スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- : スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)

砂漠/伊坂幸太郎

4408534846砂漠
伊坂 幸太郎
実業之日本社 2005-12-10

by G-Tools


面白かった!!
PCよりも、本!と思わせる面白さでした。
読後も爽やか~♪
そして、なんだか、ちょっぴり切ない。
時間はあっという間に過ぎていく。そんなせつなさかな?
そして、「友だちっていいもんですね♪」って素直に思える。心地よい読後感だった。
ちょっとした叙述トリックが入ってますね。
思わず、前の部分を読み返したよ。そしたら、やっぱり、そう言うことねと納得できる部分が各所に散りばめられてた。
これが、切なさを倍増しにした。
やられました。

伊坂さんはなんとたったの2冊目です。
それはかなり、好みの作品だったんですが
結構意見が分かれる作品で、好きじゃないという人も大勢いましたね。
伊坂さんの作品は癖があるとか良く聞きまして、ちょっと躊躇する気持ちが無きにしも非ずでした。
初読み本が好みだったんだから、他の本も手を出せばよかったのに。

で、2冊目のこの作品、とっても面白かったのです!!

+++あらすじ+++

主人公の僕、北村。盛岡出身で、仙台の国立大学に入学。
新入コンパで知り合った同級生に、マージャンに誘われます。
「北」村
「東」堂
「西」嶋
「南」
そして、鳥井の5人がなんとなくひとつのグループになり、行動をともにするようになるんです。
彼らが、騒動に巻き込まれたり、恋をしたり、マージャンをしたりして、繰り広げるキャンパスライフ、青春グラフィティ。

+++

西嶋がすっごく好き。
自分がもしも西嶋の身近にいたら、彼らのように西嶋のよさを分かったかどうかはギモンだけど。きっと「変な人」「嫌味な人」「やたら熱くなって迷惑」なんて思って敬遠するんじゃないかな~と思う。
でも、そんなうっとおしい西嶋を自然な感じで仲間として尊重している、他のメンバーもいい感じです。
まっとうなことを言ってるのに、明らかに「浮いてる」。
今の日本で、「まっとうなこと」を声高に主張するのは、「普通」とは違うのでは…。
心では思ってても、口に出したり出来ないと思う。
それをやってしまう西嶋は素敵な人です。
はっきり言って、西嶋から…と言うよりも、西嶋の発言に見入ってしまった。

「その気になれば砂漠に雪を降らせることもできる」

この言葉を「ムリだろ」と笑うか、共感できるか…。私は共感できる人間でありたいなと思いました。(それにはちょっとトウが立ちすぎてるけどね)

+++

↓私の読んだのは「アヒルと鴨のコインロッカー」
これも良かったです。

アヒルと鴨のコインロッカー
伊坂 幸太郎

4488017002

関連商品
重力ピエロ
チルドレン
陽気なギャングが地球を回す
グラスホッパー
死神の精度
by G-Tools
スポンサーサイト
21:37 : [本・タイトル]さ行トラックバック(3)  コメント(12)

ナルニア国物語 第1章 ライオンと魔女

見たのは、3月の18日で、もうちょっと記憶も定かじゃないんですが、今月の映画鑑賞記録があまりにも撃沈なので、思い出しながら頑張ってアップします。

公開間もなくの土曜日。もっと混んでいるのかと思ったけど結構空いてました。
うちは小学生6年になる娘と見に行ったので、吹き替え版で。
それでもやはり、大人もいるし(当然だ)娘の前に男の人なんかが座ったら、最悪です。
映画の間中モジモジしてしまい、私も映画に集中できないのでね。
今回はわざと真中の座席じゃなくて、通路をはさんで端っこにある、2人とか4人とかの座席の、通路側を選びました。(分かりにくい?)
ここだと、小さい子どもも、前が良く見えて。いいです。

そのせいもあったのか?
ハリポタなんかでも、どうしても最後までは集中できない娘も、今回ものすごく集中して見入ってました。
すごく面白かったです。

最初、戦争のシーンから入って、原作を知らない私は一体いつナルニアは出てくるんだろうと、思ってたんだけど、割と待たされずにナルニアに行ったかな~。

タンスの中がナルニアへの出入り口なんだけど、これは「どこでもドア」に似てるなぁと思いました。でも、ああいう発想、ファンタジックで誰でもが一度は夢見るところじゃないでしょうか?(山岸凉子さんの体験談を思い出す人もいるかも…)

ナルニアの風景は楽しかったです。出てくる動物たち、ビーバーやタムナス、そしてアスラン!!←カッコよかったです!!
何よりも、わたしは雪の女王がカッコよかった。だって、強いんだもん。剣さばきに惚れ惚れ!!
逆に子どもたちは、好みの子どもはいませんでした…!!
タムナスの素顔が見たいと思ったのと、ケンタウロスのマッチョ感がよかったかなと思った程度。
もっと、イケメン、かもーん♪(笑)

次回に話が続くと思ったら、一話完結なのかな。んー、「SW」とか「LOTR」とか「ハリポタ」みたいに「次も絶対に見るぞ~~♪」とまでは行かないのは、完結してしまったからかな。
でも、娘はものすっごく、気に入っていたので次も一緒に見に行けるといいです。(その頃には『友達と見に行く』って言うかも。涙)

しかし、もう、映画館で映画鑑賞って言うと、娘連れで子供向けのを吹き替え版で見る、に決まったようなもんだ。寂しいなぁ。どうして見に行けないのか不思議だわ。

映画館にたまにしか行けないと、ますますあのポップコーンのにおいとか、上映直前に照明が消える瞬間とか、(マイカルなので)山口勝平の声が響き渡るともう、嬉しくってワクワクして仕方がないですね!!!
もっと、頑張って見に行こう!!
12:05 : [映画タイトル]な行トラックバック(1)  コメント(2)

チーム・バチスタの栄光/海堂 尊

4796650792チーム・バチスタの栄光
海堂 尊
宝島社 2006-01

by G-Tools


後半は結構おもしろかったんですけど、前半がそれほど鷲づかみされなくて、辛かったかも。

チーム・バチスタというのは、バチスタ手術を行うためのチームです。
バチスタ手術と言うのは何かと言うと、なんかよくわからないけど、とっても難しい心臓手術らしい。
東城大学医学部付属病院では、アメリカで心臓外科医として活躍していた桐生を招聘して、チーム・バチスタを編成、そして次々と難しい心臓手術を成功させるんですが、あるときから突如3例続けて手術が失敗。
次の手術がマスコミからも注目されている手術なので、病院長は内部調査を依頼する。
そして、その内部調査を依頼されたのが主人公田口。不定愁訴外来専門の医師。

+++++

これが、最初は田口によるバチスタチーム面々の聞き取りから始まってて、最初は事故か事件かもわからないので(考えてみれば、事件でもないのにミステリーにはなりませんよね)容疑者に対する刑事の追及のように緊迫した雰囲気もなく、まったりした感じ。

他の感想を見せていただくと、その人物造形と語り口に魅力あり、と言うことですが、人物像は確かに魅力的で面白かったんだけど、語り口という点では、魅力的だと感じるまではちょっと時間がかかったかな。
平たくストレートに言ってください、みたいな…。
慣れたら「カッコいい文章を書く人だな」と、思えたけどね。

物語が俄然面白くなるのは、厚生労働省の役人白鳥が派遣されてからです。
これがすごく癖のある人物で、でも、頭が冴えてる!
慧眼の持ち主です。
何を言ってるのだか、難しすぎて良く分からないこともありましたが(笑)この人物がすごいということは分かった!
頭の回転が速くて、先まで見通してるという点では、こう言う人大好き!(本の中での話ね)

この白鳥と主人公田口とのかけあいがおもしろく、白鳥によって事件がいよいよ白日の下に…。展開がスピーディーで面白かったです!!
白鳥が田口と一緒に最初にするのが、チームメンバーへの聞き取り調査。
つまり、小説の冒頭で行われたことをもう一度再演するんですね。
またするの??同じことを?
と、思ったんですが、これが白鳥がいるのといないのとでは大違い。ココからが本当に面白いところでした。

ただ、最後はちょっとあっさりしすぎじゃないかなぁと思ったけど。

でも、白鳥と言う人物はちょっと忘れがたい不思議な魅力のある人です。
かなり印象的。
是非とも、この白鳥をお見知り置きを…!(笑)
15:38 : [本・タイトル]た行トラックバック(1)  コメント(2)

ミュージック・オブ・ハート

B00005V2JGミュージック・オブ・ハート DTS特別版
メリル・ストリープ アンジェラ・バセット グロリア・エステファン
角川エンタテインメント 2002-03-22

by G-Tools


深夜放映で、この「実話」のほう(ノンフィクション)を放映していました。
タイトルは
「Roberta tzanvaras and Her East Harlem Violin Program」
誤字があったらゴメンナサイ^^;
映画を見てからこのノンフィクションのほうを見たんだけど
一長一短というかんじで、両方あわせてみればいいかもしれないと思いました。
(ひょっとしたら、DVDの特典に入ってるのかも。わたしはレンタルビデオで見たので良く分かりません。あしからず)


+++あらすじ+++

ニューヨークの小学校で課外授業としてバイオリンを教えていたロベルタ。
しかし、市の財政難のしわ寄せが、このロベルタの課外授業に来てしまう。予算削減のために、バイオリン教室は廃止されてしまうんです。
で、立ち上がった地域の住人たちや、ロベルタの友人たち。
運動が運動を呼んで、ついにバイオリン教室の子どもたちは、世界のプロたちとカーネギーホールで演奏会をすることになるのです。

++++

はっきり言いましょう。カーネギーは蛇足です。

映画のほうは、ロベルタの人生そのものに焦点が合っていて、前半はそれがとても共感でき、がんばってー!と、応援しながら見ていたんだけど、後半はもう、怒涛のごとくラッキーが重なり(もちろん、教室の運営廃止は『不幸』であるのだけど)あれよあれよと言う間に「カーネギーホールで世界のアーティストたちと共演」と言うことになってしまい、それがストーリーの「ええとこ取り」と言うか、感動を横取りした感じで、焦点のまったく違う作品になってしまったような違和感を覚えました。

最初から、カーネギーだけを描きたかったのかもしれませんが…。

それにしても、これは実話なのだから仕方がないにしても、ラッキー過ぎるというか。ここまで華々しくスポットライトが当たってしまうと、美談を通り越してしまいます。

カーネギーホールでの演奏が、本物のプロたちと一緒に(アイザック・スターンとかイザック・パールマンとかアーノルド・スタインハートとか)行われた様子が映画の中にも出てくるんですけど(わざわざ映画のために撮りなおしたんですよね、これは)はっきり言って「映画」の中では浮いてしまってます。

ノンフィクションのほうは、カーネギーホールでの演奏会が決まってからの、ロベルタ達の厳しい練習風景などを延々と写していて、それはちょっと退屈な部分もあったかな。
でも!!
定期演奏会では、100人がいっせいに「キラキラ星」を演奏したり、40人ほどが招かれてバスケットの試合の前の国歌演奏をしたり、そう言う地域に根ざした活動に日ごろの練習が結びついている様子を見るのは本当に感動的でした。
有名なバスケの選手を間近に見て興奮している子どもたちの表情や、会場がぎっしり詰まった地域での定期演奏会の様子、家族やきょうだいたちが一心に見守る中での演奏会、本当に涙が出ましたよ。
逆に、カーネギーでのプロとの共演。プロが演奏すれば上手くて感動的なのはあたりまえ。もちろん、この話には、プロたちがロベルタや子どもたち地域の住民たちの熱意に心を動かされたところが感動を呼ぶと思うんですけど、どうも素直に感動できない何かがありました。

最初から最後までロベルタと子どもたち中心に話を進めてもらったほうが個人的には好きだったとおもう。

でも、最初のほうは本当に面白かったんですよ!
特にすきなのが、ロベルタが就職しようとニューヨークの小学校に行く、そして最初は校長に断られるんです。
で、ロベルタは懲りずに、働きたいと言いにやってくるんですが、そのとき、自分の子どもたちを連れてくるんです。
そして、子どもたちに校長先生の前で、バイオリンを弾かせるの。
それを見て校長は、ロベルタを学校に迎える決心をするんですが、そのときの子どもたちの表情が可愛いんです!
バイオリンを楽しそうに弾き、そしてロベルタはそれを誇らしげに見守るんです。親子の関係やバイオリンのすばらしさがわかる、とってもいいシーンでした。

感動もあるけど、★★★☆

最後になりましたがアイダン・クイン。久しぶりに見ました。
なんでしょうか、あのもみ上げは(笑)
イイ男なんですけどねぇ、なんか、影が薄いような…。

エイダン・クインの一番のおすすめは↓
B0009J8CKC妹の恋人<特別編>
ジョニー・デップ ジェレマイア・チェチック メアリー・スチュアート・マスターソン
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2005-06-24

by G-Tools



14:38 : [映画タイトル]ま行トラックバック(0)  コメント(0)

文章がうまくなる講座 決定版/ 福島 哲史

4761256419文章がうまくなる講座 決定版
福島 哲史
かんき出版 1997-05

by G-Tools


時々
いいえ
しょっちゅう
自分の下手くそな文章に嫌気がさします。
とくに最近で言うと「トリイ・ヘイデン」ものの感想を書いたとき。
すっごく紹介したい気持ちと、簡潔に書かねば!と言う使命感の間に立ってしまったのか、もう、めちゃくちゃ下手な文ですよね。
読み返して愕然とした…。
というわけで、こう言うハウツーモノを借りてみたんだけど。
これで文が上手くなれば世話ないんだけどね(笑)
でも、結構「ふむふむ」なんて思います。
思うだけ!じゃダメなのね(笑)。
あーもうちょっとましな文章が書きたいです。
23:05 : [本・タイトル]は行トラックバック(0)  コメント(3)

砂漠の薔薇/新堂冬樹

4344010965砂漠の薔薇
新堂 冬樹
幻冬舎 2006-01

by G-Tools


またしても後味の悪い本を読んでしまった。
これは実際に起きた「お受験殺人」として記憶に残る、東京文京区の幼女殺人をモデルとしたストーリー。新堂さんはこの事件をどう「本」にするのか?と、興味しんしんで読んだけども、はっきり言えば読んでる間中気分が良くなくて読後感も悪かった。

主人公が犯行に至るまでの動機付けに「説得力」もなかった。

そもそも、実際の事件を扱ってるのでどうしても「実際の事件のときはどうだったのだろう」「実際の加害者はどう思っていたのだろう」「実際の被害者はどう思っていたのだろう」と、各部分でフィクションである本書と比べてしまい、本書にはのめりこむことが出来なかった。

本書のあらすじ+++

同じ幼稚園を目指している「お受験グループ」に所属する主人公のぶ子。
周囲は裕福でセレブなんだけど自分の家庭は夫が教材の訪問販売をしている、ごく普通生活レベルの家庭。
その彼女が「グループ」の中で浮いていて、イジメみたいな目に合ってる。ことあるごとに彼女をエサに、生活レベルの格差を話題にして、周囲は盛り上がるのだ。
そして公団にある家に戻れば「お受験させる」と言う目で、また公団の主婦たちからもつまはじき。
そんな中唯一の理解者であるかに見える、十和子。彼女はのぶ子の幼馴染であり、グループの中の中心人物であり、メンバーの憧れの人物なんだけど、のぶ子は彼女に心の中にすごい確執を持ってる。
それが高じて、殺人を犯すのだけど…。

+++

ともかく、主人公が子どもを受験させたがったり、お受験メンバーのグループに無理して入ってること自体、読んでて違和感が拭えない。
「そんなに辛いのならやめれば良いのに」と思える。
十和子に対する確執が殺人のきっかけになったのだけど、そこが一番の「説得力の不足」を感じるところ。

実際の事件の加害者も、いろんなサイトで検証や解説を読んでも、はっきりとした動機は伝わってこないのだから、小説ではなおのこと仕方がないことなのかもしれない。

読後の不快感は、考えてみればテーマからして当然と言えるのかも知れず、読んだ自分に「こう言う本を読みたい」と思った罰が跳ね返ってきた、と思っても良いかも。
実際のあの事件にしても、ただひたすら痛ましい。死んだ(殺された)こどもがかわいそうでたまらないし、ご家族の痛みを思うとやり切れません。
それを踏まえて本にするのなら、そこから何か感じるものがあるような作品を期待したかったけど、スキャンダルをそのまま本にした感じだったのかなぁと…。それが後味の悪さの原因かなと思いました。
21:19 : [本・タイトル]さ行トラックバック(0)  コメント(2)

「南極物語」の予告

昨日は娘と「ナルニア国物語」を見てきました。
映画の内容の感想は別に書くとして、今回は、そのとき上映された「南極物語」の予告について少々。


もう、予告というかんじじゃなく、上映されていたと思うけど…。
犬たちが全部ハスキー犬だったので、
しかもメッチャ「チョビ」に似ていたのがいたので。
しかも、しかも、「シーザー」に似ていたのもいたし。
絶対に「動物のお医者さん」思い出した人いると思う!!
感動しそうなんだけど、頭の中に
「オレはやるぜ」というシーザーの声が聞こえた...。(笑)

いや、それだけです、ゴメンナサイ。

reo

↑ reoさん、ごめんなさい、ちょっとお借りしました(笑)
21:04 : [映画タイトル]そのほかトラックバック(1)  コメント(0)

酸素水?

酸素プラス 500ml×24本(1ケース)0127アップ祭10

「水」を、買う、ということには首をひねってしまうんですが(お茶もおにぎりも買うものではないと思っている。つい買ってしまうことはあるにせよ…)これはうちの母親が、今日買いました。
なぜに…。どこがどう違うんだろう…。
母が言うには「頭が良くなる水」とのことなんだけど。

ほんとか~~!!??

うちの母は結構「健康オタク」なんですよね。
一本くれたので飲んでみたけど…。
たしかに、水道水とは比べ物にならないほど美味しい。
でも、健康に良いのか悪いのか、ほんとに「頭が良くなるのか」どうかは不明。いつか分かるときが来るのでしょうか…。ギモンだ。
20:33 : [そのほか]もろもろトラックバック(1)  コメント(1)

陰日向に咲く/劇団ひとり

4344011023陰日向に咲く
劇団ひとり
幻冬舎 2006-01

by G-Tools


わーお♪よかったですよ、これ!

作品は、人生からはみ出した感じのプチ不幸の人たちを主人公にした5つの連作短編集。
主人公同士のつながりは「袖振り合うも他生の縁」というやつ?使い方違ってたらごめんなさい。
直接つながりはなくとも、人生って他人と少しずつリンクしてるんだなぁと思わせるところに「生きると言うことは一人じゃないってこと」というメッセージがあるようで、心がほっこりします。

それぞれの短編はもちろん独立してて、それらがどれもするする読ませられてぐっと来るものばかり。強いて言えば一番最初の「道草」は、最後まで読んでみれば一番インパクトに欠けたかも。
ごく普通のサラリーマンがホームレスになる、って言う話なんですが。
それ以降の話はどれも、すごく好きなものばかり。

中には自分の体験談も入ってるのじゃない?と思うような、駆け出し芸人の話もあったり、アイドルに入れ揚げる男の話もあったりで、それがあっさりした飾り気のない、魅力的な文章で読ませる!!
ともかく、内面描写が上手いです。すべての話が一人称で描かれてるんだけど、その心理描写がすっごくリアリティがあった。
たとえばカードローンで多重債務者になってる男の話があるんだけど、男は「カードを使って未来の自分から借金する」と考えてるのだ。それが妙にツボにはまって可笑しかったです。発想が面白いよねぇ。

★5個はつけすぎかな~~と思うので4個くらいかな。でも、5個に近い。
一気に読めて、かなりオススメ♪

例によって劇団ひとりさんをあんまり知らない。
でもリリー・フランキーよりは知ってる。顔がわかる程度だけど。
  (余談だけど、先日永ちゃんのインタビュアーとして映像がワイドショーに流れてて、初めてリリーさんを見ました。あんな人だったんだね。ほんとに見たことがなかった。) 
うちの家族全員、リリーさんを知りません。
でも、劇団ひとりは我が家でも知名度は高く(笑)娘が言うには「すぐ泣く人」だって。
言われてみれば繊細そうな雰囲気をもってるね。お笑い芸人にしては、どこか寂しげな感じもしますね。
こう言うのを読んでしまうと、とても得した気分になります。

あさみさんにお借りしました。ありがとうございました♪
16:36 : [本・タイトル]か行トラックバック(7)  コメント(13)

ポーション

【即納】サントリー ファイナルファンタジー12 ポーションプレミアムボックス 100ml瓶 12本入

なんかね~~
ファイナルファンタジーのゲームの中に出てくる「元気回復アイテム」かなんからしいんです。
これの発売日が先日でした。
その当日に、娘がどうしても欲しいって言うんですよ。
バカらしい、と思いつつ連れて行ってやりました。
でも、どのコンビニにも売ってないんです。
うちは田舎だし、入荷しないんじゃないの?
と思いつつ、4軒目の「サークル●」で見つけました!!
なんと、1本600円以上しました。
娘は自腹切ってましたけど。
こんなもんに600円…。
思わず娘に「でっかいマンガが新刊で買えるやん、Bオフなら6冊買えるやん」と言いました。
娘は「お母さんの基準はそれかい」と突っ込んできましたが「ああ、そうだよ」と、ちょっとムッとしてしまった。
娘のお金で買ったんだから良いんですけど。
でも、末娘の分はわたしが払ってやりました。
あー、ばからしい、ばからしい。

でも、これネットで見ても結構「在庫なし」ですよ。
しかもセットモノが。
みんな、お金持ちですねぇ。

↑これならまだ在庫ありみたいですよ。
よかったらどうぞ~~。
09:51 : [そのほか]ゲームトラックバック(0)  コメント(4)

D-51のセカンドアルバム「2GETHER」

D-51のセカンドアルバム「2GETHER」が3/15日にリリースされます。
これは映画「ALWAYS 三丁目の夕日」の主題歌であるシングル「ALWAYS」が含まれています。
試聴はこちらから
懐かしく優しいメロディと伸びのある透明な声で、癒されますね。
くわしくはこちらをどうぞ
d51

17:30 : [そのほか]もろもろトラックバック(0)  コメント(4)

スーパー戦隊は30周年!

B000EAV7T4<スーパー戦隊シリーズ 30作記念 主題歌コレクション> 秘密戦隊ゴレンジャー
堀江美都子 ささきいさお ささきいさお 堀江美都子
コロムビアミュージックエンタテインメント 2006-03-22

by G-Tools


30年だそうです。
殆ど見ていないんですけど、長男が小さいときはさすがに一緒に見ていました。
息子のときはこれ↓

B000EAV7W6<スーパー戦隊シリーズ 30作記念 主題歌コレクション> 超獣戦隊ライブマン
嶋大輔 大津あきら 藤田大土
コロムビアミュージックエンタテインメント 2006-03-22

by G-Tools

B000EAV7WG<スーパー戦隊シリーズ 30作記念 主題歌コレクション> 高速戦隊ターボレンジャー
佐藤健太 松本一起 米光亮
コロムビアミュージックエンタテインメント 2006-03-22

by G-Tools

B000EAV7WQ<スーパー戦隊シリーズ 30作記念 主題歌コレクション> 地球戦隊ファイブマン
鈴木けんじ 売野雅勇 山本健司
コロムビアミュージックエンタテインメント 2006-03-22

by G-Tools


30年記念して、30作品のシングルCD出すみたいですよ~。
予約受付中ですって。
懐かしいのがあるのじゃないですか?
覗いてみる?こちらです。

日曜朝7時半、ただいま放映中の「轟轟戦隊ボウケンジャー」では、毎週過去の戦隊たちを紹介すると、こないだ言っていました。
楽しみにしていたりして…(笑)

関連ニュースはこちらです
16:51 : [そのほか]もろもろトラックバック(0)  コメント(6)

耳をすませば

B00005R5J9耳をすませば
本名陽子 高橋一生 露口茂
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント 2002-05-24

by G-Tools


明日いよいよテレビ放映。
録画しなくては!!
ジブリの中でこれが一番すきなんですよ~。
ハウルも肉薄しましたけどね。でもやはり「耳をすませば」が一番かな~♪

息子がピアノを習ってまして、発表会のとき、連弾で「カントリー・ロード」弾きました。
ちょっと失敗してしまったんだけど、今思うと良い思い出。
でも、失敗はダメですよね。
キンチョーしてしまってね…。
二度と出来ないわ、あんなこと。
21:38 : [映画タイトル]アニメトラックバック(0)  コメント(2)

激流/柴田よしき

4198620792激流
柴田 よしき
徳間書店 2005-10-21

by G-Tools


タイトルからして、ものすごい「激流」を想像してしまったけど、思ったほどの事はなかったなぁ。ついつい、すっごいのを期待してしまったんだけど…。
ミステリーと言うよりも、中学時代の同級生が中年になってから、ひとつの事件をきっかけに再会して、成長した大人同志として旧交を深めると言う、平たく言えば「同窓会モノ」というかんじでした。

彼らは、中学3年の修学旅行で同じ班だったのだけど、途中で班の仲間がひとり、疾走してしまうんです。みんなそれを抱えて大人になります。それぞれ出世したり落ちたり這い上がったり、色々な人生を生きてるんですが、あるとき、疾走した級友の名前でメールが届く。「私を覚えていますか?冬葉」と。
おりしも、ひとつの殺人事件でその班のひとりの名前が挙がり、担当する警視庁の刑事もまた班の一人であったと言う偶然が重なり、そのことがきっかけで班のメンバーが再会する、そして真実に近づいてゆくのですが…。

編集者となってる圭子や、歌に作家活動にと(いったんはスキャンダルにまみれながらも)活躍している美弥なんかの半生がなかなか興味深く読めました。
貴子の人生もかなりハードなんですが、もうちょっと彼女の背景を読みたかった。中途半端な気がしました。

肝心のミステリーとしての結末は…ちょっと期待はずれでした。
とくに、貴子関連の殺人の犯人に至っては…。
冬葉のこともそうなんだけど、これだけ長い割にはいまいち平凡な結末だったんじゃないかと言う気がしています。
10:47 : [本・タイトル]か行トラックバック(2)  コメント(4)

キングダムハーツ

B00008VAFVキングダムハーツII
スクウェア・エニックス 2005-12-22

by G-Tools


4757516215キングダム ハーツ2 アルティマニア
スタジオベントスタッフ
スクウェア・エニックス 2006-02-23

by G-Tools


B000BRWJ9CKINGDOM HEARTSII オリジナル・サウンドトラック
ゲーム・ミュージック 下村陽子
東芝EMI 2006-01-25

by G-Tools



ゲームはしないんですけどね。
スーパーマリオワールドみたいに、画面の左から右とか一方に進むのは良いんだけど、バイオハザードやった時にどうにも、どっちに行って良いのか分からなくて、迷子になりそうで…(笑)。
リアルで方向音痴だと、ゲームでも道が分からない?
それに、酔いそうになるんです。

でも、そんなわたしも見てるだけでも楽しいのがこれ!
「キングダムハーツ」は、ディズニーの世界がゲームになったので、そりゃもう馴染みのディズニーキャラたちが総出演って言う感じです。
ミッキー、ミニー、ドナルド、プルート、グーフィー、チップンデール、プーさん、ピーターパン(1のみ)アラジン、美女と野獣、ナイトメアのジャック、そしてなんと「パイレーツ・オブ・カリビアン」のジャック・スパロウも!!

「パイレーツ・オブ・カリビアン」のジャックなんて、ジョニデそのまんまで、映画に登場した彼の人そのまんまなもんですから、ゲームをしなくても子供たちのしているのを見てるだけでも楽しい!
もちろん、オーランド・ブルームも、キーナ・ライトレーもそっくりで登場。
しかも、日本語吹き替え版の声優さんと同じだから言うことありません。
BGMも映画のまんま。

にーちゃんが持っていて春休み帰省で持ってきたんだけど、またあちらに帰る時に持っていってしまって、妹たちはいま禁断症状に悩んでいます。
買おうか買うまいか、悩み中。
あれなら買ってもいいなぁ。買わないかなぁ、娘たち…。(わたしはお金出さないけど!(笑))

↓ これも欲しいらしい…。
 ...続きを読む
21:35 : [そのほか]ゲームトラックバック(0)  コメント(0)

暗い日曜日/朔 立木

4048736698暗い日曜日
朔 立木
角川書店 2006-02

by G-Tools



前作「死亡推定時刻」と同じ「リンメイ先生」のシリーズと言うことで、ひじょーーーーーに期待してしまいましたが…。残念ながら、期待叶わず。

と無下に言い切るほど、面白くないとも思わないんですけど(文章が読みやすいのでネ)どうにも全体的にマッタリ感が拭えないままに終わりまで来てしまった、かな。

まず、ストーリーを簡単にご紹介すると、今回リンメイ先生の手がけた事件は「高名な芸術家が痴情のもつれの果てに、愛人を殺した」と言う事件です。
リンメイ先生はこの被疑者にいたく魅せられて友情も感じ、彼のためにできることをしようと努力するのですが、何が残念かと言うと、リンメイ先生と同じように被疑者に魅力を感じることはなかったと言うこと。
前作「死亡推定時刻」では、小林被告の冤罪を晴らそうとするリンメイ先生と同じ気持ちで、読みすすめることが出来、こころからリンメイ先生を応援し、小林君の「その先」が気になって、読むのを止められないほど鷲づかみにされた読書意欲。しかし、今回は被疑者に対しては「結局『浮気』してたんでしょ…。」という冷めた気持ちが去らず、事件の解明に関してもそれほどは興味を引かれませんでした。
ミステリーとしても、たいしたトリックや驚くような真実があるわけでもないし、「タイトルからして」←ネタばれになってると思う。

結局、愛人に殺されたとされる女を巡っての愛憎劇として、ミステリーと言うよりは「恋愛モノ」として捕らえたほうがしっくり来る感じかなと、思いました。
11:20 : [本・タイトル]か行トラックバック(2)  コメント(2)

パステルのなめらかプリン

パステルというお店の「なめらかプリン」ってのを頂いて食べたんですけど…。HPはこちら
めちゃくちゃなめらかで美味しかった~。

うちの娘(高校2年)は、大のプリン好き。
すっごく喜んでいました。

でも、末っ子娘(小学五年)は、甘党ではないみたいで、でも、グリコのプッチンプリンみたいなのは好きなんですけどね、このなめらかプリンは甘すぎて、ひとつ丸ごと食べられませんでした。

我が家で、突然変異のように、娘は甘党ではないのです。
ケーキもそんなに好きじゃないし。

甘党ではない限り、さほど太らないと思うので、かなり娘が羨ましいわたし。

話が横道にそれましたが、パステルさんのなめらかプリン、機会があったらお試しあれ~~♪
17:34 : [そのほか]もろもろトラックバック(0)  コメント(2)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。