超「暴力」的な父親/梁 石日

4584121524超「暴力」的な父親 (ベスト新書 152)
梁 石日
ベストセラーズ 2007-07-19

by G-Tools


以前、梁石日さんの「血と骨」を読んだ時に、その主人公の破天荒と言うか型破りと言うか破れかぶれと言うか、なんとももの凄い人となりに驚いたのです。「こんな人間が主人公ってアリ?」みたいな。
でも、その「血と骨」に登場した主人公は、著者の父親がモデルと聞いて二度ビックリ。実在の人物だったとは!あまつさえ、著者の父親だったとは!
で、その父親について著者が語ったのがこの本書『超「暴力」的な父親』です。最初から釣り込まれるように一気読みしてしまいました。

まるで吼えるように、猛るように人生を荒々しく生きた、梁さんの父上。DVはあたりまえ、母親に暴力を振るう家具を壊す(時には家も)しかも、母親が一生懸命働いて得たお金も自分のために奪い去る、それが当然の如く。自分がいくら稼いでも一切家族のためには使わない、びた一文でさえ。妾は作るし、その生活費を妻に要求したり、息子(梁石日さんのこと)にたいして、妾を「お母さんと呼べ」と言ったり。
妻が瀕死の病に倒れてもやっぱり、お金を出さなかったり。
と、驚きの連続なのです。
ただ、儒教の国の生まれのこの父上は、一家の嫡子である梁さんには暴力を振るわなかったらしい。しかし、身体的暴力は振るわねど、たとえば息子の目前で自分の肉体を、無残に傷つけて見せたりという一風変わった「仕置き」は何度もしている。
圧倒的な存在感を示す父親も、老いには勝てなかったようで、というか、多分日ごろの生活の付けが回ってきたのか、病に倒れます。
そしてついには著者と決定的な別れのシーンを迎えますが、それがなんとも哀愁に満ちているのです。
また、著者の梁さんがこの父上を反面教師にして「良い父親」になったのかと言うと決してそうではないらしく、その辺りが赤裸々に描かれているのも興味深いです。
どんな父親像も、このひとのまえにはかすんでしまうと思われる、梁俊平氏の強烈なすがた。事実は小説よりも烈しい!!

「血と骨」の感想は↓に。
 ...続きを読む
スポンサーサイト
22:08 : [本・タイトル]た行トラックバック(0)  コメント(0)

ノーモア ヒロシマ・ナガサキ

4820519409原爆写真 ノーモア ヒロシマ・ナガサキ 【日英2カ国語表記】
清水 博義 黒古 一夫
日本図書センター 2005-03-18

by G-Tools


先日、テレビドラマ「はだしのゲン」を見ていて、娘(中一)が原爆ドームに行きたいと言い出しました。図書館に行った時「原爆の写真を見たい」と言うので、これを借りました。

悲惨です。
惨すぎる。

今ちょうどわたしは音羽の幼女殺害事件のルポを読んでおりまして。(相変わらずこんな本を読んでます・・)
山田みつ子にどんな事情があれ、たった2歳の子どもの首を絞めて殺すという行為に、「どうしてそんなことを・・・!」と、絶句する思いです。かけがえのない命、しかも可愛い盛りのその命を奪う権利は誰にもないはず。

「戦争」で、奪われた命にも同じ事が言えるのです。
戦争だから命を奪ったり、奪われたり・・・お互い様でしょうか?
原子爆弾の場合「落とせば何万人もが死ぬ」「その中には赤ちゃんだっている」と、わかってるのに・・・それでも、原爆を落とさねばならなかったのですか。
戦争だから・・・で、済まされてしまってはいけないです。

「わ、痛そう」「わ、怖い~」「かわいそう」と言う語彙でしか語れないけど、娘もしっかりとその残酷さを感じてくれたみたい。

写真自体もインパクトがあるけど、泣けるのは峠三吉さんの「にんげんをかえせ」や山田かんさんの「人間が人間を、武器持つものはもたないものを」という「武器」、原民喜さんの「コレガ人間ナノデス」、中川美苗さんの「学徒」などの詩。あるいは写真に添えられたコメントらが、胸をえぐるように訴えかけます。

どんな場合も人が人を殺していいわけない。
そんな当たり前のことを痛切に感じています。
21:48 : [本・タイトル]な行トラックバック(0)  コメント(2)

田中宥久子の造顔マッサージ (DVD付)

田中宥久子の造顔マッサージ (DVD付)
田中宥久子の造顔マッサージ (DVD付)田中 宥久子

講談社 2006-12-16
売り上げランキング : 14

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
田中宥久子の体整形マッサージ 田中宥久子の体整形マッサージ DVDブック 応用スペシャル編 インスパイリング・エクササイズ(DVD付) 田中宥久子 美の法則 やせる!腰回しダイエット―ウエストがくびれる「美腰メイク」エクササイズ



図書館予約、しばらく待った後やっと到着してあれから2週間。曲がりなりにも一日も休まずに続けました!
効果の程やいかに??
残念ながらメチャクチャ若返った!と言う実感はよくわからないのです。
でも、確かに言えるのは
・子どもたちが「目が大きくなった」と言う
・マッサージのあとは顔が白くなる
・おでこのM字シワがちょっと目立たなくなった
・ほうれい線が少しマシになった
・・・・などなど、
これらは「そんな気がする」のか「気がするだけ」なのか
そりゃちょっと分かりかねますが
自分としては、
「やった甲斐があった!」
と、思っています。
たしかに、マッサージしたあと自分の顔がいつもよりも「キレイ」になった気がするんですよね~~~ただし、当社比なんでね、世間と比べたらっていう話じゃなくて。
これは、でも、毎日続けていれば結構数年後とかに結果が出るかも!
何事も三日坊主のわたしですが、出来る限り続けたいと思います!!

本日返却日。こんなに2週間じっくりお世話になった図書館本もまれでしたわ(笑)

整体のほうもやってみるかな?
11:45 : [本・タイトル]た行トラックバック(0)  コメント(2)

八日目の蝉/角田光代

4120038165八日目の蝉
角田 光代
中央公論新社 2007-03

by G-Tools


不倫相手の子どもを誘拐してしまい、そのまま自分の子どもとして育てた女の逃避行劇。日のあたる場所に出られないために、隠れるようにして、変な宗教団体みたいなところに身を寄せる。変な宗教団体だけど、彼女たちにとってはそれなりに世間から隠れるための「繭」のような安心感があった。しかし、世間の目を逃れ続けるために、住居を転々とせねばならず・・・そんな中で、「我が子薫」に寄せる愛情が切なく胸打ちます。子どもにとって一体何が幸せなのかと考えさせられてしまう。
だけど、やっぱりこの主人公がしたことを、同じ母の立場からして許すことはできない。母として未熟だったら、ほかの誰かにかどわかされても文句が言えないのかとか、ちょっと考えてしまった。
また子どもが、そういう幼少時代のトラウマから(というか、家族含めて呪縛にかかっている)逃れられないのが痛々しい。前半は逃げて逃げて、そして後半は逃げられないと言う対比が面白かった。

11:38 : [本・タイトル]や行トラックバック(0)  コメント(0)

ふたりのトスカーナ


B00009V9I1ふたりのトスカーナ
イザベラ・ロッセリーニ イェルーン・クラッペ ヴェロニカ・ニッコライ
メディアファクトリー 2003-08-08

by G-Tools


戦争の悲劇を、2人の姉妹の目を通して描いた作品。ラストの悲劇がなんとも言えません。それまではごく普通に展開するので、ちょっと退屈。文部省推薦って言う感じでした。


21:19 : [映画タイトル]は行トラックバック(1)  コメント(6)

日本残酷死刑史/森川哲郎(平沢武彦編)

日本残酷死刑史―生埋め・火あぶり・磔・獄門・絞首刑
日本残酷死刑史―生埋め・火あぶり・磔・獄門・絞首刑森川 哲郎 平沢 武彦

日本文芸社 2001-06
売り上げランキング : 406944

おすすめ平均 star
star日本の死刑制度史がよくわかる

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



この本は「尊敬する戦国武将は織田信長」とか言ってる人に是非とも読んでもらいたい。どれだけ彼ら(家康にしろ秀吉にしろ)残酷な一面を持っているか、よく分かり勉強になります。たしかに偉大な面もあるに違いない。だけど、偉大な面があるからといって見過ごしに出来ないほどの残酷な所業の数々。信長の場合比叡山や長島の一向一揆の焼き討ちなど、わりと知られていると思うのだけど(それでも「尊敬する」って言う人がいるので解せない。個人の自由だと言えばそうなんだけど)秀吉や家康、武田信玄などの残酷物語も書いてあって興味深かったです。特に家康の場合構成の歴史書などでは神格化され、負の部分は公文書から削除されてしまったとか。
人間の命が犬一匹、花一本よりも軽い時代があったとおもうと、処刑の歴史は人権の歴史とも言えそうです。
その昔、薬子の乱で藤原仲成が処刑されてから平清盛が保元の乱にて自分の一族でもある平忠正など敵方(崇徳上皇方)を処刑するまで、
350年もの間、政府による死刑は実質上行われていなかった・・・と言う話や、江戸時代の歴史に名を残す切腹の美学やら、歴史上の有名な処刑の数々など、ウンチク部分がとっても興味深く読めて、なおかつ人間の命や人権も考えさせられる、なかなか有意義な一冊でした。
タイトルは残酷で、たしかに残酷な処刑の方法や様子なども書かれていますが、基本的には「死刑反対」の書。そういう誘導になっているから、と言うだけではなくこの手の「残酷拷問処刑モノ」を読むと、死刑はたしかに野蛮な拷問の延長上にあるような感じを受け、死刑反対に思いは傾きます。たしかに、明らかに許しがたい殺人者などもいてそういう人を死刑にするのは当然!って言う気持ちもどこかにはあるし、自分がその被害者の近しい人間だった時の事を思うと、大きな声で「死刑反対」って言えない。しかも、最近死刑を避けるため(だけではなく、刑を軽くしようとして)にあの手この手のいい訳合戦みたいなのが繰り広げられているのを見ると、いくらそれが「死刑廃止」というヒューマニズム思想からの行為であっても、どっか間違ってるとしか思えない場合もあります。特に山口県の母子殺人事件とか。法、刑法はいったい誰のためにあるのか、よく考えたい所です。
12:46 : [本・タイトル]な行トラックバック(0)  コメント(0)

めぐりあう時間たち

B00008K5NNめぐりあう時間たち DTSスペシャルエディション (初回限定2枚組)
ニコール・キッドマン ジュリアン・ムーア メリル・ストリープ
アスミック 2003-11-28

by G-Tools


時を隔て、ヴァージニア・ウルフの『ダロウェイ夫人』に関係する3人の女性たちそれぞれの人生を凝縮した運命的1日を綴った文芸ドラマ。
全然別の時間と空間にいるのに、なんかしらのつながりがあり、「ダロウェイ夫人」を通じてつながっている3人の物語。
上手く出来ているなぁと感心するにはしましたが…。原作を読むべき?風景や場面の美しさや女優たちの演技には魅入ってしまったけど、内容が高尚過ぎた気がする。
ともかく、登場する人たちのすべてが「うつ」を抱えているんです。冒頭、「ダロウェイ夫人」の原作者のバージニアが本当のウツだし、ジュリアン・ムーアもウツだし、メリル・ストリープもウツっぽいが恋人のエド・ハリスはもっと強いウツ症状だし。
これは、見るときを間違うとウツがうつりそうです。駄洒落ではなく。
と言う事はそれだけ、映画の放つパワーが強いと言う事なのかもしれないけど、見終えて心が軽くなることもなければ、何がどうしてみんながこうなってゆくのかがよくわからないし、イマイチぴんと来ない映画でした。
しかし、メリル・ストリープ、ニコール・キッドマン、ジュリアン・ムーアの3人がとってもよく似ていてビックリ。
いい映画なんだろうとは分かるけど、自分にはちょっと分かりにくかったね。

★★☆
20:23 : [映画タイトル]ま行トラックバック(0)  コメント(0)

いじめはなぜ防げないのか+教室の悪魔

4022502673いじめはなぜ防げないのか 「葬式ごっこ」から二十一年
豊田 充
朝日新聞社出版局 2007-07-20

by G-Tools



4591095940教室の悪魔 見えない「いじめ」を解決するために
山脇 由貴子
ポプラ社 2006-12-21

by G-Tools




子ども同士の「いじめ」って言うのは、今の時代はものすごく恐ろしいものです。大げさに騒いでいるとか、子どもに堪え性がないとか、そんな次元ではないようなのです。
その具体的な例があげてある本が「教室の悪魔」です。
まず、この「教室の悪魔」には、驚くべき現代のいじめの様相が書かれていますが、にわかには信じられないようなケースがたくさん。
特に考えさせられるのがケータイやインターネットを使ったいじめ。メールで悪口をばら撒いたり、根も葉もない誹謗中傷をばら撒く、本人だけではなく親の悪口なども。知らないうちに出会い系サイトに登録されていたり。こう言うのは昔では考えられないいじめの種類ですよね。
で、誰がやったのかわからない、どんなメールが飛び交ってるのか分からない、それで精神的に追い込まれてゆくのです。
そのほかには
・共犯関係を演出しては「一緒に遊ぶんだろ?」と脅し、金銭強要する子供たちの話
・女の子同士で下着を隠したり貼り出したりと徹底的に「恥ずかしい思い」をさせていじめるケース
・いつも常に「汚い」『醜い」と言い続ける事で、言っている方も集団ヒステリーに陥り本当にターゲットが「汚い」と感じ、またいじめの被害者も「自分が汚い」という強迫症に駆られてしまう
・教師やオトナに発覚しないように、見えないところで小さな暴力を続ける(コンパスの針で背中を刺し続ける)
・奴隷にしてしまう。いじめにより被害者の心が挫けている時に「いじめるのを止めてあげるから」と、言われると万引きから援助交際までなんでもしてしまう。そういう気持ちに追い込まれている。
などなど、実際にこのようなすさまじいイジメが(れっきとした犯罪ですよ)描かれていて驚きを通り越して暗澹たる気持ちにさせられます。
この本の、しかし、一番重要な点は「もしも我が子がいじめにあったら親はどうすれば良いのか」と言う点が、しっかりと示されている事。
ともかく、親は「子どもを守る」事が重要。と著者は言います。
いじめに合っても親には相談しない(出来ない)子どもが多いので、親は自ら子どもの異常に気付かねばなりません。その点もチェック式でいじめられたいる子どもの発する「合図」を書いてあるので、わかりやすく参考にしたい本です。

 ...続きを読む
15:01 : [本・タイトル]あ行トラックバック(0)  コメント(0)

累犯障害者/山本 譲司

4103029315累犯障害者
山本 譲司
新潮社 2006-09-14

by G-Tools


秘書給与詐取と言う罪により実刑判決を受けた著者が、1年2ヶ月の服役中に見た「障害ある受刑者」の実態と、罪に問われた障害者への司法のあり方への疑問を問題提起する。出所後も福祉に関わりながら地道に障害者たちとコンタクトを取り、世の中に「タブー」を突きつける問題作です。

考えた事もありませんでした。重度の知的障害者の人が刑法39条にも触れずに、裁判で裁かれ刑に服していたなんて。
そのほかにも驚くべき事実がここに書かれていて、唖然とするばかりです。
浅草で女子短大生がレッサーパンダの帽子をかぶった男に視察されたとされる事件、これは非常にデリケートで難しい問題です。実際に女子大生は命を奪われたわけですから、知能障害者であれなんであれ、罪は罪。しかし、彼が障害者だったために、障害者=犯罪者と言う偏見やモンダイが人権問題に発展する恐れからこの事件の報道はうやむやになってしまったらしいけど、著者は「同様の悲劇を未然に防ぐためには事件の背景にあるものを社会全体が直視すべき」と言う思いがあるのですが、全くその通りだと思いました。

また別の章では、障害者であるがゆえに無実の罪を押し付けられそうになった一件も紹介。また、ヤクザたちに障害者年金が目当てで不当に養子縁組をさせられ、年金を巻き上げられている障害者が多いとの事。
福祉も見て見ぬフリのことがあるというので驚きです。

そして同じ女性として衝撃だったのが、知的障害者の売春をする女性が多いということ。そういう人を狙って、組織に引き込んだりする輩がいるそうで、まったく怒りに目がくらむというか、恐ろしさに身がすくむ気がしました。

第4章と5章はろうあ者の犯罪について。
ここではまず、普通に音の聞こえる健常者の「手話」が、ろうあのひとたちには全然(というか殆ど)わからないものだと言う事に愕然。
考えてみれば、わたしたちが使っている言語は文法などにしても音が聞こえ、目が見え文章が読める人のものです。ろうあのひとたちには独自のコミュニケーションがあって当然です。彼らを健常者の視点で見て、その枠に押し込めようとする手話や口話を「押し付けている」様なものだとのこと。
マンガですが山本おさむさんの「遥かなる甲子園」はろうあ者たちが甲子園を目指す物語ですが、そこにもそのような事が書かれていたなぁと思い出したのですが、犯罪の話とは別に、それがとってもショックでした。

ともかく、ここには書ききれないほどの、自分が知らなかった真実やもろもろが書かれていて非常に驚き衝撃を受け、深く考えさせられた一冊でした。いつも以上に乱れた文章だったと思うけど、良かったら皆さんにも読んでいただきたい一冊です。
14:02 : [本・タイトル]ら行トラックバック(0)  コメント(1)

レミーのおいしいレストラン

主人公のネズミ、レミーは一風変わったネズミ。
他のネズミが平気で食べる残飯を嫌い、ちゃんと調理したものを食べたい。
その思いはやがて5つ☆レストランのオーナーグストーへの憧れに転じ、かれのテレビ番組や料理本を熱心に見るようになる。
そんな時、家族たちと離れ離れになったレミーはグストーのレストランで、まるで料理の出来ない見習いコックとともに、その店の看板料理を作るようになるのだが…。

映画としては、メリハリの利いたストーリー展開で、よかった。
レミーが料理興味を持ち始めるまでの過程とか丁寧にかかれてたし、死んでしまった尊敬する料理長グストーの「料理は誰にでも出来る」というメッセージも見るものには温かかった。
髪を引っ張ってリングイニを操作すしたり、そのドタバタした様子やそれまでの特訓は面白かったし、ニオイを確かめるのにリングイニは自分の鼻ではなく帽子に皿を差し出すところとか、ひとつひとつが面白かった。一生懸命に努力するレミーやリングイニたちにも心から応援したくなるし、また「敵」となる現料理長や料理評論家イーゴとの攻防にもドキドキハラハラさせられたし、映像も綺麗だし見せ場もふんだんにあり、面白い映画だった!!

が、しかーし!!

いかんせん、レミーがネズミなのですよ。
分かって見に行ったのだけど、あそこまで生々しいとは!
毛皮のゴワッとした感じとか長い尻尾とか、そしてなによりも「鼻」の生々しさ。レミー一匹ならまだしも、アレが大量に登場した暁には・・・。アニメを見ている間はストーリーに釣り込まれ、面白く感動のうちに見ていたんですが、見終えて後で考えれば「あのキャラクターグッズがあっても買わない」と思う。(もともと滅多にキャラグッズなんて買わんけどさ)

人間の登場人物もイマイチ「萌え」度がなかったな。
あるとすれば評論家のおじさん。あの人の部屋が棺おけの形だったり、まるで地獄の死者みたいな雰囲気が好みでした!そして、レミーのラタトゥイユを食べた時の感じは、作品中で一番感動した。

★★★


ちなみに、ディズニー+ピクサーのなかのわたしの好きなのは
・カーズ
・トイストーリー
・モンスターズインク
で、これらを見終えたときの後に残るような感動は今回はなし。
もう一度見たいとか、DVDが欲しいというレベルではなかったな~と言うのが本音です。(もう一度、家で見たりしたら変わるかも?)
11:18 : [映画タイトル]アニメトラックバック(0)  コメント(2)