリー・ポッターと死の秘宝 PART1 (1枚組) [DVD]
ワーナー・ホーム・ビデオ 2011-04-21

by G-Tools



6:ロビン・フッド

もう、あきらめた。認めることにする。ラッセル・クロウが好きだよ・・・・・・・。

B005MNE786ロビン・フッド [DVD]
ジェネオン・ユニバーサル 2011-11-23

by G-Tools



7:(500)日のサマー

物語の組み立ても面白いんだけど、タイトルの意味が分かったとき、にんまりとしてしまった。ほろ苦いし切ないけれど、人生の中で一度は経験するだろう出来事をとてもドラマティックに描いてある。

B0047CPIN6(500)日のサマー [DVD]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2011-01-07

by G-Tools



8:エスター

私は、こういうのが好みなのです。誰がなんと言おうと。

B002SSSUGIエスター [DVD]
ワーナー・ホーム・ビデオ 2010-03-10

by G-Tools


次点作品。

シャーロックホームズ

インビクタス / 負けざる者たち

アリス・イン・ワンダーランド

借りぐらしのアリエッティ

變臉~この櫂に手をそえて~

こころの湯

ハングオーバー!  消えた花ムコと史上最悪の二日酔い

人生に乾杯!

プリンス・オブ・ペルシャ 時間の砂

特攻野郎Aチーム THE MOVIE

THE WAVE ウェイヴ

ワカラナイ



今年ハマった俳優さんたち。↓

まず、ソン・ガンホ
今までも好きな俳優さんだったけど、今年は再鑑賞も含めて6本見た。
なんつーても「JAS」がよかったけど、他のもよかったです。
「復讐者に憐れみを」で、「相手」の耳たぶ舐めるシーンには悶絶したなぁ(笑)
「渇き」でのエロシーンもよかった。



そして、ブラッドリー・クーパー
写真写りよくないんです。映画で動いてる彼を見るほうが断然カッコイイ。
しばらく追っかけようかな?


そして、エマちゃん。
なんてキレイに成長したんだろう?
決して、ハリーとロンがブサイクになってしまったから比較対象として美が強調されたわけではなく
本当に輝くような美しさだった。
ハリーポッターシリーズも残すところあと1作。
早く見たいし、見たら終ってしまうのが残念だし。
おばちゃんは複雑です。










 ...続きを読む
12:34 : [そのほか]年間ベストトラックバック(0)  コメント(0)