【写】四日市ポートビルから工場萌え

四日市ポートビルに行ってみましたよ。
すぐ近所ですからね、そこなら。クルマで30分くらい。
なかなか面白かった!
写真も撮ってきました。
けど、デジカメじゃダメですね(^_^;)。
マニアらしき人たちも2人見かけました。
すっごいカメラと三脚持ってました。警備員さんも連続シャッターのよさげなカメラで撮影してて、慣れた感じだったなぁ。
今度行くときはせめて、デジカメじゃなく、フィルムのしかないけど昔買ったオートの一眼レフ(望遠レンズもある)持って行こうかな。
昼間の風景も見て見たいな。
でも、知り合いでこのコンビナートに勤めていて、喘息で結局それが原因かどうか、亡くなってしまった方を知っているので、そこんとこは忘れないようにしたいと思います。

yk1

yk2

yk3

yk4

yk5

yk6

yk7




スポンサーサイト
12:26 : [そのほか]写真トラックバック(0)  コメント(0)

軍艦島全景

軍艦島 全景
軍艦島 全景オープロジェクト

三才ブックス 2008-12-10
売り上げランキング : 3004

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
廃墟賛歌 軍艦島 ダブルアンセム・パック(2枚組)【初回限定生産】 [DVD] 廃墟賛歌 軍艦島オデッセイ~廿世紀未来島を歩く~ [DVD] 軍艦島海上産業都市に住む―ビジュアルブック 水辺の生活誌 (ビジュアルブック水辺の生活誌) 軍艦島 住み方の記憶 ワンダーJAPAN 10 (三才ムック VOL. 228)


こんなのも、借りてみました。
周囲の人に聞いたら、特に廃墟ファンと言う人じゃなくても軍艦島には興味があるみたい。
私はそこに行ってまで、体験したいと思わないんだなぁ⇒廃墟。
写真集だけで満足です。

といいつつ、↓の「工場萌え」の写真集を見てから即、行きたくなって
四日市ポートビルに行ってみましたよ。
すぐ近所ですからね、そこなら。クルマで30分くらい。
なかなか面白かった!
写真も撮ってきました。
けど、デジカメじゃダメですね(^_^;)。
マニアらしき人たちも2人見かけました。
すっごいカメラと三脚持ってました。警備員さんも連続シャッターのよさげなカメラで撮影してて、慣れた感じだったなぁ。
今度行くときはせめて、デジカメじゃなく、フィルムのしかないけど昔買ったオートの一眼レフ(望遠レンズもある)持って行こうかな。
昼間の風景も見て見たいな。
でも、知り合いでこのコンビナートに勤めていて、喘息で結局それが原因かどうか、亡くなってしまった方を知っているので、そこんとこは忘れないようにしたいと思います。

yk1

yk2

yk3

yk4

yk5

yk6

yk7



20:00 : [本・タイトル]写真集などトラックバック(0)  コメント(2)

工場萌え/石井哲・大山顕

工場萌え
工場萌え石井 哲

東京書籍 2007-03
売り上げランキング : 13223

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
工場萌えF ジャンクション 工場萌えな日々 [DVD] ダム 背景ビジュアル資料〈1〉工場地帯・コンビナート (背景ビジュアル資料 1)



図書館にて「廃墟」写真集のなかの「鉄道廃墟」という写真集が、探せなかった代わりに見つけたのが、この「工場萌え」と言う写真集。
「廃墟」に萌えるひとあれば、「工場」に萌える人もあると知り、興味本位で写真集を借りてみました。
工場と言っても、こうして写真に収められたものは、ずいぶん雰囲気が違います。
一切の装飾や媚を捨て去ったなかに、無骨な男気と、洗練された美しさが混在しており、凛とした強さと、究極の無機質を体現している感じで、なるほど、工場に萌える人たちがいるのが、よく分かる気がします。
私は、四大公害といわれるうちのひとつ「四日市喘息」で有名な四日市市の隣の市に住んでいます。なので、四日市コンビナートと言うと「公害」のイメージしかなく(今でも夏には光化学スモッグの警報や注意報が出る)、その付近を走る国道23号線(通称⇒名四国道)も、ダンプカーなんかの大型車が頻繁に通り、事故も多い、ちょっと怖い道という印象で、正直言えば、四日市コンビナートに対してはいいイメージはなかったんですが、それがマニアの間ではかなり高い評価を得ているコンビナートだと知り、ちょっと見直したような複雑な気持ちになりました。
実際に写真を見ても、カッコいいんですよね。
夜の工場はライトアップされてますます美しい。神秘的ですらあります。
ほかにも「ダム」や、いろいろ萌えてる人の写真集、見てみたいと思います。

ダム
ダム萩原 雅紀

メディアファクトリー 2007-02-16
売り上げランキング : 89014

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ダム2(ダムダム) ザ・ダム 放流 [DVD] ジャンクション 恋する水門 FLOODGATES 工場萌え


鉄道廃墟 ヴィークル・グラフィック
鉄道廃墟 ヴィークル・グラフィック丸田 祥三

JTB 2001-03
売り上げランキング : 566615

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
廃電車レクイエム―昭和の空地にあった不思議なのりもの 廃墟紀行 廃墟本〈2〉 ワンダーJAPAN―日本の《異空間》探険マガジン (1(2005 Winter)) (三才ムック (vol.115)) 廃道本(ブルーガイド・ムック)

19:29 : [本・タイトル]写真集などトラックバック(0)  コメント(0)

廃墟

最近、廃墟マニアと言う方々の存在を知りました。
どうやら、廃墟と言うものに取り付かれ、日々の情報収集に余念無く
あちらにコレコレの廃墟あると聞けば、実際に行ってその建物を眺め
こちらにコレコレの廃墟あると聞けば、これまた労を惜しまず探索し
その無機質で荒廃した風景のなかに身をゆだねてうっとりし
いかに廃墟を魅力的に捉えることが出来るか苦心しつつ、一眼レフで写真に収める。
・・・と言うのは私の勝手なイメージですが・・・。

写真集なんかも出てるようですね。
いま、軍艦島の影響もあるんだろうかと思うけど(4月に上陸解禁)
「廃墟」っていうのが盛り上がってる感じがするんですけど。

数多あるブログのお写真など拝見すると、これが見事に絵になってるんだなぁ。
たしかに心惹かれるものがある。うん、わかる!
殺伐とした風景、打ち捨てられ、忘れ去られた物悲しさ。
そこに確かに「ひと」がいて「生活」や「産業」があって・・・
だけど、こんな風になってしまったって言う、諸行無常感。

それをいかに伝えるかと言う、写真のうまい下手っていうのは確かにありますなぁ。

ここなんて、見とれてしまいました。⇒「奇景」http://kikei.blog69.fc2.com/
ブログタイトルも素敵。

軍艦島の写真はココ。http://ascii.jp/elem/000/000/410/410948/
その歴史を見ると、単に「廃墟」!!ってはしゃぐのはためらわれます。

他にも見応えのある「廃墟」写真、探してみようと思う!

ニッポンの廃墟
ニッポンの廃墟酒井 竜次

インディヴィジョン 2007-08-01
売り上げランキング : 5288

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
廃墟ディスカバリー 廃墟/工場 ~彩やかな世界がここにある~ 廃墟の歩き方 探索篇 廃墟紀行 はじめての廃墟の歩き方―身近な秘境“廃墟”を探索するためのガイドブック!



10:46 : [本・タイトル]写真集などトラックバック(0)  コメント(2)

すきなひとができました

映画「カンフーダンク」や「頭文字D」を見て以来のジェイ・チョウくんブームは続いています。
実はいったん、火が消えかけたんだけど・・・チャッカマンだから、パッと燃えてパッと消えるタイプなんですねぇ・・・(笑)
しかし、燃え盛っていたそのころ、ヤフオクで落としたDVDが、海を越えて中国から船旅で(入札から)半月ほどかかって届きまして、下火になっていた焼けボックイに火がついた感じです。
(娘には「え?もう終わりかけていたの?早っ!」と驚かれました(^_^;))

素人っぽい人なのにな・・・。

と思ったらとんでもない!
台湾や香港中国で、大人気!知らない人はない若い人たちに圧倒的な影響力のカリスマ。芸能人としては一番稼いでて(言い方が悪いけど)長者番付も一番だとか。
女性にもモテモテで恋の噂も絶えないんだとか。
そりゃそうだわな、長者番付一番だもんな。女も放っておかないわな。

ともかく、歌手と言うより音楽家であり、作曲してよし弾いてよし歌ってよし踊ってよしカンフーよし、演じてよし監督もするのスーパーマンでした。
日本で言えば誰?
坂本龍●が踊って歌ってヌンチャク振り回す感じですか。
それとも、キムタ●にピアノやらチェロやら作曲の才能がある感じですか。
・・・いえいえ、これだけ多才な人でカリスマ的な人、日本にはいないと思うわ。
そんなにすごい人で、知らないとは言え「素人っぽい」などと、見当ハズレの言葉でした。
「カンフーダンク」の感想にも「朴訥」とか書いちゃって。失敬、失敬!(笑)

日本では韓流スターはよく知られてて、私も名前だけは何人か知っていますが、台湾スターは「華流」と書いて「ファー流」と読むらしく(と言うことすら知らなかったくらい)、台湾へおいでというCMでF4と言うグループは知っていましたが、ジェイ君のことは全然知らなかったです。

よろしければ↓見て下さい。


「霍元甲」という曲です。Youtubeはこちら。ニコニコ動画はこちら


これを初めて動画で見たとき(買ったライブ映像にも入っていますが、貼り付けたのはPVですね)
ん?ジェット・リー??
と、ビックリしました。
これ、「スピリット」の主題歌だったんですね。見た見た、スピリット。一昨年見ています。
感想を当ブログにもアップしてあって、ジェットの辮髪に萌えてますが、主題歌までには言及しておらず・・・。私の耳は節穴だったか・・・(笑)。
めちゃくちゃかっこいいですよ。ジェイもジェットも(笑)。

しかし、中国語(広東語らしい)って、全然慣れてなくて、漢字だから読めそうなもんだけど、当用漢字になければ読み方すら分からず、当然意味も分からず、曲のタイトルが全然覚えられない・・(^_^;)。
「周杰倫」と、書くのだけど、どこが「ジェイ」で「チョウ」なのかすら、名字がどっちかのかすら分からず。ライブの中でファンの人が「阿周」とか「周童」とか書いたウチワを振っていたりして、周=ジェイ、で当然「なまえ」なのかな。。「阿周」⇒「ジェイちゃん」って感じかな?と思ってます。

今、NHKの中国語講座でテーマソングを歌ってるらしく(見ようと思ってるんだけど、なんか見られません)これを機にちょっと中国語でも習ってみるか?(笑)

ジェイ 2007 ザ・ワールド・ツアーズ [DVD]
ジェイ 2007 ザ・ワールド・ツアーズ [DVD]ジェイ・チョウ

ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル 2008-06-25
売り上げランキング : 40842

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
「カンフー・ダンク!」オリジナル・サウンドトラック(初回生産限定盤)(DVD付) JAY 2007 THE WORLD TOURS 王妃の紋章 デラックス版 [DVD] カンフー・ダンク! コレクターズ・エディション 【初回限定生産2枚組】 [DVD] 魔杰座

 ...続きを読む
17:35 : [そのほか]好きな人のことトラックバック(0)  コメント(3)

BOY A

B001TBUJ6EBOY A [DVD]
アンドリュー・ガーフィールド, ピーター・ミュラン, ケイティ・リオンズ, ショーン・エヴァンス, ジョン・クローリー
ジェネオン エンタテインメント 2009-04-24

by G-Tools


見た後人に語るとき、少年の「過去」について明らかにするな・・・という映画です。

冒頭で、少年院のような施設から出所する少年はまず新しい名前を自分で自分に与える。
「ジャックだ」「ぼくはジャックだ」と、新しい名前をジャックと決める。
新しい名前、新しい住まい、新しい職場。生まれ変わろうとする少年だけど、早々に新聞では「悪魔の少年が仮釈放された」と言う記事が出たりして、世間は簡単に自分を、自分の罪を許してくれないのだと言うことを思い知る。
この少年がどんな過去を持ち、何をやったのか、なぜ矯正施設に入っていたのかなどは追々にわかってくるんだけど、主人公の視点に立ちながらも全体的に客観性があるのが良かった。
どんなに悔いても、忘れたいと思っても、世間をごまかそうと思っても、「罪」から逃れられない・・と言う事かなと思った。
だけど、あまりにも主人公が可哀想で同情してしまう。
以前見た「シークレット・サンシャイン」なんかもそうだけど、映画として面白いとかよく出来ているとか言うよりも、作品の問いかけそのものに、ものすごく考えさせられる。重苦しい映画だけど、忘れられない作品になった。

★★★★
11:19 : [映画タイトル]英数トラックバック(0)  コメント(0)

グラン・トリノ

グラン・トリノ

「チェンジリング」もとてもよかったけど、こちら「グラン・トリノ」も、とてもよかった。
偏屈で頑固だけどプライドの高い老人が、ふとしたきっかけでそれまで散々見下してきた中国少数民族の移民一家と仲良くなり、心を開いていく物語です。
隣に住んでいながら全然交流はなく、手入れの行き届いた芝生の中に足を踏み入れようものなら「芝生に入るな!」とすごい剣幕で追い返す。そんな相手だった隣の住人と仲良くなっていく(と言う言い方は陳腐かもしれないけど)過程が無理なく微笑ましくユーモア混じりに描かれてて面白いです。二人の間に友情が育っていくのがとても良かった。
予告で見たときから「そういう話だろう」と思ってて、まぁ「そういう話だった」のですが、だからと言って面白さが損なわれず、全編楽しく面白く観ました。
ここのところ、映画を見て泣くということがとても少なくなってて、今回久しぶりに気持ちよく「泣かされた」気がします。終わり方もすごく納得できたし、爽やかでした。ただ爽やか過ぎて物足りないと言えば、言える気もして。「ミリオンダラー・ベイビー」のとき、とても落ち込んで3日ぐらい引きずったことを思うと、あまりにもキレイにあっさり終わりすぎな気もしますが。

実は私は映画を見ていて、「アルプスの少女ハイジ」のおじいさんを思い出してました。
おじいさんがハイジによって心を開かされ、他人にも心を開き、社会人として世の中とのつながりを取り戻し、やがて信仰心も取り戻す。グラン・トリノのウォルトもよく似た感じがして、その点でとても分かり安い物語だったなと思うんだけど。

★★★★★
11:02 : [映画タイトル]か行トラックバック(0)  コメント(3)