【講】藤川 幸之助さん

満月の夜、母を施設に置いて
満月の夜、母を施設に置いて藤川 幸之助 谷川 俊太郎 松尾 たいこ

中央法規出版 2008-06
売り上げランキング : 167950

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
徘徊と笑うなかれ 手をつないで見上げた空は: 認知症の母からの贈り物 (一般書) 詩画集 いっぱいごめんいっぱいありがと―認知症の母とともに

先日、藤川幸之助さんという作家で詩人のかた(ご本人のHPはこちらです)の、講演会を聞かせていただくご縁がありました。
認知症のお母さんの介護をされた経験をお話されました。

お母様は60歳で若年性アルツハイマー型認知症を発症され、84歳で亡くなられました。
最初は夫である、藤川さんのお父様が介護を一手に引き受けておられたのだそうですが、お父様は突然持病の心臓病で亡くなってしまいます。
おそらくご自分がいつか突然亡くなってしまうと言うご懸念があったのか、お父様は遺言を準備されていました。
その遺言に、二男である藤川さんに、お母様の介護を「お前がやること」と、記されていたそうです。

なんで?

と思われた藤川さんですが、それでも、覚悟を決めてお母様の介護を始められました。
その長きにわたる体験を、講演会でお話くださいました。

認知症は本人も辛いでしょうが、家族も辛いです。
目の前で変わっていく親を見なければならないのは、きっととても辛いと思います。
強くたくましい、賢く包容力のあったはずの親の変貌は、なかなか受け入れられないものかも知れません。
すると、この講演会も悲痛なイメージがあるかもしれませんが、意外にも講演は笑いに包まれ、何度も大爆笑が響き渡っていました。
藤川さんのユーモラスな話しぶりに、聴き入っていました。
でも、やっぱり泣けました。
笑ったり、泣いたり、忙しい2時間半でした。

先生は詩人でおられるので、ご自作の詩を(BGMつきで)織り込みながらの講演会でした。
(それがまた泣かせるんです。反則です(^-^; )

藤川さんは、「自分が母を支えている」と思い込んでいたけれど、実はそうすることで、「自分が母に支えらえている」と思われたそうです。
お母様が認知症になったからこそ、命や人生について考えることができ、優しくなれたのだ、と。

さて、その藤川先生が、明日テレビに出演されます。

NHK Eテレ ハートネットTV

リハビリ・介護を生きる あなたの中の私を失う時 
認知症の母を詠む 詩人・藤川幸之助

2015年5月13日(水曜)
再放送2015年5月20日(水曜)

番組HPはこちら


※番組HPの曜日が間違っています(>_<)




個人的に、講演の内容で印象に残ったことを、すこしご紹介します。

全編印象的なお話でしたけど、お母様ご本人が、ご自分の記憶がだんだん失われていく自覚があって、完全に忘れてしまう前の辛さ・・みたいな部分は特に心に残っています。
荻原浩さんの「明日の記憶」を読んだ時も、すごく身につまされたのですが、自分が認知症でいつかすべてを忘れてしまうと言う自覚が、自分を苦しめるのです。
藤川さんのお母様に限らず、認知症が進んでくると、家族の会話に入っていけない。
家族が笑っても、なぜ笑っているのか、話の内容が理解できない。
理解できないけれど、その場の雰囲気に合わせて、自分も笑う。
そして、人の話が理解できないから、唐突に自分の話をする。
それしか、話が出来ないから。
でも、それは何度も何度も繰り返した、同じ話になってしまう。
家族は何度も聞かされた話にうんざりして、
「さっきも聞いた」
「何度も同じことを言うな」
などと、遮ったり怒ったりしてしまいます。
そのときの、本人の気持ちって、どうなんでしょうね。
想像することもできないのですが、辛いだろうなと思います。
藤川さんのお母さんは、そんな中で、いつしか部屋から出て行き、三面鏡の前で自分のメモ帳を見ていたそうです。
そのメモ帳には、自分の名前や家族の名前が書いてあり、お母さんは何度も何度も繰り返して、読みながらなぞっていたそうです。忘れないように。自分の名前、夫や息子の名前を忘れないように。
筆圧でメモ用紙が破れるぐらいに、強く、何度も、なぞっていたそうです。
その時のお母様のお気持ちを思うと、言葉がありません。

先生のお話の中にあった、別の人の話ですが、やっぱり同じように家族だんらんの中で、人の話を聞かずに自分の話ばっかりするおばあさんがいたそうです。
「さっき聞いた」「同じ話を何度もするな」と怒られるおばあさん。
みんながおばあさんを持て余していた時、幼い孫が言ったそうです。
「おばあちゃん、さっきの話、もう一度してよ」と。
おばあさんは早速話しました。
聞き終った孫くんは「おばあちゃんの話は何度聞いても面白いなぁ!」と言ったんだそうです。
そして、おばあさんはその、何度も繰り返したその話をしなくなりました。
おばあさんは、「聞いてくれた」こと、「求められた」こと、存在を「認められた」ことで、深い安心感を抱いたのでしょう。
同じ話を何度も、怒られても止められても繰り返してしまう認知症の人は、自分の存在の不確かさに慄いているのかもしれません。そして、自分の存在を確認するために、しゃべり続けるのかもしれません。

そのほかにも、初めてお母様を施設に預けたときのエピソード(お母様を施設に置いて、自分だけ帰ろうとしても、お母様は藤川さんの洋服を掴んで離さなかったそうです。そんなお母様を置き去りにする罪悪感と身を切られるような辛さ・・。)や、
認知症が進行する中で、料理ができなくなっても、息子である藤川さんのために、大大大好物のカレーライスを作ってあげたいと思うお母様のエピソードだとか
認知症のお母様を近所の子供がバカにしたときの、お父様の腹の座った対応だとか
そして、お母様がなくなった時のこととか

思い返しても涙が出るような、ご紹介したいエピソードの満載です。

自分の親が認知症になったら、きっときれいごとでは済まされない、しんどい思いをするのだと思いますが、藤川先生の講演を思い出すことができたらなぁ・・と思っています。
藤川さんは、子どものようになっていくお母様の姿を
「子供のような姿に還っていく」
「その姿で私を育ててくれた」
「認知症と言う病気が私と母の絆を強めてくれた」
「その存在そのものを愛しく思う」ようになっていったとのこと。

病気になったら、人は病気を治そうとばかりする。だけど、病気を受け入れることで、自分の道が見えてくる。
人はそこに存在するだけで大きな意味がある。と藤川さんは言われました。
認知症のお母様を、支えて、支えることで自分も支えられるという、関係性の中でご自分が成長されたとのことです。

ぜひともご紹介したく、記事にしてみました。
読んでくださった方ありがとうございました。





命が命を生かす瞬間
命が命を生かす瞬間藤川幸之助

東本願寺出版部(真宗大谷派宗務所出版部) 2013-05-13
売り上げランキング : 549805


Amazonで詳しく見る
by G-Tools








スポンサーサイト
14:52 : [本・タイトル]写真集などトラックバック(0)  コメント(4)

越後の棚田/山本一

4885919312越後の棚田 原風景に佇むとき―山本一写真集
東方出版 2005-03

by G-Tools


「廃墟ディスカバリー」に続き、写真集をご紹介。
廃墟とは対照的な「田んぼ」の風景・・それも、越後の棚田と言う限定です。
美しいの何の・・・。
3990円と言うお値段は、高額だと思いますが、写真の美しさをそのまま読者に伝えるには、これぐらい豪華な写真集じゃないと無理なのかも。紙質もいいですし、大き目の判なので、すごく見ごたえがあるんです。
138枚と言う写真の多さもうれしい限り。
どの写真も一枚一枚ため息をつきつつ、見とれてしまいます。それぐらいすばらしいです。
田んぼって、人の手と自然の力とが上手に組み合わされて出来る、いちばん美しい風景だと思うんですが、棚田は美しさも格別。
廃墟や工場の写真もいいですが、やっぱり日本にしかない日本の田んぼ、それも棚田の四季を、ぜひとも一度ご覧になってはいかがでしょうか。
おススメです!!

11:07 : [本・タイトル]写真集などトラックバック(0)  コメント(0)

森の写真動物記/宮崎学

森の写真動物記〈6〉樹洞 (森の写真動物記 6)
森の写真動物記〈6〉樹洞 (森の写真動物記 6)宮崎 学

偕成社 2008-10
売り上げランキング : 436412

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
森の写真動物記〈5〉クマのすむ山 (森の写真動物記 5) 亜熱帯の森 (森の写真動物記 4) 森の写真動物記〈8〉肉食獣(にくしょくじゅう) (森の写真動物記 8) 森の写真動物記〈7〉草食獣(そうしょくじゅう) (森の写真動物記 7) ワシ・タカの巣 (森の写真動物記 3)


先日、この著者の「森の365日」を読んで、森の動物を被写体とする写真家の苦労と言うか、努力を垣間見てすごく感心しました。(エラソーですが・・)そしたら、こう言う写真集を出されている写真家さんだと、改めて分かり、さっそく手にとって見ました。
さてこの写真集はシリーズとなっていて、
1 「けもの道」
2 「水場」
3 「ワシ・タカの巣」」
4 「亜熱帯の森 」
5 「クマのすむ山」
6 「樹洞」
7 「草食獣(そうしょくじゅう)」
8 「肉食獣(にくしょくじゅう)」
と、あります。
今回読んだのは「樹洞」と「草食獣」の2冊。
色んな迫力ある写真があって見ごたえがあるんだけど、写真だけではなく、宮崎氏がその目で見て、感じ、経験から考察したいろんな事が書かれていて、とても勉強になります。
たとえば、今シカやキョン(シカよりも小型、台湾原産のシカの外来種)が増えすぎて、高山植物が食べられてしまうと言う被害などが深刻化してるそうだけど、それはなぜか・・・元来草食動物は、食べられる側にあるので、食べられても食べられても種が残っていくようにプログラミングされている(つまり、たくさん産み、たくさん育つ)。近年環境の変化や、天敵であるオオカミがいなくなったり、人間が狩りをやめてしまったことで、増える一方になったらしいです。
自然は絶妙なバランスを保てるように、うまい具合になっているみたい。そのバランスを崩しているのは人間ですよね。本当の自然保護って一体どう言うことか、考えたい・・・と、そういうことや、自然の仕組みのなんとも上手く出来ていることが子どもにもわかるように易しい言葉で書かれているので、オススメです。
「樹洞」も、樹に穴が開いて、それを10年のスパンでシジュウカラが使い、その後小型フクロウが使い、その後は大型フクロウ、そしてモモンガ・・・最後にはクマが使う・・・と言うように、1000年ぐらいのスパンで森が生きているという、気が遠くなるような、でもとても宇宙的な神秘さを感じさせる解説文が、とてもいいです。
「森の365日」で、著者が観察していたシジュウカラの巣が、あるとき蛇にやられていてショックだった話があったのですが、この写真集にそれが載っていて「ああ、これは!!」と、思わず唸ってしまいました(笑)。でも、蛇も生きてるもんね。食べたいもんね(^_^;)
他の本もまた読んでみたいです。


森の365日の感想はこちら
21:15 : [本・タイトル]写真集などトラックバック(0)  コメント(0)

ふくろうの森/横田雅博

ふくろうの森 (Seiseisha photographic series)
ふくろうの森 (Seiseisha photographic series)横田 雅博

青菁社 2002-10
売り上げランキング : 177684

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
愛しきものエゾフクロウ―横田雅博写真集 (SEISEISHA PHOTOGRAPHIC SERIES) フクロウにあいたい (Seiseisha minibook) フクロウ―その生態と行動の神秘を解き明かす 2009ふくろう (Yama-Kei Calendar) いっしょがいいね。


ふくろうは憧れの「とり」です。
なぜだろう?
きっと、不思議な動きや生態、愛らしい表情と、時おり見せる猛禽類の猛々しさが
絶妙にいいバランスを持っているからかなと思います。

ハリーもふくろうをペットにしてるけど、そういうところにもあの作品の人気の秘密があると思う。。。

「ふくろうの森」は、ふくろうの愛らしい写真も沢山あるんだけど
ふくろうたちが住む森の風景の美しさも見応えありますね♪
12:20 : [本・タイトル]写真集などトラックバック(0)  コメント(0)

軍艦島全景

軍艦島 全景
軍艦島 全景オープロジェクト

三才ブックス 2008-12-10
売り上げランキング : 3004

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
廃墟賛歌 軍艦島 ダブルアンセム・パック(2枚組)【初回限定生産】 [DVD] 廃墟賛歌 軍艦島オデッセイ~廿世紀未来島を歩く~ [DVD] 軍艦島海上産業都市に住む―ビジュアルブック 水辺の生活誌 (ビジュアルブック水辺の生活誌) 軍艦島 住み方の記憶 ワンダーJAPAN 10 (三才ムック VOL. 228)


こんなのも、借りてみました。
周囲の人に聞いたら、特に廃墟ファンと言う人じゃなくても軍艦島には興味があるみたい。
私はそこに行ってまで、体験したいと思わないんだなぁ⇒廃墟。
写真集だけで満足です。

といいつつ、↓の「工場萌え」の写真集を見てから即、行きたくなって
四日市ポートビルに行ってみましたよ。
すぐ近所ですからね、そこなら。クルマで30分くらい。
なかなか面白かった!
写真も撮ってきました。
けど、デジカメじゃダメですね(^_^;)。
マニアらしき人たちも2人見かけました。
すっごいカメラと三脚持ってました。警備員さんも連続シャッターのよさげなカメラで撮影してて、慣れた感じだったなぁ。
今度行くときはせめて、デジカメじゃなく、フィルムのしかないけど昔買ったオートの一眼レフ(望遠レンズもある)持って行こうかな。
昼間の風景も見て見たいな。
でも、知り合いでこのコンビナートに勤めていて、喘息で結局それが原因かどうか、亡くなってしまった方を知っているので、そこんとこは忘れないようにしたいと思います。

yk1

yk2

yk3

yk4

yk5

yk6

yk7



20:00 : [本・タイトル]写真集などトラックバック(0)  コメント(2)

工場萌え/石井哲・大山顕

工場萌え
工場萌え石井 哲

東京書籍 2007-03
売り上げランキング : 13223

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
工場萌えF ジャンクション 工場萌えな日々 [DVD] ダム 背景ビジュアル資料〈1〉工場地帯・コンビナート (背景ビジュアル資料 1)



図書館にて「廃墟」写真集のなかの「鉄道廃墟」という写真集が、探せなかった代わりに見つけたのが、この「工場萌え」と言う写真集。
「廃墟」に萌えるひとあれば、「工場」に萌える人もあると知り、興味本位で写真集を借りてみました。
工場と言っても、こうして写真に収められたものは、ずいぶん雰囲気が違います。
一切の装飾や媚を捨て去ったなかに、無骨な男気と、洗練された美しさが混在しており、凛とした強さと、究極の無機質を体現している感じで、なるほど、工場に萌える人たちがいるのが、よく分かる気がします。
私は、四大公害といわれるうちのひとつ「四日市喘息」で有名な四日市市の隣の市に住んでいます。なので、四日市コンビナートと言うと「公害」のイメージしかなく(今でも夏には光化学スモッグの警報や注意報が出る)、その付近を走る国道23号線(通称⇒名四国道)も、ダンプカーなんかの大型車が頻繁に通り、事故も多い、ちょっと怖い道という印象で、正直言えば、四日市コンビナートに対してはいいイメージはなかったんですが、それがマニアの間ではかなり高い評価を得ているコンビナートだと知り、ちょっと見直したような複雑な気持ちになりました。
実際に写真を見ても、カッコいいんですよね。
夜の工場はライトアップされてますます美しい。神秘的ですらあります。
ほかにも「ダム」や、いろいろ萌えてる人の写真集、見てみたいと思います。

ダム
ダム萩原 雅紀

メディアファクトリー 2007-02-16
売り上げランキング : 89014

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ダム2(ダムダム) ザ・ダム 放流 [DVD] ジャンクション 恋する水門 FLOODGATES 工場萌え


鉄道廃墟 ヴィークル・グラフィック
鉄道廃墟 ヴィークル・グラフィック丸田 祥三

JTB 2001-03
売り上げランキング : 566615

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
廃電車レクイエム―昭和の空地にあった不思議なのりもの 廃墟紀行 廃墟本〈2〉 ワンダーJAPAN―日本の《異空間》探険マガジン (1(2005 Winter)) (三才ムック (vol.115)) 廃道本(ブルーガイド・ムック)

19:29 : [本・タイトル]写真集などトラックバック(0)  コメント(0)

廃墟

最近、廃墟マニアと言う方々の存在を知りました。
どうやら、廃墟と言うものに取り付かれ、日々の情報収集に余念無く
あちらにコレコレの廃墟あると聞けば、実際に行ってその建物を眺め
こちらにコレコレの廃墟あると聞けば、これまた労を惜しまず探索し
その無機質で荒廃した風景のなかに身をゆだねてうっとりし
いかに廃墟を魅力的に捉えることが出来るか苦心しつつ、一眼レフで写真に収める。
・・・と言うのは私の勝手なイメージですが・・・。

写真集なんかも出てるようですね。
いま、軍艦島の影響もあるんだろうかと思うけど(4月に上陸解禁)
「廃墟」っていうのが盛り上がってる感じがするんですけど。

数多あるブログのお写真など拝見すると、これが見事に絵になってるんだなぁ。
たしかに心惹かれるものがある。うん、わかる!
殺伐とした風景、打ち捨てられ、忘れ去られた物悲しさ。
そこに確かに「ひと」がいて「生活」や「産業」があって・・・
だけど、こんな風になってしまったって言う、諸行無常感。

それをいかに伝えるかと言う、写真のうまい下手っていうのは確かにありますなぁ。

ここなんて、見とれてしまいました。⇒「奇景」http://kikei.blog69.fc2.com/
ブログタイトルも素敵。

軍艦島の写真はココ。http://ascii.jp/elem/000/000/410/410948/
その歴史を見ると、単に「廃墟」!!ってはしゃぐのはためらわれます。

他にも見応えのある「廃墟」写真、探してみようと思う!

ニッポンの廃墟
ニッポンの廃墟酒井 竜次

インディヴィジョン 2007-08-01
売り上げランキング : 5288

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
廃墟ディスカバリー 廃墟/工場 ~彩やかな世界がここにある~ 廃墟の歩き方 探索篇 廃墟紀行 はじめての廃墟の歩き方―身近な秘境“廃墟”を探索するためのガイドブック!



10:46 : [本・タイトル]写真集などトラックバック(0)  コメント(2)

small planet/本城 直季

small planet
small planet本城 直季

リトルモア 2006-04-08
売り上げランキング : 10694

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
Scanscape: A Visual Essay About a Global Phenomenon The Waterfall Project TOKYO NOBODY―中野正貴写真集 東京窓景 うめめ




本城直季さんという写真家の方の写真集です。
「風景を模型のように撮る」のだそうです。
どの写真を見ても、とっても普通の風景には見えない!!
ほんとに「模型」「ミニチュアの町」のように見える!
すごく不思議!!
しかもおしゃれで綺麗。
愛地球博の写真もあって目を引きました(笑)。
↓奥田英朗さんの新刊「家日和」の表紙の写真も彼の手によるもの。
一度じっくり見て見てください。
とても「本当の風景」には見えないですよね!!


4087748529家日和
奥田 英朗
集英社 2007-04

by G-Tools



 ...続きを読む
21:28 : [本・タイトル]写真集などトラックバック(0)  コメント(1)