【映】パッセンジャーズ

B003EVW53Cパッセンジャーズ 特別版 [DVD]
ワーナー・ホーム・ビデオ 2010-04-21

by G-Tools


飛行機事故がおき、生き残った人々のメンタルケアを担当するセラピスト。
患者たちのトラウマを癒すのは並大抵ではなく、セラピーから外れていく人もいる。
が、不振な出来事が多発。尾行者がついたり、事故の原因がはっきりしなかったり。
セラピーから離れていく人は、なぜ?
事故はなぜ起きたのか?
いったい誰が尾行しているのか?


という、サスペンスかと思ったんですが、真実が分かった時点で脱力~!
なんじゃそりゃ~~!
と、叫びたくなりました。
私には無理。この設定は。
あの有名な映画は、いいんですけどね~。こちらはダメです。
スポンサーサイト
12:16 : [映画タイトル]は行トラックバック(0)  コメント(0)

【映】スケアクロウ

B003EVW5QOスケアクロウ [DVD]
ワーナー・ホーム・ビデオ 2010-04-21

by G-Tools


これまた古い映画を見ました。
ジーン・ハックマンとアル・パチーノの競演、「スケアクロウ」です。1973年作品。
二人とも若い!!
アル・パチーノは1972年に「ゴッドファーザー」に出演して、次の作品のようです。このあと同年「セルピコ」に出てます。(「セルピコ」は、「サタデー・ナイト・フィーバー」で主人公ジョントラボルタが壁にポスターを貼ってます。当時のアメリカの男子にかなり人気があったのでは?)
「ゴッドファーザー」や「セルピコ」と比べて(実は「セルピコ」は見たことがないんだけど(^_^;))ずいぶんかわいいイメージの本作。違和感もないし、こういうのもイケるなー。ほんと、可愛かったです。
偶然道行が一緒になった二人の男のロードムービー。
刑務所から出てきたマックス→ジーン・ハックマンは、それ以前に貯めたお金があるピッツバーグを目指し、ライオン→アル・パチーノは自分が家出した家族のもとへ帰るためにデトロイトに向かう。
ケンカっぱやく人を信用しないマックスと、人を笑わせることが好きなライオン。
性格が全然違うふたりですが、次第に友情を感じるようになっていく・・・という物語。
一緒に洗車屋をやろう、元手はある、と会ったばかりの男であるライオンを誘う。無防備だなぁと思わせられるけれど、マックスなりの理由がある。ライオンもそれをマックスに問います。
どうして僕を誘うんだ?と。
答えは「最後のマッチをくれたから」・・・と言うもので、とても印象的でした。
二人はトラブルから矯正施設に一月の間入ることになってしまうんだけど、そこでも、喧嘩しながらも相手を思う気持ちが見られていよいよハートウォーミング。
でもそれだけでは終わらず・・・。
ラストはかなり切ないです。切ない中にもユーモアがあって、深い余韻を残します。
あえてハッピーエンドにしないからこそ、余計に心に残るんだろうなぁ。

★★★★


12:10 : [映画タイトル]さ行トラックバック(0)  コメント(0)

【映】ザ・カップ~夢のアンテナ~

B00005MIC7ザ・カップ~夢のアンテナ~ [DVD]
ケンツェ・ノルブ
キングレコード 2001-09-29

by G-Tools


チベット仏教の寺院で修行中?の若い僧たちが、サッカーのワールドカップを見たくて引き起こす騒動を描いた映画です。いろいろとカルチャーショックと言うか「へー、ほー!」という発見の連続。
厳しい修行の身であっても、若い少年たちはサッカーが好き、サッカーが見たい!その気持ちは普通の少年たちと変わりませんね。彼らに対して、頭ごなしにダメと言うのではない先生たちの姿に好感が持てました。
めずらしい映画です。
最近はまっている辺境作家・高野秀行さんのブログの紹介で興味を持ちました。
高野さんは大絶賛しておられたけど、私は★3つ半ってとこか。
日本で入手できる唯一のブータン映画だそうです。(でも、舞台はインドですけどね。)
その希少価値含めてのご紹介です。
11:50 : [映画タイトル]た行トラックバック(0)  コメント(0)

【映】殺し屋1

B000068W8Z殺し屋1 特別プレミアム版<初回限定パッケージ> [DVD]
山本英夫
パイオニアLDC 2002-07-25

by G-Tools


これねー。マンガ原作の映画化作品です。
そのマンガ原作って言うのは、拙ブログ(漫画のほう)に、詳しい内容が書かれているので、興味ある人はどうぞ。
こちらです。
この記事のタイトルにも書いたけど、ほんと、読んだことを内緒にしたほうが良いんじゃない?と思うほど、グログロな漫画でした。
その映像化ってことで、覚悟してみたのですが、以前私はその手のスプラッターは好んで見る人間だったのに、最近心が弱くなったのか(笑)まともに見ることが出来なくなりました。
ので、1,5倍の早送りで見てしまったのです。
それでも充分にグロかったです。
だけど、やっぱり漫画の迫力には及びませんでしたけどね。。。
ともかく登場人物のすべてがヘンタイです。
自分的には、こういう映像が苦手になりつつある自分にちょっとショックかな(笑)


11:43 : [映画タイトル]か行トラックバック(0)  コメント(0)

【映】トワイライト~初恋~

B002CV0CT4トワイライト~初恋~ スタンダード・エディション [DVD]
角川エンタテインメント 2009-09-18

by G-Tools


ヴァンパイヤと普通の女の子のラブストーリーです。
と言っても、ラブ未満・・というか、吸血鬼である彼のほうは、彼女を大事に思うあまり踏み込めないんですよね。
だからプラトニックになって、却って萌える設定です。
実はこの彼氏役の俳優の顔とかは、全然好みじゃないです。女の子もキレイと言えばきれいだけど私の好きなタイプじゃない。だけど、二人の関係には萌え萌えです!
なんといっても、吸血鬼であるだけに無敵の強さ!そして超能力者並に、彼女の危機には敏感に反応してくれます。
女の子の夢に、素敵な男の人が自分の危機にスーパーマンのごとく救いに来てくれる・・・というの、ありません?
この映画はまさにそれを体現しているんですよね。
特別な存在である吸血鬼が自分だけを見つめてくれるというのも、夢ですよね。
全体的に、現代にそぐう設定になっていて、吸血鬼の進化系っていうのも面白い。
かつて、自分が吸血鬼を待っていて、自分も吸血鬼になって永遠の若さと命を手に入れたい・・と思ってたことを、思い出しました!(笑)
笑う人は笑うでしょうが、分かってくれる人は分かってくれるんじゃないかな~(笑)
うちらの世代で吸血鬼と言うと、萩尾望都さんの「ポーの一族」が影響大きいと思うんですね。
まぁ映画を見ながら私も、いろいろとイタかった自分を思い出したり、今でもイタさは健在なんだなぁと確認したり・・・大変楽しい時間を過ごしました。
娘たちにはそれほど、評判良くなかったけどね。
私が萌えすぎてて、引いちゃったかもしれませんね(笑)

★★★★

11:25 : [映画タイトル]た行トラックバック(0)  コメント(4)

【映】ミッドナイト・エクスプレス

B003CNVPISミッドナイト・エクスプレス [Blu-ray]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2010-04-16

by G-Tools


1978年と言うから、もう30年以上も前の作品です。それもそのはず、私が高校時代に良く聴いていたサントラ集の中にこのサントラがあり、映画は見たことがなかったけど心に残る音楽で、物悲しさがものすごく好みでした。
この歳になりようやく、映画本編を見たのですが、こういう映画だったとは驚き。
トルコに旅行中の青年が、ほんの出来心で麻薬(ハシシ)を持ち出そうとしてつかまり、そのまま投獄され、理不尽なほど長い拘束と扱いを受ける絶望を描いたものです。
最初は「自業自得でしょうが」と言う思いもあり、でも、やっぱり刑が重過ぎると言う思いもあり・、で見ていたんですが、映画の魅力としては、やっぱり「絶望」から逃れられない男の心が伝わってくるあたりでしょうか。
「ショーシャンクの空に」のようにすがすがしさなどひとかけらもない、ただただ苦しい思いが募る映画なのです。
これを、30年前のトルコってこんな司法制度がまかりとおっていたんだね、と、過去のものとしてみるのか?
偶然にもこの映画を見た先日、中国では同じように麻薬がらみの犯罪を犯した邦人が死刑になると言う衝撃のニュースが飛び込んできました。郷に入っては郷に従えとは言うものの・・・。
昔の作品ですが、そういう意味で、「新しい」気がしました。

★★★★
22:12 : [映画タイトル]ま行トラックバック(0)  コメント(2)

【映】コネクテッド

B002XTKBKKコネクテッド スペシャル・エディション [DVD]
Happinet(SB)(D) 2010-02-19

by G-Tools


これは、キム・ベイシンガー、クリス・エバンス出演の「セルラー」の香港版リメイクです。
オリジナルよりも面白いと言う評判があるので、見てみました。
感想としては、やっぱりオリジナルのほうが面白かったんですが、香港版もなかなかの面白さで、これはこれでたいへん堪能しましたよ。
「セルラー」は、突然平凡な主婦が誘拐されてしまい、監禁された部屋から壊れた電話で偶然つながった相手に助けを求めると言う物語。この、助ける男っていうのが、かっこいい若者で、かっこいいんだけどダメ男。それが主婦の求めに真剣に応じていくうちに、男ぶりをあげていくと言う、なんともかっこいい話なんですね。
これはケータイの機種が当時出たばかりの機種で、動画も撮れるし送ることが出来るっていうのが画期的だった。作品にはその機能をうまく絡めてあったので、なるほど!という面白さもありました。今この映画を見ると、そのあたりがちょっとわからないかも。。動画が撮れるのも送れるのも当たり前の今では。
「コネクテッド」は、内容としてほとんど「セルラー」と同じ。
「セルラー」で、主婦を助ける青年がめちゃくちゃかっこよくて、助けられた主婦は助かったと言う安堵とともに、自分を助けた青年がこんなにイケメンだったという事実にも「わぁ、こんなかっこいい子に助けられたの私?」という喜びが2倍にも3倍にもなったと推測され・・・(笑)
「コネクテッド」では、逆にうら若くキレイな未亡人を、冴えないダメ男の助けて、主人公が「俺の助けた人、こんな美人だったんだ、よかったよーおれ、がんばって」って思う感じがありありです(笑)
それと、この助けるほうの男を「ダメ親父」にしてあり、子どもとの関わりも描いてあるのが、浪花節と言うか・・けっこう日本人の好みじゃないかなーと思います。私もほろっとしました。
ちょっと長すぎるかな?とは思うけど、飽きさせず見せられて大満足でした。
★★★★

ところで、アメリカ版→香港版・・ときたら、日本でもリメイクしないか?
と思ってしまいました。
主人公の「助ける男」は、誰にしようと思ったとき、パッと「DAIGO」なんてどう?と思って。
あの、すっごくチャラくて、気が弱そうで(笑)・・でも人がよさそうで憎めない、DAIGOくん、誰かに助けを求められ、巻き込まれるように一生懸命がんばる・・なかなか合うと思うんだけど(笑)。
あと、助けられるほうを、日本版では男の人にして。中年のおっさんがいいな。「なんでこんな見ず知らずのおっさんのためにがんばってるんだ俺」みたいな。でも「がんばらないといられない」みたいな。
おっさんは、そうですねぇ小日向さんとか?西田敏行さんとか、温水さん?(笑)ともかくあんまりカッコよくない人が良い。でも実はきれい~~な娘がいて最後にはその娘に抱きつかれて感謝される・・ってところが妥当でしょうか。
案外面白そうじゃないですか?(笑) 
妄想炸裂でスミマセン(笑)


B0009Q0K4Gセルラー [DVD]
クリス・モーガン
アミューズソフトエンタテインメント 2005-08-26

by G-Tools


22:01 : [映画タイトル]か行トラックバック(0)  コメント(1)

【映】ハンサム★スーツ

B001O3JU4Eハンサム★スーツ スペシャル・エディション 初回限定チェンジング仕様 [DVD]
角川エンタテインメント 2009-03-13

by G-Tools


テレビ放映を見ましたが、なかなか面白かった。役者さんたちの好演もあったでしょうね。
展開は読めてしまい、意外性はなくて、そこそこだと思いますが、全体的に楽しめたし好感が持てる内容だったと思う・・・・けど、テレビで充分・・・と思いました(^_^;)

★★★
16:21 : [映画タイトル]は行トラックバック(0)  コメント(0)

【映】おいしいコーヒーの真実

B001GUO33Sおいしいコーヒーの真実 [DVD]
アップリンク 2008-12-05

by G-Tools


以前「チョコレートの真実」と言う本を読んだけど、まったくそれのコーヒーバージョン。
「チョコレートの真実」は、世界中の人にチョコレートが好まれるようになった歴史や、背景も含めて分かりやすかったし、中間搾取やフェアトレードに対する問題提起なんかも、素人にも分かりやすく書かれていました。
映画と本と比べるのは無理があるかもしれないけど、こちらはちょっと分かりづらかったかなぁとおもいます。いっそ、「ブラッドダイヤモンド」みたいなエンタメ系のサスペンスにしてしまうほうが、より理解されるのではないでしょうかね。
でも、発展途上国の国々がものすごく辛酸をなめさせれらているというのは伝わってきたけど、こちらも「加害者」の立場なのではないの?本当に自分の問題として捉えるのって、難しい。ダイヤモンドは「買わない」と言うのも実践するのも簡単・・・特に私はアクセサリーをつけない人間だから。
ダイヤモンドの値段が釣り上がっても痛くもかゆくもないけど、コーヒーの値が2倍にも3倍にもなったら困ると思ってしまう。コーヒーを飲まない、チョコレートを食べない・・・って言うことは無理だし、また「不買運動」がそのまま苦しんでいる人たちのためになるかどうかも分からない。
こういう映画を観ると、どうしていいのか分からなくていつも結局考えるのをやめてしまう。
明確な答えはきっとあるに違いないけど、見ないようにしているのかな。
16:05 : [映画タイトル]あ行トラックバック(0)  コメント(0)

【映】3時10分、決断のとき

B002PF324O3時10分、決断のとき [DVD]
ジェネオン・ユニバーサル 2009-11-20

by G-Tools


いまどき珍しい???西部劇です。
結構面白かったです。やっと捕まえた超大物ギャング(ラッセル・クロウ)を護送すると言うのが大まかなストーリーですが、経営難に陥っている牧場主(クリスチャン・ベイル)が報奨金目当てに護送に加わる。
途中いろんな邪魔が入り、すんなりと目的地の駅にたどり着けない。無事にギャングの親分を護送できるのか?と言う話です。西部劇なので、単純明快で派手にどんぱちとやって面白いです。そこに屈折した牧場主の心境とか、その子どもの思春期の気難しさとか、親子の関係とか、ギャングに対する気持ちに変化が現れて内面の葛藤なんかもあって、なかなか飽きずにぐいぐいと観られました。男くさくてかっこよかったです。

★★★★
15:48 : [映画タイトル]英数トラックバック(0)  コメント(0)

【映】ストレンジャーズ / 戦慄の訪問

B002JQL2HIストレンジャーズ / 戦慄の訪問者 [DVD]
ワーナー・ホーム・ビデオ 2009-10-07

by G-Tools


実話ベースのサスペンスと聞いて、そして、ネットサーフィン中に好感触の感想を拝読して、そしてこのジャケット写真がいかにもこのみな感じがして借りたのだけど、結論は「いまいち」でした。
一軒家の中で、何者かによって恐怖のどん底に陥れられた二人のカップルの一夜。「ファニーゲーム」みたいな感じかなと期待したのですが・・・・。
主人公のリヴ・タイラーが、恋人と別れ話をしたばかりで、ギクシャクした雰囲気の中で「旋律の訪問者」が訪れるんですが、前振りが無駄に長く(恋人同士の喧嘩の原因や、そこに至るその夜の出来事なんてこの際どうでもいいことが、結構長々続いてうんざり)いざ、怖い場面になってからも、お化け屋敷的に「わっ!」と威かされる感じの怖さしかなくって、心理的な恐怖は全然感じませんでした。
まぁ個人的にははずれです。一緒に観た15歳の娘は怖がってました。これが怖いとはうらやましい限りです。おばさんには物足りませんでした。

★★
15:38 : [映画タイトル]さ行トラックバック(0)  コメント(0)

越後の棚田/山本一

4885919312越後の棚田 原風景に佇むとき―山本一写真集
東方出版 2005-03

by G-Tools


「廃墟ディスカバリー」に続き、写真集をご紹介。
廃墟とは対照的な「田んぼ」の風景・・それも、越後の棚田と言う限定です。
美しいの何の・・・。
3990円と言うお値段は、高額だと思いますが、写真の美しさをそのまま読者に伝えるには、これぐらい豪華な写真集じゃないと無理なのかも。紙質もいいですし、大き目の判なので、すごく見ごたえがあるんです。
138枚と言う写真の多さもうれしい限り。
どの写真も一枚一枚ため息をつきつつ、見とれてしまいます。それぐらいすばらしいです。
田んぼって、人の手と自然の力とが上手に組み合わされて出来る、いちばん美しい風景だと思うんですが、棚田は美しさも格別。
廃墟や工場の写真もいいですが、やっぱり日本にしかない日本の田んぼ、それも棚田の四季を、ぜひとも一度ご覧になってはいかがでしょうか。
おススメです!!

11:07 : [本・タイトル]写真集などトラックバック(0)  コメント(0)

廃墟ディスカバリー/小林哲朗

廃墟ディスカバリー
廃墟ディスカバリー
アスペクト 2008-09
売り上げランキング : 71382

おすすめ平均 star
star全国29ヶ所の廃墟写真。
star色、構図、質感どれもすばらしい!
star廃墟美

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


http://blog.livedoor.jp/kobateck/
こちらのブログのファンです。
本になっているので、買いました。
ブログでの写真もすごくいいけど、本になっているとまたまたいいです。
この作者、小林哲朗さんの写真集、「廃墟ディスカバリー2」と「工場ディスカバリー」も、是非みたいです。
廃墟もいいんだけど、工場もいいですよね。
写真になるとなんであんなにきれいなんだろう?不思議。
拙ブログ関連記事→「廃墟」「工場萌え」「軍艦島全景

廃墟ディスカバリー〈2〉
廃墟ディスカバリー〈2〉
アスペクト 2009-07
売り上げランキング : 92204

おすすめ平均 star
star全国30ヶ所の廃墟を掲載。
star過去ではなく未来。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

工場ディスカバリー
工場ディスカバリー
アスペクト 2010-03-01
売り上げランキング : 115607


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

21:26 : [本・タイトル]は行トラックバック(0)  コメント(0)

【本】ナニカアル/桐野夏生

410466703Xナニカアル
新潮社 2010-02-26

by G-Tools



桐野さんが描く林芙美子の生涯。
戦争に翻弄されながら、一人の男を愛し、もとめ続ける女のサガが、強く描かれていた。
実在の作家を描くにはあまりにもスキャンダラスな内容で、モデルの林芙美子がすでにこの世の人ではないとわかっても、そこまで書いても良いのか?と心配になるほど。
しかし驚くほど迫真に満ちていた。
戦時下の文壇の様子なども面白く、戦争協力をしたとかしないとか後から批判するのは容易だけど、そのときその立場でないと決して分からないものだろうと実感した。蛮勇は周囲を不幸にすると言う言葉も印象的だった。
ずっしりと濃密な小説で読むのに時間がかかったが、ひさしぶりに桐野作品で堪能させてもらった!
21:10 : [本・タイトル]な行トラックバック(0)  コメント(0)

【本】ヘヴン/川上未映子

4062157721ヘヴン
講談社 2009-09-02

by G-Tools


すごくイヤな話だなぁ・・・と思ったけど、あっという間に読んでしまった。
イヤな物語を、妙な感動モノとかにすり替えずに、イヤな感じに描いているのが良いと思う。
その中でこのオチは中々良いのでは?と思います。
自分が二ノ宮(イジメの実行犯)やその取り巻きだったらきっとコジマを忘れられないはず。
イジメって多分、いじめられたほうは忘れなくてもいじめた方はいじめた事実を忘れてしまうと思うけど、コジマみたいなインパクトだと、すごいトラウマを与えられるのでは?
イジメたやつら、周囲で楽しんで見ていたやつらはずっと苦しめばいいのに・・・と思ってしまった。
だけど、コジマはどうなったんだろう。。。。。
21:06 : [本・タイトル]は行トラックバック(1)  コメント(0)

【本】ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。/辻村深月

4062157616ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。 (100周年書き下ろし)
講談社 2009-09-15

by G-Tools


著者の本は「子どもたちは夜と遊ぶ」を読んだのみ。
だけど、今回は印象ががらりと変わり、どちらかと言うと角田さんの「八日目の蝉」や「対岸の彼女」みたいな味わいだった。少女のころの親友が突然母親殺しの罪を犯し、逃亡中だというところから物語が始まり、親友の行方を追いつつ、少女のころのさまざまな出来事や、友達関係、家族関係を反芻する。
女同士の友情、母と娘の関係・・・女たちの関わりの底に潜む感情・・みたいなのが上手く描かれていて、釣り込まれた。こう言う具合に心理描写が上手い作品だと、つい感情移入するし説得される。
文中に「娘は誰もが等しく母親に傷つけられている」と言う一文があった。手元に本がないので、正確な文章はわからないけど、そんな内容だったと記憶している。「等しく」と言うのは違うんじゃないか?とは思うものの、やはりそういう「説」があるのかと、深く納得してしまった。母と作り上げてきた時間は、とても一言では表せず、他人から見たらどうと言うことはないような小さな出来事にも、本人たちが深くわだかまりを感じたりして、そしてそれらが積み重なっていく。良い思い出も悪い思い出もある。時々その思い出を天秤ばかりにかけるように釣り合いを取りながらこみ上げてくる感情をやり過ごしたりして。
なんて・・・そんなことを考えて読んでました。
最後は泣けた。
21:00 : [本・タイトル]さ行トラックバック(0)  コメント(0)

【本】罪火/大門剛明

4048740199罪火
角川書店(角川グループパブリッシング) 2009-12-22

by G-Tools


世間的に評判が良いようだけど、私はいまいちに感じた。
著者の作品では「雪怨」も読んだけど、どうも文体が合わないみたい。主人公に全然共感できないんですよね。重いテーマなのにやけにライトに書かれてる感じのする部分もあって(恋人同士の会話とか)受ける印象がちぐはぐに感じたりしました。辛口ゴメン。
同じテーマなら、やはり薬丸岳さんの作品のほうが好きです。好みの問題だろうけど。
でも、大門さんの本は、次が出たらまた読むと思う。
20:52 : [本・タイトル]さ行トラックバック(1)  コメント(0)

【本】がん患者、お金との闘い/札幌テレビ放送取材班

4000224999がん患者、お金との闘い
岩波書店 2010-01-23

by G-Tools


まさに、ガンにかかったらお金との闘いなのだ!という事実をこれでもかと見せ付けられたルポ。
ガンにかかるとこんなにお金がかかるなんて、真剣に考えたことすらなかった。漠然と、知っているようでいて全然知らないことばかりで身につまされました。自分には関係ない、自分はこう言う目に合わない・・・と、何の根拠もない過信は抱いてはいけないと痛感させられました。
今ガンは、手術の時代じゃなくて、通院で治療する時代らしい。そうなると、いくらガン保険に入っていても、保険が適応されない場合が多いとのこと。せっかく保険に入ってるのに、落胆するしかないのでは。保険の見直しも必要だと思うし、がん患者に、「障害者年金」が適応される場合があるらしく、患者にとって光明のひとつになっている。しかしそのことを、役所の職員も知らずに事務処理ができなかったり、遅れたりすることもあるそうで、患者も色々と自分でリサーチ勉強が必要なのかな。なんだか理不尽だ・・・ということを、余命を振り絞るようにして、患者のために運動している金子さんたちの姿にただ頭が下がったのでした。
20:47 : [本・タイトル]か行トラックバック(0)  コメント(0)