FC2ブログ

【遊】いちご狩り

急に思い立って夫と娘と3人でいちご狩りに行ってきました。
鷲野農園
養老山脈のふもとの町にあります。
(昔話で有名な「養老の滝」はこの養老山脈のふもとにあります)
22041809.jpg

22041801.jpg

田植えが始まっていました。
22041810.jpg


ハウスの中はこんな感じで
18042202.jpg

18042201.jpg

このハウスの縦に半分の距離を、上下の棚と、下のプランターと、なんと3段を食べ放題30分!

大きないちごでつやつやときれい。
以前にも一度いちご狩りをしたことがありますが、そのときはコンデンスミルクを持たせてもらった。
今回はなかったから少し不満に思ったけれど、いざ食べて見れば、すんごく甘くて、ミルク不要!!

22041808.jpg

そして大きい!

22041805.jpg

感激しながらバクバク食べて食べて食べて…

でも、
30分食べ放題って、30分も食べられませんでした(^-^;
10分ぐらい食べたらおなか一杯。
3段分も食べられないし!!

しかも、ハウスの中は暑い!!
30分もいられない暑さ!
折しもこの日がよりによって今年初の夏日だったんです(^-^;
汗かきの夫、汗だらだらでした。

30分1800円/一人、ちょっとお高いなぁ(^^;
15分900円とか半額でもよかったか?

でも、経費や設備やお手間を考えると妥当なのかなと思います。
あの甘さには感激したし。

おまけ

いちごの花は可愛いですね(*^-^*)

22041804.jpg

この日はこの次、木曽三川公園に寄りました。
それは次の記事で。









スポンサーサイト
22:12 : [そのほか]写真トラックバック(0)  コメント(0)

【遊】陶器市

松阪農業公園ベルファームで開かれている『全国大陶器市』というのに出かけました。
珍しく夫から誘いがありまして(笑)
夫は萩焼と砥部焼が好きですので、何かいいものは無いかと。
私も欲しいものがあるようなないような(笑)。

見ているだけでも楽しかったですが、どこかのお年を召したお姉さまが
「増やしてもなぁ」
としゃべっていたので「うんうん」と思いましたが(^^;

いまいちピンとくるものもなく…(^-^;

とりあえず会場の様子をペタリンコ。

57362519_2162304283860060_3405604011380834304_n.jpg
57343478_2162304237193398_5670973434935377920_n.jpg
19041801.jpg
19041802.jpg
19041803.jpg
19041804.jpg

そしてイングリッシュガーデンがありましたので
花の写真を撮ったりして。

19041806.jpg
19041808.jpg
19041809.jpg
19041810.jpg
19041811.jpg
19041812.jpg
19041813.jpg
19041814.jpg
19041815.jpg

松坂だけに松阪牛がいました(笑)
19041805.jpg

結局ゲットしたものはこちら
57303409_2162304327193389_2145637275919187968_n.jpg
57425203_2162304353860053_5615151560305672192_n (1)

木のスプーン
桐のまな板
茶筅
靴ベラ(木製)

陶器市に行ったのに陶器は一つも買ってなかった!!!(^^;
5月は隣市でも陶器祭りがあるので行ってみようかな(笑)





23:56 : [そのほか]写真トラックバック(0)  コメント(0)

【花】イヌナシ

地元民として、今まで知らなかったのが恥ずかしいのですが(^-^;
イヌナシとは東海地方限定で自生する植物だそうです。
学術名はマメナシというらしい。
野生の梨だそうで。
詳しくはWikipediaでもごらんくださいまし(^-^;

今年の春にはじめてその存在を知りまして、
じつは桜を見に行くついでに、とある自生地に行こうと思ったんですが、
道がわからずたどり着けませんでした。。

スマホのルート案内が頼みの綱だったのに
山道では電波が入らない!!!

ああ~~どんなときもついスマホを頼ってしまう
コメディ映画の一コマのような私になってしまっていました。。

ま、そんなことはどうでもよくてですね。。

入念な準備も、道の確認もしないまま、
いい加減な気持ちで出かけたのが間違い。
そのときはすごすごと撤退しました。
天気も怪しくなっていていましたし…(そんな必死で言い訳しなくてもいいですね(^^;

そしてわりと近所に自生している木があると知って、
慌てて出かけて見れば、とうぜんもう花の盛りは過ぎていました。
とほほ(^-^;

めっちゃ近所の神社ですよ、ここ。
3年前に写真を撮ってたこの道の向こうにあります。
何で今まで知らなかったのかなぁ。
信じられません自分が(^^;
2018041603.jpg

花の盛りは真っ白の花が木を覆ってとても美しいらしい。
残念ですが、来年きっとリベンジします!宣言!

個々の花はこんな感じ。
これももう散る間際なので、咲たての頃はもっと繊細な可愛さがあるのでしょう。
2018041604.jpg
2018041602.jpg
2018041601.jpg

きちんと説明書きの立て看板がありました。

57176814_2157945877629234_7345122902045360128_n.jpg

秋には1センチほどの実が生るらしいですよ。

2018041605.jpg

咲くのは桜とほぼ同時期らしいので
来年は桜よりもこちらを優先してなんとしても写真を撮ろうと思っています。
…覚えていれば、の話ですが(^^;

乞うご期待!!(笑)

※写真はクリックで大きくなります。見てね!





07:16 : [そのほか]写真トラックバック(0)  コメント(0)

【写】六華苑と諸戸氏庭園へ(その1 六華苑)


昨日はネットを始めたころからのネッ友さんが愛知県からいらして、いっしょに桑名市の名所、六華苑に行ってきました。
六華苑は、(公式HPはこちら

二代目諸戸清六の邸宅として大正2年(1913年)に完成しました。本苑には、鹿鳴館の設計で有名なイギリス人建築家ジョサイア・コンドル設計による4層の塔屋をもつ木造2階建て天然スレート葺きの洋館、和館や蔵、池泉回遊式庭園などがあります。和洋の様式が調和した明治・大正期を代表する貴重な文化遺産であり、国の重要文化財に指定されています。また、庭園は国の名勝に指定されています。現在は、一般公開され、人々が語らい、憩い、交流する空間として、また、文化を創出する空間として多くの観光客でにぎわっています。



↑市のHPからコピペ!
最後の一行はどうかと思うけど、映画やドラマのロケで結構使われていまして
とくに、韓国映画の『お嬢さん』では多用されていました。
ネッ友さんも私と同様韓ドラが好きなので、その映画を見て興味が湧いたとのことです。

(原作はサラ・ウォーターズの『荊の城』なんですよ!)

↓ 六華苑内にも展示してありました。
でも地元では上映がなかったと思う。
あったら見に行ってたよね…。

この映画に出てきた六華苑と、実物は結構外観が違います。
ほかの作品でもありそうだけど、CGなどで外観を変えているんですね。たぶん。

2017112128.jpg

2017112129.jpg


ほかにも最近では、三谷幸喜監督のドラマ『黒井戸殺し』や、NHKで制作されたドラマ『悪魔が来たりて笛を吹く』(吉岡秀隆さんが金田一)などもここで撮影され、
映画『偉大なるしゅららぽん』や『人間失格』『スパイゾルゲ』『赤んぼ少女』などのロケ地に。
ドラマもいくつか使われいています。
来年の大河ドラマ『いだてん』でも撮影が行われたとか。

洋館と日本家屋がくっついていて不思議な姿をしています。

まずはエントランス。
RKE (25)


この塔が特徴的
RKE (24)

受付
RKE (23)


このあと、日本家屋のほうに行ったんですが、じつはなんと、全部ピンボケしてて、アップできる写真がないのです~~。
哀しい(^-^;

で、洋館のほうをレポしますね。

エントランス
RKE (15)


RKE (11)
RKE (14)

各部屋には素敵なアンティーク家具が置いてあったけど、当時のものではなく、展示のためにそろえたものもあるらしい(^^;
RKE (22)
RKE (20)

各部屋に必ず暖炉がありました。
RKE (19)



消し炭入れかと思います。
RKE (18)



天井の細工が凝っているとか書いてありました。
RKE (17)



丸い塔の中はこんな感じ。
RKE (12)


出窓
RKE (16)


スイッチ!
RKE (13)

ドアとかドアノブとか。団体客とか(^^;
RKE (21)



次は二階へ

二階は私的なお部屋だったようで
女中部屋とかもあったけど写真なし(^-^;
北向きの寒そうな殺風景な部屋でした(^^;
暖炉はなし(笑)

これは当時の諸戸さんが使ってたものだと思います。
旅行鞄とスーツケース。
2017112118.jpg

まさにスーツケースですよね。
重たそう!
2017112119.jpg

このお部屋には押し入れというか
クローゼットがありまして
2017112122.jpg

こんな感じ。
2017112123.jpg

2017112120.jpg

ここに書いてある通り、諸戸清六さんという人は江戸末期から明治末期まで生きた人で
家督を継いだ時にはとんでもない借金があったけれども
それを完済し、なお全国で一番の大地主にまでのぼりつめた人です。
桑名市の治水事業を私財で行ったとかで、子ども時代に教科書で学ぶ地元の名士です。
むかしは、桑名市から伊勢参りを一歩も人の土地を使わず、自分の時を通って行ったとかで、
私が聞いていたのは、流行に乗って乱立したボウリング場が流行が去るとともに
軒並みつぶれた後も、諸戸さんの経営するボウリング場だけはいつまでも生きながらえたとか(^-^;
いまはもうそこはなくて、跡地に公演が作られてますけども。

2017112121.jpg


二階にはひろくて暖かいテラスがありました。

日本家屋の方面が見えます。
2017112124.jpg

2017112125.jpg

日本家屋部分とはこうしてつながっているようです。
かなり段差がありました。
2017112126.jpg


外に出ますと、こんな感じで裏からといか
横から見たらまた違う雰囲気のお屋敷、
2017112130.jpg

大きな池があって、池の向こうには庭があり
そこから見るお屋敷はまた風情があるのですが、、、
なんと、植木屋さんが!
池にもビニールで剪定した葉が拾いやすいようにでしょうか?
カバーがしてあって、仕方ないかも知れないけど
無粋!!
残念に思いました(^^;
2017112131.jpg

おまけで、このエントランスに展示してあった桑名の千羽鶴。
2017112127.jpg

これについては、そう言えば以前書いた記事にも登場しています。
こちら


さて、お次は、春秋の限定公開の諸戸氏庭園にも行きました。
広大な敷地内にあるんだと思いますが、
出入口は別。
でも、建物を修復中で見るものがありませんでした(^-^;
せっかく入ったけど入った甲斐がないぐらい。
紅葉にはまだ早かったし、庭は観覧するには狭いし
藤棚があったし、たくさんの花の株があったので
花の時期には美しいんだと思いますが。
一緒にいったお友達に申し訳なかったデス(^-^;

いちおう、写真をアップしますが
いったん今日はここで終わりますね。
次の記事に乞うご期待!!
(いや、期待しないで!)

六華苑と諸戸氏庭園へ その2




11:04 : [そのほか]写真トラックバック(0)  コメント(2)

【写】六華苑と諸戸氏庭園へ(その2 諸戸氏庭園)


六華苑と諸戸氏庭園へ その1』の続きです

六華苑をいったん出て、別の入り口から今度は諸戸氏庭園に入ります。
(別料金です)

もともと木造の蔵があったが火災にあったため、
1895年にレンガ造りで再建された煉瓦藏。
お米の蔵だそうです。
もともと5つ建ってたらしい。戦争で焼けたのだそう。
mk1 (3)

屋敷を修復中なので、この入り口なのかな?
平成20年から修理工事を行っていて、全部完成するのは平成33年の予定だそうです。
100年に一度の修理なんだって(^-^;
mk1 (6)

mk1 (4)

mk1 (5)

中はねぇ…正直、あんまり見どころは感じませんでした(^-^;
紅葉にはまだ早かったし
菖蒲池も藤棚も、季節になれば壮観だろうけど、季節外れ。
同行のお友達に市民として申し訳なかったです。。

写真だけぺたぺた。
mk1 (7)

mk1 (8)

mk1 (9)

菖蒲池
たくさんの株がありましたが…
mk1 (10)

推敲亭
mk1 (11)

以上で、諸戸氏庭園のレポは終わり!
私たちが園を出るとき、観光客らしき人が、
この庭園だけ見て、
六華苑は見ないようなことを言ってチケットを買おうとしていたので
(共通チケットというものがあるので)、
つい「六華苑にも行かれたほうがいいですよ」と、
おせっかい焼いてしまいました(^^;
六華苑だけ見て、諸戸氏庭園をスルーするならわかるけど、
その逆は無いでしょう(^-^;
どうされたか、知りませんが。。。

市内に住みながら、この名勝には実は初めて訪れました。
今回、機会を得て訪れました。
誘っていただいて感謝しております!
ありがとうございました(*^-^*)



六華苑の外には、揖斐・長良川の河口が広がっています。
mk1 (13)

伊勢大橋です
mk1 (14)

長良川河口堰も見えます。
mk1 (12)


最後に、なんとかゲットした六華苑でのモミジ写真をぺたり。
mk1 (1)

mk1 (2)

今回はピンボケ写真多数でできたらまたリベンジしたい気持ちです!

最後までご覧いただき、ありがとうございました!








18:06 : [そのほか]写真トラックバック(0)  コメント(2)

【写】秋の空

今日は夕方に買い物に行こうと外に出たら空がとってもきれいでした。
慌ててカメラを取りに戻り、それから近所のスーパーに。
うちの家から見る空よりも、スーパーの駐車場から見た空のほうが広くてきれいだから。
でも、たった3分だけど、時間的にはうちで見た空のほうがきれいだったなぁ(^^;
一分一秒で変わってしまう。
刹那的な美しさが切ない秋の夕暮れです。

2018100801.jpg

2018100802.jpg

今日は風もなく、空も青く、絶好のカメラ日和だったんだけど
どうも、秋は春よりも意欲的になれない。
なんといっても、暑いのと(^^;
蚊が多いのが原因です。

コスモス

酔芙蓉
彼岸花はもう枯れてしまったけど
秋の花がきれいな今日この頃、
なのに、
なかなか撮ることができません。

こうして秋が終わっていくのかも。
00:35 : [そのほか]写真トラックバック(0)  コメント(2)

【遊】名古屋港水族館

先日、急に思い立って名古屋港水族館に行ってきました。
私にとっては2度目かな?
シャチがいる水族館(国内)は鴨川シーワールドとこの名古屋港水族館だけらしいです。
残念ながらシャチは写真がうまく撮れなくて(^^;
写真なし(^^;

イルカのショーは楽しかったデス。
写真をぺたぺた。
レポの代わりに(^^;

名古屋港の眺め
2017072001.jpg
ここでイルカショー
2017072002.jpg
イルカたちかわいいし賢い!
2017072001_20180807182654d64.jpg

2017072002_20180807182656c45.jpg

2017072003.jpg

2017072004.jpg

2017072005.jpg

2017072006.jpg

2017072007.jpg

2017072008.jpg

2017072009.jpg

2017072010.jpg
チンアナゴすきです(笑)
2017072011.jpg

2017072012.jpg

2017072013.jpg

2017072014.jpg

18:31 : [そのほか]写真トラックバック(0)  コメント(2)

【花】今日もアジサイ

2017060701.jpg

2017060703.jpg

2017060702.jpg

00:04 : [そのほか]写真トラックバック(0)  コメント(2)

【花】墨田の花火

今日も…墨田の花火

コントラスト
いじってみました

いじりすぎたかな


2018060504.jpg

IMG_0234c.jpg

2018060502.jpg

2018060501.jpg


2018060503.jpg





22:14 : [そのほか]写真トラックバック(0)  コメント(6)

【花】アジサイ

とりあえず、墨田の花火

なんか、何の変哲もない写真…(^-^;



2017053102.jpg

2017053101.jpg

IMG_0200.jpg



22:43 : [そのほか]写真トラックバック(0)  コメント(0)