配達あかずきん/大崎梢

4488017266配達あかずきん
大崎 梢
東京創元社 2006-05-20

by G-Tools


「威風堂」という本屋さんで繰り広げられる、日常の何気ない出来事に潜んだミステリーを絡めた人間模様。
こんな本屋さんがあったら、ぜひとも行って見たい、そして出来ればわたしもこんな本屋さんで働いてみたい、と思わせられる作品。
ミステリーも決して血生臭くないし、それほどははらはらさせられるものでもないのだけど、自分にも分かるかもしれないと思わせる作りになってて、いつもなら推理モノを読んでいても推理もしないナマクラ読者のわたしも、思わず謎解きに参加してしまっていました。
だいたい、冒頭からお客さんがとんでもない乏しいヒントで「こういう本を探している」と言うのを、「何の本だろう?」と、登場人物たちと一緒になって考えてしまう。しかも、自分が読んだ本なら当たっていても外れていても、そこにそのタイトルを見つけるだけで嬉しい。
マンガもあってそれがまた、漫画好きにはたまらん嬉しさ。
「あさきゆめみし」が出てくる「標野にて 君が袖振る」なんてかなり気に入りました。こう言うタイトルのチョイスが作者の幅広い本好き魂を見せてくれて、語り合いたい!とさえ思わせられたり。
巻末に書店員の対談があり、これまた興味しんしんで読ませていただきました。


スポンサーサイト
21:18 : [本・タイトル]は行トラックバック(0)  コメント(0)

わらの人/山本甲士

4163254803わらの人
山本 甲士
文藝春秋 2006-11

by G-Tools


気が弱く、言いたいことも言えず不正の片棒さえも、不本意ながら担いでしまう主人公のOLが、ふっと気まぐれで入った「理容店」。そこで自分が知らないうちに眉毛を整えられていた。すると、ああらびっくりなんだか自分の性格が変わったみたい。この眉毛に似合うようなメイクをしてみれば、今まで似合わないと思ってたスーツもビシッと決まる気がする。はたして意気地なしのOLは、生まれ変われるのだろうか?

この不思議な理容店に入った人々は、女主人の手技にうっとりと眠気を誘われ、夢うつつのうちに女主人の言うがままに「変身」してしまう。
その「客」となる人々が、理容店への入店前と入店後にどう変わるかを描いた連作短編集。

山本さんの作品と言えばなんと言っても「どろ」「かび」「とげ」が面白かったし、こういうカラーの作品を書く人だと思っていたら「ぱちもん」みたいな、泥臭いけどどこか爽やかな物語りもよかった。
それに比べたらちょっとパンチに欠けた気がしたけど、人間なにかほんのちょっとしたきっかけがあれば、今までの自分と違う自分に変われるかも知れない、そして人生前向きに生きる事が出来るかも、というメッセージが心地よかった。

特に好きだったのが上司と一緒のハイキングの途中でプチ遭難してしまう会社員の話。いつも頼りない彼がやけに頼もしく見えるのは、いわずと知れた「髪形」の変化のせい・・・だけでは、決してないところがミソですね。



ぱちもん
ぱちもん山本甲士

小学館 2005-07-06
売り上げランキング : 225933

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
どろ あかん 三丁目の夕日 かび とげ

21:07 : [本・タイトル]わ行トラックバック(0)  コメント(0)

果つる底なき/池井戸潤

4062731797果つる底なき
池井戸 潤
講談社 2001-06

by G-Tools

先日大変面白く読ませていただいた「空飛ぶタイヤ」の池井戸さんの、乱歩賞受賞作品です。
内容は、
二都銀行に勤める「私」の同僚でもあり友達でもある坂本が、突然死してしまう。
アレルギーによるショック死だというのだ。
その当日の朝、私は坂本に会いいつものように雑談を交わして分かれたばかり。
しかし、坂本は別れ間際に「これは『貸し』だ」と言うなぞの言葉を残していた。
その言葉と坂本の死は関係があるのか?
坂本のパソコンのデータを調べたり顧客情報を調べてゆくうちに、私はあることに気付いてゆく。
果たして坂本の死の真相は・・・。


乱歩賞にふさわしいミステリーらしいミステリーでした。
が、どうして、アレルギーによるショック死でないといけないのとか、その辺が納得できず、別の方法でも差し支えない所が残念。

しかし、池井戸さんと言うのはなんという魅力的な主人公を作り出すのか。
「空飛ぶタイヤ」もそうでしたが、この「果つる底なき」の主人公もすごく魅力的。
ストレートにかっこよいのです。
むろん、武術に長けるとか、格闘が強いと言う類のかっこよさでもイケメンで女が寄ってくるというタイプのかっこよさでもなく、一本通ってる本筋がかっこよいのです。

じつはわたしは本当に金融関連に対して(も)弱くって、「債権」「回収」「株券」「利率」とかに対しては、全然ダメなんです。
正直良く分からない部分が結構あった。
でも、それを差し引いて人間ドラマとして見たとしても十分読ませるものがあったと思います。

もっと金融に強かったら、面白さも倍増しただろうなと思うと残念ですが。
この池井戸さんの文章とか、すごく読みやすいし性に合っているだけに残念。

その意味では「空飛ぶタイヤ」は絶品でしたよ。
20:40 : [本・タイトル]は行トラックバック(1)  コメント(4)

グロテスク/桐野夏生

4163219501グロテスク
桐野 夏生
文藝春秋 2003-06-27

by G-Tools


今さら説明の必要もないと思うけれど、実際に起きた「東電OL殺人事件」を下敷きに作られた小説のようです。
読むまでは、殺された被害者を主人公にした物語なのかと思っていたけど、実は、殺されたのはOLの彼女(本書では佐藤和恵と言う名前で登場)と、もう一人ユリエという女性の二人です。
そして本書の主人公は、そのユリエの姉。姉(名前が出てない?)の視点から一人称語りで、ユリエとの姉妹としての生い立ち、Q学園での佐藤和恵との出会い、そして事件が起きて現在までを描き、その合間にユリエの日記や、殺人犯の中国青年チャンの告白、和恵の手記などが挿入されていて事件の全容に迫ると言う形です。

あまりにも生々しいというか、実際の事件をここまでリアルに描いた「小説」も類を見ないのでは?
被害者の遺族、特にお母さんの気持ちを思うと、ここまで細部にわたって、たとえ小説とは言えフィクションとは言え、すべてを白日の下にさらしても良いんだろうか?と、、、
まぁ、「読んでおいてそれは無いだろう」と言う感じでしょうけど、しかし読みながらそう思わずにいられませんでした。

今日図書館へ行ったので、佐野眞一氏の「東電OL殺人事件」も立ち読みしてきたのだけど、前書きの部分に殺された被害者のお母さんの手紙と言うか文章が掲載されていて胸がつまりました。

ひとりの女性の心の闇と言うよりは、本当に孤独で寂しい人生を描いた小説と言う事ではものすごく心に残りますが、好きなタイプの小説ではなかったかな。本書の中で一番「小説らしい部分」はチャンの「私のやった悪いこと」と言う章ではないでしょうか。そのほかはすべて物凄く生々しかった。
20:33 : [本・タイトル]か行トラックバック(0)  コメント(0)

不祥事/池井戸潤

4408534617不祥事
池井戸 潤
実業之日本社 2004-08

by G-Tools


「空飛ぶタイヤ」つながりでkeiさんにおススメしていただきました。
長編好きなわたしも十二分に楽しめる、銀行を舞台にした連作短編集でした。
と言うのも、連作と言いながら、一話一話のつながり方が「長編」と言っても良いようなラストに向けての展開です。

主人公は、銀行の組織の中の「臨店」と言う部署に配属された相馬と、その部下の花咲舞。
以前の部署で彼女と一緒だったことから、よく知る相馬は気の強い花咲を「狂咲(くるさき)」と呼んで顔をしかめて敬遠しているのだが、どうしてどうして、この花咲が臨店として本書の中で大活躍!
臨店としてあちこちの支店に、あるときは助っ人に、またあるときは内部告発の主を探すために、派遣されるのである。
ここでは銀行の、「水清くして不魚住」と言う内部の様子が描かれていてとっても興味深い。
その中で起きるいろんな事件やトラブルを、探偵よろしく花咲舞が解決して行くのだけど、すべてにおいて及び腰で日和見な相馬とは対照的なのが面白く、また銀行幹部はまるで時代劇の「代官と越後屋」みたいな感じなのも笑える。
いわばまともすぎるような勧善懲悪だけど、花咲舞の活躍は爽快だし彼女が切る啖呵の一つ一つがカッコよく、そして彼女の言う事は非常にまともで思わず「うんそうだ!」と頷いてしまうことばかり。

銀行を舞台にしているけど、難しい金融用語も出てこず、わたしにも非常に分かりやすくサクサク楽しく読めました。
20:08 : [本・タイトル]は行トラックバック(0)  コメント(8)

プリズム/貫井徳郎

440853367Xプリズム
貫井 徳郎
実業之日本社 1999-10

by G-Tools


ある若い女性の小学校教諭が殺された。
その女性教師は睡眠薬入りのチョコを食べたうえ、窓を割って入ったらしい何者かに、頭部を強打されて死んだらしいのだった。
チョコを送ったのは誰か、チョコを送った人物と殺人を犯した人物は同一人物なのか?そして、なぜ、女性教師は殺されなければならなかったのか??

その謎を、受け持ちの児童たち、同僚の先生、大学時代の友達などなどそれぞれが、探って行くという連作短編集。
児童から見たら申し分の無い先生であったけれど、他人の目からはまたそれぞれに違う面が見えていたところに、タイトルの意味があるのだと思う。
こういう推理小説らしい推理小説を以前は好んで読んだのだけど、今読むとやはり不自然だったりリアリティにかけたりする部分ばかりが目に付いた。

貫井さんらしく、サクサクと読ませられはしたし、意外性のあるラストもそれなりに面白かったけど、近年の「愚行録」「空白の叫び」には及ばないと感じた。
19:37 : [本・タイトル]は行トラックバック(1)  コメント(0)

THE DESCENT ディセント

B000I8OJRETHE DESCENT
シャウナ・マクドナルド ニール・マーシャル ナタリー・メンドーサ
エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ 2006-11-29

by G-Tools


監督: ニール・マーシャル
出演: シャウナ・マクドナルド
ナタリー・メンドーサ
アレックス・リード
サスキア・マルダー
マイアンナ・バリング
ノラ=ジェーン・ヌーン
オリヴァー・ミルバーン


ぐふふ・・・
なかなかエグい映画で好みでした。

始まりの場面は急流下り。
女性3人でメリル・ストリープの「激流」よろしく、急流くだりをしている。
それが終わって、主人公のサラは、見学していた夫と娘と3人で家路に付きますが、その途中で事故にあい、サラは娘を失います。
一年後、サラを元気付けるために仲間が集まり、冒険に出ます。
その冒険とは「洞窟探検」。
しかし、その「洞窟」は、みんなの予想を裏切り前人未到の洞窟だった。
メンバーたちは、洞窟が予定していた洞窟ではないため不安に陥り仲間割れを始めたり、またその洞窟が落石があったり、深い谷間が行く手をさえぎっていたりと、予想以上の手ごわさ。

このあたりまではわたしも、「わけの分からん洞窟に入るなんて自殺行為だろう。有毒ガスが噴出しているかもしれないし、明かりは届かないし、道に迷ったら死ぬしかないのに」と、呆れる気持ちが先にたち、映画そのものを楽しむと言う気持ちにはなれなかったんだけど、次第にその恐ろしさに引き込まれてしまった。

★★★★
 ...続きを読む
23:42 : [映画タイトル]英数トラックバック(0)  コメント(0)

変態村

B000H4W91M変態村
ファブリス・ドゥ・ヴェルツ ロマン・ブロタ ローラン・リュカ
キングレコード 2006-10-04

by G-Tools


すごいタイトルでしょ。
子どもに見られたくなかったのに見つけられてしまい「変態村~~???」と叫ばれてしまいました。たはは。

不条理ホラーと言うのかな。
なぜ自分がこんな目にあうのか?と言うヤツです。

歌手のマルコは老人ホームの慰問のあと、そこを発って次の仕事先に行く途中で道に迷うのです。
迷い込んだペンションの主人は一見親切なのだけど・・・。

みなまで書かずともわかるよね?
と言う感じの展開ですが、不気味さは結構出てたかなと思います。

でも、わたしの中で一番の不条理ホラーは「ファニーゲーム」なのです。
あれに比べたら、まだまだって感じかな。
でも、結構「不条理」を体感できました。


★★★

次はこれを見るつもり!



B000HEV9NQ変態男
カルロ・フェランテ ヴィンセント・ラノー クリスティーン・グルロワ
キングレコード 2006-11-08

by G-Tools



ファニーゲーム
ファニーゲームスザンヌ・ローター ミヒャエル・ハネケ


おすすめ平均 star
starDVDすごいプレミアついてますが、その価値は?
starファニーゲーム
star誰にも見て欲しくない傑作
star暴力は暴力、人を痛めつける行為、それ以外ではないという事。
star学ぶものも得るものもないけど良くできた映画。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


14:08 : [映画タイトル]は行トラックバック(0)  コメント(0)

ユナイテッド93

B000H1QZWYユナイテッド93
コリー・ジョンソン ポール・グリーングラス タラ・ヒューゴ
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン 2006-11-30

by G-Tools


9.11テロのとき、一機だけ離れた所に落ちた飛行機があったけど、それはこういうことだったんだと改めて分かった。
映画と言う感じではなく、本当にその場にいるような臨場感。
最後の最後まであきらめないで戦う乗客たちを見ていて、結末は分かってるのに事実と違う結末を強く願ってしまった。
作品中に、そこにいた人々の「存在」をリアルに感じて、見終えた後はひたすら哀しかった。
真っ黒になった画面。
それが「最後」だったのだと思うと、ただやり切れない。


★★★★
14:00 : [映画タイトル]や行トラックバック(0)  コメント(2)

殺人の四重奏/藤本ひとみ

4087748286殺人の四重奏―クラシックミステリー
藤本 ひとみ
集英社 2006-09

by G-Tools



ひさしぶりの藤本さんの歴史ミステリー。面白かった!堪能しました。欲を言えば短編集よりも長編が読みたいけど、それぞれのお話が読み応えのある短編集でこんな短編も決して悪くない!満足満足。嬉しいプレゼントでしたよ。美しい宮廷、華やかな街を舞台に人間の欲望やエゴイズムを描いてあり、ミステリーとしても読ませるし、おススメです。


一番よかったのは、やはり「マリーアントワネットの首」です。
主人公のマリーは、蝋細工師。革命の中でギロチンにかけられた有名人たちの首を、首切りサムソンから借り受けて、デスマスクならぬデス首を型に取り、蝋細工(蝋人形)を作るんです。
で、このタイトルなんだから解りますよね?
しかし、それだけではなく、ギロチンが出来るまでには様々な拷問って言うものがあったので、その様子が処刑人のサムソンの口から語られたりする場面が、おぞましくもぞくぞくしてしまう。
それに、相変わらずいい男を描くのがうまい藤本さん。ほんの少ししか登場しなくて、いつものような濃厚なラブシーンなんてどこにもないんだけど、なぜか心惹かれるアンリ・サムソン。
この人を主人公に長編書いてください!

収録作品は
●寵姫モンテスパン夫人の黒ミサ
●詐欺師マドレーヌの復讐
●公爵令嬢アユーラのたくらみ
●王妃マリー・アントワネットの首

今読みたい藤本作品は↓
4048737341王妃マリー・アントワネット―青春の光と影
藤本 ひとみ
角川書店 2006-11

by G-Tools




15:28 : [本・タイトル]さ行トラックバック(0)  コメント(0)

向日葵の咲かない夏/道尾秀介

4103003316向日葵の咲かない夏
道尾 秀介
新潮社 2005-11

by G-Tools


夏休みが始まる直前の日、学校を休んだ同級生S君の家に届け物をしに行く主人公の「僕」ミチオは、そのS君の家でS君が首をつって死んでいるのを見る。そして学校に戻り先生に訳を話し、警察の出る幕となるのだが、警察がS君の家に行った時はS君の姿はどこにもなかった。
しかしS君は姿を変えてミチオの前に現れる・・・。それは・・・。


読みやすい文章で、サクサクいける。
なんで「S」君なの?
名前を付けてやってくださいよ。とか、
主人公ミチオもそうだけど、3歳の子どもがこんなにしっかりしているわけないじゃないか、とか、突っ込みどころは満載ですが、全編魅力ある文章で一気に読ませられた。
真実がどうなのかも気になる所ですが、その真実に本当に迫っているのかどうかが怪しげな所も、先を急がせる原因かも。
また登場人物たちの背景もなんとなく不気味で、各所に思わせぶりな設定がちりばめられてて、目が離せない展開。

本格ものってどうしても帳尻を合わせるように無理なラストが多くて、この物語もどちらかと言うとそういう部分も無きにしも非ず、と感じましたが、それでも読後感は「面白かった!」と言えるでしょう。

でも、わたしはどちらかというと「シャドウ」のほうが好きかな。

↓ちょっとネタばれ

岩村先生、不気味な存在で期待していたんだけど、やはりあの人が犯人ではあまりにありきたりな展開だったよね。
読み終えてみれば誰にも好感も、共感も持てなかったのが残念。
面白かったけど「ふーん・・・」で終わってしまいそうな。
S君の「岩村先生に殺された」という告白、あれはどんな理由を付けても本当のことがわかってから考えると「そりゃないよ!」って感じがしますね。そこだけは本当かと思って読んでたわたしが単純すぎたのかもしれないけどね。



15:22 : [本・タイトル]は行トラックバック(1)  コメント(2)

雨のち晴れ、ところにより虹/吉野万里子

4103006323雨のち晴れ、ところにより虹
吉野 万理子
新潮社 2006-07-20

by G-Tools


吉野万里子さんって、初めて。
お名前も存じ上げませんでした。

●第一話:なぎさ通りで待ち合わせ
●第二話:こころ三分咲き
●第三話:ガッツ厄年
●第四話:雨のち晴れ、ところにより虹
●第五話:ブルーホール
●第六話:幸せの青いハンカチ

人の繋がりは優しさだけで出来ているんじゃない。
でも怖がるだけじゃ何も始まらない事だって知っている…。
夫婦のすれ違い、親子の行き違い、親友との仲違い。
きっかけはみんな些細なことなのに、思いがねじれて交錯する。
人は何度でも幸せになる資格がある。
      帯より


ちょっと誤解したりけんかをしたりした友達や夫婦たちが再び心を通わせるようになるまでを描いてある短編集です。
心がぽっと温もる感じの残る読後感の良い短編ばかり。
たとえば、第一話の「なぎさ通りで待ち合わせ」は「食」の不一致から離婚寸前になってしまった夫婦のものがたり。「性格の不一致」って良く聞くけど「食の不一致」とは!実際些細なことが夫婦に亀裂をもたらすのは、長年「夫婦」やってると実感としてわかる。これもきっとあるだろうなと言う感じがした。
母子家庭の娘が、『大学進学をきっかけに母親が再婚を考えている』と思い悩む「こころ三分咲き」もなかなか予想外の展開が面白かった。けど、この物語の中で、塾講師をしている母親の同僚が、主人公に向かって「大人になって母親を解放してやれ」と言うような進言をする場面があるんだけど、これがとってもむかついた。
そのタイトルどおり「ガッツ厄年」は、厄年にいやなことが重なる女性たちを描いてある。わたしは厄年って言うのが何歳なのかも知らないで生きていますが(当然お払いなども受けたことがない)「厄年」と言う存在を『許容』と言うのはへんないい方だけど、自分の中に置くことで、却って気分が楽になることもあると、目からうろこの物語でした。
「雨のち晴れ・・・」表題作だけあってこれが一番よかった。
入院中の主人公に、なにかと構ってくる看護婦。主人公が決着を付けたい過去がなぜか、人生の終焉を過ごすホスピスで頻繁によみがえる。思いがけない真実と、幻のような希望…。なぜか爽やかな読後感でした。
「ブルーホール」うーん、これだけはものすごく読みづらかった。なぜだか解らないけど、文章がすんなり読みこなせないと言うか。
「幸せの青いハンカチ」は、友達の結婚式に悶々とする主人公の心情を描いてあります。
あさみさんにお借りしました。
ありがとうございました。

19:36 : [本・タイトル]あ行トラックバック(0)  コメント(0)

ぬるい生活/群ようこ

4022501952ぬるい生活
群 ようこ
朝日新聞社 2006-08

by G-Tools



相変わらず笑いました!
年齢を重ねることをしみじみと身近に感じるようなエッセイで、視力の衰えに始まり、皮膚のたるみや女性としては素通りできないことがスパッと書かれてて身につまされることばかりを「そうそう!」と言う勢いのうちに読んでしまう。でも、笑ってしまうんだけど、やっぱりどこかその笑いが乾いてるような気がしたけど。
顔の毛穴が大きくなるとか、縦長になるとか、毛穴が数えられるぐらいくっきりと見えるとか。
そして、今回、印象に残ったのはなんといっても「ホメオパシー」です。
これは何かというと、更年期障害の症状のひどいお友達が受けた一種の治療法なんだけど、「同毒療法」と言ってトリカブトや砒素も使うような治療法を用いるらしい。で、これをお友達が受けて、すごくひどかった更年期障害の症状がかなり改善されたそうだ。ま、お友達はその後の不摂生がたたり(と、わたしが言うのは口幅ったいような気がするけど)症状は戻ったりもしたらしいけど、何度も「ホメオパシー」と言う単語が出てくるので、しっかりと覚えてしまった。
自分にもいつかやってくる更年期。そのときどうなるかは、まだまだわからない。けれども、群さんのエッセイには群さんを含め、いろんな女性のいろんな症状が書かれているので、その時がきたらまたこの本を読みたいと思う。ほんとは「思い出したい」と言いたいけど、覚えてるわけが無いからね。
それと、群さんのごく親しい女性作家が亡くなった時の事が、この本には登場しますが、友達を突然失った喪失感に苦しむ群さんの様子に、胸が詰まりました。死を選んだことについて責めたりせずに「ごゆっくり」と認めてあげたい自分がいたり、その片方で悲しみのあまり体調を崩す自分がいたり…と言うことが淡々と書かれていますが、この文章から群さんの悲しみの深さが伝わり、泣ける。
更年期は延々と続き、50歳もいいものよ、と言われていたけれど自分ではそれほど悪くも無いけど取り立てて「いいものよ」とは言えないという群さん。ひたひたと忍び寄る足音が聞こえる妙齢の自分には人事とは思えず、けれども、ただ怖がるだけじゃなく群さんのような心境に至ることが出来ればいいなーなんて思ったけど、無理だろうなぁ!(笑)
19:32 : [本・タイトル]な行トラックバック(0)  コメント(2)

ブロークバック・マウンテン

B000EXZA1Wブロークバック・マウンテン プレミアム・エディション
ヒース・レジャー アニー・プルー アン・リー
ジェネオン エンタテインメント 2006-09-22

by G-Tools


監督:アン・リー
出演:ヒース・レジャー 、ジェイク・ギレンホール 、ミシェル・ウィリアムズ 、アン・ハサウェイ 、ランディ・クエイド 、リンダ・カーデリーニ


何度も何度も予告を見て、そのたびに正視できないような気分になり「絶対にこれは見ない」と思ってて、
と言うのも、ボーイズラブは決して見ないということはなく、漫画なんかもちょっとは読むし、「モーリス」とかも見たし、何が何でもダメってことはないんですが、どうも、本能的に「見ないほうがいい」って言う気分にさせられたと言うか。

だけど、やっぱり心底では興味があったのでしょうな。
というか、男女のラブロマンスを見る気分になれず、それならいっそ男女じゃなく男男のラブロマンスを見てみようと思い立ったのです。

しかし、見てみれば。
結構ハマります。
結局全編気持ちを逸らされることなく見入ってしまった。

冒頭、ブロークバックという山で羊の番をするバイトを一緒にする二人。羊ってほほえましい生き物だけどあんなに大量に集まると、ちょっと引きますね!(笑)でも、羊といっしょに山を移動するときとか、風景の美しさにまず目を奪われて、そこから画面に釘付け。

内容はある程度わかっている、というか男同士の愛を描いてあると言うのは知っているので、出会いの瞬間から主人公の目つきに意味深なものがあるのかしらとか、邪推しながら見るのも楽しい。(笑)
暴れ馬を乗りこなすのを見て「お♪」と思ったのか?とかね。

でも、結構唐突ですけどね。
ふたりが「そういう関係」になるまでの逡巡とか、葛藤とか「抱きしめたいのに行動に移せない」という苦しさや切なさがもっと欲しかったかな?

とは思うものの、そこはすっ飛ばしても、ふたりが「その」後をどう生きたのか、なかなかよく描けていたと思う。

わたしが特に好きだったのは、ブロークバック山を降りて二人はそれぞれの生活に戻り、結婚したりごく普通の生活を送り・・・
だけど、一通のはがきがその状況を破る。
「そっちに行く。返事をくれ」とジャックから手紙が来て喜ぶイニスの様子。これが泣かせる!
当日はいそいそと。窓から目を離さず。恋しいダーリンの到着を今か今かと待ちわびるイニスのいじらしさに胸がジーンとしてしまった。

予告では嫌悪感があったけど、覚悟が出来ていたからか映画本編では嫌悪感も全然なくて、すんなり見ることが出来ました。
心に残る映画だと思う。

★★★★☆
23:27 : [映画タイトル]は行トラックバック(2)  コメント(5)

ロード・オブ・ウォー

B000ENUYRWロード・オブ・ウォー
アンドリュー・ニコル ニコラス・ケイジ イーサン・ホーク
日活 2006-06-09

by G-Tools


監督:アンドリュー・ニコル
出演:ニコラス・ケイジ 、イーサン・ホーク 、ブリジット・モイナハン 、ジャレッド・レトー 、イアン・ホルム 、ドナルド・サザーランド


要は、武器商人の生活と言うか人生を描いたものです。
これが結構安易と言うか軽いノリでその商売に手を染める主人公。
ニコラス・ケイジが演じるのは「死の商人」と呼ばれる武器商人のユーリー・オルロフ。
父親は堅実なレストランのシェフで、ユーリーもそんな風に人生を過ごす選択肢もあっただろうが、あるとき、別のレストランで銃撃戦に出くわしたことから「これは商売になる」と思い立ち、弟とふたりで武器の密売(しかし、違法でもない、グレーゾーンで合法がモットー)に手を染め始める。
そこから、妙にその手の商才があり、あれよあれよと言う間に「その道」では第一人者にのし上がる。

全編、基本的にユーモラスな感じで、ほんとに軽い感じで描いてあるんです。イーサン・ホーク演じるバレンタインは追いかけてくるインターポールの刑事。だけど、ユーリーはなかなか尻尾を出さず逮捕に至らない。真剣なバレンタインに比べてユーリーはどこか真剣味に欠けた、のらりくらりとした感じ。
でも、やってることは人殺しの道具を売ってるんですよね。
目の前で銃を発砲されても、怖がるどころか「これでこの銃は中古だ」とか「商品」の心配をしたりして、なかなか感覚の違いが面白い男だし、ひょうひょうとしてるのが面白いと言うか・・・。

しかし、圧巻なのはラスト。
物語の持つメッセージとか皮肉とか、この世の中の現実とか・・・そりゃもう、わずか数分の場面で頭をがつーん!!と思いっきり殴られたようなショックを受けました。

誰でもバレンタインのような気持ちで、このユーリーを見ていると思うんですよね。武器を密売するなんて非人道的だ、正義にもとる、やめろそんなことは!って言う感じで。
だけど、そんな似非正義感みたいなのは、この「死の商人」ユーリーが最後にバレンタインに言うせりふで粉々に砕けます。
バレンタイン同様に、観客も打ちのめされます。

自分たちが「平和」と信じているものの姿の正体が垣間見えたようで、非常に心に残る映画になりました。
ぜひとも一度ごらん下さい。

★★★★
 ...続きを読む
21:58 : [映画タイトル]ら行トラックバック(0)  コメント(0)