【映】藁の盾

img004_20130513160931.jpg


私は、内容をなーんにも知らずに見に行きました。
チラシにしっかり書いてあるやん!!(^_^;)
「この男を殺してください。御礼に10億円差し上げます」と。
そう、この男(藤原竜也)は、幼女を暴行の上惨殺すると言う、卑劣でサイテーの凶悪犯。
政界の実力者でもある、殺された子どもの祖父が、上記のような広告を新聞の一面に掲載した。
すでに逮捕されている犯人を、九州から東京まで移送するのに、この広告のせいで、困難を極める羽目になってしまった。なぜなら、10億円欲しさに官民一体となり、犯人を狙っているのだ・・。
と、こういう導入部で、あまりにもリアリティのない設定だと思った。
しかし、そのリアリティのなさをゴリ押しで納得させるようなパワーがあって、引き込まれて見てしまう。
10億円のためなら誰もが何でもやってしまうのかも知れない。。。たとえ警察でも。
1億円なら、やらない!と言える人でも、10億ってなると、別なのかな~と。
想像の範囲を超えた金額に、そんなもんかな、と、納得するしかなかった。
新幹線もなんだか変わった色形で、九州地方の新幹線はこんな色なのかしら・・と思ってしまったけど←あほか(^_^;)、ロケは台湾で行われたらしい。(先日読んだ、吉田修一さんの「路(ルゥ)」を思い出した)
移送班は警視庁から4名、福岡県警から1名、計5名。だけど、警視庁でも部署が違うので2対2で反目がある。
反目しながら、こいつも10億円を狙ってるんじゃないかと疑いながら、博多から東京へ。
しかし、いろんなアクシデントが生じて、警察のメンバーも一人減り二人減り・・。
新幹線も降車を余儀なくされたり。。。犯人清丸は道中もその「悪」振りを全開で発揮するし・・と、見てるほうの気持ちもノンストップ。
全体的に「いや、あり得んだろう、こんなの」と思いながらもあっという間の2時間半だった。
特に好きな俳優も出てないし、この人が良かった!と思うこともなかったけど(大沢たかおは「おおかみこどもの雨と雪」の狼さん役だけど、この映画を見ながら「ちょっとおおかみの『彼』に似てるな」などと思ったりはした)最後はちょっと、ホロリとさせられてしまった。
まさかこの映画で泣けるとは最後まで思わなかったので不意を衝かれてしまった(笑)
スポンサーサイト
16:32 : [映画タイトル]わ行トラックバック(0)  コメント(0)

【映】私が、生きる肌

B008PO4Q58私が、生きる肌 [DVD]
松竹 2012-11-07

by G-Tools


昨年末に見た映画を軽くご紹介します。

とあるお金持ち風の男が、一人の美女を軟禁している。
この二人の関係を紐解く物語。
次第に分ってくるのは、彼女は整形手術を施されていると言うこと。
主人公の男の亡き妻にそっくりに仕上げてあるらしい。
物語は過去に戻り、それがなぜなのか、彼女が誰なのか分ってくる。
分ればそれは衝撃!!

以下ネタばれです。









美女はなんと、男の娘を自殺に追いやった人間だったのだ。
男は復讐のために、その人間を監禁して、挙句の果てに整形手術を施したのだ。
そして、その美女を抱こうとする。
ここで、見ている私はビックリ。
復讐したい相手を、整形手術までは分る・・・気がする。
でも、なぜ抱こうとしたのか?
その気持ちが分らなくて・・・・。

日本語は言葉に性別があるので、日本が舞台だと成立しないと思う。
20:58 : [映画タイトル]わ行トラックバック(0)  コメント(0)

【映】ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ/天地大乱

B004EYSOI8ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ/天地大乱 [Blu-ray]
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン 2011-02-25

by G-Tools



安藤政信君祭りのほかに、地道に継続している(つもり)ドニー・イェン祭り。
ドニーさんの最高のアクションを!と言うことで、リンチェイ大好きの千華さんに、この映画を教えていただきました。

周知の通り、ジェット・リーの若きころ、リー・リンチェイとして見事なまでのカンフーアクションを披露している作品です。
これは3部作なのですが、その中でも特にオススメと言うことで、いきなり2の「天地大乱」を見ました。
リー・リンチェイの敵として闘うのが、ドニーさん。
二人の対決シーンは、本当に本当~~~~~~~に、すばらしかった!!
ドニーさん祭りなのだけど、やっぱり主役のジェット・リー、いやここではリンチェイと呼ぼう・・・がすごい・・・。
リンチェイの役柄としては、「イップマン」にも通じるところのある、高潔で清廉で静に強い男。洪家拳の達人として伝説的に語り継がれている黄飛鴻という、実在の人物。
内容的にも、カルト教団「白蓮教」(これも実在の宗教集団らしい)に席巻され、苦しんでいる(恐れている)町の人々を救い、清の朝廷から抹殺されようとしている孫文を救ったり、すばらしいアクションシーンに加えスピーディーな展開にしびれてしまいました。
秘めた恋も、ちょっとしたアクセントで、かわいいリンチェイさんの一面が見られてにやけてしまいます。
(叔母との恋愛は中国では許されているの?それとも義理の関係なの?)

しかし、しかし、今までこれを見たことなかったとは、なんとももったいない…と思うぐらい、カンフー対決、見事でした。
棒術が主流なんですかね。布さえも棒のように扱うドニーさん。
竹が組くまれた「物置」(中国ではああいう納屋は普通なんですかね)での、閉鎖空間での立体的な戦術。
どこをとっても見応え充分。ほれぼれしました。

ドニーさんはこの作品にしか出てないようですが、やっぱり「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ」1も3も見るべきですね!!

10:29 : [映画タイトル]わ行トラックバック(0)  コメント(4)

【映】ワカラナイ

B0036LXPCAワカラナイ [DVD]
TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D) 2010-05-21

by G-Tools



私は月に4本のプランで、TSUTAYAオンラインレンタル「DISCUS」でDVDをレンタルしています。
月たった4本なんだけど、今んトコどうにも見る時間がない。。。。(^_^;)
そうかと言えば、月8本のプランでも足りずに、近所のレンタル店に借りに行くときもあるし・・。
まぁ夏休みって言うこともあるかな~・・。

と、それは置いておいて・・・

この「ワカラナイ」っていうDVD、全然知らなかったんだけど、オンラインレンタルのページでふと目に付いたので借りたんですよ。
そしたら、今話題の「春との旅」の監督さんの映画だったんですね。だから目立ってたのか!と納得。
「春との旅」は、まだ見てないけど(近場のシネコンに来ないようなので)レンタルリリースしたら借りるつもりです。

さて、「ワカラナイ」と言う映画。
詳しい説明は一切なくて、どうやら高校生の男子がどうやら独り暮らしをしているらしい。
どうやら、コンビニでバイトをして得ている収入だけが唯一の糧のようです。
そのうちに、母親が入院しているとか、父親には捨てられたようだとか、色々と分かってくるんです。
ともかく、この男子の生活が悲惨極まりないんですよ。
ガス、水道、電気など、ライフラインが全て止められているらしいです。ケータイも持ってない、当然。
ガスはかろうじてカセットコンロ。
水道は公園の水をペットボトルに詰めて。
電気はなんとこの時代にランプを使ってる!(どこで手に入れたんだろう?)
自転車もなくて、いつも歩いているか走ってる。
生活保護は?福祉は?分かりません・・。
そのうちに、コンビニをくびになります。商品をちょろまかして、おにぎりやサンドウィッチをくすねてるのが店長にばれてしまうから。。。
わずかな給料の残りをもらって、途方にくれている男子にとどめの一撃、母親の死。
病院側は滞納している入院費を払えと言う・・40万円。
葬儀社は最低料金でも用意しておかねば母親を動かすこともできないと言う・・20万円。
自分の食費さえもない少年にむごい請求です。
だれも、少年を助けないのですね。
少年は困りながらも、最後の所持金を葬儀会社の男に払おうとする。
でも、葬儀社の男はそれを「ち、しょーがないなぁ、こんな子からこの金は受け取れねーよ」と言う感じで、突き返すんですが・・・それが、唯一、この映画の中で私が見た、少年に対して「大人」が施す「優しさ」だったように思います。
どうすればよかったんですか・・と、問う少年にマトモな答えは返ってこない。
無責任で、冷たくて、親身のかけらもない大人の対応に、見ているこっちは気分が悪くなるというか、そりゃないでしょうよ!腹立たしいとしか言えません。
が、もしも自分がこの少年と関わりを持ったら、親切に出来るのかなぁ・・・。
麒麟田村さんの「ホームレス中学生」を思い出します。
あれは著者の苦労も同情を誘ったけど、著者を無言で引き受けることが出来た、著者の友達の親御さんの太っ腹というか、大きさというか・・・そこに感動を覚える人が多かったはず。
だけど、自分に出来るのか?と言われたら・・・・きっとそれは出来ないこと。
要するに、「ワカラナイ」の少年を生み出しているのは、我らだ(というか、私のような)っていうことか。
父親も登場しますが、それはもう、ご興味をもたれたらご自分でごらん下さい。


ちょっと「誰も知らない」を思い出しましたね。。。
かなり落ち込む映画でしたが、印象に残る映画といえましょう。

22:17 : [映画タイトル]わ行トラックバック(0)  コメント(0)

【映】私の中のあなた

うーん、泣ける!と聞いて出掛けましたが、やっぱり泣けました。(この場合、泣けるというのは、可能動詞じゃなく自発動詞で・・)
★★★★
アナは、白血病の姉、ケイトのドナーとなる為に遺伝子操作で人工授精して生まれた子ども。11歳になるまで、臍帯血移植に始まり、自身も感染症にかかるほど過酷な治療を受けてきたが、いよいよ腎臓移植と言う段階に来て、拒否する為に親を訴える。
と言う物語。で、本当に具合の悪くなったケイトの回想シーンを含め、ともかく14歳で過酷な病気と闘っている少女の姿に涙涙。自分にも同じ年頃の娘がいて余計に。
自分だったらどうするだろうなー、と考えながら見ました。親として、姉妹として、ドナーとして、レシピエントとして・・・色んな立場から考えさせられましたが、やっぱり母と娘の関係にぐっと来た。
と言っても、母親に共感できたわけではありませんが。。。。共感できなかったからと言って反感を持ったのかというと、そうは単純な話ではなく、想像の範囲外でしかないのだから共感も反感もないと言うか気軽に言えない感じです。
その中で一番考えさせられたのは妹の立場。
姉への臓器移植を強要される、断っても後悔し、受けても後悔しそう。どちらにしても幸せになりそうにない・・生まれてくる以前にそういうことが決められているなんて・・・断わろうが受けようが残酷な選択ではないのだろうか。。と思って、グルグルとこの妹の気持ちを考えていました。
ちょっと帚木さんの「エンブリオ」を思い出したんだけど・・。やっぱり今後は救命第一ということで、こういった治療も一般化していくのでは?と思ってしまいます。技術があるのなら、そして、命が助かるのなら・・ひとはきっとどこまでもやると思う。果たしてそれは正しいのか否か。自分には答えが出せないとても深く難しい問題。
だから、この映画はどんな結果で終わるんだろう?と、ものすごく期待した。自分に出せない答えを出してくれるんだろうか?と。
しかし、上手くはぐらかされてしまいました。
でも、映画だからこれでいいんだろうなと言うことで。
幼い恋心、相手のテイラーくん、ターミネーターのテレビ版?で、ジョン・コナーの役をやってるんだそうで。映画の中であの風貌なので、実際はどんな顔なのかすごく気になりました。ちょっと好みとは違った。でも、「ターミネーター3」のジョンよりは・・・(笑)。
watasinonakanoanata
11:47 : [映画タイトル]わ行トラックバック(0)  コメント(4)

【映】ワイルド・スピード×2

B0026P1KLUワイルド・スピード×2 【プレミアム・ベスト・コレクション1800円】 [DVD]
ジェネオン・ユニバーサル 2009-07-08

by G-Tools


数年前にこのシリーズの第一作を見たときは、どちらかと言うとヴィン・ディーゼルにインパクトがあり、ポール・ウォーカーには全然食指が動かなかったんだけど、なぜか今急に唐突にハマってしまっている。なぜでしょう・・(笑)。シリーズ第一作が2001年作品、この×2が2003年作品。見ようとも思わなかったものです。
そんな私なので第一作の話は忘れてます。大体のところ(ポールの仕事など)は覚えてるけど。
でも、そんな感じで×2を見ても大丈夫、充分楽しめました。
今回の相棒は、ブライアンの幼馴染。逮捕歴が在るけれど、それは警官になったブライアンのせいだと思い込んで逆恨みをしている。。けれども、結局いっしょに過去と同じような仕事をするという話。
みどころは相変わらずカーアクション。クルマの事はよくわからないけど、GTRとかランエボなどの日本車も登場してるみたいで、ポールの乗ってた車はスカイラインでしたかね。違ってたらごめんなさい。。。
ともかく、かなり楽しんでみることが出来ました。ストーリーとしてはどうなんでしょう。普通かな。
今日は、「ワイルド・スピードMAX」見に行く予定です♪
http://www.wild-speed-max.com/
11:14 : [映画タイトル]わ行トラックバック(0)  コメント(0)

【映】ワイルド・バレット

B001PP981Qワイルド・バレット DTS スペシャル・エディション [DVD]
Happinet(SB)(D) 2009-03-27

by G-Tools


ポール・ウォーカーっていうと、「ワイルド・スピード」?みたいな感じで、この映画も「ワイルド」がつくし、そんな感じと思って借りた。そしたらグイグイ引っ張られた。面白かったです!単純なアクションではなく、子どもを巻き込んだドキドキハラハラのサスペンス。拾い物でした♪
そもそも、ポール・ウォーカーって結構好みのイケメンで、久しぶりに見たら渋くなってていい感じです。今後ちょっと彼のほかの映画も見ようっと♪

【ストーリー】
イタリアン・マフィアの組織に所属するジョーイの仕事は「殺し」に使用された銃の後始末。今回はボスの息子トミーが、麻薬取引の現場に乱入してきた警察官を射殺した拳銃の始末を任される。しかし始末したはずの拳銃が、ジョーイの隣家の発砲事件で使用されてしまう。発砲したのはジョーイの息子ニッキーの親友オレグ。虐待されていたオレグが養父に銃を向けたのだった。なぜ始末したはずの拳銃が? オレグと共に消えた拳銃を探して、ジョーイは夜の街へと走り出すが…。(Amazon)

ポールの演じるジョーイって、言葉は悪いし素行もがさつで下品だし、いいところがない!!と思って見ていたが、やっぱり段々とカッコよく見えてくるから不思議ですね。拳銃を盗んだ、自分の息子の友だち(これがまた、可愛くない子で、笑わないし無表情・・その理由はちゃんとあるのだが)を、殺すために探しているんだと、こっちは思っていた。だから「こいつ、サイテーやな」と言うのが感想。
それだけで終わっては映画はつまらないから、たった一晩の物語なのに、あれもあり、これもありとてんこ盛りの内容。スリルとサスペンスの一夜です。だけど、「24」シリーズみたいにゲップが出たりはしない。ずっと画面に釘付けになってました。途中、へんてこりんな感じの部分もあったけど・・・(オルグが迷い込んだ夫婦の部分)。
悪くみえて、段々とカッコよくアップしていくと、もともとのカッコよさよりも2割~3割り増しでカッコよく見えるから、見終わったときのポール・ウォーカーのカッコよさと言ったら、ちょっと感動モノ。ちょっとカッコよすぎて、ずるいぐらいかも。
いやいや、見直しました。
オススメ!

★★★★

B0022F6LSQイントゥ・ザ・ブルー [DVD]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2009-06-03

by G-Tools

B0013LF1WMボビーZ [DVD]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2008-04-23

by G-Tools

B000FOT8H2ノエル [DVD]
デヴィッド・ハバード
アミューズソフトエンタテインメント 2006-08-25

by G-Tools


16:41 : [映画タイトル]わ行トラックバック(0)  コメント(0)

ワルキューレ

監督ブライアン・シンガー (ユージュアル・サスペクツ/スーパーマンリターンズ/X-MEN) 主演、トム・クルーズによる、事実を元にした戦争アクション映画。
ヒトラー暗殺計画のひとつであり、最後の暗殺となった「ワルキューレ」作戦の全貌を描きます。
散々予告で見て期待感が高すぎたのか、思ったよりも面白く感じられなかった。
前半は作戦に突入していく「準備期間」、後半は作戦の実行と収束。
結末は分かりきっている物語なのだけど、後半の緊迫感は並々ならぬものがあり、大変見応えがあったと思いました。が、前半がどうにも印象が弱かった。
冒頭でこの、主人公の大佐が爆撃により大怪我を負い隻眼、隻手になってしまうシーンがあるのだけど、それがそこまで必要なシーンだったのか?と思いました。その分もっと作戦の準備にかかった水面下のやり取りを見せて欲しかったような気がします。何故と言うと、主人公のシュタウフェンベルク大佐をはじめ、関係者がこのミッションに関わろうとした過程が、あまりにもあっさりと描かれていて、拍子抜けしてしまったので。
反逆に関わると言う事は命をかけるということで、その決意は通常では想像できないほどの煩悶や逡巡があるはずなのだけど、その点が全然見えなかったのです。
そこが後半のハラハラ感を大きく削いでしまった気がして残念。
映画は史実にかなり忠実に基づいて作られているようだけど、⇒ネタバレか【そもそも「爆弾」がチャチすぎる!本当に暗殺する気なら、もっと大きな爆弾を仕込むべきだったと思うし、いっそ自分が犠牲になってもヒトラーを確実に殺そうとしないと無理なんじゃないかと思ってしまいました。自分が助かろうと思ってるようじゃ、そりゃ暗殺なんて成功しないのでは・・。世紀の暗殺事件の割りに関係者の気持ちがあまりにも甘い!と、感じてしまったんだけど・・。それは映画の問題じゃなく、史実の問題なのですが・・・。
なので、決してつまらないとは思わないけど、★★★☆


それにしても、ヒトラーというひとは40回もの暗殺計画をくぐりぬけてきたとのこと。悪運が強いというか、非常に周到で厳戒なセキュリティに守られてたんだなぁと思う。人の心を掌握する術には長けていた事に驚かされます。

主人公のシュタウフェンベルクは祖国ではとても有名な英雄で、その名前の街ができたほどだそう。
奥さんは案外にも長生きされたそうで、そこもビックリしました。

Valkyrie
09:48 : [映画タイトル]わ行トラックバック(0)  コメント(0)

ワールド・オブ・ライズ

reo

この年末の忙しない時期に、これだけはどうしても観たかったので、レディスデイでもないのに行ってきました。そして、その甲斐あった面白い映画で堪能しました。もう一度観に行きたいです!!


詳しい感想はまた改めて書くつもりですが(これから掃除をしようと思うので)今回、どうしても言いたいことは、レオくんのカッコよさです。
以下、ちょっとネタバレもあるかもしれないので。ご了承下さい。
観るつもりの人は読まない方がいいかも。

最近、富に男くさく渋みを増してきて一時のメタボ感がかなりなくなって来たとは言え、やっぱりちょっと油断すると太ってしまう体質のようで、ファンとしてはいつもハラハラしながら見守ってるんですが、今回のこの映画、予告編とか見ると決して「カッコイイ」カンジには見えず、どっちかと言うと「むさくるしい」やっぱりちょっと「でぶい?」とか(ゴメンなさい~)思ってたんだけど、いざふたを開けてみたらもう、カッコよいことこの上ないの!!
最初は、ラフな私服でカッコよさを隠してて、そのうちスーツやジャケット姿でピシッと決めて、あれれれ??カッコよいじゃん??と、思わせてくれるその意外性にやられましたね。リドリー監督、ひょっとしてそこまで計算して?女心を分かってるねと思います。
今回の映画ではまず、「ディパーテッド」「ブラッドダイヤモンド」の時に「おお、エエ男になってきたのう♪」と思わせてくれた「男臭さ」がすっかり板につきました。
そして、今回、イスラム女性とのラブロマンスがあります。これ、これが今回の私の一番の戦利品。
イスラム女性って男性とお付き合いするまでに絶対に保護者の同意を得ないといけないんですね。この辺は「君のためなら千回でも」なんかにも登場しました。
レオくんが、アメリカ式に彼女にフレンドリーに接しようとしても、それはイスラムの中ではタブーらしく、二人の仲はプラトニックもプラトニック、ストイックですらあります。なので、なおのこと彼女を見つめるまなざしがものを言うわけ。で、レオくんの目にもう、胸キュン!!となりました。手も握らないんですよね。これって、昭和50年代の少女マンガで育った世代には、ストレート剛速球ど真ん中!!です。実際二人に濃厚なラブシーンでもあったら、ちょっと妬いてしまうかもしれませんが、今回のような恋愛は親になった気分で応援しながら見守ってしまいます。
また、日々の殺伐として命スレスレの仕事の合間に感じる彼女とのひと時に、癒されて素に戻るレオくんの笑顔がまたもうたまらん、萌え~~!!です。彼女のタメに真剣に走るレオの姿の愛しい事よ。好きな女のために一生懸命になる男の姿。思わずにやけてしまいました。あの緊迫の場面でね(笑)。私のためにも走って!と思ってしまいました(笑)。
「ディパーテッド」や「ブラッドダイヤモンド」のような、渋くて男っぽいだけの映画ももちろんいいです。でも、今回それにプラスされたのはレオくん本来の魅力である「キュート」さ。母性本能を刺激する可愛さなんですね。
あとねー、ぶっちゃけた話・・拷問に苦しむレオくんも・・いいわぁ♪私は特にその傾向はないんだけど、本や映画の中でなら拷問を受ける男には、なんと言うか、惹かれるものがありますね・・。
と言うわけで、オバサン、本当に堪能しました。
レオくんをこんなにも素敵に撮ってくれて、リドリー監督ありがとうと言いたい。
内容的にも充分面白かったのですが、それはまた後日付け足します。ほんとに付け足し程度になるかもです。(笑)


まだまだ言い足りないくらいですが・・・さ。掃除掃除!!(笑)

10:41 : [映画タイトル]わ行トラックバック(0)  コメント(0)

私は「うつ依存症」の女

B0009J8G5I私は「うつ依存症」の女
クリスティーナ・リッチ ジェシカ・ラング エーリク・ショルビャルグ
アートポート 2005-07-16

by G-Tools


もっと「うつ」の伝染するような映画かと思って敬遠していたんだけど、それほどでもなかったな。
うつが移りそうって言うなら「めぐりあう時間たち」のほうがよっぽどそんな感じ。
クリスティーナ・リッチは熱演でしたが、思春期の少女なら誰でも一度は通る道・・・という気がしなくもない。
かと言ってつまらない映画ではありません。
たしかに重いし暗い。
でも、見応えのある映画でした。

★★★☆
00:28 : [映画タイトル]わ行トラックバック(0)  コメント(0)