ハリー・ポッターと炎のゴブレット

B000BQYLWQハリー・ポッターと炎のゴブレット(NDS版)
エレクトロニック・アーツ 2005-11-26

by G-Tools

昨日、子供たちと見てきました。(で、娘が欲しがってるの↑これを)
日曜と言うことで、朝も早よから開演していた。
なんと第一回上映は8時半!!びっくりしたなぁもう!
一日の上映回数、私が行った映画館では多分17回だったと思う。
それこそ、数え切れないぐらい上映している。しかも、私が見た回もほぼ満席。凄い人気です。

内容は、実のところ「アズガバン」のほうが面白かったかな~。
でも、「炎」も、楽しめる作品であることは間違いないです。
迫力、楽しさ、年々増していくように思う。
子供たちもみんな大きくなってって、オバサン、目を細めてしまいます。
中でもやっぱり「ふたご」ですよ~~。
ますますカッコよくなってきて!ますます先が楽しみ♪
他の映画にも出てないのかな?もっともっとイイ男になってね♪

うちの娘はポッタリアンでして、原作も当然読んでるのだけど、原作には及ばず(いつもそうだよね)らしい。
見終えて
「あー!!あのシーンやこのシーンがなかった~~!!」
と、もだえてたよ(笑)
それでも、最低3回は劇場で見る!と息巻いてます。もちろんDVDも買うつもりらしいし…。
私も「あのひと」が出てこなかったので(出ては来たんだけどね…)不満が残るなぁ。
私はこのシリーズは映画を見てから原作を読んだほうが楽しめるのじゃない?と思ってるので、いまから「炎のゴブレット」読むつもり。

グッズの数も凄くって、100以上のものが出てるみたい。
特に今回娘のハートをつかんだのは「羽ペン」
すっごく欲しいらしい(笑)

ま、映画の感想とは言えませんが、見た人がいらっしゃったら一緒に語りましょうね^^
スポンサーサイト
15:16 : [映画タイトル]は行トラックバック(3)  コメント(3)

命の終わりを決めるとき/朔 立木

4334924611命の終わりを決めるとき
朔 立木
光文社 2005-06-22

by G-Tools


「死亡推定時刻」があまりにも面白かったので、図書館で本書を見つけて「やったー♪」と借りてみたものの…。及ばず。

「終の信託」と「よっくんは今」という2つの短編が収録されているけれど、どちらも「殺人容疑」で拘束されて、検事や刑事に取り調べられている状況での、当事者たちの心理描写を描いた作品だ。
特に「終の信託」は、医者による安楽死をめぐる事件として、読み応えがある…はずだけど、医者、検事双方に感情移入が出来ず、まったく盛り上がらないまま読了。
たしかに、無意味な生命延長は患者の尊厳をなくし、家族の負担を増すものだろうが、それが医者と本人だけのあいまいな意思表示だけによって、決定されて進められるとしたら、家族は抵抗を覚えるのは当然ではないか。
この医者は、家族が患者を思っていないと断定して(描写としてはそう言うように描かれているが)そう言う行動に出たわけだが、果たして医者から見た家族の姿は正しいのか。それは医者の主観に過ぎないのではないか。
そう言う問題提起をこの小説自体がしているのなら、それも良いけれど、小説としての魅力は…申し訳ないけど、なかったです。
「よっくんは今」は、恋人をナイフで惨殺した少女の心の中を描いたもの。
実際の事件をヒントに描かれた作品だと言うことだけど、ま、ほんとに殺人のきっかけや動機なんて、はたからは計り知れない部分が多いだろうから、その点ではこの小説は「リアル」なのかもしれない。
でも、犯人にも刑事にも全然同調できる部分がなく、これまた盛り上がらないうちに読了した次第です。
15:00 : [本・タイトル]あ行トラックバック(0)  コメント(2)

高熱隧道/吉村 昭

4101117039高熱隧道
吉村 昭
新潮社 1975-10

by G-Tools


この本は、最近吉村さんを読むようになり、代表作だと聞いていたので、是非とも読んでみたいと思っていたところ、ネッ友のくままさまにお借りすることが出来ました。くまま様、ありがとうございます♪

黒部第3発電所。
戦局が重大な局面に達していた昭和11年。日本は、その軍事力増強のための電力供給に、北アルプスの黒部峡谷にダム建設を計画するのだ。
そのために必要なのがトンネル工事。
正式に言うと
「黒部渓谷の上流、仙人谷でのダム構築・取水口・沈砂池の建築と、それにそれに仙人谷から下流方向の阿曾原谷付近までの水路・軌道トンネルの掘鑿(くっさく)工事」
と言うことである。
ところがこれが言語と想像を絶する難工事であった。
きわめて厳しい自然の中での工事である上に、掘り進める岩盤がとっても熱いのだ。最初のチームが30メートル掘り進んだところでギブアップ。そのときの岩盤の温度、摂氏65度であったらしい。
その後を引き継いだ佐川組の、岩盤との…というよりも、自然との死闘を描いたのが本書であるが、掘れば掘るほど岩盤の温度は上がり、最高では165度にも達したと言う。何度も温度計(?)が割れてしまう。
 ...続きを読む
11:45 : [本・タイトル]か行トラックバック(1)  コメント(3)

仄暗い水の底から

B000066O6L仄暗い水の底から
黒木瞳 菅野莉央 小口美澪
バップ 2002-07-01

by G-Tools


昨夜テレビ放映があったので見てました。
原作も読んだけど、さほどのインパクトも受けず、ほんのりとしか覚えてない…。
こう言うホラーは年々、怖くなくなっていくんです。
耐性が強くなってきているのね。ホラー好きとしては哀しい。

でも、この映画は不覚にも泣いてしまった。
ラスト、ちょっとだけネタばれ⇒我が子よりもユーレイを選んだ(そうしたのはもちろん、我が子のためだろうけれど)母親と娘の別れのシーンで、あまりにも切なくって、一緒に見てた娘とふたりしてホロホロ~っと、涙を流しました。
それにしても、黒木瞳は美しい。年上とは思えん。比べるほうが間違ってる気もするけど…。あの子役の女の子も、可愛かったねー。泣き顔がすっごく印象深かった。
ホラーって言うよりも、哀しい物語でしたね。
11:42 : [映画タイトル]は行トラックバック(4)  コメント(6)

ウィンブルドン

B0009PRCIEウィンブルドン
キルスティン・ダンスト リチャード・ロンクレイン ポール・ベタニー
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン 2005-08-26

by G-Tools


ポール・ベタニーが好きなので、楽しみにしていた一本♪
ウィンブルドンを舞台にした、二人のプロ・テニス・プレイヤーのラブ・ロマンスです。
ストーリー自体は何のひねりも無いベタなラブ・ロマンス。
ストレートです。
(ま、多少の紆余曲折があるけどね)
でも、そのストレートさが逆に気分の良い、見終えてハッピーな気分になれる後味のよい映画になってた。私は好き。
変哲は無くても、カメラワークというのか画面の切り替えだとかアングルなんかで結構見せてくれるんじゃないでしょうか?全然飽きなかったもん。
主人公二人の関係がどうなって行くかが気になるのはモチロン、ベタニー様の友達のテニス選手が登場するんだけど、彼とのトモダチ関係もまた良かった。こう言う周囲の人間関係なんか大事に描いてるのが、ツボなのね。(「ノッティング・ヒルの恋人」とかね)
ただ、俳優さんたちはテニス初心者ばかりと言うことで、テニス好きな人が見たらフォームなんか、見てられないのではないかな?実際、S選手も鼻で笑って「なぜテニス選手を起用しないの?」と言うコメントしていたし。

でも、私は繰り返しますが、ベタニー様が好きなので♪グッドでした~。
ベタニー、イイ男指数95%^^

ベタニー出演でオススメは↓こちら♪


キス★キス★バン★バン
ステラン・スカルスガルド スチュワート・サッグ クリス・ペン
B0002ZEVDK



ロック・ユー! コレクターズ・エディション
ヒース・レジャー ブライアン・ヘルゲランド ルーファス・シーウェル
B0006GAWGK

14:13 : [映画タイトル]あ行トラックバック(3)  コメント(4)

モンスター

B0002U8NS4モンスター プレミアム・エディション
シャーリーズ・セロン パティ・ジェンキンス クリスティーナ・リッチ
松竹 2005-05-28

by G-Tools


実在の連続殺人犯アイリーン・ウォーノス。
最初ただの娼婦であったアイリーン。
ある時、レズビアンの少女セルビーに出会ったことから、連続殺人犯として犯行を重ねてしまうようになったいきさつと、ウォーノスを振り回した少女セルビーの残酷さを描いた衝撃作品。

見ててこんなに気分が悪くなる映画も珍しい。
シャリーズが醜悪で目を背けたくなるほどだった。
最初、分からなかったもん。声は確かにシャリーズなのに、どこ?って感じでした。あのおなか、オシリ…そして顔。表情!!口元!!あー。すごい。すごいすごい。見てられない。
可愛いキャンディ(「サイダーハウス・ルール」)はどこへ?
人はこんなにも変われるんだろうか…それならば、私もまた逆に、「キャンディ」のようになれるのではなかろいうか…という、あらぬ期待を錯覚してしまうほどの変貌振りで、それだけでも見るに値するかもしれないけど…。

殺人犯になるにはいろんな状況や、理由やきっかけがあるんでしょう。本との意味での「モンスター」は、セルビー、お前だ!!
私にとってはひたすら後味が悪かった。
アマゾンでは評価が高いんですねー。それもびっくり。

レズビアンのサスペンスなら↓こっちのが面白かったなぁ。
B00005FXMEバウンド
ジェニファー・ティリー ジーナ・ガーション ジョー・パントリアーノ
ジェネオン エンタテインメント 1998-12-22

by G-Tools


13:59 : [映画タイトル]ま行トラックバック(0)  コメント(0)

アラジン

アラジン スペシャル・エディション
アラジン スペシャル・エディション


これ、もしもまだご覧になってない方がいらっしゃったら、是非ともオススメですよ~。うちはVHS買ったのだけど、覚えるぐらい見た。
アラジンがお姫様と恋に落ちて、でも、自分はしがないビンボー人、それをたまたま見つけた魔法のランプから出てきたジーニーといっしょによその国の王様に変身して、姫様のもとへ乗り込むのだけど、そこには王座を狙うジャファーと言う宰相がいて…。

そのジーニーの七変化が面白い!テンポ良いストーリー展開に目は離せず、笑って笑ってハラハラして、最後はほろっとする最高の映画です。

特に、これも、吹き替え版をオススメ!
ジーニーの七変化を天才山寺宏一が見事に演じきってる。もう最高です。ヤマちゃんの吹き替えの中でこれが一番すきです。「7つの声を持つ男」をこれほどひとつの作品の中で実感できるのは他に無いです。ヤマちゃん大好き♪

ディズニーアニメですきなのは他には↓こんな感じ。

トイ・ストーリー & トイ・ストーリー2 スペシャル・エディション
ディズニー ジョン・ラセッター トム・ハンクス
B000BFLAE4







美女と野獣 スペシャル・リミテッド・エディション【日本語吹替版】
あずさ欣平 伊東恵里 熊倉一雄
B00006FDI2






モンスターズ・インク
高乃麗 大平透 立木文彦
B0007VZBME



21:56 : [映画タイトル]アニメトラックバック(0)  コメント(2)

バック・トゥ・ザ・フューチャー3

バック・トゥ・ザ・フューチャー 20th アニバーサリーBOX
マイケル・J・フォックス ロバート・ゼメキス クリストファー・ロイド
B000B4NFUM


テレビで,「バック・トゥ・ザ・フューチャー3」をやっていたので、子どもたちと見た。やっぱり最後のドクのセリフでじーんとして涙が出るのです。

吹き替えは三ツ矢雄二さんと穂積隆信さん。これはベストコンビですね。字幕スーパーで見るよりも、これだけは吹き替えのほうが好きなぐらいです。
以前織田裕二さんと三宅裕司さんのコンビでも、この映画の吹き替えをしていたことがあったけど、比較にならなかった。
三ツ矢雄二さんはこう言うコミカルな声をやらせたら天下一品。私の好きな声優さんの一人です。
穂積隆信さんは「大草原の小さな家」のベイカー先生も、すごく良かった。

吹き替えは、ビンゴさえすればそれなりに楽しめるのです。
13:49 : [映画タイトル]は行トラックバック(0)  コメント(9)

ネバーランド

B00067HCY4ネバーランド
ジョニー・デップ マーク・フォースター ケイト・ウィンスレット
アミューズソフトエンタテインメント 2005-08-03

by G-Tools


劇作家ジェームズ・バリが、かの「ピーター・パン」を生み出すまでの物語。
「実話に基づく話」と書いてあったけど、どこまでが実話なのか少し気になったけど、映画としてはものすごくよかった。号泣と言うわけではないんだけど、しみじみと胸に迫る感動作でした。

「ピーター・パン」のなかには「子どもが妖精の存在を信じないと、妖精が死んでいく。だからティンクを助けるために、妖精を信じて!」と言うくだりがあるんだけど(実は原作は未読なので、詳しくは知らない)このエピソードって、とっても素敵なところですよね。「E・T」なんかでも、ドリューがママに読んでもらってる部分がまさにこの部分、原作を読んでなくとも知ってる有名なところだと思うんですが、ディズニーアニメの「ピータ・パン」にはこの部分はないのね。
それでも、やはり、ピーターパン誕生秘話は「あの部分はここから生まれたのか!」という発見があり心躍る楽しいものだった。
 ...続きを読む
11:04 : [映画タイトル]な行トラックバック(0)  コメント(0)

50回目のファースト・キス

B0009XFC4W50回目のファースト・キス コレクターズ・エディション
ドリュー・バリモア ピーター・シーガル アダム・サンドラー
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2005-10-26

by G-Tools


ご注意!作品中「シックス・センス」のネタばれあります。

と言うのは置いておいて。
アダム・サンドラーとドリュー・バリモアと言うと「ウェディング・シンガー」が良かったですね。あの映画はラブコメの中でも私の好きなトップクラスの作品なのだけど、今回のこの映画はどうかな?とちょっと半信半疑で見た。なんと匹敵するぐらい素敵な映画でありました!
軽いラブコメかと思ったんだけど、結構シビアな部分もあり、というか、かなりシビアな設定なのだけど、それを、もちろんアダム・サンドラーの持ち味や、明るいハワイアンミュージックや、海や夕日や美しい大自然と、ハワイの持つ開放感が手伝って、ちっとも暗くならずにただひたすら優しく癒される感じなのだ。脇役たちも嫌な人がいなくって、みーんないい人たちばかり。ご都合主義かもしれないけど、これほど見てて「気持ちが良い」映画もないのでは…というほど、善人ばかりでした。しかもいい味だしてる人が多い!!特にルーシーの弟役のショーン・アスティンなんて「ロード」のサムとはえらいイメージが違ってて、面白かった!!お父さん役も良かったなぁ♪それに、ヘンリーの友達のウーラもいい味!それにペンギンやセイウチまでがグッジョブ♪
でも、全編にあふれるのは「やさしさ」。単純だけどその優しさに涙が止まらなかった。
でも、部類は「コメディ」だよね。いたるところに明るい笑いが満載♪笑って笑ってそしてホロリ…。ラブコメ好きの、ハートウォーミング系の映画が好きな人はぜひともご覧あれ♪

↓私の好きなラブコメたちです。
B00005GDUTウェディング・シンガー
ドリュー・バリモア フランク・コラチ

by G-Tools

B0001URNS6あなたが寝てる間に…
サンドラ・ブロック ジョン・タートルトーブ ビル・プルマン

by G-Tools

B000ALVXGOあなたに降る夢
ニコラス・ケイジ アンドリュー・バーグマン ブリジット・フォンダ

by G-Tools


さて、「50回目のファーストキス」の内容は…

最初、アダム演じるヘンリーがすっごいプレイボーイなのだ。舞台はハワイでヘンリーは水族館に勤める獣医なのだけど、観光客相手に嘘八百並べ放題であとくされのない一夜限りの「ロマンス」を満喫している。
 ...続きを読む
17:26 : [映画タイトル]英数トラックバック(3)  コメント(3)

餡麩三喜羅/大口屋

sannkira


「あんふさんきら」と言います。
「是清」「をちこち」のお店かと思ったら、あちらは「両口屋」でした^^;
大口屋」という本店が愛知県江南市にあるお店です。

この「餡麩三喜羅」と言うのを初めていただいたんですけど、なんつう食感!
まず持った瞬間から胸がときめくような柔らかさ!
見た目が普通のお饅頭のようだし、ちょっとそば饅頭にも近い色合いから、まさかまさかこんなに柔らかいとは!と思うほどの感覚なのです。

で、いただいてみるとですね…。
伸びるんですよ~~。この麩が!
半分ずつしようと、手で二つにちぎろうとしてもちぎれない!
だけど、おもちじゃない!でも、麩にしても、こんな柔らかい餡麩が今までにあっただろうか?と思うほどの柔らかさ。
感動しました!!
中の餡はこしあん、甘すぎず舌触りも滑らかでグ~~~ッド♪


名古屋の駅付近(コンコース内のキヨスクや松坂屋)栄の三越、セントレアにも店舗があるらしいので、ご縁のある方は一度お試しくださいな♪
11:32 : [そのほか]もろもろトラックバック(1)  コメント(6)

半干しぬれ煎/亀田製菓

kameda


これ、びみょーー!!なんです。

「しっとり」と言うには固すぎる。
湿り煎餅大好き人間としては、この中途半端さにはがっかり。
半干しとか言いながらこんなにも煎餅から威勢のいい音が出てはいけません。
それなのに、食べてみたら「3ヶ月ぐらい前に買って袋を開けてしまって放置していました」…ぐらいの、いかにも「湿らせてしまった!」という食感なんです。中途半端です!!湿るのならもっと思いっきり湿らんかい!と、喝を入れたくなる湿り具合なのですよ。

亀田の煎餅はおいしいものが多いけど…。
そうねぇ…。一番すきなのは「こつぶっこ」とか「揚一番」とかなぁ。
去年かおととしに、キャラメル味のふんわりしたおかきがあったんだけど、評判がよくなかったのか、今は見かけない。
と思ったら、こんなのになったんだね。多分、これだと思う。また探してみましょう。

話がそれましたが、今回声を大にして言いたいのは、「湿り系煎餅」なら!
画像がなくて残念ですが、これがオススメ。

関口醸造株式会社」の「甘口しっとりせん」ってやつです。
これはしっとりしてて、お煎餅を割るときに、パリンと割れないんですよ。
うにゅーってかんじで、引っ張りちぎる感覚に近い!
もちろん噛んでも、パリパリ言いません。でも、おもちって感じじゃないんです。うにょうにょと口の中で歯に粘りつく感じ!
これがたまらん、絶妙のおいしさ、歯ごたえなのですよ!!

私の紹介ではおいしそうに感じないかもしれないけど…。
スーパーで見かけたら一度お試しくださいな♪

ちなみに、おもちほどの食感をお求めなら、半田市の「生せんべい」ガオススメ。これはもう、中途半端さは皆無!思いっきりの「生」です!
11:16 : [そのほか]もろもろトラックバック(0)  コメント(0)

死因究明/柳原三佳

4062130955死因究明―葬られた真実
柳原 三佳
講談社 2005-09

by G-Tools



司法解剖の必要性は、その死因を明らかにすることで、死者の尊厳・権利を守るだけではなく、今の社会の中で誰もが持つ「死に至らしめられる可能性」を排除し、生きているものの権利を守るためににある。
本書では、現状での日本の司法解剖の驚くべき、ずさんで非人道的な実態が明らかにされている。

衝撃のルポでした!

司法解剖って言うとテレビドラマなんかのイメージが強いけど、日本においては今のところ、あれは「虚像」なのだそうだ。実は変死体の3、7%しか解剖されてないと言うのだ。
3,7%ですよ?
「病死」「事故死」の死因が特定されないと保険金の支払いにも大きく影響する。ので、日本では保険金支払いに関するトラブルが多いそうだ。
しかしそれ以上にモンダイなのは、司法解剖されないことによって犯罪が見過ごされている場合が多々あると言うこと。
ここでは、北海道で起きた木村事件という、高校2年生の少年がバイクの自損事故で片付けられてしまった死亡例などを軸に、いかに「司法解剖」が重要であるかを書いてある。

木村君は3日間行方不明の末に、バイク事故という形で発見された。ここに至るまでの警察や学校側の態度、担任の無責任さや挙・言動の不審さにも非常~~~に腹が立つところである。
が、それよりも不審なのは、いろんな専門家に話を聞くと、素人目にもバイクの自損事故とは思えない。発見されたときの状況から見て警察の発表した死亡推定時刻や、その日にちさえも違う可能性が大きいとの事。なのに、バイクの自損事故で片付けるだけではなく、彼が無免許だったことから「道路交通法違反」による「被疑者死亡で不起訴」という処分まで受けることに…。
 ...続きを読む
20:19 : [本・タイトル]さ行トラックバック(0)  コメント(4)

人を殺してみたかった

4575293202人を殺してみたかった―愛知県豊川市主婦殺人事件
藤井 誠二
双葉社 2001-11

by G-Tools


この本は「darjeeling and book」のかっこーさんのブログで知りました。

2000年5月1日に愛知県の豊川市で起きた、行きずりの高校生による主婦殺人事件の衝撃ノンフィクション。
犯行の後、かれは「ひとを殺してみたかった」と言い関係者を唖然とさせた。
彼が犯行を決意し、実行し、逮捕に至るまでが刻々と淡々と描かれていて、圧倒される。
なによりも事件後かれは「アスペルガー症候群」と判断される。
この症例は自閉症の一種だそうで、しかし、犯行とアスペルガー症候群とは一切無関係だと何度も繰り返されている。
しかし、世の中この少年のように「変わったやつ」と思われている人間は五万といるわけで、自分だって他人から見れば「変なところ」は持ってるはず。
これを「アスペルガー」なり「AD」なり(本書ではADHDは出てきませんが、症例チェックで「え?私?」と思ったこともある⇒だらしない、整理整頓ができない、モノを無くしやすい、気分がかわりやすい、気ぜわしい、心配性、かんしゃくもち、怒りっぽい、マニュアルに従うのが苦手、自尊心の低さ、不正確な自己認識、対人関係に一喜一憂しやすい、暴力行為をおかしやすい、しゃべりすぎる、手足を無意味にそわそわ動かす、順番を待つことが苦手である…なんて書かれては、胸がぎゅーっと締付けられるような不安感に押しつぶされそうになる。詳しくはコチラ)誰が「私は完全に違う」と否定できるんでしょうか。
それと、文中に少年が井上雄彦氏の「バガボンド」が好きだという記述がある。
 ...続きを読む
20:16 : [本・タイトル]は行トラックバック(0)  コメント(2)

ザ・インタープリター

B0009MUDV0ザ・インタープリター
ニコール・キッドマン シドニー・ポラック ショーン・ペン
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン 2005-09-23

by G-Tools


国連の同時通訳として働く女性シルヴィア(ニコール・キッドマン)が、ふとしたことである人物の暗殺の計画を知ってしまい、命を狙われる立場に。
そこにシークレット・サービスのトビン(ショーン・ペン)が、シルヴィアの警護に当たる。
が、シルヴィアは何かを隠しているようなそぶりを見せ、トビンは彼女を完全に信用できないのだが…。

ニコール・キッドマンはアフリカの現地語を話せると言う設定なんだけど、この言葉架空の言葉(国も)なんだそうだ。信じられないほど、それらしく聞こえた!タモリの中国語やフランス語を真似るみたいな…(笑)。
内容としては
 ...続きを読む
22:37 : [映画タイトル]さ行トラックバック(2)  コメント(0)

コール

B000207OACコール
シャーリーズ・セロン ルイス・マンドーキ ケビン・ベーコン
アートポート 2004-05-21

by G-Tools


ある医者一家が同一グループにそれぞれ別々に誘拐される。
娘が喘息の発作を起こしたが、薬は母親のバッグに。
一旦、薬の受け渡しで、母と娘が引き合わされるのだけど、またしても離れ離れに…。
犯人の要求は24時間以内に身代金を用意することだった…。

と言うのが内容なんですが、ん~~イマイチ。
監禁されてる3人がなんだか、まったりしてて緊迫感にかけたような気がする。
ダコタちゃんの演技力がひたすら光った感じ。

★★★
22:18 : [映画タイトル]か行トラックバック(1)  コメント(2)

ぱちもん/山本甲士

4094080422ぱちもん
山本甲士
小学館 2005-07-06

by G-Tools


面白かったです~!
毒気の強い荻原さん?毒の弱い新堂冬樹?それよりも、やっぱ、関西弁の巻き舌を描かせたら右に出るものがいないのではないかと思われるほどのド迫力は、山本さんの持ち味ですよね!!
ぱちもんって、関西弁で「偽者」のことなのね。
この本は、偽者と言うよりも、怪しげで胡散臭ーーい探偵たちの連作短編集です。
ここに出てくる探偵たちはたいてい、客から「ぼる」ことばっかり考えてる。それで、「なるほど、探偵ってこうやって儲けるのか」とか「こうして騙されないようにしなくては!」と、社会勉強ができる(笑)
一番最初に出てきた探偵が、客を騙す手口なんてとっても鮮やかで恐れ入ってしまうのだ。
しかし!こんな探偵がのうのうと騙すだけで話が終ってよいはずはない!
もちろん、きっちり落とし前は…。そこまでが「どうなるの?」と、目が離せない。
さくさく読めて、思ったよりも毒気がなくて、中にはちょっぴりさわやかなお話もあったり、悪いことをしてるように見えてもちゃんと理由があったり、なんか人間を肯定的に捕らえてて読後感も割と良かった。
好みで言えば、めっちゃ好みの短編集でした!
あさみさんにお借りしました。ありがとうございました!
15:31 : [本・タイトル]は行トラックバック(0)  コメント(0)

県庁の星/桂 望実

4093861501県庁の星
桂 望実
小学館 2005-09

by G-Tools


Y県職員人事交流研修者として県職員総数29000人中の6人の一人に選ばれた野村聡(31歳)。
胸に誇りを抱いて、1年間にわたる民間企業への研修に入る。
配属先は…つぶれかけたスーパー??
マニュアルも組織図もないそのスーパーで、野村は怠け者の渡辺やパートなのに絶対的な権力を握るオバチャン二宮らとともに、職員の意識変革のために働く…のだが、実際は「分かってない」のは野村のほうだったのだ!
県庁務めのエリート、なんでもマニュアルどおり、役人根性丸出しの野村がスーパーで働くうちに得たものはなんだったのか。
桂さんの放つ役人エンターテイメント!!
 ...続きを読む
13:33 : [本・タイトル]か行トラックバック(1)  コメント(2)

ボーイズ・ビー/桂 望実

4093861331ボーイズ・ビー
桂 望実
小学館 2004-03

by G-Tools

母親を亡くしたことを理解できない幼い弟を持て余す心優しい兄、隼人(小学6年生)。父親にも相談できずに一人で頑張って、どうにかして直也に母親の「死」を分からせたいと思っている。弟直也の絵画教室に付き合っているうちに出会ったのはオーダーメードの靴職人、栄造70歳。仕事は確かだが気難しく、人を寄せ付けず、自己中心的な頑固ジジイだ。 子どもなんてだいっ嫌いだ!と、思いながらも、なんとなく成り行きで隼人のことを放って置けない。
このじいさんが本当にいいんです!見かけは意地悪、頑固ジジイ、口は悪いし、人嫌いだし、「あんた何様??!」と、言いたくなるようなオジイなんだけど、実は隼人みたいな子どもを放って置けなくて何かと世話を焼いたりして、どんどん巻き込まれていくのだ。その様子がとってもユーモラスで微笑ましい。読み進めるうちに大好きになっていった。
 ...続きを読む
13:05 : [本・タイトル]は行トラックバック(1)  コメント(4)

死日記/桂 望実

4767802113死日記
桂 望実
エクスナレッジ 2002-12

by G-Tools



タイトルのとおり、死に至るまでの日記形式で綴られた有る少年の物語。
日記の合間に、刑事に事情聴取されている母親の証言と、それを聞き取る刑事の心境が挟まれている。
この手の物語は、私はどうしても「こんな風にこの年頃の子が書くなんてありえない」とか、ちょっとひねくれて受け取ってしまうのだけど、この物語は素直に、まるで本当にこんな少年がいてこんな物語があったのだと思えるような臨場感があった。
思うに、この著者桂望実さんは「ボーイズ・ビー」の時もそうだったけど、少年というか、男の子の感情を描くことにとても長けているように思う。視点がそのまま、素直に受け止められるのだ。そしてその主人公がとっても愛しく感じられる。
 ...続きを読む
01:03 : [本・タイトル]さ行トラックバック(0)  コメント(0)