【本】誘拐逃避行―少女沖縄「連れ去り」事件/河合香織

4104690023誘拐逃避行―少女沖縄「連れ去り」事件
河合 香織
新潮社 2007-12

by G-Tools


ちょっと久々?事件モノ。
事件は今から7~8年ほど前。9歳の少女が47歳の離婚歴のある男性に誘拐され、沖縄で少女は保護、男は捕まった。しかし、少女が口にしたのは「帰りたくない」という驚くべき言葉でした。少女は家で虐待されていたのではないか、そのため男を利用して逃避行を図ったのではないか、誘拐ではないのではないか?
著者は当初、この小さな少女が取材を進めるうちに男よりも優位に立ち、子どもらしからぬ罵倒や命令で男に指図する立場であったとあたりをつけるのです。その線で取材を進めていくのですが・・・。獄中の男とも手紙のやり取りをしています。
しかし裁判が始まって、驚くべき事実が明らかになります。
それは取材を重ねた著者や弁護士など支援者たちを裏切るものでした。。。。。

読み終えて思ったのは、今までこんなにもやもやする気持ちが募るばかりのノンフィクションを読んだことがあったか?ということ。。。
大抵のノンフィクション、事件モノは、事件の真相がたとえ明らかになっていなくても、どこか自分的に事件の真相に近づけた気がするものです。そうでなくても、被害者には無論のこと時には犯人に同情してしまったり、という感情が動かされたりするものです。
が、この本は違う・・。読めども読めども、真相が分かっても、全然分からないのです。
何が分からないのか?ひょっとしてそれすら分からないのかも知れません。
少女はいったい家族から虐待を本当に受けていたのか?
父や母に見捨てられた哀れな生い立ち・・・それだけで、こんな性質になってしまうのか?
男はいったいどういうつもりで少女と関わりあっていたのか?
なぜ、少女にみだらな行為をしたのか?ロリコンだったのか?
何もかも分からないのだけど、一番もやっとすることは、解決の糸口がまったく見えてないことです。
男が逮捕され、少女が保護されるとしても(結局家に帰ったらしいですが)その解決が表面だけに見えてしまうのです。少女の根本的な問題も、男の根本的な問題も、なんにも解決されない。
男が出所すれば少女の下へ行くだろうことは明白。
そして、男が来なかったとしても、少女がこの男との関わりを絶ったとしても、別の「男」が出現するだろうと思われる。また9歳であれば、男が法律違反を犯したことになって法の手にゆだねられるけど、少女が歳をとっていたら?歳をとれば問題は解決するのか?
などなど、ともかく、何にもすっきりしないまま本を読み終えました。
こんなに気持ち悪い読書も珍しい。
作者のせいではなく、事件の性質のせいなのですが・・・・。

スポンサーサイト
23:16 : [本・タイトル]や行トラックバック(0)  コメント(0)

【映】借りぐらしのアリエッティ

子どもたちと見てきました。
実はあんまり期待してなくて、「ゲド戦記」よりはマシだろうって程度でした。
が、見始めてすぐに世界観に引き込まれました。
心臓に病気があり、数日後に手術を控えている翔という少年が、大叔母の閑静な住宅に静養に来たとき、そこで小さな人間を見ます。それがアリエッティ。この家の床下で「借りぐらし」をしている一家の一人娘です。
アリエッティたち小人は、人間からいろんなものを少しずつ「借り」て、暮らしていますが、決して人間に姿を見られてはいけません。そんな掟のあるアリエッティが、翔に姿を見られてしまい・・・??
と言う物語ですが、ともかく、アリエッティたちの暮らしぶりが面白くて釣り込まれます。
人間には小さな一枚の葉っぱですが、アリエッティが持てばとんでもなく大きな葉っぱ。
「ローリエね。これで一年分はあるわ。」と言うように、そして、我らにはなんでもない一滴の水も、小人たちにとっては巨大な一粒であるように、人にとってはなんでもない一粒の砂糖、食器棚、テーブル・・・それが小人たちにどう見えてどういう存在か・・・・小さな人たちから見たこの世界観にワクワクしました。
壁掛けの花瓶、見たことあるなと思ったら鉛筆のキャップだったりとか、ディティールの使い方が見応えあったし、こんな風に小人が夜な夜な我が家の台所にでも来ているとしたら面白いな、と、素直に思えました。
アリエッティが好感の持てる可愛い女の子で、翔と淡い恋にも似た気持ちを持ち、お互いにもっと近づきたいと言う気持ちを持ちながらも、人間と小人では許されないと言う禁断の恋?みたいな設定も萌えました。
ジブリ作品で、見たことあるな~みたいなのもあれこれ出てきて、その辺も楽しかった。オマージュになってると思うんだけど、ジブリファンから見たら嬉しい設定でした。(^^)
どうみても猫の雰囲気はあの映画のアレだし、スピアーなんかはあのアニメのあの子にそっくりだし・・みたいな。他にも色々あったと思います。
そんな風に引き込まれたままあっという間に時間が過ぎて、ラストはもう、涙涙、涙涙。
こういうの好きです。

私的にはポニョよりもいいと思いました(^^)

ただ、やっぱり声ね。
いつもいつもジブリ作品の声の使い方には疑問が。
他にもっと雰囲気のあった声優がいるだろうにと思えてなりません。お父さんの声はソフトすぎると思うし、お母さんの声もまるで合ってない。違和感強すぎました。翔の声のあのひとは相変わらず棒読み!!
志田未来さんだけは予想外にうまくてよかった。志田未来さん正直好きでもなんでもなかったけど、これでかなり見直しました!

★★★★☆ ちょっと甘い目?
10:45 : [映画タイトル]アニメトラックバック(0)  コメント(2)

【本】春狂い/宮木あや子

4344018222春狂い
宮木 あや子
幻冬舎 2010-05-11

by G-Tools


こういう本を読むと、自分の容姿が極めて平凡でよかったなあ!と思ってしまう。
美しすぎるために、人をひきつけて止まないために、却って不幸になってしまう少女の物語です。
連作短編風に描かれていて、どんどん釣り込まれていきました。
少女の身に起きたことはおぞましすぎて恐ろしいのですが、なぜか全体的に美しいイメージ。
なぜだろう?
ひとつの恋愛が描かれています。その「思い」が美しいからかも。
宮木あや子さんとは、「R-18文学賞」を受賞しているそうですね。
さもありなんのどぎつい描写もありました。
でも、どことなく美しさやはかなさが漂っていて、ちょっと癖になりそうです(^^ゞ



17:34 : [本・タイトル]は行トラックバック(0)  コメント(2)

【本】小さいおうち/中島京子

4163292306小さいおうち
中島 京子
文藝春秋 2010-05

by G-Tools


今回の直木賞受賞作品。
ちょうど、受賞の直後図書館の順番が回ってきて、早速読みました。ラッキーです(^^)
その後、図書館でもどんどん予約者が増えていますからね。
で、早速読んで早々に返してしまったので、手元には本がないのですが・・・。

戦争中の中流家庭で働いていた女中さんであるタキという女性が、当時を振り返る物語です。
大学ノートに書いていく思い出話を、若い甥が読んでは批判めいたことを言うという、過去と現代の二重構造になっていて、物語に厚みを加えています。
タキが書いたことを、歴史オタク気味の甥が「このときはもう戦局はこうなっていたんだから、こんなのんきに生活していたわけがないだろう」とか「おばさんの記憶違いだろう」とか突っ込みを入れています。
私の父親は昭和8年生まれで、戦争当時は少年でしたが、父に語らせるとやっぱり
「戦争中は、戦争が当たり前であって、そういう生活が『普通』だった。
 当然のように自分も、年齢が来たら兵隊になって戦争に行くと思っていたし
 鬼畜米英をやっつけなければならないと思い込んでいた。
 平和と言う言葉は、平和と言う状況を実感するからこそわかるのであって
 当時の生活には『平和』という言葉も概念もなかった。
 ともかく、当時はそれが『普通』だった」
と言いました。
タキが語る当時の生活感は、今現代の私たちが読むとタキの甥のように「こんな能天気な感じだっただろうか」と、ちょっと疑念もわきますが、私の父の言葉を聞いても、当時はそれが「日常」だったんだろうなーと納得できるのです。
タキが語った、赤い屋根の小さいおうちでの数年間の幸せな暮らし。
なぜタキが何十年も経った今、その家でのたった数年間のことが思い出されるのか、読んでいくうちに明らかになるのですが、タキの本心を最後に知り、はっとさせられ・・そして胸が熱くなりました。

17:24 : [本・タイトル]た行トラックバック(0)  コメント(0)

【本】サラの鍵/タチアナ・ド・ロネ

4105900838サラの鍵 (新潮クレスト・ブックス)
タチアナ・ド ロネ Tatiana de Rosnay
新潮社 2010-05

by G-Tools


第二次世界大戦中の1942年7月、フランスではユダヤ人の一世大検挙が行われた。
「ヴェルディヴ」と呼ばれています。
捕らえられたユダヤ人たちはほとんどが強制収容所に送られ、生還できた人は一割ぐらいだったようです。
その一斉検挙を行ったのは、ナチスではなく、フランス警察だったとのこと。
法的にはフランス人であったユダヤ人たちを、フランス警察が検挙してアウシュビッツ送りに協力したのです。
そして、フランス人たちはその事件を語ろうとせず、その事件は闇に閉じ込められてきたようです。

本書は、フランス在住のアメリカ人であるジュリアが、ジャーナリストとして「ヴェルディヴ」を取材するところから始まるジュリアの物語と、ヴェルディヴ事件に実際に巻き込まれた幼い少女の視点で語られる物語の二重構造。
そのふたつがいつしかリンクしていくのですが、そのリンクがミステリアスで読まされます。
運命と言うべきある偶然がジュリアをひきつけて止みません。
事件に巻き込まれた少女の命運は、ジュリアならずとも読者も気になって先を急がされ、一気に読まされました。
また、ジュリアの生活も家庭的に決して、うまく行っていると言い切れないところ、ジュリアはある決意を強いられることになるのですが、その辺のジュリアの女性としての観点もとても読み応えがありました。
そして、それはヴェルディヴ事件とは無縁でなく。。。
あまりにも可哀想な少女の身に起きたこの出来事が、ジュリアだけではなく、周囲のあらゆる人間に大きな衝撃と変化をもたらします。
知らなかったときには戻れない。知らないほうが良かった。いいえ、知っていなければならなかったのだと、読みながらいろいろな感情に揺れ動きました。
そして、結末。泣きました。
読み終えても余韻が後を引く物語でした。
おススメです。


17:07 : [本・タイトル]さ行トラックバック(0)  コメント(0)

【本】民王/池井戸潤

459111662X民王
池井戸 潤
ポプラ社 2010-05-25

by G-Tools


過去に実際にあった出来事が、実はこんな裏があったと。
よくできていると思いました。
思ったよりも軽すぎて、他の小説家の作品を読んでいるみたいな感じがしたけど、楽しめました。
よくあるタイプの話で読み飽きたよ~と思ったけど、そうじゃなくて意外性があったのが一番良かったです。
最後は痛快な終わり方でしたね。
でも、ざっくり読んですーっと忘れてしまってて、アップが遅くなったわ。
「空飛ぶタイヤ」みたいなの、また読みたいです。

15:37 : [本・タイトル]た行トラックバック(3)  コメント(2)

【映】トイストーリー3

toystory

今年度一番のお楽しみ、「トイストーリー3」を3Dで見てきました。
アンディはどこか遠方の(かどうか、家からは通えないところらしい)大学に入ることになり、アンディがいなくなった部屋を妹が使うため、部屋の整理をしています。
アンディはすっかり大きくなり、部屋ももう立派な男子の部屋。おもちゃで遊んでいた頃の面影はありません。
持ち物は「大学へ持っていくもの」「屋根裏部屋に片付けておくもの」「捨てるもの」の3つの選択。
さぁ。アンディのおもちゃ、ウッディやバズ、ジェシー、ポテトヘッドたちはどうなるの??

トイストーリーは、1も2もとても面白いです。
結構「2」ははずれが多いけどこれだけは別。
では「3」はどうか。期待しつつも、外れるかもしれないな・・という気持ちもどこかにありました。
見終えて正直な感想は・・「やっぱり『1』や『2』ほどは面白くないな」というものですね。
もちろん、面白いことは面白いです。
観ている間中、スクリーンに釘付けで、笑ったりはらはらしたり切なくなったりして夢中で見ていました。
でも、前作と比べると物足りなく感じてしまうんですね。
クライマックスの危機感だけは1や2よりも「絶体絶命」って感じが大きい状況だったんですけど、でもいかんせん「スピード感」がなくて。ちょっとまったりとしてしまった感じがしました。
だから、やっぱり期待しすぎるとはずれてしまうのですね。
いや、決して「はずれ」などではないですけどね。
(ただ、1と2と比べると・・・って、しつこいですね(^_^;))

全体的には満足のいく楽しい映画でした。


以下ネタバレ気味です




というのも、アンディが大きくなればどうしてもおもちゃでは遊ばない。
気持ちも離れて、箱の中にしまいっぱなしのおもちゃたち。
いつかは永遠に別れなければならないのでは?
子どもが成長するときに感じる親の寂しさが切々と伝わるところです。
アンディが大学へ行くと、おもちゃたちだけじゃなくて、家族だって寂しくなります。
子どもは大きくなる。そして世界を広げ、自分のもとから離れていく。
それは喜ばしいことに違いないのですけど、どうしても一抹の寂しさや郷愁に襲われてしまうのです。
その寂しさにやられてしまい、最後のほうは涙、涙で嗚咽さえしたくなるほどでした。
胸が詰まる映画でした。

そうそう、3Dですが・・・3Dはもう、どうでもよかったような気がします。
最初のほうは3Dの迫力も楽しんでましたけど、最後のほうになるとストーリーに引き込まれて、3Dだということも忘れてしまうほどでした。
っていうか、そろそろ見慣れて来たっていうのもあるかもしれませんね。
見慣れるほども見てないような気がするけど。


ストーリー的に
同じような感じで、「くまのプーさん」も最後は泣けてしまいますよね。
でも、プーさんはあんな感じ、100エーカーの森の仲間たちもあんな感じ(笑)
とぼけていて、寂しいとしても、とぼけすぎていて淡々としています。
それがまた余計に泣かせるんですよね。

B00023PJEWくまのプーさん 完全保存版 [DVD]
スターリング・ホロウェイ リチャード・M.シャーマン ロバート・B.シャーマン
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント 2004-06-04

by G-Tools



13:45 : [映画タイトル]アニメトラックバック(1)  コメント(5)

【映】パラノーマル・アクティビティ

B002UHJ9GCパラノーマル・アクティビティ [DVD]
ワーナー・ホーム・ビデオ 2010-06-02

by G-Tools




毒舌+ネタバレです。ご注意。
特にこの映画が怖かった人は読まないでいただけるとありがたいです。



なんでも、スピルバーグが「こんな完璧な映画はリメイクしたくとも出来ない!」と舌を巻いたほど、完璧に面白く怖い映画だと言うことで・・・。

うーん・・・
どこが??って感じでした。
じつに退屈でくだらなかった。

ずっとひとつの屋内で撮ってて、費用もすごく安かったとか。
それでいてこんなに面白い映画が撮れるなんて!という評判なのだけど。

ひとつの結末があって、そこに近づいていく過程で恐ろしい現象が次々と起こる・・・のだけど、その過程がもうとんでもなく退屈。
夜中にビデオを回していて、そこに不振な現象(ドアが勝手に動いたり、灯りが勝手に消えたり、女性が夢遊病患者みたいになったり)が映っているので、まぁ少々は「ゾクッ」としたような気がしないでもないんですが、せいぜいが「ゾクッ・・としたかもしれない」で終わりました。
最後にちょっとビックリさせられる場面はあるけど、全然怖くもないし「は??これだけ???」っていう結末でした。
ほんとに・・・これだけ引っ張っておいてこれだけかよー!って感じ。

これって後悔直前、朝の情報番組とかで、映画を鑑賞している観客を暗視カメラで撮ってて、みんなが泣きそうな感じでぎゃーぎゃーと怖がってて・・・

こんなんで怖い思いができるなんて、怖がりたがりの私から見たらうらやましい話です。

だいたい、悪魔って日本の概念にないのではないのかなぁ。
まだしもユーレイって言われたほうがピンと来ると思うんだけど。

そのユーレイも超常現象も占いも風水も迷信も信じてない私が見たのが間違いだったのですけど、娘のお付き合いでした。
一応、「怖がらせてくれるかな?」とワクワクして観たんですけどね。
真剣に見たんですよ。倍速とかしないで。ちゃんと。

がっかりというか、しょーもないというか。
ともかくつまらん映画でした。

観て怖かった人には失礼な日記ですね。ゴメンナサイ。






22:11 : [映画タイトル]は行トラックバック(0)  コメント(0)

【本】幻影のペルセポネ/黒田研二

4163233008幻影のペルセポネ
黒田 研二
文藝春秋 2004-09

by G-Tools


というわけで、引き続きクロケンさんの著書を手に取りました。
こちらも面白かったです。
とはいえ、この方はメフィスト系の本格派の作家さん。
私は本格派は苦手・・・。
人物の内面描写よりも、どうやって読者を欺くかに重点が置かれているように感じるからです。
実際、叙述トリックなんかで騙されてしまうと、心地よい敗北感を感じて、読んでよかったなぁと思うこともしばしばあるのですが、やっぱり大体は、殺人や泥棒をするなら、もっと直接的に、もっと端的にやればいい!と思ってしまいます。回りくどいことをしなくてもいいでのは?と思ってしまうのです。
先日読んだ「結婚なんてしたくない」も、本格の片鱗が垣間見えましたが、満足できました。
今回の「幻影のペルセポネ」は、そう言う意味では、「まわりくどい」と感じました。
それらをあわせても、面白かったと思いました。

バーチャルリアリティの仮想空間で、殺人事件がおき、その死んだアバターのマスターも現実世界で殺されると言う不可思議な事件が続けて起こります。
最初の被害者となった「ヒデ兄ちゃん」を慕っていた栗栖は、犯人の手がかりを追うために、仮想空間ペルセポネに入り込む。しかし、そこで知り合ったメグというアバターに急激に惹かれていくのだった・・・。

仮想空間で起きた事件が現実社会にも影響を及ぼすなんて・・・と思っていたんですが、読んでるとかなり本当にありそうな気がしてきました。
聞いた話では、仮想空間で貯めた大金(その中でしかもちろん使えないお金)を、盗まれたとして、現実の警察に被害届を出す人間もいるのだとか。
そう言う人は、かなり仮想空間の生活が自分にとって大きな位置を占めています。
のめり込んだ人間には良く分かるだろうけど、そこまでのめりこんでないと「そんなばかな」と思えてしまうのですが、主人公栗栖の目を通して、実際にそう言う世界に足を踏み入れ、その世界の楽しさを感じ、自分の中のウェイトの割合がどんどん膨らんでいく過程が、よくよく分かります。
笑ってばかりもいられないなぁと、かなり引きつけられました。

ただ、殺人事件の真相、動機などは、本格派の小説なので、冒頭に書いたように、私には「遠回りしている」としか感じられず、謎解き部分はかなり説明的に感じてしまいました。
ただ、読後感も悪くないし、かなりサクサクと一気読みさせられたので、またクロケンさんの本は読んでみたいです。
13:33 : [本・タイトル]か行トラックバック(0)  コメント(0)

【本】結婚なんてしたくない/黒田研二

4344010698結婚なんてしたくない
黒田 研二
幻冬舎 2005-11

by G-Tools


夜毎可愛い女性をナンパしている佐古翔、ゲイであることを隠していて周囲から結婚をせっつかれてこまってしまっているジムインストラクターの蒲生要、焼肉屋を営んでいるが、突然父親がたおれてその介護に母親が付いてしまったため、一人暮らしになってしまった真鍋聡士、アニメキャラうららちゃんにぞっこんでオタク街道まっしぐらの藤江克実、同僚で恋人のプロポーズに頷けずギクシャクしてしまう相馬浩文・・・この5人が「結婚」について、何らかの形で考え始めたとき、偶然にも全員に「運命の女」が登場する。
急激に「結婚」に近くなっていく5人の男たちに降りかかる運命やいかに・・・!

なかなか面白かったです。ライトな文体が読みやすいので、さくさくっと一気に読めました。
それぞれのキャラが全然タイプが違ってて、それでいて、同時に結婚を考え始める・・・と、それぞれのキャラが結婚に対してどう感じるか、どう行動するかが、面白くて読み応えがありました。全く違うタイプのキャラたちのそれぞれの考えがバラエティーに富んでいて面白かったです!
後半、ミステリー色が出てきたな・・と思ったら、なんとなく、展開が読めたというか、「ひょっとして・・・!」と思ったら当たってました!(笑)
分かっても最後まで面白く読めました。

黒田研二さんは「ウェディングドラス」と「今日を忘れた明日の僕へ」「ガラス細工のマトリョーシカ」の3作品しか読んでないのですが(実は「本格推理小説」っていうやつがとても苦手なのです。ゴメンナサイ!!)、今後また手に取ってみようと思っています。

実は今度クロケンさんの講演会に行くのですよ。
楽しみです♪

13:14 : [本・タイトル]か行トラックバック(0)  コメント(0)