あるいは裏切りという名の犬

B000NQRVD0あるいは裏切りという名の犬 DTSスペシャル・エディション
ダニエル・オートゥイユ ジェラール・ドパルデュー ヴァレリア・ゴリノ
アスミック 2007-06-08

by G-Tools


すごく見応えのあるドラマでした。銀行強盗の派手なシーンから始まるのでもっとアクションの強いドラマなのかと思ったらなかなか、男同士の対決や警察内部の確執をじっくり見せるタイプのドラマで満足!雰囲気としては「インファナル・アフェア」っていう感じですが、違いますかね?

権力を手に入れたい、そのためには何でもする男、クラン(ジェラール・ドパルデュー)。彼のあくどさがストーリーを引っ張るのですが、ヤツは本当に憎たらしくて思う存分憎めるタイプのキャラクターで、非常によかったです。
対する正義の警察官、ダニエル・オートィユ演じるレオがどこまでも清々しい。対比がいいですね。彼の部下のティティもよかったー。

ストーリーも練れていて、あの伏線がここで!みたいな、全体的に巧くエピソードが絡み合ってて脚本の妙って言う感じが味わえた。主人公が何年も連れ添ってるはずの妻に対して、あそこまで情熱的な抱擁するシーンにはちょっと違和感があったけど、それも話の流れのなかでは必要なシーンだったのね(^^ゞ。

最後に、なぜここまでドニがレオを目の仇にするのかが明らかになるのだけど(まぁ途中で大体は分かるんですが)ちょっと切なかった。一体何があったんだろう。でも、やっぱり「そう」なったのは必然だったんだろうなぁ。わたしだってレオのほうに軍配をあげると思うもん。だって。。みなまでは言いませんが(笑)

★★★☆



スポンサーサイト
17:44 : [映画タイトル]あ行トラックバック(0)  コメント(2)

デビルズ・バックボーン

B000657N5Eデビルズ・バックボーン スペシャル・エディション
エドゥアルド・ノリエガ マリサ・パレデス フェデリコ・ルッピ
アスミック 2004-12-10

by G-Tools


「パンズ・ラビリンス」に打ちのめされたので、同じデル・トロ監督のこの作品を見ました。たしかに、よく似てる~~!映画の雰囲気全体が同じ感じなので、きっと監督はこの映画を踏み台にしてやっと本当に作りたかった「パンズ・ラビリンス」を作ったのではないだろうかと、わたしは感じました。
この「デビルズ・バックボーン」は「パンズ・ラビリンス」と同じく独裁政権下のスペインの孤児院が舞台。そこにある日いきなり連れてこられた少年が、孤児院の暮らしの中でユーレイに遭遇すると言うゴシック・ホラーです。
わたしはゴシック・ホラー自体はあんまり好きじゃないし、怖くもなんともないんですが、この映画はホラーと言う事よりも戦争に翻弄される幼い子どもの姿を描いていると言う点で、「パンズ・ラビリンス」同様心に残る映画になりました。
ホラーとしてはオチも結末もそれほどインパクトはないんだけど、あのユーレイがどうしてあんな風に見えるのか、分かった時は「なるほどね!」と感心しました。
やっぱり容赦のない残酷さが作品を支配していて(何気にいやらしい雰囲気も。。淫靡って感じ?)好きなタイプの作品。
なによりも、子どもたちがみんないいです。かわいい子はかわいいし、憎たらしい子もやっぱり愛しい。
この監督、子どもの「使い方」巧いなと思います。
一応、ホラーのカテゴリーに入れておくけど怖くないので戦争モノとして是非一度見ていただきたい秀作です。

★★★★
16:53 : [映画タイトル]た行トラックバック(0)  コメント(0)

いや、まだ読んでないけど

フリーズする脳―思考が止まる、言葉に詰まる (生活人新書)
フリーズする脳―思考が止まる、言葉に詰まる (生活人新書)築山 節

日本放送出版協会 2005-11
売り上げランキング : 30

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
脳が冴える15の習慣―記憶・集中・思考力を高める (生活人新書) 若年性健忘症を治す (健康ライブラリー) すごい「実行力」 言葉と声の磨き方 レバレッジ・シンキング 無限大の成果を生み出す4つの自己投資術



このタイトルがわたしを呼ぶ~~!!!
怖いもの見たさで読んでみたい。
思考?とまってます。
言葉?詰まります。
あーこわ!
17:17 : [本・タイトル]は行トラックバック(0)  コメント(2)

デート・ウィズ・ドリュー

B000PJZYUMデート・ウィズ・ドリュー
ブライアン・ハーズリンガー ドリュー・バリモア エリック・ロバーツ
アミューズソフトエンタテインメント 2007-06-22

by G-Tools


10歳の頃からドリューのものすごいファンの男(コネもない仕事もない一般人)が、クイズ番組で賞金1100ドルをゲットした。クイズの答えが「ドリュー・バリモア」だったことから、これは運命だと感じた彼は、カメラを手にいれ、カメラの返却可能期間の30日間で、ドリューとデートするまでを撮影しようとする。はたして彼、ブライアンはドリューに近付く事ができるのか??

+++++++++++

この映画、ドキュメンタリーっぽい作りにした映画だろうと思ってたけど、本当にドキュメンタリーだった!
で、面白かった~。コメディタッチで書いてあるのかと思ったら、あらら結構シリアス。カテゴリー、「シリアス」に入れてもよかったかな?という感じ。
ブライアンは見ているこっちがハラハラするほど、ドリューに近づけない。また、外見も悪くはないけどハンサムでもないから、きっとドリューに会う事が出来ても相手にされないのでは?とも心配になる。
けど、全体に前向きでひたむきなブライアンの姿がを見ているうちに、なんかしら胸が熱くなるんですよね!
自然と応援したくなってくる!
ドリューの知り合いの知り合いの知り合いの知り合いに会える!とか、そんなまどろっこしいような「関係者」に会えたり会えなかったりでも、一喜一憂する素直な彼の表情がいいです。
すかしたところも気取った感じもない。
こっちも一緒になって喜んだりがっかりしたり泣いたり、彼の感情に巻き込まれました。
なんといっても「30日」という期限があることで、緊張感が増しているんです。
協力的な周囲の友だちもいいです!
あんまり外見イケてないブライアン、プロの美容師やらなんやらに磨いてもらうんですが、雑誌の多分、多分ね、コリン・ファレルを参考にしていたのが笑えた!だって、コリン・ファレルの多毛な感じや濃くて下がり気味の眉毛がよく似ているんだもん。なるほど!!で、コリン風にしたら結構イケてましたよ。

で、肝心のドリューですが、ブライアンの母親なんか結構ドリューの事辛らつに言うんですよ。「あばずれ」とかなんとか。それでもこの映画にOKしたのなら、彼女、いい人ですね。
最後まで見たら、彼女がきっと好きになります。

ブライアンやこの映画作りに協力した友達は、みんな映像関係の仕事をしているらしいので、撮影も仕上げも素人離れしてます。当然だけど。なので、一般人といっても映像に関してはプロです。
エンドクレジットなんかもすごく「カワイイ」感じに仕上がってて、良かった。上手く出来てました。面白かった!!

★★★★


14:34 : [映画タイトル]た行トラックバック(0)  コメント(0)

案山子男

B00009KMI5案山子男
ティファニー・シピス マーク・アーヴィソン エマニュエル・イティエ
パンド 2003-07-04

by G-Tools


これ、シリーズ化しているんですよね。シリーズになるほど面白いのかなと思って借りてみたんだけど、うーん、ビミョー。
とどのつまりは、いじめられ虐げられた主人公が、不幸な死に方をして、死の時に案山子の呪い?とか、魔のパワー?みたいなもんにとりつかれて案山子としてよみがえり、生前自分をいじめたヤツラに復讐するという話。
見所は、案山子の残忍な殺し方ですが、あんまり大したことがない。なんというか「あ、痛い!!」「痛い痛い、やめてー!」と、目を背けたくなるようなエグさに欠けています。

シリーズといえば、X-JAPAN(表記はこれで合っているのでしょうか)復活で話題の「ソウ4」!!そこまで行くのか??XJAPANの復活とかそれ以前にわたしは「ソウ」に4が出るのがビックリ。で、ジグゾー結構元気そうだったけど。Earlydayの物語かなんかかしらん。映画館には行かんけど、レンタルで見ちゃうだろうなぁ。(上映もしていないのに、もうレンタルの話!)

ホラーのシリーズって言うのは、あんまり期待しない方が身の為ですね。

★★☆
14:01 : [映画タイトル]か行トラックバック(0)  コメント(0)

サ行終わり

サ行、じゃなくって作業(カテゴリーを細かく分ける)終わりました。
一応ね。変なトコ見つけたら教えて下さい。
それにしても、ブログを初めて2年ちょっと。結構それなりにアップしておりますが、覚えてない本が多いなぁ!
映画のほうは、映像で見るからか結構覚えてるけど、本は「こんな本読んだっけ?」「そう言えば読んだかも」って言うのばっかりだ。
本当に心に残る本って、少ないのでは。。。
と言う事は、読まんでもいいっていうことか。
ますます、今後の読書が減りそうです。
(あ、ちょっと暗いコメントになってしまう。ゴメンナサイ)
20:47 : [そのほか]もろもろトラックバック(0)  コメント(2)

君たちに明日はない/垣根 涼介

4101329710君たちに明日はない (新潮文庫 (か-47-1))
垣根 涼介
新潮社 2007-09-28

by G-Tools


「借金取りの王子」と言う新刊が出ているので、それを読む前にこちらを、と思って読みました。
リストラと言う重苦しい題材を扱っているのに、暗くならずにさらっと描いてあって軽い気持ちで読めるのがいいですね。
この本では、リストラを言い渡す(と言うのとは若干意味合いが違うけど)主人公側の気持ちと、リストラの対象となった相手の気持ちがどっちも丁寧に書かれていて、いわば「裏表」両方読めるのがいい。
恋人との間のことにしても、両面から描いてあるのでそこが面白いと思う。
結構、この主人公が好きだな~。
20:43 : [本・タイトル]か行トラックバック(0)  コメント(2)

今さらですが…

カテゴリーをもうちょっときちんと分けて、ツリーにしてみました。
過去記事をすべてアップしなおさないと???
すごく時間がかかりそうだけど、やってみます。
ということで、ブログリンクしてくださってるみなさん
いつもいつも「更新マーク」がつくかもしれませんが
そういうわけですので、あしからずよろしくお願いします。

20:51 : [そのほか]もろもろトラックバック(0)  コメント(2)

男映画2本!

B000U5HX3C300 <スリーハンドレッド> 特別版(2枚組)
ジェラルド・バトラー.レナ・ヘディー .デイビッド・ウェナム.ドミニク・ウェスト.ビンセント・リーガン ザック・スナイダー
ワーナー・ホーム・ビデオ 2007-09-26

by G-Tools

B000R17JM4墨攻
アンディ・ラウ アン・ソンギ ワン・チーウェン
アミューズソフトエンタテインメント 2007-07-27

by G-Tools


たて続けにこの2本を見てしまいました。
結論、わたしはこの手の映画が苦手なんだな、と。
最初に「300」を見たとき、映像の妙みたいなものに感心はしたけど、内容的には特に普通としか感じられず。
「墨攻」の方は、まだ戦で死んでゆく命に対する哀惜みたいなものが描かれていたので、まだ良かったけど、哀惜を感じていながらもやっぱり殺しまくるという矛盾にちょっと疑問が。その矛盾こそ主人公が感じているもので、そこに映画の本質があるんでしょうが。。。

戦闘モノって言うのがダメみたい。「ラストサムライ」も全然見たいと思わないのはそのせいなのかもしれません。
こんなことを今さら発見した自分です。
13:20 : [映画タイトル]英数トラックバック(0)  コメント(2)

題名のない子守唄

題名のない子守唄


監督 ジュゼッペ・トルナトーレ
音楽 エンニオ・モリコーネ
出演 クセニア・ラパポルト 、ミケーレ・プラチド 、クラウディア・ジェリーニ 、ピエラ・デッリ・エスポスティ 、アレッサンドロ・ヘイベル 、クララ・ドッセーナ 、アンヘラ・モリーナ 、マルゲリータ・ブイ 、ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ


主人公のイリーナはウクライナからイタリアのある町にやってきます。
ぼろくて条件が悪いのに、あるアパートを借りて、そして管理人に割の合わない袖の下を渡しても、とあるビルの掃除婦として働き始めます。
そのマンションに住む、ある家族に近付くのが目的のイリーナ。
執念にも近いしつこさで、なんとかその家庭の家政婦になることに成功します。
イリーナの目的は一体なんなのか!

+++++++++++

時々挿入されるイリーナの過去らしい映像が、ものすごくショッキングなのです。見ているほうはイリーナの目的が何か、一体誰に何の用があるのかサッパリ分からない。この過去の映像になんらかの関係があるんだろうと思わせられる。そこまでして、その家族に近付く理由は何?一体過去に何があったの?と。その家庭に入り込むまでに、かなり驚きの行為をやってのけたり、入り込んだその家庭のなかでスパイもどきの行動を取ったり、ともかく、目が離せず見ている間中心臓バクバクの緊迫感!ものすごく集中させられてしまう。

途中で作品の方向性が変わってしまったのがちょっと残念。ものすごいミステリーを期待していたので、その点は肩透かしでした。
あまりにもドキドキ、ハラハラさせられすぎたかな?
でも、それはそれで大変面白かったので、満足です。

結末は結末でとっても感動!

↓ネタバレ感想です。ドラッグしてね。
 ...続きを読む
13:12 : [映画タイトル]た行トラックバック(0)  コメント(0)

お味噌とむかごご飯

miso

2月のはじめに3日間かけて造った味噌、やっと熟成されて食べられるようになりました。ちょうどその前の味噌を食べきった所で、ちょうど良い頃合です。

↓は、むかごのご飯。
カツオだしで、薄い塩味にしました。2合だけ新米の試食品をもらったので、そのお米で炊いたら美味しいの何の!!
でも、子どもには受けず。とほほ。いいの、子どもの分までわたしが食べましたからね。
mukagogohan

12:43 : [そのほか]もろもろトラックバック(0)  コメント(0)

パンズ・ラビリンス

panslabyrinth


監督 ギレルモ・デル・トロ
脚本 ギレルモ・デル・トロ
音楽 ハビエル・ナバレテ
出演 イバナ・バケロ 、セルジ・ロペス 、マリベル・ベルドゥ 、ダグ・ジョーンズ 、アリアドナ・ヒル 、アレックス・アングロ 、エウセビオ・ラサロ 、パコ・ビダル 、フェデリコ・ルッピ


どんな映画かはあんまりわからなくて、多分ファンタジーだなと思って見に行きました。「天コケ」と同じ映画館だったので予告上映も見たはずなんですが記憶になし。いや、多少はあったかもしれない。
で、殆ど「ダークな大人向けのファンタジー」だろうと思い込んで見に行きました。そしたら、たしかに子ども向けというよりは大人向けだったけど、すごくビックリするような感動でした。

以下、なるべくネタバレ無しで書きますが、興味がある人は何も情報をいれずに劇場に行って下さい。白紙状態で見たほうが楽しめると思います。
本当はネタバレ全開で語りたい!!抑えて抑えて。

+++++++++++++++

主人公のオフェリアは母親の再婚でその時代の独裁政権の軍大尉のところに行くんです。その途中で不思議な石像を見つけ、そこから出てきた不思議な虫を見る。その夜その虫に導かれて「パンズ・ラビリンス」に行きます。そこで、オフィリアは地下の国の女王であると、告げられます。もう一度、地下の女王になるためにあることをしなければならないと「試練」を与えられます。オフィリアはその試練を果たせるのか?



ともかく、全編釣り込まれます。美しい映像もさりながら、かたやオフィリアの出会うファンタジー世界、かと思うとかたや残酷でえげつない大尉の仕打ちやそれに抵抗するゲリラたちの活動。どこをとってもドキドキハラハラで目が離せない。
「こんな物語だったのか!」という驚きと切なさに打ちのめされてしまいました。
内容をあんまり話すのは止めておいて、ちょっと映像の事で。
少女が出会う妖精たちが、不気味なんですよね。妖精って言うとティンカーベルとかエルフとか、ラムダスさん(だっけ、ナルニアの)とかみたいに、滑稽だったりキレイだったりでしょうが。ここに登場する妖精たちの、みょーに気味悪い不気味さも見ものでした。
ちょっと千と千尋を思い出すシーンがいくつかありましたね。

うーん、結末にも触れずにコメントするのは難しい。
ともかく、オススメです。

★★★★★


で、ここからネタバレ感想。↓ドラッグしてね。

 ...続きを読む
19:51 : [映画タイトル]は行トラックバック(0)  コメント(10)

ギルバート・グレイプ

B00005V2N5ギルバート・グレイプ
ジョニー・デップ ジュリエット・ルイス レオナルド・ディカプリオ
パイオニアLDC 2002-02-22

by G-Tools


今まで見た中で一番好きな映画。DVD持ってるんだけど、息子がいつぞやの誕生日に買ってくれたもので、今買おうと思ってもないみたいで(中古以外)二重にも三重にも大切なディスクです。
時々無性に見たくなる時があり、こっそり見てます。
好きなシーンは多々あれど、今回ここでご紹介するのは、不倫相手の人妻アンのこと。配達と称して若いギルバートを家に招きいれ、幼い子どもたちを「外で遊びなさい」と追い出して情事に没頭する。そのシーンのエロティックな事といったら、思わずよだれが出そうです。(あら、下品でゴメンよ)あんなにセクシーに感じるキスシーンは他にないなぁ。印象的なキスシーンってほかになにがある?「ロッキー」のエイドリアンとの最初のキスや、「トゥルーロマンス」の線路脇の公衆電話のキス(と言うかそれ以上)なんかが、この上なくセクシーと言う言葉じゃ足りない「扇情的」なキスシーンです。(「ショコラ」のキスシーンもセクシーだよね)
(あと、セクシーとかじゃないけど、こないだ見た「ミス・ポター」のキスシーンはすごく良かった~~~~。しつこくてゴメン<ミス・ポター)
この映画のキスシーンでは、アンがギルバートに「アイスが溶けますよ」とか言われて、アイスを指ですくってその指ごとギルバートに舐めさせる。あのシーンがメチャクチャ好きです。わたしもアンになってギルバートといけない関係になりたいと思う。思わせられる。ふっふっふ問題発言でしょうか(笑)。

詳しい感想は↓からどうぞ。

★★★★★

 ...続きを読む
00:46 : [映画タイトル]か行トラックバック(0)  コメント(0)

ブラス!

B00005V1CPブラス!
ユアン・マクレガー ピート・ポスルスウェイト タラ・フィッツジェラルド
アミューズ・ビデオ 2007-05-25

by G-Tools


分かる人には分かるはずだけど、「ミス・ポター」と「フラガール」から、「ブラス!」がどうしても見たくなり見ました。中古ビデオで買ってあるんですよね。
ユアン・マクレガーは顔は好みじゃないけど(アゴの割れが…)でも、あの頼りない感じというか、善人そうな感じと言うか、前から無視できない御仁ではありますね。どっちかって言うと好き。この映画ではそこに「若さ」が加わってまたそれがカワイイ!
この映画の感動はなんといっても最後のダニーの演説です。大切なのは人間であると言うあの演説、ピート・ポスルスウェイト(顔は一度見たら忘れない顔だけど、名前はちっとも覚えられないなぁ)の名演技で泣ける!!
あの息子のフィルだっけ、あの人の苦悩も身にしみます。家族のためにお金がちょっとでも必要なのに、トロンボーンが壊れて、どうしても買わないとならないし、やめる!と言う団員の意思を父親に伝えなければならないと言う役目を負わされるけど、なかなか言えない。妻は子どもを連れて出ていっちゃうし、団員と父親と家族との間に挟まって、なんか目も当てられない悲惨さを背負ってますよね。
映画に関して苦言を呈するなら、演奏シーンだけやたらプロ級の人が出てて「こんな人グレムリー・コロラリーにいたっけ」って言う感じが、なんかしらけてしまう。せめて彼らにも何らかの印象的なセリフを与えて唐突な感じがしないようにしてほしかったな。
それでもいい映画で大好きです。

炭坑ものとして「リトルダンサー」「遠い空の向こうに」も好きな作品です。(「フルモンティ」もあるけど)
どっちも頑固な炭坑オヤジがミソ。未見のかたは是非ともご覧あれ。

★★★★☆

ユアン・マクレガーの作品としては断然、こないだ見た「ミス・ポター」と「ビッグフィッシュ」をオススメしたい。「普通じゃない」も面白いけど。

B0007LXPJKリトル・ダンサー DTSエディション
ジェイミー・ベル ジュリー・ウォルターズ ゲアリー・ルイス
アミューズソフトエンタテインメント 2005-03-25

by G-Tools


B000062VR6遠い空の向こうに
ジェイク・ギレンホール クリス・クーパー クリス・オーウェン
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2002-04-19

by G-Tools


B0006TPEVAフル・モンティ
ロバート・カーライル トム・ウィルキンソン マーク・アディ
20世紀 フォックス ホーム エンターテイメント 2006-02-10

by G-Tools


B000OPOB9Cビッグ・フィッシュ コレクターズ・エディション
ユアン・マクレガー アルバート・フィニー ビリー・クラダップ
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2007-05-30

by G-Tools


B000KQFBX0普通じゃない
ユアン・マクレガー キャメロン・ディアス ホリー・ハンター
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2007-01-26

by G-Tools

00:22 : [映画タイトル]は行トラックバック(0)  コメント(2)

フラガール

こないだ、レンタルで「フラガール」を見たばかりなのに、今夜テレビ放映ですって。もうしばし待っとけば良かったなぁ。でも、損した気分にはならないけど。テレビ放映のCM見てるだけでもまた泣ける。「今まで生きてきた中で一番楽しかった」って言う、あの友だちのせりふなんか泣かせます。「自閉症裁判」の「妹」の言葉を思い出しもするし。あのあと、あの子が幸せになっていたらいいなと、思います。




全然関係ないけど。しつこいけど。5時15分ぐらいだとこんな風にピンクになるみたいです→酔芙蓉

酔芙蓉8

19:51 : [そのほか]もろもろトラックバック(0)  コメント(2)

アパートの鍵貸します

B000VRXIROアパートの鍵貸します (ベストヒット・セレクション)
ジャック・レモン ビリー・ワイルダー
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2007-10-24

by G-Tools


古い名画を見直そう企画、第5弾!
・第一弾 エデンの東
・第二弾 北北西に進路を取れ
・第三弾 裏窓
・第四弾 理由なき反抗

古い映画だけど、とっても面白い映画です。テンポもいいしそれでいて古きよき時代の雰囲気は味わえるし、音楽も上品だし。
しかし、ともかくシャーリー・マクレーンがカワイイ!!!!
おっさんのシリ掴んだり、減らず口を利いたりする憎たらしいおばーちゃんからは想像もできません!!

ストーリー+++
主人公のバクスターは上司たちにアパートを秘密のデート用に貸して、取り入って(多分成り行き上でしょうけど)結果的に昇進をもくろむ、しがない保健会社の平社員。ちょっと良いなと思ってるエレベーターガールとデートの約束をするけどすっぽかされてしまう。彼女は、そのデートで不倫相手の上司とバクスターのアパートでデートなのだった。
上司に恩を売ったバクスターは、飛び級で昇進するが、ひょんなことから彼女が、部長の不倫相手と知ってしまい・・・・。
クリスマスの夜にやけ酒を飲むバクスターですが、アパートではとんでもない事がおきていた。それは一体・・・?

++++
アパートを貸して恩を売り昇進を狙うとは、狡いヤツ!のはずですがこの人が憎めない。場面場面で、彼の気の良さや優しさが伝わる設定です。アパートの住人たちから(特に隣のお医者さん夫婦)すごくプレイボーイで悪い男に見られてしまうのに、彼女のためを思って自分が悪者になっている所など、いったい彼女はどうして彼のよさに気付かないの?と思うぐらい。彼女が部長の相手だと、バクスターが分かるシーンがあるけど、これは今見るとそんなに新鮮な感じはないけど、やっぱりハッとさせられる印象的なシーン。お酒に入ってる(アレは何?オリーブかなんかを楊枝に刺してるのか?)チェリーみたいなのを、並べるシーンでもあれだけで、どんな深酒をしたかがわかるし、そういう細かい所の見せ方がうまいと思いました。そして全編ジャック・レモンの演技が光っていたと思う。ひょうきんな彼、打ちのめされる彼、優しい彼、いろんな場面のバクスターがすごく自然な感じで、よかったです。
本当に古き時代の良い映画、という感じ。またこう言う映画を見てみようと思います。


★★★★
13:36 : [映画タイトル]あ行トラックバック(0)  コメント(0)

フラガール

B000GQMJCUフラガール メモリアルBOX
松雪泰子 豊川悦司 蒼井優
ハピネット・ピクチャーズ 2007-03-16

by G-Tools


ストレートで悪く言えばひねりがないというか、よく言えば素直に感動したい作品で、わたしは素直なので(え??)とっても感動しましたよ。(笑)こう言うので「よかったぁ~♪」と思うとちょっとホッとしますな(笑)。
まず、松雪さんのダンスシーンが美しかった。体が柔らかくって、手の動きや姿勢、腰の動きなどすごくきれいでまず魅入ってしまう。
蒼井優ちゃんは若手女優のなかでは一番好きな人なので言うに及ばず。
イギリスの同じ炭坑モノ「ブラス!」と似ているなぁと思いましたが、こっちは女同士のお話なんで、ドロドロの恐ろしいセリフもあり。そこまで言っちゃダメでしょう!って言う感じ。(ひどい事を言った後は謝りましょうか?)
ワタシが特に印象に残っているのは、途中でリタイヤした蒼井優の友達のこと。まず、幼いきょうだいの面倒を見るために、高校に行ってない。それだけで、彼女の事が気になって仕方がない。父親が炭坑をクビになり今度は夕張に行くという。夕張…とっても寒いのに。紀美子が「あんただけこっちに残れば?」って言うんだけど、「妹たちの面倒見ないとダメだからムリ」って言うのですよね。そして紀美子に「これからはアンタがプロのダンサーになって活躍するのが、わたしの夢になる」という事を言う。ここんとこ、一番ツボでした。どうもね、家族のために犠牲になる長子という設定に弱い。号泣。「じゃーなー!!」って言う別れのシーンや、まどか先生がサングラスをはめて涙を隠しているシーンとか、とってもよかったです。
自分としてはラストのダンスシーンがちょっと長すぎたかな。「ウォーターボーイズ」なんかは長すぎたとは思わなかったけど、なぜなんでしょうね。それから、しずちゃんは一人だけ帰ればよかったのでは?親の死に目に会わないなんて、一生後悔しそうです。
しかし、そういうところを差っぴいても感動の映画でした。

★★★★
13:04 : [映画タイトル]は行トラックバック(0)  コメント(0)

栗おこわとピーマン

カメラが手元にあったので、朝炊いた栗ご飯を、夕方写しました。殆ど残ってないけど(~_~;)一応ね。。。食べる前に火を入れてふかし直すと、朝と殆ど同じ美味しさで食べられます。子どもたちのお弁当も好評でした。「お弁当、美味しかった~!」って言う言葉は、あんまり聞けないので(マンネリ弁当なので)誉めてもらうとうれしいね(笑)。
くりおこわ


それと、畑で取れたピーマンをたくさんいただいて、こう言うときは一気に全部、種もとらずヘタも取らず、ごま油でいためてちょっと甘辛くきんぴら風に煮付けます。大胆に食べる。大雑把な性格が出ています。写真に撮るほどのもんでもないけど、おこわを写したついでにアップ!(しなくても良いってか!?(笑))

ピーマン1




ピーマン2

10:45 : [そのほか]もろもろトラックバック(0)  コメント(2)

酔芙蓉

去年も、うちの酔芙蓉をアップしました。記事はこちら
この花は時間とともに色が変わり、酔ったように赤くなるという意味で「酔芙蓉」と名付けられているので、その色の変化をアップしたいと毎年思い続けて、去年も朝写真を撮ったきり、昼になるとすっかり忘れていて、アップできず。今年咲き始めてからも、一度朝写真を撮ったけど、やっぱり昼になると忘れていて。思い出したときは天気が悪かったり。で、このたびようやくようやく、一日を通して写真を撮ることができたので、アップします。
って前置きが長いね。すみません(~_~;)

酔芙蓉1


これ、数日前のめっちゃ空がキレイに晴れた日に「今日は撮るぞ!」と思った朝の写真。結局その後は忘れていた。

酔芙蓉2


↑これが昨日の写真。朝9時くらいでしたっけ。

酔芙蓉3


↑これは3時くらいの写真。

酔芙蓉4


↑これは夕方5時くらいの写真。

全体の写真は、↓順番に、朝→昼→夕となってます。


酔芙蓉5


酔芙蓉6


酔芙蓉7


夕方になって暗くて見にくいわ、ピントがあってないわで上手い写真じゃないけど。
前の日に色が変わったのは、元には戻らないので、ピンクの花と白の花が一緒に写っていますけど、色が変わるのが下手な写真でも、見ていただければいいかなー。お粗末でごめんなさい(~_~;)でも、念願かなったかな。また来年ももっとキレイに写真が撮れたらいいかな。(鬼に笑われる?)
10:36 : [そのほか]写真トラックバック(0)  コメント(0)

慟哭―小説・林郁夫裁判/佐木 隆三

4062122456慟哭―小説・林郁夫裁判
佐木 隆三
講談社 2004-02

by G-Tools


ご存知オウムの幹部で、地下鉄サリンの実行犯の林郁夫が警察に捕まってから判決が出るまでの3年ぐらいの記録を小説風にした作品です。でも、小説風って言うけど、ほとんどドキュメンタリーといっても良いと思いました。

最初、林郁夫が看護婦と不倫していたとか、妻やその不倫相手に暴力を振るっていたと言う事で、すでに事件に関わらずともものすごく嫌悪感があったのですが、自白を始めてからの彼の真摯な態度にはやはり、胸に迫るものがありました。
なんといっても林郁夫がまいたサリンによって亡くなってしまった遺族の方が「死刑を望まない」と言ったほどですから。

タイトルどおり慟哭して、自分の罪を悔いるのですが、それぐらいなら最初からやるなよ!!と、どうしても言いたくなります。そんな目に合わなければ、本当の真実の事が見えてこないのかと思うと・・・。しかし、そこに至るまでの経緯や心理の移ろいが細かに描かれていて納得?できました。いや、納得は出来ない(しちゃいけない)んだけど、なんとなく「そうなるのかなぁ」みたいな雰囲気がつかめたというか。心理として伝わるものがあったような気が。

贖罪って一体何なのか、考えさせられる。たとえば麻原彰晃が死刑になったとしても贖罪の念の一つも無かったばあい、被害者のご遺族は・・・。

憎むべきは麻原。
こうなったからにはさっさと自分のやったすべての罪を認めて告白して、林郁夫のように自分の犯した罪におののき苦しめ!
20:51 : [本・タイトル]た行トラックバック(0)  コメント(1)

ひとり誰にも看取られず/NHKスペシャル取材班&佐々木とく子

448407219Xひとり誰にも看取られず 激増する孤独死とその防止策
NHKスペシャル取材班&佐々木とく子
阪急コミュニケーションズ 2007-08-01

by G-Tools


NHKスペシャル「ひとり団地の一室で」という番組が反響を呼び、孤独死と言うものの実態に迫り、そして未然に防ぐために各方面からの取り組む様子を紹介してある。
読み物としては面白くないです。データなんかが多いし。でも、これは今後やってくるますますの高齢化社会に向けて大切な手がかりとなる本だと思う。
今後、どうすれば孤独死を防げるのか。各自治体や都市再生機構などの官と、民間マンションの取り組みなど、まさに民間一体となっての取り組みが必要であり、いまそれを実際に実地しているところの紹介など、勉強になります。

20:50 : [本・タイトル]は行トラックバック(0)  コメント(0)

十九歳の無念―須藤正和さんリンチ殺人事件 /三枝 玄太郎

4048837311十九歳の無念―須藤正和さんリンチ殺人事件
三枝 玄太郎
角川書店 2002-03

by G-Tools


以前、↓のご両親の手記を読んでとっても印象に残っています。
この事件の特筆するべき点は、犯人たちの執拗な残忍なこと!!
たとえば、少年たちの事件でぱっと思いつくのは「名古屋アベック殺人」と「コンクリート詰め殺人事件」とかが「怖い事件」の筆頭なんですが、この「栃木リンチ殺人」もそれ以上に恐ろしいです。
ご両親が正和さんの足跡をたどって、借金の返済をしながら、一生懸命我が子とのコンタクトを取ろうとするのに、少しのところですれ違いがあったりで、いっても詮無いことですが「あのとき、ああしていれば」と言う、ご両親の気持ちが手に取るように伝わります。
それよりも警察の怠慢ですよ!!!
この事件では本当に警察を許してはいけないと思う。
こないだ3月に判決が出て、全然納得できない判決だったんですよね。我が身に置き換えて考えても、本当に恐ろしいことです。
黒木昭雄さんの書物も知られてますが、こちらもかなり迫真で、最後は涙涙です。

4794210515わが子、正和よ―栃木リンチ殺人事件被害者両親の手記
須藤 光男 須藤 洋子
草思社 2001-04

by G-Tools


20:49 : [本・タイトル]さ行トラックバック(0)  コメント(0)

es[エス]

B00018GYBAes[エス]
モーリッツ・ブライプトロイ クリスティアン・ベッケル ユストゥス・フォン・ドーナニー
ポニーキャニオン 2004-03-03

by G-Tools


「実験」として、囚人と看守の役をつけて刑務所のセットの中で暮らさせる。何のためにだか知らないけど、実際にこう言う実験が行われたと言う事が驚き。短期間に崩壊してゆく人格と理性、人間ってはかない生き物だ。怖かった!!
20:21 : [映画タイトル]あ行トラックバック(0)  コメント(0)

オール・アバウト・マイ・マザー

B00006F1V6オール・アバウト・マイ・マザー
セシリア・ロス ペドロ・アルモドバル マリサ・パレデス
アミューズ・ビデオ 2006-06-23

by G-Tools


「ボルベール 帰郷」が話題になっているのでとりあえずこちらを先に見ました。「トーク・トゥ・ハー」はわたしにはイマイチだったのだけど、「オール・アバウト・マイ・マザー」は面白かった。「母」の強さをじっくりと味わいました。強さだけではなく悲しさも。

あらすじ++++

17年前に別れた夫に関して息子から問われた母マヌエラ。長い間隠していた夫の秘密を話そうと覚悟を決めた矢先、彼女は息子を事故で失ってしまう。息子が残した父への想いを伝えるため、マヌエラはかつて青春を過ごしたバルセロナへと旅立つ。

感想+++++

バルセロナは昔、主人公がいた町なんです。なので、古い友達もいる。その友だちはゲイでオカマちゃん。彼女がシリアスな作品にほっとできる息抜きみたいな感じで存在感があった。
男だけど、女のその友だち、修道女見習いのシスター・ロサ、マヌエラの息子が死ぬ原因の一端を持っている女優のウマ・ロッホなどと野関わりを通して、人生を再生してゆくマヌエラ。
息子を亡くして絶望しているんだけど、やっぱり人生を再建してゆく彼女の強さや、息子を亡くしているからこそ、人に対して優しくできる彼女がすごく良かった。
最後、息子の「父親」との再会には涙、なみだ。
暗いまま、物語が終わるのかと思ったら明るいラストが用意されていて、とっても気持ちよく映画を見終えることが出来ました。

★★★☆
20:18 : [映画タイトル]あ行トラックバック(0)  コメント(0)

隠し剣 鬼の爪

B000I2JQ78隠し剣 鬼の爪
永瀬正敏 藤沢周平 山田洋次
松竹 2006-11-22

by G-Tools


「たそがれ清兵衛」がすごくよかったので期待したのですが、わたし的には…まぁふつー。物語は面白かったし、ストーリーもよかったのだけど、どうも主人公が喋りすぎ。喋らない事には、見ているものにもストーリーが伝わらないので当たり前なんですが、当時の武士たちはそんなにもベラベラ喋るもんじゃない、と思いまして。自分の気持ちを恋人に伝えるにも、そんなストレートに現代風に告白したんだろうか?デートとかしたんだろうか?なんかストーリーとは関係ないかもしれないけど、そういうディティールにちょっと「違うのでは」と思ってしまって、あんまり感動もなかった。松たかこもちょっとブリっこしすぎじゃないですか??(言いすぎ?)二人とも方言は上手かったと思うけどね。
ただ!!隠し剣鬼の爪の正体が分かったときは、ぞくぞくするカッコよさを覚えました。
でも、最初は緒方賢が大石蔵之助に見えたけど(峠の群像)似ても似つかぬイヤなやつだったな。

★★★

20:01 : [映画タイトル]か行トラックバック(0)  コメント(0)

キリング・フィールド

B000657NB8キリング・フィールド スペシャル・エディション
ブルース・ロビンソン ローランド・ジョフィ サム・ウォーターストン
ジェネオン エンタテインメント 2004-11-25

by G-Tools

カンボジア内戦の悲劇を描いた作品。内戦の悲劇そのものも、ほとんど知らなかった事柄だけに衝撃的でしたが、その中で結ばれたアメリカ人ジャーナリストと現地ジャーナリストの友情がすばらしい。
特に現地記者のディス・プランという記者が、アメリカ記者のために命張って尽くした姿、そして捕虜となってからのスリリングな体験がこの映画の醍醐味でしょう。
Amazonのレビューの中にこのディスが、役柄そのものの体験の持ち主だと言う事が書いてありました。戦争そのものは本当に悲惨ですが、内戦になると余計に辛いような気がしますね。

★★★★
20:00 : [映画タイトル]か行トラックバック(0)  コメント(0)

ブラザーズ・グリム

B000LRZF7Kブラザーズ・グリム
マット・デイモン テリー・ギリアム ヒース・レジャー
ハピネット・ピクチャーズ 2007-02-09

by G-Tools

ファンタジー好きの娘は面白がっていましたが、わたしは何だかついてゆけなかったなぁ。テリー・ギリアムってなにが描きたいの?と、思ってしまうのです。彼は観客の目よりも、自分のこだわりに添って映画を作る事が第一優先なのか。自分が楽しければいいと思って作ってるような気がする・・・と、私が言うのは僭越か。
でも、「ロスト・イン・ラマンチャ」の事もあるし、応援していきたいの。応援と言っても、レンタルで映画を見ることぐらいですが。
次の「ローズ・イン・タイドランド」も見るよ!
★★☆
19:59 : [映画タイトル]は行トラックバック(0)  コメント(0)

輝ける女たち

B000TXR2KY輝ける女たち
カトリーヌ・ドヌーブ.エマニュエル・ベア-ル
TNX(PC)(D) 2007-10-03

by G-Tools



タイトルのとおり、女性たちの個性が光り、女性の強さを見せ付けられるような映画・・・とはいえ主人公の冴えない中年芸人はじめともかく色んな人たちが登場して賑やかな、だけどどこか寂しい感じもする映画でした。

主人公のニッキーは売れない(かつては売れていたらしい)マジシャン、義理の父親が経営する「青いオウム」というキャバレーでショーをしています。突然、このオーナーでもある義父ガブリエルが死に、その死をきっかけに久しぶりに家族が集まる。しかし、これがみな曲者なのが面白い。
まず、死んだオーナー自体実はドラァグクィーンで女装が大好き、死に装束も女装なんです。派手なステージ衣装。ニッキーは別れた妻が二人いて、最初の妻との間には長男ニノ(このひとがゲイで若い恋人がいるんです)、二番目の妻との間に(この妻は、かつて、義父ガブリエルとニッキーと一緒にマジックショーをしていた)長女マリアンヌ(彼女は自分の子どもを生みたくない、不妊症と嘘をついてロシアから養子を迎えるつもりで夫と話し合い中)、それぞれイワクやらなんやらややこしい背景を持ちながら、一同に会するのです。
ニッキーに相続されると思ったキャバレー「青いオウム」はなんと、子どもたちに相続されてしまい、経営状態が思わしくないという事で子どもたち(ニノとマリアンヌ)は店を売却の方向で話し合う。
一見ばらばらの家族、いや家族とは言えないか。日を追うごとに、ガブリエルの知らなかった事情がわかってきて、そのことでまた揉めたり。展開としては、いつか家族の絆を取り戻し感動の大団円、、、とならないで、とってもクールな展開がよかった。お涙頂戴もない、どこかシニカルでそこはかとなくユーモラス。面白かったです。

ニノ役のMichael Cohenミヒャエル・コーエン、この写真見て下さいよ。ニコラスケイジを若くきれいにした感じでしたよ。

Michael Cohen



★★★★
19:28 : [映画タイトル]か行トラックバック(0)  コメント(0)

ラッキーナンバー7

B000MGBS44ラッキーナンバー7 DTSコレクターズ・エディション(2枚組)
ポール・マクギガン
ハピネット・ピクチャーズ 2007-06-22

by G-Tools


これは面白かったですよ。
ジョシュ君が出てたので、それが一番よかったけど、それを差し引いてもなかなか楽しめるサスペンスでした。
映画の中にも登場するけど「北北西に進路を取れ」みたいな感じ。どこかユーモラスな感じと言い。
主人公の青年、スレヴンは不幸続き。仕事を失い、彼女も失い、友達を頼ってきたらその途中で強盗に合い免許証などをとられ、友だちの家に着いたら友だちはおらず、代わりに友だちと間違われ、借金のかたにとんでもない仕事を押し付けられてしまう。
そこまでの展開がスピーディーでテンポもよくって、すっごくヘヴィな展開なのに、どこか他人事のようにユーモラスに展開するのが面白いんです。ルーシー・リューが友だちのアパートの隣の住人として登場し、彼の話を聞いて協力しようとするのですが、初めて彼女の事可愛いと思いました。
ジョシュ君は登場からしばらく、なぜか洋服を着ることができず、ずっと裸で腰にバスタオル巻いただけの姿なんだけど、これが眼福♪楽しい映画でした!(笑)
謎の殺し屋グッドキャットとの関係や、結局ボスやラビたちに言われたとおりにやるのかやらんのか、という辺りもすごくビックリさせられて(その辺は、最初に「ひょっとして」と思っていたんだけど、その頃には最初の疑惑はすっかり忘れてしまってて、まんまとビックリしてしまった)。ラストに至るまで好みの面白い映画でした。


★★★★
17:06 : [映画タイトル]ら行トラックバック(0)  コメント(2)

ドリームガールズ

B000MGBS58ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション
ジェイミー・フォックス ビヨンセ・ノウルズ エディ・マーフィ
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン 2007-06-22

by G-Tools


これを悪く言う人はいないでしょ?
だからとても勇気が要るけど、わたしはそれほど面白いと思わなかった。たしかに歌のシーンとかステージとか、見応えはありました。私が好きだったのはエディ・マーフィのステージ。後ろで黒人ダンサーたちがキレのいいダンスを迫力満点で見せてくれて、ああ言うのはハリウッドならではの魅力にあふれていると思うし、ビヨンセですか?知らないんですけど、すごくキレイでよかった。話も、一種のサクセスストーリーで、好みだと思って見ていたんだけど・・・。
主人公は誰?
ジェイミー・フォックス?
ビヨンセ?
エディ・マーフィ?
ジェニファー・ハドソン?
誰の視点で見てればいいのかちょっとよく分からなくなってしまった。わたしは実はエフィの視点で見ていました。彼女のサクセスストーリーなのかなと思っていたので。だって、ちまたの評判で(テレビでも)彼女がすごく取り上げられていたでしょ。彼女が主人公なのかなと思っていた、実際すごく目立ってたし。
なので、彼女が干されてしまう場面はすごく嫌な気分になったのです。8年間一緒にやってきた「ファミリー」のような仲間たちに、あんな風に締め出されるなんて、あまりにも酷いと思ってしまったのです。特に、C.Cは実の兄でしょ。実の妹にあんなにひどい事がよく言えるなぁと思って。そこまでひどい事をエフィがしたか?したとしても、映画を見ている限りではそんな風には伝わらなかったと思う。
それに、いつの間にカーティスとそんな仲になっていたんだろう。びっくり。ただのエフィの片思いにしか見えなかったよー。カーティスがディーナを好きなんだって言うことは見てて分かったけど、エフィと本当にそんな関係になっているとはわたしには分かりませんでしたわ。わたしが鈍かったのかと思うけど。。。
ラストにしても、カーティスのやった事って許されない事なのに、きれいに終わりすぎた気がする。ディーナが最後のステージでカーティスに微笑みかける、それを受けてカーティスも微笑む(苦笑か?)そんな別れ方ではなかったはず。
エフィにしてもみんな、エフィにあんなに酷い仕打ちをしておきながら、特ににーちゃん、よくもおめおめと…って感じですよ。実の兄にそれはないだろう、とかなんとか言っていたけど、それってエフィが言いたいことだったんじゃないの?
とは言え、エフィがそこまで好きなキャラかと聞かれたら、そうでもないんですよね~。しかも、年取ってからのエフィは、全然「トシ」に見えない~。
なんというか、自分でもよく分からないけどモヤモヤっとしたものが残る映画でした。ひねくれてますかね。やっぱ期待しすぎるとダメってことか知らん。

★★★
16:44 : [映画タイトル]た行トラックバック(0)  コメント(2)