バベル

B000UDNQZSバベル スタンダードエディション
ブラッド・ピッド.ケイト・ブランシェット.ガエル・ガルシア・ベルナル.役所広司.菊地凛子.二階堂智.アドリアナ・バラッサ アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ
ギャガ・コミュニケーションズ 2007-11-02

by G-Tools


一丁のライフルを発端に、3つのばらばらの土地で、それぞれの人たちのドラマ(とういか災難)が描かれていく。。。

アカデミー賞で話題になったけど、まぁボチボチっていう感じですかね。同じ監督なら「21g」のほうが断然胸に迫るし、インパクトがありました。菊池凛子さんの演技はさすがだったと思う。表情がその場面でガラッと変わって、可愛い顔やいやらしい顔、むすっとした顔とコロコロ変わる表情には魅せられてしまいました。でも、あの日本の物語がなかったほうがきっと、もっと胸に迫る映画になったと思うんだけど、それはやっぱりわたしが日本人だからなのかな。
貧しいモロッコの親子、きょうだいの暮らし、そしてブラピの家に仕える家政婦の立場、それぞれはとっても見応えのあるドラマになってて、現実の厳しさを垣間見る事ができたと思う。。

しかし、この映画で何がよかったって今回はやっぱりガエルくんのカッコよさにつきましょう。
「恋愛睡眠のすすめ」みたいな、ぽわーんとした感じも「可愛い♪」と思いましたが、今回のガエルくん、かなりワイルドでセクシーな男の魅力にあふれてました。
眼福眼福。

あっさりした感想でゴメンなさい。(~_~;)
★★★☆
スポンサーサイト
13:17 : [映画タイトル]は行トラックバック(1)  コメント(2)

パンズ・ラビリンス

B0012EGL4Mパンズ・ラビリンス 通常版
イバナ・バケロ セルジ・ロペス マリベル・ベルドゥ ダグ・ジョーンズ ギレルモ・デル・トロ
アミューズソフトエンタテインメント 2008-03-26

by G-Tools


これは劇場に見に行って、レンタルでも見ました。何度見てもいいです。
結末を知っていてもやっぱり胸に迫るものがありました。
詳しい感想はこちらです。
★★★★★

12:59 : [映画タイトル]は行トラックバック(0)  コメント(0)

「るろ剣」にハマってます。。。娘が。

るろうに剣心 DVD-BOX 全集・剣心伝
るろうに剣心 DVD-BOX 全集・剣心伝和月伸宏

アニプレックス 2006-12-20
売り上げランキング : 3082

おすすめ平均 star
star全集〜
starやっぱりおもしろい
star大人も楽しめるアニメ娯楽時代劇

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ナントカしてくれーって言うほどに、レンタルで借りてきてはDVD見まくり。
こないだまで「森山未來」君一辺倒だったのに。
その前はジョニー・デップだったのに。
今は「るろ剣」です。
マンガも全巻ヤフオクで揃えました。
買ってやりましたよ。仕方がなく。(甘いね、ワシも)
またリビングの「タワー」が増えています。。。
サントラもレンタルだけど、itunesに入れてます。

娘が好きなのは「宗次郎」です。
どうやら、ショタコンの気があるらしい。
上の娘もショタなので、同じ傾向ですね。
「宗次郎みたいな男の子がいたらいいのに」と言うので
「二次元の男を現実世界に求めてはいけない。
二次元の男は二次元だからこそ価値があるのだ」
と諭す母と姉なのでした。

16:10 : [そのほか]テレビやドラマトラックバック(0)  コメント(0)

「マリオカートWii」買いました。。。夫が。

マリオカートWii(「Wiiハンドル」×1同梱)
マリオカートWii(「Wiiハンドル」×1同梱)
任天堂 2008-04-10
売り上げランキング : 7

おすすめ平均 star
starNO世代
star3D酔いが・・・
star対戦がおもしろい!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


スーファミのマリオカートのころから見れば、ずいぶんきれいな映像、迫力のレース展開と、レベルアップしていますね。当たり前だけど。
DSも「マリオカート」面白いんですが、やっぱりWi-Fi対戦が出来るって言うのが、面白い。
「時雨殿」もWi-Fiで対戦させて欲しかったなぁ。。。

ちなみに、このソフトは夫が欲しかったようで、反抗期の娘に取り入るために??も、頑張って買ってきた模様。お陰でテレビ周りは、PSやらWiiやら、ゲームソフトやらWiiリモコンやら、各種コードやら、ただでさえグチャグチャなのにこの上ハンドルも増えちゃって、トンでもない事になってます。
どうにかしてスッキリ整理させる方法はないのでしょうかね。

そうそう、こないだテレビで「私物をリビングに置かない」と言うルールのある家が、結構あったのでビックリ。私物だらけの我が家はどうするの?(^_^;)

15:53 : [そのほか]ゲームトラックバック(0)  コメント(0)

ボーン・アルティメイタム

B0011XVU8Gボーン・アルティメイタム
マット・デイモン デヴィッド・ストラザーン ジョーン・アレン
ジェネオン エンタテインメント 2008-03-07

by G-Tools


公開時に劇場で見ましたが、レンタルになったんでまたもや見ました。
何度見ても面白い!
というか、カッコイイ~~ジェイソン・ボーン!!!
・あんたはジョン・マクレーンか!!
・クルマもダイハード??
・いつトイレに行ってるんだ
・なんでそこで痕跡の残るPC使うんだ
などなど、ツッコミどころはあるんですが、そんなことが気にならないくらいスピード感がある!
強さにも説得力があります。
頭はいいわ強いわ、無口だわ(?)わたしの理想の男かも。。。
この映画、サントラも購入済み。いいわぁ~♪ほれぼれ。。。

以前の感想はこちら

映画「ボーン・アルティメイタム」オリジナル・サウンドトラック
映画「ボーン・アルティメイタム」オリジナル・サウンドトラックジョン・パウエル モービー サントラ

ユニバーサル ミュージック クラシック 2007-11-07
売り上げランキング : 17095

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
オリジナル・サウンドトラック「ボーン・スプレマシー」 オリジナル・サウンドトラック「ボーン・アイデンティティー」 ボーン・アルティメイタム ジェイソン・ボーン スペシャル・アクションBOX 18

16:22 : [映画タイトル]は行トラックバック(0)  コメント(0)

ピンポンさん/城島充

ピンポンさん
ピンポンさん城島 充

おすすめ平均
stars偶然の重なりが必然に
stars天才ゆえの不器用さと苦悩を見守った暖かな視線
stars天才であり、奇人であり……秀逸な評伝!
stars卓球を知らない読者だってきっと楽しめるはず!
stars「ミスター卓球」、「ピンポン外交官」

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


どうしてこの本を読む気になったのか、今になったらきっかけは忘れているんですが、多分Amazonの書評を見て気になったんだと思う。見て下さいよ、この★の数を。ノンフィクション好きとしては、見過ごせなかったんですよね。きっと。

これは荻村伊智朗という卓球選手の評伝です。

わたしの子どもたちは3人それぞれ「一応」って言う感じで「卓球部」に在籍していた経験があるけど、上の二人は真剣にやってなかったようだし、末娘は現在進行形で部員ですが、いつも早々に負けては帰ってくる、弱小部員?です。
なので、卓球には思いいれもないし、最近こそテレビで試合が中継されるようになったけど、それほど馴染みがないスポーツの一つ。

そんなわたしだから、卓球がオリンピックの正式種目になったのが、ソウル五輪からだったということも知らなかったし(「そうだったっけかな」と言う程度ですね)今は中国が圧倒的に強いけど、それ以前は日本が世界のトップに立っていたと言う事も知らなかった、そしてその中でもトッププレイヤーとして、この評伝の荻村伊智朗というひとがいて、世界選手権で12個のメダルを獲得するという偉業をなしたと言う事も知らなかった。もちろん、12個のメダルって言うのがどれほどのものかということすらも、大して分からないんだけど・・。そのうえ、この荻村と言う人がどんなに、日本だけではなく、世界的にスポーツ業界で活躍、貢献したかも知りませんでした。亡くなった時、メディアはトップニュースで扱ったらしいけど、全然覚えてもなかった。(スミマセン…)

前振りが長くてスミマセン。そんなわたし、って言う事が言いたかったんです。
そんなわたしが、何も知らずに、本当に何も知らずに読み始めた本書。
噂に違わず、素晴らしかったです。「そんなわたし」が読んでも、充分感動しました。

最初はこの荻村氏、素質がないだの、卓球に向いてないだの、言われたようです。
でも、驚異的な練習や訓練、自分で考え出した戦術「51パーセント理論」などで、見事に試合に勝ち進み、やがては世界一になるんです。(余談ですが、訓練の中に、電車に乗っているときに爪先立ちになったり、車窓を流れる電信柱を目で追うなどしているんですが、ひょっとして野球マンガの「ドカベン」のエピソードはこの荻村氏の訓練をヒントにしたのかもね)
あまりにも練習熱心だったり、求めるものが高度すぎて他の部員たちとの間に溝や軋轢ができたのは、一度二度ではなかったようだし、若かりし日の荻村氏は決して人好きするタイプでもなく、敬遠されたり疎まれたりしたこともあったよう。ナイフのように尖った孤高の獅子という風情でしょうか。
それでも、卓球の事だけを考えて、真の高みに上り詰めていく、どこまで登ってもまだ飽くことがない勝利への執念や、その姿勢は神々しいほどなのでした。
しかし荻村氏は「卓球バカ」では決してなかったのです。
大変頭脳明晰で、回転が速くそして文学的にも優れているので、彼の残した文章は美しく心に迫るものがあるのも印象的です。
文武両道という言葉だけでは足りない、まさに「天才」と言えるアスリートの姿がここにありました。
ゴッホやミケランジェロを見て深く感銘を受けるその感性の鋭さにも瞠目です。
荻村氏が、決して卓球バカではなかった、と言うのはそれだけではないのです。
引退する前も引退してからも、その視野は非常に広く、世界を見据え、世界平和を心から望み、スポーツが平和の手段になれば良いと考えていたのです。
「スポーツの本質を曲げずに、政治が歩みよりやすい場を設定する。それがスポーツ界にいる人間の力量。スポーツが政治を動かす事はできないが、援護射撃は出来る」と言った彼。ITTF(国際卓球連盟)会長として「ピンポン外交」を繰り広げてゆきます。
文化大革命で世界から孤立した中国を、卓球と言うスポーツを通じて国際復帰の場を作ろうと、周恩来に進言したことも。(会長就任よりも以前の事ですが)
「卓球はアジアをつなぐ」とは、荻村氏が発案したスローガンだそうです。
南北朝鮮が、統一コリアとして世界選手権に出たときも、荻村氏の尽力があったから。
あるいは、バルセロナ五輪では、アパルトヘイトの南アフリカの選手をITTF会長の推薦枠で32年ぶりに出場させたりと、発想・実行力ともに「ノーベル平和賞」レベル。
不治の病で62歳と言う若さでこの世を去る、まさにその最期の瞬間まで卓球のために走り回っていたような人だったのです。

そして、何よりも彼を支えた人、武蔵野の小さな卓球場の女主人である久枝さんとの交流が胸を打ちます。卓球を始めて間がなく、まだ一勝もあげたことのない学生のころから、ご飯を食べさせたり洗濯をしたり、献身的に荻村氏の世話を焼いてあげて支えてきました。
「おばさん、おばさん」と呼び慕う荻村氏に久枝さんは実の母親以上に親身になり、ふたりは実の母子以上の結びつきがあったのではないでしょうか。その母親や、後に荻村氏が家庭を持ったときその家族たちに対しても、本当の家族のように優しい愛情を注いだ人なのです。
荻村氏だけではなく、自身の経営する卓球場に寄ってくる人たちに対しても、同じように愛情深く接したようなのですが、この久枝さんとの交流、結びつきが全編にわたって描かれていて、胸を熱く打つのです。そのように、若者たちに援助する久枝さんを、また影で支えたのはご主人の深い理解であった事も、感動の所以なのです。

一番ジーンとして泣けたのは、初めて世界チャンピオンになったとき。久枝さんの卓球場を練習の拠点にしていた、荻村氏の所属する「吉祥クラブ」が去ってしまう。久枝さんは荻村氏も吉祥クラブとともによその練習場に拠点を移すのじゃないかと思う。我が子が親離れをしたときのような寂しさや喪失感があったのではないでしょうか。
だけどいつも必ず、荻村氏は久枝さんのところに戻ってくる。
「おばさんのところでやるに決まってるじゃない」と・・。

天界からこの蒼い惑星の
いちばんあたたかく緑なる点を探すと
武蔵野卓球場がみつかるかもしれない

こんな冒頭で始まる詩を久枝さんに送った荻村氏の生涯。評伝を読んでこんなにも感動して泣けたのは、初めてでした。戦後の日本の歩みとしても、良く理解できるし、世界の中で荻村氏が活躍した頃どんなに日本が嫌われていたかなど、知りませんでした。それをスポーツマンシップによって溶いていく荻村氏がやっぱり素晴らしいと思う。オススメの一冊です。



16:00 : [本・タイトル]は行トラックバック(1)  コメント(7)

重い!!重い~~!!!

管理画面がこないだから重過ぎる!!!
なんとかなりませんか。
それともわたしだけ?
一応光でXPですが。
10:50 : [そのほか]もろもろトラックバック(0)  コメント(0)

流星の絆/東野 圭吾

4062145901流星の絆
東野 圭吾
講談社 2008-03-05

by G-Tools

幼いころに両親を惨殺された3きょうだい。その後寄り添うようにして生きてきた彼らは、いつしか詐欺師になっていた。あるとき、「カモ」として目をつけた男の父親が、両親の死に関係している事がわかり・・・。
長男の功一はある計画を立てるのだが・・・。

これも一気に読みました。面白かった。
3人の兄弟関係がよかった。長男の功一には思わず肩入れして読んでしまいます。(自分が長女だから)冷静で頭の回転のいい功一は、ここ最近の東野作品の登場人物の中では、かなりカッコいい方だと思った。
詐欺師になってしまうくだりは、同情は出来るものの、やっぱりその仕事はいただけない。ので、あんまり共感できなかったかなぁ。
ただ、静奈の「女子大生」ぶりは、どうなのでしょうか。いくら上流階級の女の子でも、今時あんなタイプの子が存在するの?ちょっと違和感があったな。
ちょっとネタバレ↓
戸神の家に乗り込むシーンにしても、ずいぶんまどろっこしい気がした。手っ取り早く「恋人」になってしまい、家に行くってカンジの方がリアルだったような。で、その割りにすぐにバレたりして、何をやってるんだと思った。まぁその後の展開は面白かったけど。
で、真犯人は別にいたわけで、それもきっちり伏線が貼ってあり、唐突なカンジはないはずなんだけど、でも「やっぱりそんなことだろうと思った」と言う感じになってしまった。


物語としては全体的に大変面白かったんだけど、でもそつがないというか、出来すぎというか。きれいに収まりすぎてしまっている。後で考えれば、あれもこれも伏線だったのか、という周到さに唸らされるものの、深みはなかったかな。東野サンの本はハードルが高くなってしまうので(ハードルをあげているのはご本人)たいていのものは「まぁまぁかな」になってしまうのが申し訳ないです。


全然関係ないけど、「夜明けの街で」を読んだとき、主人公が不倫相手に気持ちを揺り動かされているときの描写のひとつに、家のリビングのカーテンレールに、生乾きの洗濯物がぶら下げてあるのを見た主人公が、そこに「生活感」と言うモノを実感する場面があった。
今、生乾きの洗濯物が実際カーテンレールに干してある我が家。これをするたびに「夜明けの街で」を思い出します。
あのとき、この「夜明けの街で」の主人公に、物凄く反発を覚えた。気持ちは分かる。分かるけど、あんただって洗濯物が乾かなかったら困るでしょう、わたしだって好きでやってるわけじゃない、でも洗濯物を乾かすのは主婦の義務なんだよ、じゃぁどうすればいいんだよ、と言う感じで。
結婚って「生活」そのもの。恋愛は「いいとこどり」。それが「洗濯物」で表現されてたと思う。

今回読んだ2つの小説は、そこまで印象に残る場面がなかったかな~~と言う感じ。
いやはや、「東野圭吾」は辛い職業ですね。ほんとにワガママな読者でゴメンなさい。
でも、大好きです。

今回の2冊、らむちゃんにお借りしました。ありがとうございました。
19:56 : [本・タイトル]ら行トラックバック(0)  コメント(2)

ダイイング・アイ /東野 圭吾

4334925812ダイイング・アイ
東野 圭吾
光文社 2007-11-20

by G-Tools

主人公の雨村慎介はある夜暴漢に襲われる。目覚めた時、慎介は一部の記憶を失っている事に気付く。それは慎介が起こしたはずの、交通事故の記憶だった。
事故の事を思い出そうと、調べ始めた慎介。聞かされる事故の状況になんとなく違和感を覚えるのだが・・・。
はたして、真実は。

一気読みでした。さすがに東野さん、と言いたい。
吸引力と言う点では、前回に読んだ「夜明けの街で」のほうが上だったかな。
読んでいる最中は面白いけど、読んだ後に印象に残っている部分があんまりなかった。
登場人物の誰にも感情移入できないし、魅力も感じないのが難点だったか。それでも物語は面白く、一気に読ませるのが東野さん。
これからも付いてゆきます!
(こんな感想でゴメンなさい)
19:43 : [本・タイトル]た行トラックバック(0)  コメント(4)

ヘアスプレー

B0012EGLLAヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
ザック・エフロン ニッキー・ブロンスキー クィーン・ラティファ
角川エンタテインメント 2008-04-04

by G-Tools


監督 アダム・シャンクマン
製作総指揮 アダム・シャンクマン 、マーク・シェイマン 、スコット・ウィットマン 、
       ギャレット・グラント 、ジェニファー・ギブゴット
脚本 レスリー・ディクソン

ジョン・トラヴォルタ (エドナ・ターンブラッド)
ニッキー・ブロンスキー (トレーシー・ターンブラッド)
ミシェル・ファイファー (ベルマ・フォン・タッスル)
クリストファー・ウォーケン (ウィルバー・ターンブラッド)
クイーン・ラティファ (モーターマウス・メイベル)
ザック・エフロン (リンク・ラーキン)
ブリタニー・スノウ (アンバー・フォン・タッスル)
アマンダ・バインズ (ペニー・ピングルトン)
ジェームズ・マースデン (コーニー・コリンズ)


トラボルタの特殊メイクが気になっていた話題のミュージカルです。
わたしはミュージカル仕立ての映画は、「サウンド・オブ・ミュージック」以外は割りと苦手なのですが、この「ヘアスプレー」に関しては、ダンスもありテンポも良く視覚的にもとっても楽しくって、全編楽しめました。
実は「人種差別」というヘビーな問題を提起していて、思っていたよりもシビアな内容だったので、意表を付かれましたが。主人公の女の子のバリアフリーな思考が映画を明るくしていました。
特に好きな場面は、黒人の生徒たちが、主人公たちを自分たちの街へ招待しているときの歌とダンス。バスに乗る前にもすごく魅力的な歌とダンスに感動させられた!
このときのタイトルは「ラン・アンド・テル・ザット」らしい。サントラの中でも人気の楽曲です。「自分たちは貧乏だけど、生きるパワーを持っている」と明るく歌い踊る彼らの力強さに、こっちも元気にさせられる事間違いなし。狭いバスの中でも歌うわ踊るわ、すっごく楽しい!!。
そして今回注目したのは、テレビの司会者のコーニー・コリンズ。彼は「魔法にかけられて」のエドワード王子!!(言われて見れば!っていう感じだったけど)「魔法にかけられて」のときもとってもいい役で好感度高かったけど、今回も歌もダンスも上手だったし目が吸い寄せられてしまった。役としても非常にいい位置でした。ますます好感度アップ。
ミシェル・ファイファーも非常にハマり役で頑張ってました。歌も上手いね~。
しかし、なんと言ってもウォーケンおじさま!!
ヘンテコなおもちゃ屋サンの店主の面白い事。
そして最後の「メイク」とか。。。笑わせてくれたよ~。大好き!!

トラボルタのママは、「特殊メイクってすごいな」と思わせられるものだったんだけど、手がオッサンでしたね。トラボルタって手が大きいね。ごついし。ああ言う太目の女の人は実は手も、えくぼのあるプクプクした手をしているものだけど、手までは無理だったか。ちょっと残念でした。
でも、ダンスが見られて往年のファン(というほどのファンでもないけど)には嬉しい映画。
若かりし頃の「サタデー・ナイト・フィーバー」や「グリース」が見たくなるのは間違いない(^^)

ちなみに、日本語吹き替えで見ると、トラボルタママの吹き替えは、多分われらが山ちゃん!

★★★★☆

久しぶりにサントラが欲しい!!と思った映画。
B000V3PRBI映画「ヘアスプレー」オリジナル・サウンドトラック
サントラ クイーン・ラティファ ジョン・トラヴォルタ&ミシェル・ファイファー
ユニバーサル ミュージック クラシック 2007-10-03

by G-Tools



B000TJIV6Cサタデー・ナイト・フィーバー 製作30周年記念 デジタル・リマスター版 スペシャル・コレクターズ・エディション
ジョン・トラボルタ.カレン・ゴーニイ.バリー・ミラー ジョン・バダム
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン 2007-09-21

by G-Tools

B000GM4CCEグリース スペシャル・エディション
ジョン・トラヴォルタ オリヴィア・ニュートン=ジョン ジェフ・コナウェイ
パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン 2006-09-08

by G-Tools

B00118Q9ZAグリース2
マックス・コールフィールド.ミシェル・ファイファー.エイドリアン・ズメッド パトリシア・バーチ
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン 2008-02-20

by G-Tools

おお、グリースの2にはミシェル・ファイファーが!!知らなかった。。(笑)
11:02 : [映画タイトル]は行トラックバック(0)  コメント(4)

潜水服は蝶の夢を見る

監督 ジュリアン・シュナーベル
製作総指揮 ジム・レムリー 、ピエール・グルンステイン
原作 ジャン=ドミニク・ボビー
音楽 ポール・カンテロン
脚本 ロナルド・ハーウッド

出演
マチュー・アマルリック (ジャン=ドミニク・ボビー)
エマニュエル・セニエ (セリーヌ・デスムーラン)
マリ=ジョゼ・クローズ (アンリエット・デュラン)
アンヌ・コンシニ (クロード)
パトリック・シェネ (ルパージュ医師)
ニエル・アレストリュプ (ルッサン)
オラツ・ロペス・ヘルメンディア (マリー・ロペス)
ジャン=ピエール・カッセル (リュシアン神父/店主)
イザック・ド・バンコレ (ローラン)
エマ・ドゥ・コーヌ (ウジェニー)
マリナ・ハンズ (ジョゼフィーヌ)
マックス・フォン・シドー (パピノ)

+++++++++++++

あらすじ:
エル誌編集長ジャン=ドミニク・ボビー(マチュー・アマルリック)は、突然の脳梗塞で、全身麻痺状態に陥ってしまいます。
目が覚めてみれば、医師たちの声は聞こえ、話している事もわかるのに、自分では体を動かす事はおろか、声すらあげられない。
主人公に動かせるのは唯一、目(眼球)だけ。
しかし、右目の方は瞼の筋肉が動かないので、眼球に影響を及ぼすとの判断から「閉じられて」しまいます。(ひ~~!!!)
残るのは左目のみ。
そんな彼に言語療法士は、まばたきでコミュニケーションを取る方法を教えます。
言語療法士がアルファベットを読み上げて、自分が伝えたい言葉のつづりのアルファベットの部分で、瞬きをするという、非常にまどろっこしい気が遠くなるような方法です。
絶望に打ちのめされ「死にたい」と思う主人公は、やがて「自分には、ふたつの残されたものがある。記憶と想像力だ」と、生への希望を取り戻し、原作となる本を書くのです。


+++++++++++++

これは「ロックト・イン・シンドローム」と言う症状に陥った主人公が、自分の体が動かない事を、自分が潜水服を着ているかのように考え、しかし想像の上では蝶のように自由に飛びまわることから、このタイトルに。
つらく重い物語ですが、どうしてなかなかユーモラスな表現もあり、暗いだけじゃなかったです。
男は、どんな状態でも「男」なんだなぁと、ちょっと呆れさせられたりして、どっぷり感動しようと思ってたらちょっと肩透かしの気分も。
すごかったのは主人公の演技。左の眼球しか動かせないのに、その表現力といったら!
主人公の全貌が観客に見えるまでに、しばしの時間があるんだけど、最初にその姿を見たときはかなりインパクトが大きかったです。
映像も申し分なく、ストーリー展開にしても現状と過去の記憶や、想像の部分を組み合わせることで飽きさせない。
主人公が、友人に本を読んでもらうシーンなどは感動的でした。生きる希望を取り戻し、本を書く決意をしたり。苦手な「ミリオンダラー・ベイビー」と比べてしまい、最後まで「生きる」決意をした主人公の気持ちが嬉しかった(ってへんな言い方だけど)文字色

が!!

なんちゅうかラストまで見たら、実はそれほど感動しなかった。できなかったと言うかね。
なんででしょうね。自分でも良く分からない。
ネタバレになりますので反転して下さい。↓

主人公、浮気をして奥さんと別れたらしい。
しかし、その奥さんが献身的に倒れた夫に尽くしている。
言語療法士たちのように、アルファベットを覚えて、主人公の発言の手助けをしたりね。
でも、ダンナには彼女がいるわけですよ。
ちっとも会いにも来ない彼女が。
その彼女から電話が掛かってきて、ジャンは自分では彼女に思いを伝えられないから、奥さんに「中継」を頼まずにはいられないのですよ。
その中継をする奥さんの気持ちは、いったい??
このシーンで、さ~~~っと冷めてしまいましたね。
やっぱり自分が「妻」の立場だから?
それが真実なら、仕方がない。予定調和、ご都合主義のラストよりも真実味があり、人間くさい部分が良いのかもしれませんが、本能的にイヤだったとしか言えませんね~。
なので、ラストでの感動も半減したカンジ。

17:45 : [映画タイトル]さ行トラックバック(0)  コメント(1)

人生は、時々晴れ

B0000TC7QG人生は、時々晴れ
ティモシー・スポール レスリー・マンヴィル マイク・リー
ショウゲート 2003-12-26

by G-Tools


監督: マイク・リー
製作: サイモン・チャニング=ウィリアムズ アラン・サルド
製作総指揮: ピエール・エデルマン
脚本: マイク・リー

出演:
ティモシー・スポール (フィル)
レスリー・マンヴィル (ペニー)
アリソン・ガーランド (レイチェル)
ジェームズ・コーデン (ローリー)
ルース・シーン (モーリーン)
ヘレン・コーカー (ドナ)
ポール・ジェッソン (ロン)
マリオン・ベイリー (キャロル)
サリー・ホーキンス (サマンサ)
ダニエル・メイズ (ジェイソン)
ベン・クロンプトン (クレイグ)

+++++++++++

タクシー運転手のフィルは、スーパーで働く妻ペニー、老人ホームに勤める娘レイチェル、そして無職の息子ローリーの一家4人で、ロンドンの集合住宅に住み、質素な生活を送っている。娘は決して心を開こうとはせず、息子は反抗的な態度を崩さない。結婚生活の長い妻とも深い溝を感じてしまう今日この頃。すっかり、家族らしい会話もなくなっていた。それはフィルの家族だけではない。同じ集合住宅に住むフィルの同僚やペニーの同僚もやはり家庭内に問題を抱えていた。そんなある日、予想もしない悲劇がフィルの一家を襲う…。(allcinema ONLINE)

+++++++++++

内容、映像、音楽どれをとっても非常に暗く陰鬱な映画です。
役者さんたちの演技はお見事だったと思うし、暗くて盛り上がりのかけらもない割には、飽きずに見られるし、いい映画だと思うんですが、いかんせん暗すぎる。
結局この一家に突然降りかかった不幸がきっかけで、家族の愛を取り戻してゆくという話なのですが、夫が「ピーター・ペティグリュー」でしょ。うーん・・・。
最後のほうはかなりメソメソされてしまって、ちょっとウンザリ。「愛がないなら出て行くつもりだ」と妻に泣き落としをかけるのですが、本当に出て行く気があるのなら、泣かずに愚痴らずに黙って出て行って欲しいし、またやり直したいと言う気持ちがあるのなら、真っ直ぐにそう言って欲しいかな~~と思う。ピーターのキスシーンは正直、見たくなかった。ひどい意見でゴメンなさい。
妻も妻で息子への溺愛と、娘への無関心(というか、娘が一家で孤立しているのが気になった)は、どうなの?と思いました。

暗くて、崩壊寸前の家族を描いた作品では、これが好き。
B000HKDEXI普通の人々
ドナルド・サザーランド メリー・タイラー・ムーア エリザベス・マクガヴァン
パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン 2006-11-02

by G-Tools

13:16 : [映画タイトル]さ行トラックバック(0)  コメント(0)

レッド・イノセンス

B000S6E9G2レッド・イノセンス
クリスチャン・スレーター.モーリー・パーカー.ゴードン・ピンセント ルーウィン・ウェブ
ギャガ・コミュニケーションズ 2007-09-07

by G-Tools


監督: ルーウィン・ウェブ
製作: ジョン・フロック
製作総指揮: ジョン・フロック クリストファー・ランバート
脚本: ブラッド・マーマン

出演: クリスチャン・スレイター
モリー・パーカー
スティーヴン・レイ
ゴードン・ピンセント
ナンシー・ビーティ
ダニエル・カッシュ

<ストーリー>
ダニエル・クレメンス(クリスチャン・スレーター)は資金集めとマスコミ対策に優れた神父である。ある日、彼は教会幹部から呼び出され、一つの事件の対応を任される。それは神父による“信者殺し”というスキャンダラスな事件で、捕まったアンドリュー神父は、沈黙を続けたままだという。ダニエルはアンドリューと接見し、彼が無実を訴えつつも、口外できない秘密を抱えていることを知る。そして殺された信者の隠された性癖、謎の集会の存在を突き止める。しかし事件の核心が見え始めた時、アンドリューは刑務所内で自殺してしまう。更に教会幹部からは何故か事件調査の中止を命じられ、神父の職をも解かれてしまう。しかしダニエルは、元・恋人のTVレポーター(モーリー・パーカー)と共に、事件の深層と教会のタブーに挑むことを決意する・・・・。 (Amazon)

+++++++++++++

これもなんだかビミョーなサスペンス。
ちっとも目新しくもないし、これといって面白みもなく。
やっぱり、クリスチャン・スレーターのファンには、彼が全編出ずっぱりで今回は、神父さんという役柄もありストイックな魅力にあふれていました。神父に見えない~~って?そんなことはどうでもよろしい。
最近ちっとも映画に恵まれないなぁって言う感じで寂しいです。
「ボビー」はよかったんですけど、役柄としては。。。でも存在感はあったからね。
また、バンバン映画に出て欲しいなぁ。
13:02 : [映画タイトル]ら行トラックバック(0)  コメント(0)

陰謀のターゲット

B000FWGT26クリスチャン・スレイター陰謀のターゲット
クリスチャン・スレイター セルマ・ブレア ジョン・ハード
アット・エンタテインメント 2006-08-25

by G-Tools


監督: ハーヴェイ・カーン
製作: ハーヴェイ・カーン
製作総指揮: クリスチャン・スレイター


出演: クリスチャン・スレイター
セルマ・ブレア
ロバート・ロジア
コルム・フィオール
ジョン・ハード
ケヴィン・タイ
アンジー・ハーモン
フィリップ・グレンジャー
フランソワーズ・イップ
ピーター・ホール
リンダ・ダーロウ
ピーター・ラクロワ
ポール・マクギリオン



ウォール街のエリートビジネスマンのトムは、大手石油会社の合弁計画という仕事を引き継ぐことに。しかし計画を進めていくうちに、その裏に隠された巨大な陰謀に気づき始める…。クリスチャン・スレイター主演によるポリティカル・サスペンス。 (「Oricon」データベースより)


+++++++++++++

ともかく、ストーリーが把握しにくい。
わかりにくいし、盛り上がらない。俳優陣はなかなか豪華だし、マジメに作ってるのに、なぜにこんなにもつまらん映画になるのか、というぐらいつまらなかったです。

が、クリスチャン・スレーターのファンとしては、全編出ずっぱりだし、久しぶりのラブシーンなんかあったりして、充分満足できました!!

映画の面白さと、評価は別もの!!
★★★☆
12:55 : [映画タイトル]あ行トラックバック(0)  コメント(0)

明香ちゃんの心臓―〈検証〉東京女子医大病院事件/鈴木 敦秋

4062133229明香ちゃんの心臓―〈検証〉東京女子医大病院事件
鈴木 敦秋
講談社 2007-04

by G-Tools



心臓の先天性の病気を持つ少女(明香ちゃん)が、東京女子医大病院で手術を受けました。
しかし、簡単な手術だと聞かされていたのに、長時間の手術のあと対面した明香ちゃんは、瞳孔拡散、顔はむくみ、なぞの鼻血、そして結局その数日後集中治療室から出ることなく、亡くなってしまいます。
原因は、人工心肺装置の操作の不手際だったようですが、医師側はそれを隠蔽し、カルテを改ざんします。
明香ちゃんのお父さんは、自身も歯科医と言う医療関係者であり、大学病院の体質を知りつつ、ついには病院を相手に訴訟を起こす(起こさざるを得ない状況)ことになっていきます。
娘が死んでしまうと言う、究極の悲しみや喪失感の中でなおも、それまでにも起きていた事故の被害者のために、そして、今後二度とこう言う事故(事件)が起きないように、心を砕きながら、時には心を乱し、でも概ね冷静に行動するおとうさんの姿が胸を打ちます。

ここに、日本で一番最初に心臓移植をした和田医師のことがかかれてます。和田医師は心臓移植手術でセンセーショナルに一世を風靡した後、この東京女子医大病院に来たようですが、そのときのこの医師の横柄で尊大な態度に、驚きました。
だいたい、明香ちゃんがここで手術を受けるとき、医師や看護婦たちの態度のデカイことと言ったら。ナニサマ??ってカンジでした。親を怒鳴りつけるなんて当たり前みたいです。
執刀した担当医は明香ちゃんの顔すら見たことがなく、それがこの医師には当然だったみたいで、それも驚き。
この事件の前には、別の病院ですが、肺の手術を受けるはずの患者が、心臓手術を受ける患者と取り違えられてしまい、亡くなってしまうと言う痛ましい事件があったのだけど、そういう事件も医師側が今後の教訓にしてくれたらまだしも、全然ないんですね。
お父さんが話を聞けば聞くほどに、この東京女子医大の実態はお粗末で患者の人格を無視したものでした。おとうさんは「こんな病院で明香の手術を受けさせてしまった」と後悔します。その様子には本当に胸が締め付けられる感じがしました。
しかし、ただ遺族の後悔や恨みつらみを述べているのではなく、ここでは医療の未来を真剣に考えている。それは病院側と患者側が一体になって模索していかねばならないものだと言う事、不信感だけを募らせていてはいけないと言う事、冷静に何が一番大切かを考えてゆこうとする明香ちゃんのお父さんの姿に、真実の「医療」を感じました。

医は仁術・・・というのは死語?医療の進歩と反比例するように、医師たちは人間らしい心をなくして行ったのか??そうではありませんように。




12:45 : [本・タイトル]あ行トラックバック(0)  コメント(0)

魔術師/ジェフリー・ディーバー

4163234403魔術師 (イリュージョニスト)
ジェフリー・ディーヴァー 池田 真紀子
文藝春秋 2004-10-13

by G-Tools



うーん、なんというか
さすがに5冊目になると、今まで「うわ!」と驚いていたところで、驚かなくなってきたかな~と。
ある結果が出るとする、でも、それは本当は違うんでしょ、ほーらやっぱりね、と、
いかにおバカなわたしでも、5作品目にもなりゃ、アアタ。
騙されたかったけど、おのずと最初から疑ってみたり、、、あるいは、今までなら単純に「ええ~~!!?まさか!」と思っただろう場面でも「ちぇ、またか。そんなこったろうと思ったよ。」と、覚めた目で見てしまうのでした。
つまり「慣れ」て来ちゃったのね。
それと、やっぱりこうなってみて一番面白かったのは「ボーンコレクター」だったなぁと、しみじみ思います。
なんといっても新鮮だったし。
アメリアの現場検証へのとまどいと初々しさ。これが良かったと思うのに、最近はどうでしょう。
ずいぶん彼女も慣れてきて、それはそれで「“攻め”のアメリア」が見られて、そりゃカッコイイし面白いんだけど、、、。
やっぱり最初のアメリアの死体に対する「怖い!やりたくない!お願い、見逃して」「でも、やるんだ!!やれ!!」というカンジが読者のサドッ気を満足させたと思うけど、それがないのが残念ね。
あと、これがわたしには非常に大事なんですが、猟奇度っていうか、死体のグロ度が下がってますね。
「ボーンコレクター」の死体は、ものすごく凄惨だったでしょう。見るのも震えるほどに。今回はかなり猟奇度低し。それも物足りない原因の一つ。
それと、もうひとつ「コフィン・ダンサー」のときに、あまりにも振り回されて、ちょっとやりすぎ!って思ったんですが、今回もちょっと振り回されすぎましたね。
最後はもう、疲れちゃったもんね。
思うに、このシリーズは読めば読むほどマンネリになっていき、面白みが減っていくのではないでしょうか。
(ライムもなんか、今回丸くなってませんか。)




今の所、面白かった順番は
1:ボーン・コレクター
2:石の猿
3:エンプティー・チェア
4:コフィンダンサー
5:魔術師(4と5は同点ぐらい)
って言う感じ。
もう、殆ど(概ね)読んだ順番に面白さが下がってる。
魔術師は、お気に入りのフレッド・デルレイが出てないのもマイナスかな。
12:32 : [本・タイトル]ま行トラックバック(0)  コメント(0)

エピデミック/川端 裕人

4048738011エピデミック
川端 裕人
角川書店 2007-12

by G-Tools



思ったよりも面白く感じなかった。。。
起承転結で言うと、「起」の部分は面白く、これからどんどんと物語に巻き込まれてゆくぞ!と、期待したのですが。
が、「承」の部分がちょっと長すぎた感じ。ぐるぐると堂々巡りのような・・。なんか進展があるようでないようで。正直に言えば辛気臭い展開。
そして「転」。
うーん、思わせぶりな割りに、なんか「違う」って感じ。
なので、「結」ももう「どうでもいいか」みたいになってしまった。もったいつけなくてもそのオチはわかってたよ、みたいな。
やっぱりこの手の物語は、映画の「アウトブレイク」本で「ホットゾーン」「38℃」(麻生幾)のが良かっただけに。強烈なインパクトがあっただけに。
11:58 : [本・タイトル]あ行トラックバック(1)  コメント(0)