スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- : スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)

決壊/平野啓一郎

410426007X決壊 上巻
平野 啓一郎
新潮社 2008-06-26

by G-Tools

4104260088決壊 下巻
平野 啓一郎
新潮社 2008-06-26

by G-Tools



もう何年も芥川賞作家の作品には興味がないわたしですが、今回本の紹介文にある「無差別殺人」とか「連続殺人」というあおり文句に引かれて読みました。
もちろん平野啓一郎というひとの作品は初めて読んだのですが、こう言う文体なんだという、まず確認。わたしには読みやすいとは言えませんでした。物語の枝葉にあたる部分でも、それぞれにものすごく詳細で濃密で深い記述やうんちく然とした部分が多々あり、全体としては無関係ではないだろうけど、読んでいるのが面倒になってしまいました。
そんな中でやっと見えてくるのは、とある一家の一見幸せに見える仮面の下の実の姿。ほころびそうでもなんとか保たれていた家族の姿が、ある殺人事件に巻き込まれることで破壊されてしまう姿が描かれています。
こちらはミステリー要素を期待して読んでいたのですが、この作品はその「事件」よりも登場人物たちの心理描写の巧みさを味わう小説でしょう。まず、主人公である崇の、常人には(というか、わたしには)理解しにくいまでの複雑な思考回路(たまに、うん、わかる!と思う部分もありました)。この作者の投影なのか、まったくのフィクションでこの「頭の中」を作ってるとすれば、やはり「さすが芥川賞作家」と言うことになるんでしょうか。何を考えているのかわからない不気味さを隠しもち、ストーリーに伏線を張ります。その他の主要登場人物たちの心理描写もとてもリアルで、その点はとても釣り込まれてしまいました。すべてが「決壊」へと向かっていく、その流れが丁寧に緻密に描かれていて、とても重い苦しい物語です。
特に「インターネット」に関しては、ものすごく興味がそそられる部分で、崇の弟の良介のHPをめぐる妻たちの心のやり場など、こうしてブログやHPを実際開設して、自分の文章を知らず知らず(知っているはずなのだけど)ワールドワイドに公開してしまっていることの恐ろしさや罪深さを突きつけられます。読書や映画の感想はともかく、個人的な日記は消してしまいたくなるような気持ちにさせられました。
先日このブログでもご紹介した「大人が知らないネットいじめの真実」あるいは「教室の悪魔」など、現代社会のなかの子どものケータイ依存への警告と言うものも含め、ネットが生活のなかに深く入り込んでいる事の恐ろしさも痛感させられるのです。
ちょっとネタバレで↓
ただね、殺された良介のHPに書き込みをしている「666」というHNの人物のことがはっきりと究明されていないのが消化不良ですね。誰なの?666って。最初から読者に「崇が怪しい」と思わせるように仕向けてある割りに、いきなり(でもないんだけど)666が登場しても、なんとなく唐突な感じがしましたけど。崇の勤め先である図書館で、二人は接触したのか?そのときに崇は666をそそのかしたのか??
666の一応その正体の説明はあるんだけど、ここまで長い小説ならば、崇や友哉とおなじバランスで666の人生にも触れて欲しかった。例によって、七面倒な記述部分は斜め読みしていたからわからないのかも知れませんが、結局「離脱者」ってなんだったのか。テロ行為という重大な犯罪に至る割りに、666のことはあまり書かれていないように感じました。わたしの読みが浅いかな?
しかし、やっぱり自分は第一子として崇に感情移入する部分はありました。物語自体は、簡単なものをわざと難解に小難しく描いてある感じですが、崇の気持ちだけを考えて読みすすめて見れば大いに共感して、切なく悲しく苦しくなるのです。(無罪なら)

スポンサーサイト
10:38 : [本・タイトル]か行トラックバック(1)  コメント(2)

ダークナイト

監督 クリストファー・ノーラン
製作総指揮 ベンジャミン・メルニカー 、マイケル・E・ウスラン 、ケヴィン・デラノイ 、トーマス・タル
脚本 ジョナサン・ノーラン 、クリストファー・ノーラン

クリスチャン・ベイル (ブルース・ウェイン/バットマン)
マイケル・ケイン (アルフレッド)
ヒース・レジャー (ジョーカー)
ゲイリー・オールドマン (ゴードン警部補)
アーロン・エッカート (ハービー・デント検事/トゥーフェイス)
モーガン・フリーマン (ルーシャス・フォックス)

++++++++++++++

バットマンシリーズって、今まで見たことがなかったのです。(ティム・バートンは好きなのに、初代の「バットマン」も見ていない)今回、ヒース・レジャーの遺作ということもあり、どうしても見ておきたくて見に行きました。
その前に「バットマン・ビギンズ」は絶対に見て置くべき、ということを聞いて「予習」していったのですが、わたしには「バットマン・ビギンズ」が、初めての「バットマン」だったのです。
それで、驚いたのは、バットマンはヒーローだと思ってたので、スパイダーマンやスーパーマンのような「存在」だと思っていたのに、バットマンには手のひらからくもの糸が出るような事はなく、ましてや空を飛ぶこともなく、超人的な力持ちでも、変身さえしない、ごくごく普通の人間の男でした。
自分の住む街にはびこる悪にたいして、あまりにも司法、警察が行き届かないのをじれったく思った、ひとり「自警団」だったのです。
バットマンの装束は、なんと自前。ただ、わたしなどが想像を絶する大富豪なので(家はお城だし!)お金にモノを言わせて、自分の父親の経営する会社(今では自分の会社)の会社員に無理難題を吹っかけるように、あのバットマン・スーツを開発させるのです。
空を飛んでいるのかと思ったけど、実際には飛んでいるのではなく、特殊な「グライダー」を使っている。それもこれもみんなモーガン・フリーマン演じるルーシャスが開発製造しているのです。
なんとも手作り感のあふれる「ヒーロー」でしょう。かなり、先入観と違っていて意表をつかれてしまいました。

さて、今回公開された「ダークナイト」は、「バットマンビギンズ」の続編と言うべき作品です。
見所は色々あるのですが(「ビギンズ」よりもはるかにパワーアップしたバットマンスーツや武器、そしてあのバットマンが乗る装甲車などなど!)、ひとことで感想をいうと「暗くて重苦しくて、長い」と言うことでしょうか(^^ゞ。
ダークナイト、と言うだけあって、本当にダークでした。全編殆どダークな迫力に満ちていて、ちょっと疲れてしまいました。いつまで続く、この重苦しいのは・・・とグッタリ・・・。
やっぱり、ヒースの鬼気迫る熱演のせいでしょう。何本か彼の映画を見たけど、このジョーカーは間違いなく、人の記憶に刻み込まれましょう。
世にも奇怪な「ジョーカー」がバットマンの敵として立ちはだかるのですが、どうもバットマン、全然「勝つ」気がしません。なぜなら、ジョーカーはバットマンに「勝とう」と思っているように見えないから。戦おうとしているようには見えないから。戦う気がない相手に勝つことはできないでしょう。
最初から勝負のない戦いに見えたので、ハラハラするというよりは、これはどうやって決着をつけるんだろう?と、不思議な気持ちさえしました。勧善懲悪ということばが当てはまらないような。
物語の核を握るもう一人の人物、アーロン・エッカートの演じるデント検事。ものすごい正義漢なのですね。途中、感動の涙が流れるほどに正義感あふれる検事でしたが、彼がジョーカーによって次第に変わっていく、その過程と結末こそ映画の核ではないかと思いました。(でも、ちょっとあの顔はやりすぎじゃない?)人間の本質の「裏の面」を描いていたのかも。
逆に、ジョーカーに勝つのは意外にも普通の一般人たち。フェリーの人々。彼らはデント検事のように正義を振りかざす事もなく、自分が正義漢であるという自覚もない。だけど心の中には自分でも気付かない「正義」があるのだと知らしめたあの出来事は、作中で一番の感動でした。これはデント検事とは逆に人間の本質の「表の面」みたいなのを描いていたのかなと、思いました。
そして、往々にして孤独なヒーローたちなのですが、バットマンには信頼すべき仲間がいますね。バットマンスーツの開発製作責任者のルーシャスや、子どもの頃からウェイン家に仕える執事のアルフレッド、そして正体は知らずとも同じようにゴッサムシティを真剣に守ろうとする、ゴードン警部補です。彼らとの関わりが、とてもいい感じで好き。(役者たちも豪華!)


ゲイリー・オールドマンに関しては、わたしは彼も「ジョーカー」系の役柄が似合うと思うので、今回の刑事役はいわゆる美味しい役どころですが、正直ちょっと物足りないかも。「ハリーポッター」といい、なんか最近「いいひと」の役が多くないですか?そういうのもとってもいいですけど、またどぎつい役もやって欲しい。


さて、この「ダークナイト」はヒース・レジャーの遺作と言うことですが、亡くなった時に撮影中の作品が、代役を立てて完成ののち公開されるという噂が。
監督はテリー・ギリアム。『The Imaginarium of Doctor Parnassus』と言う映画だそうで。
ヒースの代役には、ジョニー・デップらしいですけど。
ギリアム監督と言うと「ロスト・イン・ラマンチャ」(すごく色んな出来事が重なり、映画が撮影中断となるまでを描いたドキュメンタリー)を思い出し、「また撮影中断??」と思うと気の毒なことです。
ジョニー大好きなので、是非ともこの噂が本当でありますように!!

B000GDIB4Sバットマン ビギンズ
クリストファー・ノーラン
ワーナー・ホーム・ビデオ 2006-07-21

by G-Tools

B000F4MPEAロスト・イン・ラ・マンチャ
テリー・ギリアム, ジョニー・デップ, ヴァネッサ・パラディ, キース・フルトン
東北新社 2006-05-25

by G-Tools


22:44 : [映画タイトル]た行トラックバック(0)  コメント(2)

大人が知らない ネットいじめの真実/渡辺真由子

4623052265大人が知らない ネットいじめの真実
渡辺 真由子
ミネルヴァ書房 2008-07-25

by G-Tools



「ネットいじめ」と、ふつうの「いじめ」との違いは・・?
特にはないと思います。どっちも加害者側はホンの悪戯心で、軽い気持ちで「いじめ」てしまう。
だけど、被害者側はひょっとしたら一生を台無しにされるぐらい大きな傷になったり、いじめられたことで対人恐怖性になったり、引きこもりになったり、人生に影響を及ぼす影を落とされたりもするのです。
ただ、インターネットが普及して、誰もがケータイを持つ今日では、その匿名性と手軽さからいじめが以前よりも「お手軽」になってしまいました。そして内容も巧妙で陰湿、過激でわいせつなものが増えていて、子どもたちに被害を及ぼしている。それはもう「いじめ」ではなくれっきとした「犯罪」としかいえないような手口も多いようなのです。
このあたりのことは以前「教室の悪魔/山脇由貴子著」を読んだ時にも詳しく書かれていました。が、「教室の悪魔」を読んだ後にも、こうしたいじめは後を絶たず、事実ネットいじめが原因で自殺してしまった子どもたちがニュースに上ることも珍しくはなくなってしまった。
たとえいじめがなくても、そもそもケータイに振り回されたり、縛られたりする生活が、子ども達にとって良い生活であるわけがない。
本書は、そういう「ネットいじめ」の実態や、問題点をわかりやすく説いてくれてます。そしてこの状況をなんとかしようと、教師や保護者、周囲の大人に出来る事があるのではないか、もっと大人はこのことに真剣に向き合うべきではないかと問題提起をしています。
ケータイを子どもが持っていたほうが安心・・・と言う意見もよく耳にしますが(実際わたし自身もそう思えるときがある)いじめられて自殺してしまった子どもの親の「なぜ、ケータイを持たせてしまったのか」と歎く声もあります。それはもちろん結果論かもしれません。いじめで命を経ってしまった子供は、ケータイをもっていなくてもいじめられたかもしれない。でも、ケータイを持っていなかったら、死ぬ事はなかったかもしれないというケースがたくさんあるのです。
条例や法律で「子どもにケータイを持たせない」と決めるのではなく、親が、我が子にケータイを持たせないという気持ちを持ってもいいのだと、本書にも書かれているし、その意見に納得もします。
本書に書かれていることで、印象的だったのは「ネット・リテラシー」と言う言葉です。これは、「インターネットがもつ特性を理解し、そこにあふれる情報の善悪・真偽を自分の頭で判断し、使いこなす能力」のことです。これを持たないでネットをしていれば、ネットがらみの犯罪に巻き込まれたり、気軽にいたずら心でいじめ行為に加担してしまうこともあるのです。「メディア・リテラシー」と言うテレビなどのメディアが子どもに与える影響を(たとえば、お笑い番組で流される『弱いものいじめ』に近いものや、あまりにも軽々しく扱われたり間違っている性情報など)ネットリテラシーと同じように自分たちのちからで判断する能力とともに、今の子どもたちには必要なことだと痛感しました。
あと、「いじめられる側にも問題があるのでは」「いじめられる子どもは弱い子ども」という固定観念について。いじめは、たとえどんな理由がいじめる側にあったとしても、決して許されないということ。どんな理由も「いじめてもいい」ということにはならないこと。いじめられる子どもは決して弱いのではなく、逆にいじめられていても極限まで我慢したり相手を思いやったりする強い心の持ち主である事が多いこと。などなど、分かっているつもりでもこうして説得力ある文章によって、あらためて確認できた事も多々ありました。
そして、どうしたら可愛い我が子を守れるか、家庭はどう対応するべきなのか、もしも子どもがいじめにあったらどうするべきなのか、きちんとした対処法が書かれていて参考になります。いじめは決して許されない事だと子どもに教え、もしもいじめられたら、それは自分が悪いのではないし恥ずかしい事でもないから親に言うように、その環境をもともと調えておくべきだということ。
いじめる子どもたちにはそれはそれで、問題があるのだから、「いじめるな」と言うだけではなく、なぜその子が「いじめないではいられないのか」を探って原因を取り除く事。いじめの解決法は、いじめられている子どもに我慢を強要したり、いじめられた子にメンタルケアを施すのではなく、まず、いじめる子どもをなくすことなのです。
巻末には、いじめている子どもいじめられている子ども双方への呼びかけがあり、子どもたちにも是非読ませたい一冊。相談窓口もこのように載っています。
たいへん参考になる一冊でした。

インターネットホットライン協議会
http://www.iajapan.org/hotline/
警察サイバー犯罪相談窓口
http://www.npa.go.jp/cyber/soudan.htm
社団法人テレコムサービス協会
http://www.telesa.or.jp/
法務省人権擁護機関インターネット相談
http://www.moj.go.jp/JINKEN/jinken113.html
迷惑メール相談センター
http://www.dekyo.or.jp/soudan/index.html
@いじめ
http://ijime.playzm.net/
22:49 : [本・タイトル]あ行トラックバック(1)  コメント(2)

ハプニング

シャラマン監督の話題の「ハプニング」見てきました。
先日映画館で予告を見たとき、この後どうなるんだろう、気になる!!と。
思うつぼですわ(笑)。

ストーリー的に予想ができず、(主人公たちは助かるんだろうという予想はつくのですが)
なかなか引っ張られる感じはありました。そういう意味では決してつまらなくないんですけど。
しかし、後に残るものが何も無い。
いきなり、みんなが残忍な方法で自殺してしまうという以外に、何も覚えてないんです。
消化不良気味なのがこの映画のテーマでもあるのかなと思うのだけど。それにしてももやもやっとした感じの後味。非常にはっきりしない後味です。
冒頭の5分はそりゃ衝撃です。でも、その衝撃がこの映画の全て。
夫婦愛や子供を守らねばならないという使命感なども織り込まれてはいるんだけど、イマイチ伝わってこない。
怖い映画なのかと言うと、たしかにある程度は怖いけど、インパクトは最初で終ってしまっているし。
途中でヘンな老婦人が出てきて不気味な雰囲気をかもしてますが、それもなんか唐突だしストーリーとは関係ないところの不気味さだったし。
この映画のなかで主人公、マーク・ウォールバーグは教師で、授業内容の中に「蜂が大量に消えている」と言うんです。それはつい先日NHKの「クローズアップ現代」で見た、「CCD」の事ではないですか。あれは実際科学者たちが原因を究明していましたけど。。。

とにもかくにも「ビミョー」ってカンジ。。。


17:40 : [映画タイトル]は行トラックバック(0)  コメント(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。