パッチギ!

パッチギ ! プレミアム・エディション
パッチギ ! プレミアム・エディション塩谷瞬 松山猛 井筒和幸

ハピネット・ピクチャーズ 2005-07-29
売り上げランキング : 1355

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
パッチギ! オペレッタ狸御殿 プレミアム・エディション イン・ザ・プール 沢尻エリカ COLOR メゾン・ド・ヒミコ 特別版 (初回限定生産)



テレビ放映を見ました。
舞台は1968年、京都。
朝鮮学校の生徒たちとけんかを繰り返す高校生たちの中に主人公の康介はいます。学校の先生はサッカーの親睦試合をしようと思い立ち、康介に伝令を命じます。そして、その朝鮮学校に乗り込んだ康介はそこで一人の女生徒に一目惚れ。しかし、周囲は在日朝鮮人たちに無理解で。また朝鮮学校の生徒たちにも康介は受け入れられずに…。日朝版ロミオとジュリエット??。

やたらと暴力的な場面が多いのだけど、それが不思議にもイヤじゃない。むしろ暴力によってしか交われない高校生たちの姿に爽やかな気持ちと、そして悲しい気持ちの入り混じった切なさを感じました。殴れ殴れ、できる事はそれだけだ、と言う感じ。
人を好きになることに国境も人種もない、と感じているであろう康介のひたむきさが可愛いです。なんとかして、キョンジャ(沢尻エリカ)の気を引こうとしてギターを練習し、キョンジャの吹くフルートとセッションします。だんだんとキョンジャたちに受け入れられていく康介。
しかし、物語は甘くなく、康介の母親などがキョンジャたちに向ける視線が痛い。「わたしと康介が付き合うとして、そのまま結婚するとして、康介は朝鮮人になれる?」と問いかけるキョンジャの言葉は重い。
どうして、素直に好きな同士が一緒になれない世界を築き上げてしまったのか、胸がふさがれます。

葬式のシーンは圧巻だった。棺おけすら入らない狭い間口の小屋で葬式が営まれる。康介が行くと「お前は帰れ」とののしられます。「われわれがどんな生活をしてきたか、知っているのか」と、責められ康介は打ちのめされる。知らなかったと思う。わたしたちも知らないように、康介も知らないです。でも何が出来るのか。いち高校生にそんなことを言っても…ましてや康介は彼らを差別せずに仲間になった「良識ある」日本人なのに。だからこそ、ギターを壊してまで狂ったように嘆く康介の姿に涙があふれた。

クライマックスの両校の派手なけんかシーンは、バックに流れる「イムジン河」のせいもあり泣けて仕方がなかった。殴るしかないやるせなさ。けんかをする事がこの世でただ一つのリアルだと言ってるようでした。

物語は結局何も解決せずに終わるけど、それがまた清々しかったような。と言ってもただ単に清々しいと言う一言で終わらせてはいけないと思うけど。
いろんなことを考えさせられ、また気付かせてくれる(でもすぐに忘れそうなんだぁこれが)重いけれど爽やかな見応えある映画でしたね。
オススメ!!

★★★★

ただし、エッチな場面あり。小さいお子さんと見るのはやめましょう。
スポンサーサイト
11:07 : [映画タイトル]は行トラックバック(0)  コメント(0)

手で編む可愛い布ぞうり

手で編む可愛い布ぞうり お気に入りの布で! 思い出の服で!
手で編む可愛い布ぞうり  お気に入りの布で! 思い出の服で!小石 正子

河出書房新社 2006-12-09
売り上げランキング : 6224

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
布草履・藁草履を作ろう―レトロな味わいの藁の草履から衣類を再利用した布の草履まで 糸あそび布あそび 編んで楽しい!履いて快適!手づくり布ぞうり―古着も再生!足にも地球にもやさしい! 暮しの手芸教室 余り布で作れる小物


うちの『流行に敏感』???な母親が今度はこんな事を始めました・・・。
と言ってもまだ一足作っただけらしいけど(父親に上げたらしい)。
今度NHKの「おしゃれ工房」でやるらしいのです。
それでテキストを求めようとして、品切れ状態だったとの事。
こっちの本を買ってきたのです。
で、この本を見せてもらったけど、かわいいよ。
古布で出来るのも魅力だし、タオル地で作ったのも良い感じ。
娘なんかきっと外に履いて行きたい!って言いそう。
デニムで作れば外履き用も出来るとか。
頑張ってー!お母さん!(おめーがやれ!)
10:35 : [本・タイトル]た行トラックバック(0)  コメント(0)

名もなき毒/宮部 みゆき

4344012143名もなき毒
宮部 みゆき
幻冬舎 2006-08

by G-Tools


社長の庶子(になるのかな?)の娘と結婚して、元いた出版社から引き抜きの形で義父(社長)の会社の広報部に配属された杉村がにわか私立探偵になるシリーズ第2弾。
今回は、自分の部署にいたアルバイトの女性原田いずみの迷惑行為がもとで、ある殺人事件の被害者の家族と知りあい、その事件に介入して行きます。

残念ながら前回の「誰か」のほうが面白かった。シリーズにするにはちょっと主人公はじめ人物の魅力が乏しいと思う。
最初にハウスシック症候群など登場し「毒」は身近にあるものだという抽象的な示唆を含めながら、人間の心の中の「毒」を表現したかったと思う。けど、一番物語の中で「毒々しい」のは元アルバイトの原田いずみではなかったか。しかし彼女のいったい何がそこまでエキセントリックに毒を撒き散らす原因となったか、たしかに彼女のやることなす事がスキャンダラスで面白いと言えば言えたのだけど、原因もなしにその行動だけが取りざたされては後に残るのはただ空虚な後味の悪さだけでは?
肝心の冒頭の無差別殺人のオチの付け方もあまりにあっけなく、納得も出来なければ説得力もない。何にもまして「原田いずみ」「シックハウス症候群」「無差別殺人」のどれもが上手く絡み合ってなかったのが残念。最後までは読めたけど宮部さんにしては面白みに欠けたなぁと思わざるを得ませんでした。
辛口でゴメンなさい(^_^;)
10:22 : [本・タイトル]な行トラックバック(0)  コメント(1)

トラベリング・パンツ ジーンズ・フォーエバー/ アン・ブラッシェアーズ

トラベリング・パンツジーンズ・フォーエバー
トラベリング・パンツジーンズ・フォーエバーアン・ブラッシェアーズ 大嶌 双恵

理論社 2007-04
売り上げランキング : 72082

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ラストサマー―トラベリング・パンツ セカンドサマー―トラベリング・パンツ トラベリング・パンツ ラッキー・ガール(特別編) プラダを着た悪魔 (特別編)



映画を見てこの少女たちが大好きになり、原作も1~3まで読んで…。3巻で終わりとなったとき、すごくさびしい思いがしたので今回また彼女たちに会えて懐かしい気持ちになった。もう完全に母のような姉のような、ジーンズになったような気分で彼女たちを見守る心境です。
第一作目から見れば4年目になり、彼女たちも大人になりました。もう4人が一緒に集まる事もままならないほど、自分たちの世界が広がり個人個人の生活を楽しんだり悩んだりしながら生きています。それぞれが夢に向かって一歩一歩確実に(迷いながらも)進んでいく姿が愛しいです。

個人的に言うとやっぱり気になるのはレーナ。コストスとの恋の結末があんなふうになってしまい…若いのだからまた新しい出会いがあるんだ、と理屈では分かっていてもどうしてもコストスと幸せになって欲しいと言う思いを捨てられません。そんなわたしに3巻のラストは切ないながらもなんとなく希望が持てるようなイメージがあったので、その辺りが読みどころの一つでした。

最後にジーンズがどうなってしまうのか。それでも彼女たちのシスターフットは永遠に。ジーンズフォーエバーというタイトルに相応しい心地よいラストです。コレで終わり?やっぱり寂しい。また続編を読みたいものです。
09:48 : [本・タイトル]た行トラックバック(0)  コメント(2)

見てきたよ~ん♪

「パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールドエンド」見てきましたよ~!
土曜日で公開してまだ日が浅いので、混んでいました。
とりあえず、今回やたらグッズが欲しくなって買ってしまいました。
大学生の長女は
・筆入れ(巻きタイプ)
・ストラップ(缶入りのやつ、もうケータイにつけています)
中学の娘は
・クリアファイル
・下敷き
・方位磁針
わたし
・パンフレット
・クリアファイル
・サントラ
で、娘が前夜祭に行ったときのこと、終電がないような時間に終わったので、迎えに行きました。そしたらコインとか羽とかキーとか一杯ついてるキーホルダーをお土産に買ってくれまして♪今日はジーパンのベルトに付けていきましたよ!(笑)
ああ楽しかった♪
また行きたいです!
詳しい感想はまたのちほど。。。
pcwe2 
pcwe1

21:37 : [映画タイトル]は行トラックバック(0)  コメント(2)

父の日に日傘はいかが?

わたしの父親は今年の誕生日で74歳。
数年前に血管がつまって手術をしたので、日常生活には全然支障がないのですが、運転を止めました。
で、出かける時は電車を使い、駅から歩く事が多くなりました。
そんな父が困るのが夏の日差しです。
帽子をかぶっていても、背中や肩が暑く女性の日傘姿を見ては羨ましそうにしていました。
去年は、近所のスーパーで日傘を買いましたが、どうしても女性用しかないのです。
だけど、今ネットで探してみたら案外男性用の傘ってあるもんですね。
父親のようにトシを取ってくると、重いのはダメ。なるべく軽いものがいいようですね。
傘はだいたい500グラム前後が多いようですが、200グラムと言う軽さでUVカットもしてくれる傘を発見。


価格 1,680円 (税込) 送料別


重さを考えずに、しっかりしたものを欲しいと思ったらこんなのもありました。


ジャスミン価格 3,980円 (税込) 送料別


価格 15,000円 (税込15,750円) 送料込



価格 13,000円 (税込13,650円) 送料込


価格 10,500円 (税込 11,025 円) 送料別

探せば色々ありそうです。
父の日までに考えてみようかなと思っています。
21:58 : [そのほか]もろもろトラックバック(1)  コメント(4)

すごっ!!

たまたまネットサーフィンしていて見つけたのです。
ここ、すごい!「Flickrvision

全画面にして、サイズを大きくするともっと迫力。
勉強になりそう!
地理を勉強中の中学一年の娘と一緒に見てみようかな?
安全なのかちょっと不安もあるけど見てたら時を忘れてしまいます。
(ClassicViewにすると、地図)

呟き版??「3DTwittervision」?

そしたら日本にもよく似たのが。
みなさんご存知でしたの?

コレは日本のサービス「ジオクリ


いや~~~楽しい!
11:40 : [そのほか]もろもろトラックバック(0)  コメント(0)

DEPP ~デップ~/クリストファー・ハード

457604236XDEPP ~デップ~
クリストファー・ハード 松井 貴子
二見書房 2004-12-18

by G-Tools



「オークション」って言うものを、今まであんまりしっかりと見たことがなかったんだけど、一旦あの世界を覗いてしまったら入り浸りになりますな~~。もう、一日中パソの前から離れられない状態ですわ。しかもそんなに必要ないだろうと思うものも買ってしまいそう。
コレはオークションの罠ですね。
でも、オークションでこの本を見て思わず入札・・・しそうになり、ちょっと待て待て、とAmazonのユーズドを見たら、なーんだ~~ユーズドのほうが断然安いじゃーん♪
という事でぽちっと。やっちゃいました。
でも、満足!!!
モノクロだけど写真はたくさん載ってるし、映画ファンには溜まらん映画作品やら俳優やら監督たちの裏話も分かるし、なによりもジョニーがもっと好きになる。
死ぬまでににはジョニーの作品、網羅したいな!!(笑)
17:50 : [本・タイトル]た行トラックバック(0)  コメント(0)

じょに~!!

パイレーツ・オブ・カリビアン:ワールド・エンド オリジナル・サウンドトラック
パイレーツ・オブ・カリビアン:ワールド・エンド オリジナル・サウンドトラックサントラ

エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ 2007-05-23
売り上げランキング : 184

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
フェイク エクステンデッド・エディション JOHNNY DEPP Interviews (ジョニー・デップ インタビューズ) 2007年 06月号 [雑誌] 21 ジャンプストリート シーズン3  DVD‐BOX1 パイレーツ・オブ・カリビアン ポスターブック ジョニー・デップ100シークレッツ―SCREEN公式認定


ついぞこの前までロッキーで頭一杯胸いっぱいだったのに、今はもうジョニー以外のことは考えられません。頭の中はパイレーツの音楽がエンドレス。サントラ聴きまくり!
昨夜から来日の模様がテレビで流れてるけど、若い子達が泣いたり騒いだり、すごいね。ジョニー。羨ましいわ見た人。わたしも多分あの場にいたら泣く!!!でもおばちゃんはあんたたちがヨチヨチ歩きの頃からジョニーのファンだったんだぜ!と言いたいがこれ以上不毛なせりふもないでしょうしね。
ところで、空港にはもちろんジョニーのほかオーリーもやってきてファンに騒がれていたけど、ちらっとビル・ナイおじさんがやってきたシーンも映っておりました。が、し~~ん…という感じで、気の毒(苦笑)。まぁあの映画の中のタコ男の姿を見ても、だれもビル・ナイってわからないから仕方がないよね。ハンニバルのメイスン=ゲイリーくらいの不明度だしね。印象的な役者さんですよ、ぜひとも「シャンプー台のむこうに」をご覧あれ。

思えば去年の夏、この映画の第2弾「デッドマンズ・チェスト」を見ることがディズニーランド行きと同じくらいのテンションで楽しみだったのだけど、今回もっともっとワクワク度が上がっています。あー早くみたい!でも、見ちゃったら虚脱するかも。楽しみは先送りにしたいような、早く見たいような。どきどきどき・・・・。

でもさ、略して「パイカリ」って言うのはどうかと思う…。
09:43 : [映画タイトル]は行トラックバック(0)  コメント(7)

裏窓

裏窓裏窓
ジェームズ・スチュアート


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


古い映画を見直す企画第3弾。(これも父親がもっていたので見てみた)
ヒッチコックの代表作ともいえるミステリーです。

足を怪我して家から出られないカメラマンが、窓から見える向かいのアパートの人々の生活を見守るうちに、ある一人の男の不審な行動に目が行く。はたしてその男はいったい何をしたのか?

と言う話。
動けないからだ、覗きに熱中するカメラマン。彼女は絶世の美女で自分にぞっこんほれ込んでいる。自分のためなら危険を冒すこともいとわない。向かいのアパートの男は自分の想像通りに罪を犯したのか?

アイデアが奇抜でヒッチコックの非才さを余す所なく出してる、とよく言われますが、昨今のドキドキハラハラに比べたら大したことはないと思います。何といっても主人公自身に危険が迫ったりしないので。
要は野次馬が勝手に事件に首を突っ込んでいると言う図式。向かいのアパートの人たちも無防備に窓を開けて行動しすぎです。アメリカではみんなそうなの?また、あちらのアパートから主人公が住むアパートは見えないのか?いつも覗いている主人公を不審者と思う人はいないのか。
ということは全て「見て見ぬ振り」をしていないとこう言うミステリーは楽しめません。

それよりもこの映画はファッションも含めてグレース・ケリーの美しさを堪能したい。まぁ~~こ~~~んな綺麗な人が自分にぞっこん参ってると言うのに、主人公ってば結構連れない。信じられないぐらいです。家政婦に「リズと結婚しなさい」と勧められても「いくら貰ったんだい?」などと失礼千万な言葉!こんなことを言う男とは即刻別れてしまえ~~~その美貌ならば他にもっと自分を大事にしてくれる男がいくらでもいるよ、と思ったのですが結構美人薄幸なのかもね(美人の方ゴメンなさい)。ジェームズ・スチュアートも今見てみるとにやけた男だよね。ケーリー・グラントもにやけた感じがするし。ただヒッチコックの映画は女性がゴージャスなのが多いのでつい惚れ惚れしてしまいます。

やっぱミステリーは主人公が危険な目に合わないとあんまり面白くは感じないわたしなのでした。
でもヒッチコックの作品と言う事で一件の価値ありです。昔の美女もたまには見て自分の姿を振り返るきっかけに・・・は、ならないけど。

★★★
07:26 : [映画タイトル]あ行トラックバック(0)  コメント(0)

北北西に進路を取れ

B0002T20OI北北西に進路を取れ 特別版
ケーリー・グラント アルフレッド・ヒッチコック エバ・マリー・セイント
ワーナー・ホーム・ビデオ 2004-09-23

by G-Tools


北北西に進路を取れ 特別版北北西に進路を取れ 特別版
ケーリー・グラント アルフレッド・ヒッチコック エバ・マリー・セイント


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


古い映画フェア第2弾。
実は父親が借りたレンタルビデオなんだけど、回してもらいました。
ケーリー・グラントとかジェームズ・スチュアートとかちょっと区別がつかないんですが(笑)、これもテレビで見たことはあるけど、忘れていますわ・・・。
ヒッチコックは結構好き。むかしよく教育テレビの名画劇場みたいなのでやっていました。「サイコ」は一人で見てて怖かった。あと「フレンジー」が面白い。「ダイヤルMを廻せ」も好き。「鳥」「めまい」「レベッカ」「マーニー」など見たけどやっぱり名作を見落としていますね。
「北北西に進路を取れ」も今見ても面白いコメディタッチのサスペンスでしたよ。

++++++++++

主人公のロジャー・ソーンヒルはやり手の広告マンだったのだけど、あるとき突然「キャプラ」なる人物と間違われて誘拐されてしまう。危うく命を落とすところだったが幸いにも何とか逃げる事ができた。
しかし、誰もソーンヒルの言う事をまともに取り合ってくれず、そのうちになんと殺人犯に仕立てられてしまう。絶体絶命の中で逃げる鉄道列車の中で謎の美女イブと出会う。キャプラと連絡を付けてくれたと言うイブの言葉そのままに、約束の地へいくとそこはただ広い農地があるだけで、誰もいないうえになんと空の上から命を狙われるのだった!!

++++++++++

命を狙われたり、逃げ惑ったりするのになんとなく悠長なのんびり感、そしてあくまでユーモラス。ウィットにとんだ大人の余裕あるスリラーで見ていて飽きません。最初のほうなど、主人公がお母さんを引っ張り出してきて一緒に「キャプラ」を探しに行くんだけど、お母さんは相手に向かって「本当にうちの息子の命を狙っていらっしゃるの?」なんて堂々と尋ねたりして、美女に出会えば緊迫した中でもデレデレしたりして、でもサスペンス要素はしっかりとしていて、昔の映画のよさがつまってる感じですね。
またラストが凄く印象的で、良い感じ♪ユーモアあふれるロマンティックミステリーとして楽しめました!!

おまけ映像も充実していて面白かったです!


★★★☆
17:17 : [映画タイトル]は行トラックバック(0)  コメント(0)

small planet/本城 直季

small planet
small planet本城 直季

リトルモア 2006-04-08
売り上げランキング : 10694

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
Scanscape: A Visual Essay About a Global Phenomenon The Waterfall Project TOKYO NOBODY―中野正貴写真集 東京窓景 うめめ




本城直季さんという写真家の方の写真集です。
「風景を模型のように撮る」のだそうです。
どの写真を見ても、とっても普通の風景には見えない!!
ほんとに「模型」「ミニチュアの町」のように見える!
すごく不思議!!
しかもおしゃれで綺麗。
愛地球博の写真もあって目を引きました(笑)。
↓奥田英朗さんの新刊「家日和」の表紙の写真も彼の手によるもの。
一度じっくり見て見てください。
とても「本当の風景」には見えないですよね!!


4087748529家日和
奥田 英朗
集英社 2007-04

by G-Tools



 ...続きを読む
21:28 : [本・タイトル]写真集などトラックバック(0)  コメント(1)

エデンの東

B00005HCVUエデンの東
エリア・カザン ジェームス・ディーン
ワーナー・ホーム・ビデオ 1991-09-21

by G-Tools


こないだ、「ロッキー」を久しぶりに見たとき、年とともに映画の感想が変わることを改めて痛感したので、今度はコレを見ました。「エデンの東」。
今の若い人で「好きな俳優は?」と尋ねられて「ジェームズ・ディーン」と答える人はあまりいないと思いますが、わたしの世代では彼の死後20年以上経っていても、「ジェームズ・ディーンのファン」という人が大勢いたのです。(同じく「ブルース・リーのファン」とかも)
で、当時は当然レンタルビデオも、家庭用のビデオデッキもなくて(あったかも知れないけど持っている家庭は滅多になかったの)リバイバル上映でもなければ、テレビ放映で見るしかなかった。ご他聞に漏れずわたしもテレビ放映で一度見ただけ。その後レンタルビデオが見られるようになっても、特に借りてみた記憶もない、そんな映画が「エデンの東」以外にも結構あることに気が付いたのです。「シェーン」とか「荒野の用心棒」などの西部劇色々やヒチコック作品とかもそうです。

前置きが長くなったけど、そんなわけで改めて借りてみた。久しぶりのジェームズ・ディーン。画面は古ぼったいし、音楽はジャジャーン!!って言う感じでこれまた古い耳障りだし、どうなんだろう、今見たらがっかりするんじゃないだろうかと思ったら、とんでもないでした。

物語は今更語るまでもないと思うけど、父と子の確執モノですね。
ディーンが演じる主人公キャルには双子の兄アロンがいます。農場を経営する厳格で「善人」の父親の愛情と期待は、出来のよいアロンのほうばかりへ注がれている。またアロンにはアブラという美しい婚約者もいて、乱暴で人嫌いなキャルは誰からも見向きされずに、性格がねじけてしまっています。
家族3人の中で自分だけが「悪人」であることを悩むキャルは、死んだ事になっている母親に会いに行きます。母親はいかがわしい商売をしていて、ろくでなしであり「悪人」である、自分の性格の根源はこの母親にある、父親に嫌われるのも当然だと納得するキャル。
ですが、父親が母親を本当に愛していた事を知って、自分も努力すれば父親の愛情を得る事ができると思い、キャルは変わります。自分から父親の「冷凍キャベツ」の収穫や出荷を手伝ったり、父親に認められようと一生懸命。
物語の軸になるのはこのキャルの孤独、切ないまでの愛情への飢え、父親をなんとか喜ばせようとするいじらしさ、そして隠し持つ優しさ繊細さなどなど。
今この映画を見直してみると、親の立場からも子どもの立場からも色んなことを感じます。自分の価値観でしか息子を見ない父親には、腹立ちも感じるけれど、自分にもそんな部分があるのではないだろうかという居心地の悪さやいたたまれなさを感じます。子どもの立場からは愛して欲しい親から見向きされない悲しさがひしひしと伝わります。
結局、キャルは病気の父親と和解するのだけど、そのシーンは涙があふれて止まりませんでした。キャルの嬉しそうな表情も良いんだけど、ここはなんと言ってもアブラの必死の説得が泣かせます。キャルをいちばん理解しているアブラ、その切々としてた訴えには胸打たれました。
病気の父親の傍にいて看病したいと思うキャルは、実は本当に親を愛している心の美しい青年だったと分かりますね。
しみじみと泣ける映画です。
見直してみて本当によかった~。


★★★★☆


ところで、父親の若い頃のコレクションですが、当時のシナリオです。(このシリーズが他に数冊あります)「英和対訳シナリオシリーズ」「エデンの東」は№59ですね。

eastofeden


中身はこんなの。クリックしてください大きく見えます。

ee2


奥付。昭和30年と言うと1955年、ディーンのなくなった年ですね。

ee3

22:26 : [映画タイトル]あ行トラックバック(0)  コメント(6)

麦の穂をゆらす風

B000NIVIPA麦の穂をゆらす風 プレミアム・エディション
キリアン・マーフィー ケン・ローチ ポードリック・ディレーニー
ジェネオン エンタテインメント 2007-04-25

by G-Tools


監督 ケン・ローチ
出演 キリアン・マーフィ 、ポードリック・ディレーニー 、リーアム・カニンガム 、オーラ・フィッツジェラルド 、メアリー・オリオーダン 、メアリー・マーフィ


タイトルがものすごく優しい感じだし、ミニシアター系のもっとほのぼのとした内容の映画なのかと思ったら、とんでもない、すごく悲惨なアイルランド紛争の一部を克明に描いた問題作で、拷問の場面や処刑シーンなど、正視に堪え難い生々しい恐ろしさのある、そして圧倒的な悲しさを描いた映画でした。美しい風景とは裏腹に描かれているのは、たとえ志が同じでも一つ間違えば肉親や友達でも敵同士になってしまうという、人間の残酷なまでの悲しさでした。

1920年のアイルランド、イギリス軍の暴虐に耐えられないアイルランド人たちは義勇軍IRAを結成、主人公のデミアンは医師としてロンドンの大病院で働くと言う輝かしい未来をふいにして、地元で仲間たちと祖国アイルランドのために立ち上がった・・・。
どの国の紛争も、あまり理解できないわたしです。がアイルランド紛争もかなり悲惨な状態だったと言う事だけは漏れ聞いている。 そんな程度に知識が殆どないわたしにはかなり勉強にもなった作品。
同じように「祖国」を思っているのに袂を分かつしかない仲間たち。どちらか一方だけの視点でもなく、どちらかだけに感情移入するでもない。両方の気持ちが分かるから余計に辛い物語でした。
麦の穂をゆらす風、と言うタイトルは作中にも登場するけどアイルランドの民謡のような歌。旋律が物悲しく、美しい曲で泣かせます。

しかし、イギリス人というと「ブラス」だとか「リトルダンサー」だとか「ハリーポッター」だとか「シャンプー台のむこうに」だとか、愛しい人たちがたくさんいます。でも、国家としてはアイルランドに対してこのように酷い行いをしていたのだと思うとかなり考えさせられるものがある。もちろん、日本にしてもかつてのアジア侵略の事を思わずにいられず、ここに登場するイギリス兵は、当時の日本兵だと思いながら見た。結構きつい。

どうにかならなかったのか、なんとかならなかったのか・・・ともかくそう思えてやりきれなさが残る映画でした。
個人的にはダンがいちばん好きだったな・・・。

★★★★☆
21:22 : [映画タイトル]ま行トラックバック(0)  コメント(1)

家日和/奥田 英朗

4087748529家日和
奥田 英朗
集英社 2007-04

by G-Tools


ネットオークションにハマる「全盛期が過ぎた」一家の主婦の物語「サニーデイ」。
人間いたるところに青山あり、いきなりリストラされて「主夫」になった男の物語「ここが青山」。
妻との別居をきっかけに今まで我慢していた趣味を復活させる男の物語「家においでよ」。
在宅ワークの担当者の「フェロモン」に参った?主婦「グレープフルーツ・モンスター」。
やたら勝負をしたがる夫は今度はカーテンとカーペットのお店をやると言い出した「夫とカーテン」。
ロハスに懲りだした妻に閉口する作家の物語「妻と玄米御飯」の6編が収録された短編集。
相変わらず何も考えずに笑いながらさくっと読めるのが良いです。
とくに「サニーデイ」などは、インターネットが好きな人は「わかるわかる~!」で笑えると思う。わたしも時々声をあげて笑いました。子どもたちが成長して、「この家は全盛期を過ぎた」と思う主婦の言葉にしみじみとした感慨を抱いたのはわたしだけではないでしょう。
オークションで「儲ける」と言う事よりもネットを通じて、人とのふれあいを求める主人公の気持ちは手に取るように分かりますよね(笑)。
相変わらず、人の心を表現するのがお上手な奥田さんでした。
ラストの「妻と玄米御飯」もかなり面白い!これ、実体験じゃないの?と思えるぐらい真に迫ったリアルな展開だと思う。こっちまではらはらしてしまう。ロハス・・・(笑)。結構上手におちょくりつつも、実はおちょくってゴメンネと言ってるような、作品自体のメッセージが明確で面白いです。これも是非ご一読を!笑えます!
そして、何よりわたしが気に入ったのは「家においでよ」。
これは離婚の危機に陥った夫婦が、とりあえずということで別居を始めた所から始まります。殆どが妻の持ち物だったらしく、夫はがらんとした部屋に残される。まずは暮らしてゆくための家具をそろえようと思い立ちます。が、どうせ揃えるのなら自分なりのこだわりを持ちたいと思う。今までは妻のしたいようにインテリアなどは任せてきたのだから。
こだわりを追求するうちに仲間もうらやむような部屋が出来上がって行き・・・という感じなんだけど、相変わらずユーモア満載だし主人公と同年代の男性(もしかして女性も?)そっちの方面で趣味が合えば懐かしくて叫びたくなるような場面が登場するかもしれません。離婚寸前だと言うのに心躍るような物語の雰囲気、間違っていませんか?と笑えます。が、笑わせながらも実はこれは「結婚ってナンだろう」「夫婦ってなんだろう」「家族って?」「家庭って?」と、考えずにはいられないシビアな問題が潜んでいます。
男の人は独身か既婚かで、自分の自由になるものが全然違う。お金も時間も家の中の空間も。それでも、それを承知で結婚するんだと思うのだけど、中には「しまった!結婚なんかしないほうが良かった」と思う殿方もいらっしゃるのじゃないでしょうかね(笑)。
この「家においでよ」を読んだ男の人の忌憚ない感想を、一度聞かせていただきたいものです。
「サニーデイ」「家においでよ」「妻と玄米御飯」は★★★★★でした!

あさみさんにお借りしました、ありがとうございました♪
20:55 : [本・タイトル]あ行トラックバック(0)  コメント(4)

ダブル/永井するみ

457523561Xダブル
永井 するみ
双葉社 2006-09

by G-Tools


ほんの数行の小さな新聞記事になっただけの、とある交通死亡事故。
一人の女はその記事を切り抜き、いやな事があるたびに取り出して読み、ほくそ笑むように満足しストレス解消をする妊娠初期の主婦。
片方の女は、その記事の被害者が誰かに押されたように車道に飛び出したと言う証言があることから、他殺の線もあるとの警察の姿勢に目をつけ、記事にならないかと粘る雑誌記者。
やがてまた起きるサラリーマンの事故死を通じて二人の女は交錯し、そしてほのかな友情さえ芽生えるように・・・。
交通事故で死んだ女は他殺か事故か。サラリーマンは。
自己顕示欲の塊の雑誌記者と、自分の価値観の中でのみ物事を捉える同じ年の二人の女が出会ったとき・・・。


前半、主人公の多恵(雑誌記者)に対して嫌気が差していた。
彼女があまりに強引だし、事故死した女性「いずる」に対して凝り固まった固定観念で判断しているし、自己顕示欲は強すぎるし、ちょうど多恵の彼氏と同じように彼女に対して感じていた。
そのうえ、多恵が乃々香に出会うまでの偶然に偶然が重なる話の流れにご都合主義が強すぎるような感じがして、イマイチ面白く感じなかったのだけど、ふたりの主人公が交錯し、出会ってからの後半の展開はかなり面白かった。
各方面に取材し、いずるの彼氏の佐藤にインタビューを重ねていくうちにだんだんといずるにたいする先入観や固定観念が溶けて行く。と、同時に彼女自身の自己顕示欲や強引な突込みがなくなって、彼女に好感が持てるようになっていくのだ。
そして、多恵と乃々香の対峙が読ませる。ただ敵対心だけがあるのではなく、うっすら芽生える友情らしき感情が展開をよけいに見えなくしていて面白い。
ラストはわたしには、例によって予想がつかなかったので驚かされたが、驚くと同時にあり得なさも感じてちょっとげんなりしたかな。
しかし、二人の主人公の女たち、どちらも物語の初めと終わりとでは印象が全然違います。多恵の変化は気持ちよく、今後を応援したい気持ちになるような前向きな終わり方が心地よかった。
20:22 : [本・タイトル]た行トラックバック(0)  コメント(0)

スパイダーマン3

spiderman

監督 サム・ライミ
出演 トビー・マグワイア 、キルステン・ダンスト 、ジェームズ・フランコ 、トーマス・ヘイデン・チャーチ 、トファー・グレイス 、ブライス・ダラス・ハワード


前作から3年経ってるのね。待ちに待ったシリーズ登場!で、ものすごく期待していたんですが、イマイチだったかな。面白かったけど、やっぱり最初の頃のような新鮮さが無いので、空をビュンビュン飛ぶ場面にも 以前のように心躍らない。CGも凄いけど、もう慣れたというか飽きたかな。「スーパーマン・リターンズ」や「ロッキー・ザ・ファイナル」のようにもっともっと何年も経ってからだったら面白く感じたかもしれないけど。

今回は、ニューヨークのカリスマ的存在となり、ちょっぴり慢心を覗かせる(MJのハートも射止め順調だし、そりゃ有頂天になるよね)スパイダーマンがブラックスパイダーマンとなり、悪い心に支配されてしまう、その自分自身の中にある悪と戦いつつ、叔父さんを手にかけた強盗犯とも、そして前作で父親の死をピーターのせいだと思い込んでしまったハリーとも戦わねばなりません。
いったいこの「悪人」「仇」の多さにどう収拾をつけるつもりなのか、と心配になりましたが、その点予想外の展開で面白かったです。「ああ、そうきたか!!」と。
でもそれまでが長い。わたしがトシを取ったせいなのかもしれないけど、堪え性がなくなってきてて、以前は同じ料金なら長い映画のほうがお得♪と思っていたのに、今はもう100分以内にしてお願い!と言う感じです。特に好きな俳優でも無いので、この映画の長さには参ってしまったわ。なので★★★。
で、どうして画像がハリーかというと、ピーターよりも断然ハリーのほうがカッコイイからだ!そのハリーがねー・・・。うーん。

★★★
19:13 : [映画タイトル]さ行トラックバック(1)  コメント(0)

映画のパンフレット

ロッキーのパンフレットを探してて(いつでもすぐに取り出せるところにおいてあるので探すというほどのことも無いんだけど)他のパンフレットもちょっと披露したくなりました(^^ゞ
結構たくさんあるんだけど、わたしなりにチョイスをしてみました。「風と共に去りぬ」もあるけど、これはリバイバルの時のもの。わたしが中学生の時です。なので、いちばん古いのはこれ。で、いちばん大事なのもこれかな~~。
soundofmusic

日付を見ると昭和45年となっている。「サウンド・オブ・ミュージック」が日本で公開されたのは1965年ぐらいなので、5年後のリバイバルかなんかの時のものでしょうか。コレはさすがに父親か母親が買ったもの。
うちは滅多に家族で映画を見に行くなんてなかったのです。家族で映画って当時は結構贅沢だったと思う。
で、「サウンド・オブ・ミュージック」以外には家族で見に行ったと言えばこれ「ジョーズ」。妹はまだ幼く、とっても怖がり二度と映画にいくとは言わなかったね。
jaws

一人で映画を見に行くようになったのは高校に入ってからです。市内の映画館では遅れてやってきた作品が3作同時上映とか。
すっごく気に入ったのは「新・明日に向かって撃て!」です。ご存知でしょうか、この作品を。レッドフォードとニューマンの「明日に向かって撃て!」の主人公二人の若き日を描いた続編。続編って言うのは変ですが、ご存知の通り「明日に向かって撃て!」に「続編」は作れないので。
これで、ものすごくこのサンダンス・キッド役のウィリアム・カットのファンに。ファンレターを出しポートレートも貰いました。
彼はね当時「レッドフォードの再来」と言われていたんです。よく似ていました。ブラピもレッドフォードに似ているけどね。今ではウィリアム・カットはちっとも見ませんね~。相棒ブッチ・キャシディ役のトム・ベレンジャーはちょくちょく出ていると言うのに。
butchandsandans

当時は入れ替え制ではなかったのでずっと映画館にいてもよかったのです。この映画、3本上映のいちばん目だったのですがもう一度この映画を見ようと思い、次の2本みてから2回目もみてきました。朝から夕方までずっと映画館にいた感じ、延べで言うと4本見たことになります。今のような良い劇場ではなくお尻は痛くなるし、映画館を出た時はふらふらで真っ直ぐに歩けなかったのを覚えております。

ガキの頃の自分にこの映画が分かったんだろうか?と思うのが「ディアハンター」。ベトナム戦争に行き精神を病んだ友達を探しに行くロバート・デ・ニーロの映画。もちろん目当てはデニーロの友達役のクリストファー・ウォーケン様!でも、デニーロの渋さに惹かれて、このあと「レイジング・ブル」も見に行ったんだけど、女子高生が一人で見る映画ではなかったです(笑)ちなみに「ロシアン・ルーレット」が何たるかを日本に知らしめたのがこの「ディアハンター」ではなかったでしょうか?
deerhunter

次は「クレイマークレイマー」これも高校時代に見に行ったけど、こんなモン、高校生が見て分かるのかな!!でも映画館で泣いた記憶があるけどな~~。今見るともっと切実ですよね。奥さんの行動がちょっと理解不可能だわ。今は「クレイマー」って言うと「クレーム付ける人」の意味ですよね?(笑)
kramer

最後にわたしらしいパンフレットを。「銀河鉄道999」も「火の鳥2772」も「ルパンⅢカリオストロの城」のパンフレットも「ミスターBoo」までも、もちろんありますが、やっぱり当時はこのお方にぞっこんでした。その名は「キャプテン・ハーロック」。
はい、まったくオタクな高校生だったね!(笑)今も変わりませんが。
harlock

今は映画に行っても滅多にパンフレットは買いません。今に比べたら昔はちゃんと買っててエライな?でも、200円とか300円だったよ。映画のチケットに比べたらかなり安いよね。
17:40 : [映画タイトル]そのほかトラックバック(0)  コメント(7)

ロッキー2(しつこい?)

B000IU398Wロッキー2
シルベスター・スタローン カール・ウェザース タリア・シャイア
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2006-10-27

by G-Tools


やっと「ロッキー2」借りる事ができました。皆さん「観たい!」と思ったのがほぼ同時だったようで、今回借りに行ったら殆ど全部のロッキーが戻されていました(^^ゞ

さて、今回のロッキー、製作自体は2年後と言う事なのだけど、映画を見てみれば数年後とか数ヵ月後どころではなく、前作「ロッキー」の終了時、その当日その直後からの続きである。
試合シーンがかぶっているぐらいで、まったく1と2のタイムラグ無しと言う設定。
わたしはこれを映画館で見たんだけど、当時高校生。この物語の良さが分かっていたんだろうかと疑問に思う。「ロッキー2」のロッキーは一旦アポロとの試合で善戦したため一躍有名になり、自信をつけてエイドリアンに求婚、そして結婚する。(雪の動物園のシーンは印象的!)ファイトマネーも入り今までの貧乏暮らしを振り切るように贅沢三昧な日々。悪趣味なコートや高級車、はたまた家まで買ってしまう。
だけど、ボクシングも目の怪我が大きかったためと、エイドリアンにも止められたため、出来なくなったロッキーはいまやただの失業者と同じ。たどり着く所は生肉工場の作業員だがそれすらもすぐに止めさせられる。
この前半部分は今見て見ると結構退屈な感じかも。肝心のボクシングをやらずにうだうだ…。家族と言う大きな負担を抱えて、責任を果たそうと奮闘するロッキー、だけど思うように行かず身重のエイドリアンに食い扶持を稼いでもらうと言う自分へのふがいなさに落ち込む、今のわたしの年齢なら共感するところもあるし苦労もわかる。それはそれで気になる展開だし哀愁が漂うロッキーがまた愛しいと思う。でも、当時のわたしにはあんまり分からなかっただろうなーと思うんだけど、わたしの中ではすっごく感動的な映画としてインプットされているのはなぜか。
アポロとの試合をもう一度やる事になり、反対していたエイドリアンは早産で出産の後人事不省に。心痛にあえぐロッキーはボクシングを止めようとすら思うのだが、覚醒したエイドリアンに「お願いがあるの。勝って!」と言われやっと奮起する。この奮起までが長いんだけど、奮起してからはそれまでのフラストレーションを晴らすかのような土塔の展開。スピード、迫力気迫、文句なし!
試合シーンもシリーズ通してコレがいちばん迫力があるんじゃないかな!と思います。
当時買ったパンフレットが残っていたので、見てしまった。
rocky2

「ロッキー」って言うと黒と黄色のイメージがあって、「ザ・ファイナル」でも黒地に黄色の文字だけど、これは「2」からでした。「ロッキー」は黒地に白文字。あとカメの名前はカフとリンク。
★★★☆
10:54 : [映画タイトル]ら行トラックバック(0)  コメント(1)

ハードキャンディ

B000LPS3PSハードキャンディ デラックス版
パトリック・ウィルソン デイヴィッド・スレイド エレン・ペイジ
ジェネオン エンタテインメント 2007-02-23

by G-Tools

監督 デヴィッド・スレイド
出演 パトリック・ウィルソン 、エレン・ペイジ 、サンドラ・オー 、ジェニファー・ホームズ 、ギルバート・ジョン


出会い系チャットで知り合った少女と中年カメラマンがリアルで会い、しばし歓談ののち少女は男の家に上がりこみ・・・。


最初、少女と中年男の語らいがやたら長く、その部分は飽きてしまう。店での語らいも長いが、家に上がりこんでから「コト」が動き出すまでも長い。その語りの中に、今後の展開のヒントがあるんだけど、そんな語らいよりもさっさと物語を勧めて欲しいと言う感じだった。


が、一旦物語が動き出してからの恐ろしさ!!
チェーンソーや斧や鉈が登場するでもなく、血がドバドバ出るわけでもなく、首が転がったりするわけでも無いのに、やたら怖い!
この恐怖心は断然男女では違うと思うけど、女のわたしが見ていても足元がふわふわするような恐ろしさを感じるものだった。
ぜひとも男性には見ていただき感想を聞かせてもらいものです。(悪趣味か?)助けを求める男の表情がリアルでドキドキドキドキした!!
それ以外の恐怖と言うのは、たとえこの場面を誰かに見られて助けを求めたとしても、多分男は被害者に見られない。現場を押さえられたとしても、多分逮捕されるのは男だったと思う。そのシチュエーションが非常に恐ろしいと思う。

ところで、わたしにはイマイチ本当のことが分からなかったんだけど(ココからは重大なネタバレがありますので、映画を見るつもりの人は決して読まれないようにしてください)「男は結局、アレを切り取られたの?取られて無いのならちょっとがっかりだなぁ。あそこは少女に行動して欲しかったんだけど。『ついてる・・・』と、男が安堵する場面はちょっと『なーんだぁ』と、残念でした。しかし、その後男を自殺に追い込むつもりが最初からあったとして、死体を検分すればアレが切られていると言う事はすぐに分かるので、ただの自殺としては処置されない懸念があったのか。そして、その自殺だけど本当に自殺したの?ロープが長くて下に落ちたのではないの?どさっと言う音がしたから男は助かったのかなと思ったんだけど。そして最大の疑問は、男は本当に『犯人』だったの?別の仲間と共にやったことを認めたけれど、あれは少女の脅迫から助かりたい一心で口からでまかせを言ったのでは?すると少女は、そのでまかせをさも事実で自分も承知のように喋る。そこにまた少女の異常性が伺え男はそこでも絶望したとか、なんだかそんな風に思ったんだけど。もしも男が実際に犯人で、少女がなんらかの復讐をするのならもうちょっと事実を分かりやすく描いてもらいたかったかな、イヤそれでは平凡すぎるのかな。わたしは男がまったくただの被害者で少女が異常者である、と言う設定のほうが面白かったかも・・・。そしたら自分の中では『不条理スリラー』のかなり上位に来たと思うんだけどな。要は『ミザリー』少女版、」って言う感じね。でも、これはちょっと忘れられないシチュエーションスリラーになりそうです!!オススメ!!
★★★★
11:07 : [映画タイトル]は行トラックバック(0)  コメント(0)