スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- : スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)

【本】蜜姫村/乾ルカ

4758411654密姫村
乾 ルカ
角川春樹事務所 2010-10

by G-Tools



アリの研究学者の山上は、この村で日本にはいないはずの新種のアリを発見した。それを確認して発表する目的でのフィールドワークのために、今度は和子という伴侶を伴って新婚早々に、村を再度訪れた山上。
しかし、医者である和子は、その村には、年寄りが多くても病気のものは誰もいないという不思議なことに気付く。
そんな二人に予期せぬ出来事が待ち受けていた。。。。。。

すごく不思議で幻想的な物語、伝奇小説というか伝奇ファンタジーというか。
個人的にはとても苦手分野なのだけど、手にとって見れば割合にも面白くて、読めば読むほど一気読みしてしまいました。

後半の主人公の「優」の物語は、ある意味では戦国時代の「人質」になった姫様のようで、時代的に取り残された幻想的な雰囲気の「ロミオとジュリエット」的な切ない部分が面白かった。大蜂のキャラクターも、イケメンでいて寡黙で朴訥でそれでいて腕が立ち、極めつけは下僕系(ナイト?)という萌え要素が満載。禁断の恋はやっぱり読むものをひきつけます。
それだけじゃなく、蜜姫の特殊な能力というのが見もの。すごくグロテスクでありながら目が離せない。実写かして欲しい。どんだけグロイ映画が出来るんだろう。。。。

薄幸の生涯を送るかのような、優だけど、けっして不幸だけではなく、ちゃんと周囲に誠実に接してくれるものがいるというのがホッとできて良かった。
結末は以外。
「約束」に始まり「約束」に終る物語なのです。

スポンサーサイト
22:19 : [本・タイトル]ま行トラックバック(1)  コメント(2)

【本】マリアビートル/伊坂幸太郎

マリアビートル
マリアビートル伊坂 幸太郎

角川書店(角川グループパブリッシング) 2010-09-23
売り上げランキング : 1181


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


内容紹介
酒浸りの元殺し屋「木村」。狡猾な中学生「王子」。腕利きの二人組「蜜柑」「檸檬」。運の悪い殺し屋「七尾」。物騒な奴らを乗せた新幹線は、北を目指し疾走する! 『グラスホッパー』に続く、殺し屋たちの狂想曲。 (角川公式サイトから)


前半はともかく、「王子」のキャラクターにむかついて仕方がない。良いようにされている「木村」にもイラっとする。緊迫した状況なのにムダに会話も多く、その点のリアリティがないと思う。
ライトな感じで「人殺し」の話をする檸檬と蜜柑のふたりも最初はイヤだった。
ともかく、前半はイマイチ腹立たしい感じが勝ってしまい、それほど吸引力は感じなかった。
が、中盤からやっぱり、加速がつくように面白く感じてきました。進行中の新幹線の中という、「密室」の中で、新幹線という環境をまさに端から端までフルに活用したミステリーとしては、すごく良くできていると感心しました。
ともかく、私は王子が大きらいで仕方がなかったので、誰かが(蜜柑と檸檬あたりが)王子を「なんとか」してくれるんだろうと期待して、それだけが楽しみで?読んでいました。
後半、木村の両親が登場してから本当に面白くなってきましたね。
すると、それまでの会話がムダにペラペラ喋ってただけでもなかったんだなとか、判ってきたので。
木村の両親が一番よかったです。

これ、「グラスホッパー」の続編だそうですが、そっちは読まずに挑みました。
同じく殺し屋の出てくる物語としては、「魔王」のマンガ版を読みましたが、そこでは「蝉」が良かったんだけど、蝉がどうなったかが「マリアビートル」中に書かれていて(ほかの殺し屋の話も)、ちょっと寂しく感じました。


けこたんさんにお借りしました。ありがとうございました。
21:49 : [本・タイトル]ま行トラックバック(0)  コメント(0)

【映】スペル

B00349E8C0スペル コレクターズ・エディション [DVD]
東北新社 2010-04-23

by G-Tools


借金のかたに家を差し押さえられそうになった老婆が、借金返済の期限延長を申し込んだが、銀行側はそれを断った。その窓口の女性に、老婆ののろいが襲い掛かる。

なんのことない、オカルトじゃないか・・・オカルト、好きじゃないんですよ。ちっとも怖いと思えないんだもん。

と、ガッカリしたんだけど、見てれば結構面白い。

ホラーと言うよりも、ダークファンタジーと言う感じ。マジメにやってるんだろうけど笑える。「ファイナルデッドコースター」みたいな感じですね。
まぁ楽しめたので、オカルトでもOK!

12:42 : [映画タイトル]さ行トラックバック(0)  コメント(2)

【映】シャーロック・ホームズ

B002UHJ9F8シャーロック・ホームズ Blu-ray&DVDセット(初回限定生産)
ワーナー・ホーム・ビデオ 2010-07-21

by G-Tools



あまりにも有名なイギリスの探偵の物語。
期待しないで見たんだけど面白かったです!

私も子どものころに2~3冊読んだけど、ほとんど覚えてないですね。
あちこちパロディっぽく、ホームズ張りの推理を働かせる場面は見るけれど・・・。
(どっちかと言うとルパンのほうが好きだった)
大体のイメージは持っていましたが、ちょっとイメージと違う感じ。
予告で見たとき、そんな風に思いましたが、イメージなんて関係なく面白かったです。



街を恐怖のどん底に陥れた連続殺人の犯人が絞首刑に・・・しかし、死んだはずの犯人ブラックウッド卿が復活して、再び街は恐怖に陥る。はたしてホームズ&ワトソンは、犯人ブラックウッド卿の操る黒魔術に勝てるのか?

まず、ホームズの活躍もさることながら、ワトソンの強さスマートさにも惚れ惚れしてしまいます。
どっちかって言うと、ホームズよりもワトソンのほうがクール。彼女が出来て結婚しようとしているのに、ホームズはやきもちを焼いて邪魔をしたり、ワトソンを困らせてばかり。駄々っ子みたいです。
これって、結構BL要素が入っていて、ホームズの報われない恋心?に、胸キュンする場面も多々あり(笑)。
不思議と気持ち悪くない(笑)。

かといって、ホームズがゲイというわけじゃなく、ちゃんと女性が好きで、元恋人が登場して、それはそれで結構振り回されたり裏をかいたりの駆け引きが面白い。

メインのブラックウッド卿との戦いも見応えがあって、ぜひとも黒魔術なんてものをホームズの推理力で科学的にやっつけてもらいたいと言う気持ちで見ておりましたが・・・・・。

どこを取ってもなかなかに面白くって、楽しめました。
続編があるとか・・・ぜひとも今度は劇場に見に行きたいな!(*^_^*)
11:41 : [映画タイトル]さ行トラックバック(0)  コメント(3)

【映】ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い

B003W8WUUUハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い Blu-ray & DVDセット(初回限定生産)
ワーナー・ホーム・ビデオ 2010-10-06

by G-Tools


とても面白い映画でした!

言葉遣いにシモネタが多く、ちょっと下品だと思う部分はありましたが、映画の内容自体は決して下品じゃなくて、ユーモアセンスのいい快作だと思います。

タイトルのとおり、「花婿が消えた」話です。
独身最後の夜を、友人たちと馬鹿騒ぎするアメリカの?風習、バチェラーパーティーにて、主人公たちがラスベガスに遠征。羽目をはずしすぎたか、その後の顛末を描く物語。


メンバーは、花婿、友人ふたりと、花嫁の弟の4人。
高級ホテルに着いて屋上で素晴らしい夜景を見ながら乾杯・・・・・・したと思ったら朝、ホテルの部屋で目覚めると、身に覚えのないことばかりの状態で、そのうえ前夜の記憶が全く無い!そして花婿の姿も無い!!
最初は楽観しつつも、次第に焦りを帯びてきた残りのメンバーは、残された手がかりを元に昨夜の行状と、花婿を探しに出かけます。

見ているほうも「いったいなぜ記憶が無いのか?花婿はどこに行ったのか?昨夜は何があったのか?」が気になって仕方がない。それが段々と明らかになるにつれ、花婿の所在安否も近づいてくるわけですが、これがなかなかミステリアスでサスペンチック。

そこで、映画の主役のブラッドリー・クーパーのカッコいいことといったら。
彼の魅力が無くても映画自体は面白かったと思うけど、ともかく私は彼のカッコよさに痺れてしまい、じーーーっと見つめてしまいました(*^_^*)。
花婿以外の3人が、そのブラッドリー・クーパーを含めてとても個性的で面白い。個性的過ぎて(クーパーさん以外の二人は)最初はなんだこいつ・・・とか思って見ているのですが、段々と見ているほうも応援する気持ちに・・・。

話の設定自体が面白くって、どんどん引き込まれていきました。

年末大掃除で疲れた夜に、こういう映画で笑ってリラックス。おススメです(*^_^*)




11:26 : [映画タイトル]は行トラックバック(0)  コメント(0)

【鳥】インコ写真

うふふ、リクエスト??いただいたので、写真アップします~(*^_^*)
11月24日の写真です。ぴーちゃん生後1ヶ月と20日くらいで、ぼーちゃん、生後約一ヶ月です。
コタツのあったかいふとんの隙間に入り込んでうとうとしてました。
まだまだ赤ちゃんだった2羽です。

b1124

b1124-2

b1124-3

b1124-4
これ、私のお腹(笑)
b1124-5

s1124

↓この2枚は11月27日。

s1127

s1127-2

そして、コレ↓が今のぴーちゃん。すっかり大きくなったでしょう?(*^_^*)

s1216

また載せますね~~(*^_^*)
21:35 : [そのほか]我が家のインコトラックバック(0)  コメント(4)

【本】七人の敵がいる/加納朋子

4087713563七人の敵がいる
加納 朋子
集英社 2010-06-25

by G-Tools


最近読んだ小説の中で、一番面白かった。
とても良く出来た物語だと思った。感心してしまいました。

バリバリのキャリアウーマンの陽子は、息子の陽太の就学で、はじめてPTAや学童保育と関わりを持つことになる。
しかし、仕事が順調で忙しくもあり、子どもとの時間を大切にこそすれ、PTAや学童保育に役員として時間を割かれるのは本意ではない。「働いている自分には、PTA役員なんてやっていられない」と本音をふりかざしたがために、陽子の周囲は「敵」だらけになってしまう。そんな陽子の「奮闘記」。

主人公、陽子は下手をしたら読者から総スカンを食らうんじゃないかというぐらい、攻撃的な女性です。
言っている事は確かに正しい。正論だと思うけど、正論過ぎて怖い。
そして、陽子は専業主婦を明らかに見下している。専業主婦の能力が低いと、決め付けている感じ。自分はそんな専業主婦のあなたたちとは違うのよ・・と、高慢な感じがするんです。思わず反感を覚えたのは私だけでもないと思います。実際仕事関係者から「ブルドーザー」などというあだ名をつけられたりして。こういう考えの人は多いと思うけど、陽子のように率直に言動に出す人はそうはいないでしょう。
わざとこういうキャラクターにしてあるんでしょうけどね・・・。

そんな主人公ですが、彼女も人の子であり人の親、完璧ではないということがおいおい判ってきます。
なぜなら自ら敵を作るようなことを無意識にスパッと言ってしまったり・・・しかもそれを、反省しつつも何度も繰り返したりして・・・「ひょっとしてこのひと、頭悪いのか?」と思えてくるほどです。
自分には確固たる揺らぎない信念があるんだけれど、息子のためならその信念もグラグラと揺らします。
鼻持ちならない女だったけど(笑)だんだんと、好感がわいてきました。
クチだけ偉そうにするんじゃなくて、やっぱりどんな仕事でもちゃんとできる責任感と能力があるから、見ていると胸がすくような部分もあるのです。

そして、息子陽太の学年が上がるごとに、少しずつその問題点は変化して行き、PTAの関係者だけではなく、夫や義家族や、先生や・・・はては息子さえも、自分にとって「敵」になりうるということが、コミカルながらも読者に深く納得させる形で展開して行きます。
スマートで仕事も出来る陽子ですから、物事の本質を見抜く力が大きい。その陽子の目を通して読者は、PTAや地域の関わり、あるいはスポ少、学校などのさまざまな問題点を見せられます。そこからそう言う組織などの長所短所が見えたりします。陽子と一緒に疑問に感じたり納得したりするのです。

そうしていつしか完全に、陽子の「味方」になってしまっていました。
陽子の家族のほろりとさせられるエピソードも大きな要因です。
そう言う部分をバランスよく組み入れて、1話1話いろんな「敵」の話をしながら、6年間を上手く流れよくまとめてあり、とても読み応えがありました。
結局、PTAのあり方に大きな一石を投じる陽子の姿を、後半は応援すらしていました。
清清しい読後感。

物語として、とても面白かったです。おススメ。











 ...続きを読む
15:11 : [本・タイトル]さ行トラックバック(1)  コメント(0)

【映】ハリー・ポッターと死の秘宝

ハリー7

ハリーポッターも、いよいよ最終章に入りましたね。
「賢者の石」は、私もHPで映画の感想を書き始めてまもなくの頃、上映になりました。
それがこんなに続くなんて。こんなに世界的な大人気になるなんて。当時は想像しませんでした。
とんでもない危機に直面しながらも、恋だとか愛だとか、クディッチの試合だとかちょっと間の抜けたエピソードが細切れに入ってきて、どうにも緊張感を削ぐな~~と思っていた、今までのハリー・ポッター。(それがまた魅力でもあるんだろうけれど)
ところが今回は、最初から最後まで、とても面白い、大人も充分に楽しめるサスペンスアクションのような映画になっています。
今回は、前回「謎のプリンス」のラストの衝撃もさめやらぬまま、ヴォルデモード卿の魂の入った「分霊箱」を探すために、例の3人で出発します。
さまざまなピンチや仲間割れの果てに・・・・・
ともかく全編はらはらドキドキ!一気に運ばれてしまった2時間半でした。
今回、涙の出るようなシーンがいくつか・・。
それから、ハーマイオニーの可愛さに、今更ながら釣り込まれました。
だいたい、子役時代に可愛いと、成長しては「むむ~・・・」って言う感じになる子が多いように思うのだけど、ハーマイオニーは時とともにキレイになっていく感じです。
ロンやふたごの兄弟、ウィーズリー家の子達が我が家では人気度が高いんですけど、ロンはずいぶん大きくなりました。たくましくなったと言うか、固太り?筋肉質?ごついです、はっきり言えば。
ハリーは、途中で役者を替えるとか言う話もあったような気がするけど、ずいぶん老け込んだけど(笑)そのままダニエル・ラドクリフが演じきりました。(まだ終ってないけど)
老け込んだけど(しつこい!)これでよかったと思いました。
それにしても、あのひとはいつどの映画に出ても強烈ですね・・・。
今回も一番強かったのがあの人だと思うな・・・。
ヘレナ・ボトム・カーター!(笑)
それよりも強いのが実は●●●だったとは、意外な誤算でしたけどね(笑)。
今回は、ともかく続きが早く観たい。
観たいけど、観たらそれで終わりだと思うと残念だから、観たくないような。
観たいような観たくないような。
終ったらすごーーーーく寂しいです。
ちょうど、長女がハリーと同じ年なんですよ。
だから、映画の中の子どもたちの成長が、そのまま長女の成長や、二女の成長に重なってしまい、本当に感慨深いです・・・・。




16:30 : [映画タイトル]は行トラックバック(0)  コメント(0)

【本】下流の宴/林真理子

4620107530下流の宴
林 真理子
毎日新聞社 2010-03-25

by G-Tools



著者の作品は、近年イマイチパッとしないというか、満足させてくれる作品はなかったんだけど、今回はとても面白かったです。

この小説には2組の家族が登場します。
ひとつは「福原家」。その家の主婦由美子は、「下流」と「上流」をはっきり特別(差別)していて、自分は「上流」の人間であり、子どもたちもことさらには言わずとも、そう育ててきた自負がある。
ところが、二人の子どものうち弟の翔ほうが、高校中退でフリーターになり、そのうえ20歳の今、ネットで知り合った22歳の女性珠緒と結婚すると言う。
由美子はひたすら、下流の人々とは違うんだという気概を持った生き方を、その母親の代から強いられてき生きてきた。そして今ある自分の世界に満足していたと言うのに、息子・翔の人生の道を踏み外したような生き方に、途方にくれています。
長女の可奈はと言うと、大学に入ったときからいわゆる「婚活」しているような女子大生で、由美子の上昇志向と同じような・・・それ以上に貪欲に「上流家庭」を目指しているのです。
このように、福原家の女たちには全く共感できないのだけど、よくよく考えるとその思考はとても真っ当な部分もあるので、由美子に嫌悪感を感じつつも、その言い分を全否定は出来ないのです。
方や、翔が結婚しようとしている珠緒の育った「宮城家」が、由美子の言う「下流」の世界の家庭なのです。
沖縄の離島で生まれ育ったのんびりした気質は、都会の競争社会とはまるで違う社会で育てられたからでもあるのですが、ともかく、この2つの家庭を比べることにより、今現代の社会の構造が見えてくると言うか・・。
珠緒には、読者として好感を持ち始めはするものの、このようにバイトで生きている状況には、決して100%賛同できない。もしも、我が子が、生涯アルバイトでいい、そのとき楽しく暮らせるだけのお金があればいい、先のことは考えてない・・などと言う享楽的にも刹那的にも見える生き方を望んでいるとして、親として100%応援できるのかと言うと、決して出来ないです。
そんな二組の家族のバトルの物語と言ってもいいと思いますが、見応えがあるのは何といっても珠緒。
翔の母親とのバトルから、とんでもないことを言い出すのです。
そこからまた別方向に物語が展開して行き、大変面白いです。
いつもながらの林流ドロドロ感と、いつになく爽快な感じとがミックスしていて、とても面白く読むことができました。
林真理子さんの物語に登場する女たちは、いつもイヤな人たちが多いんだけど、心理描写が上手くて読まされます。
「人というのは、誰でも一度だけドラマの主人公になる時がある。そしてその興奮と熱気の最中に一生が決まり、やがて静かに後悔という冷えが始まるのだ。」
なんて・・・・、ニヤリとさせられる表現も多く、上手い作家さんだと思うんですが。
でも、林真理子さんって、言っては悪いけど結構読者を選ぶ感じがします。
読む人はかなり読むけど、読まない人はほとんど読まない、きっぱり分かれている感じがする。
知名度も高く一般的な人気があるんだけど、私の周囲の「本読み」さんたちには何故かあまり人気があると思えない。
とあるポータルサイトの女性作家人気度としては、トップ10に入っています。
こちら
以下順位引用

 ●第1位/『東京タワー』や『冷静と情熱のあいだ Rosso』の著者「江國香織」さん……18.7%
 ○第2位/『模倣犯』や『ブレイブ・ストーリー』の著者「宮部みゆき」さん……18.4%
 ●第3位/『めまい』や『肩ごしの恋人』の著者「唯川恵」さん……12.7%
 ○第4位/『キッチン』や『TUGUMI』の著者「よしもとばなな」さん……11.7%
 ●第5位/『博士の愛した数式』や『妊娠カレンダー』の著者「小川洋子」さん……5.7%
 ○第6位/『夜のピクニック』や『ユージニア』の著者「恩田陸」さん……5.1%
 ●第7位/『かもめ食堂』や『鞄に本だけつめこんで』の著者「群ようこ」さん……4.4%
 ○第8位/『恋愛中毒』や『プラナリア』の著者「山本文緒」さん……4.1%
 ●第9位/『不機嫌な果実』や『RURIKO』の著者「林真理子」さん……3.8%
 ○第10位/『風味絶佳』や『ぼくは勉強ができない』の著者「山田詠美」さん……3.5%

私は割りと読む。
今回みたいな面白いの、また書いていただきたいです。
17:33 : [本・タイトル]か行トラックバック(0)  コメント(0)

【鳥】ボタンインコもやってきた!

b1118

こちら、ボタンインコのぼーちゃんです(^_^;)
10月26日生まれ。
写真は11月18日のものです。
セキセイインコを飼い始めた娘が羨ましくてたまらない夫が、ついに購入しました。
10月5日生まれのぴぃちゃんに比べて、生まれが遅いぼーちゃんですがその割りに大きい??
こちらぴぃちゃん

仲良くしてね、きみたち(*^_^*)

bs1117

いつまでも赤ちゃんのようなぴぃちゃんに対して、ぼーちゃんはすくすくと大きくなりまして。

b1124

11月24日には、カゴを買いまして、早速入りました。
なんか・・・違和感ないですよね!

b1124-2

↓11月23日の写真だけど、おもしろいポーズなので載せます(*^_^*)

b1123

その頃のぴぃちゃんはこんな感じ。
ずいぶん大きくなった感じはしますが、でもまだ幼い感じ・・。
でも、ハゲが完全に治りつつあり、ホッとしているところです(*^_^*)

s1124

以下 続く・・・・


13:04 : [そのほか]我が家のインコトラックバック(0)  コメント(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。