【映】ぼくとアールと彼女のさよなら

ぼくとアールと彼女のさよなら(特別編) [DVD]
ぼくとアールと彼女のさよなら(特別編) [DVD]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2016-08-03
売り上げランキング : 69792


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


なんとなし、偶然見た映画。(テレビで)
何の情報もなくて、もちろん映画の存在も知らず。キャストも知らないひとばかり。

案外おもしろくて、見続けて、結局最後まで楽しんで見てしまった。

主人公のグレッグはとても臆病で、傷つくことがいや。
だからありとあらゆることにバリアを張り巡らせている。
唯一の友達アールといっしょに映画を撮るのが趣味。
アールのことも「友達」とは言わず、映画の「共同制作者」なんて呼んでいる。
とにかく、高校で目立たないようにいじめられないように生活している。
もともとは幼馴染の、でも今はぜんぜん交流のない女子のレイチェルが白血病になった。
親同士も知り合いだから、グレッグは母親に、レイチェルの見舞いに行くように言われる。
しぶしぶ見舞いにいくグレッグに、それを喜びはしないレイチェル。
だけど、いつしか二人の間に友情が育って行く。

最初は変なオタク少年としか見えないグレッグが、実は優しい少年だと分かってくる。
決してお涙ちょうだいの(たとえば「きっと星のせいじゃない」みたいなあからさまな闘病ものじゃない)
展開ではなく、キャラが立っているためにとてもおかしい、くすくす笑いがある。
面白いから、彼女はじつは治るのじゃないかと思ってしまいました。


ネタバレです。

プロムに行くときに、タキシードを着てコサージュをもって、リムジンに乗る。
誘ってくれた可愛い女子と一緒に行くのかと思ったら、グレッグはレイチェルが入院している病院に行くのです。
そしてレイチェルに(もうしゃべることもできなくなっている)コサージュを付けてあげて、いっしょに自分が作った映画を見る。
この映画は登場人物たちの表情をとらえているシーンなどでできていて、それがセンスが良くて泣ける。
その鑑賞中にレイチェルは人事不省に陥りそのまま亡くなってしまう。
グレッグは葬儀のあと、レイチェルの部屋に行きます。
そこはグレッグにとって何度も来た、慣れた部屋のはずだけど、主のいない部屋はまた、違う表情があり、自分が気付かなかったいろいろなことが目に入り・・・。
人も、目の前にいるときには気づかないことが、いなくなると分かることもある。
そこに気付いたグレッグは一つ大人になったということなのかな?

レイチェルが亡くなったことを悲しむグレッグが愛おしいです。
レイチェルは、自分のためにグレッグの進学がだめになったので、大学に事情を説明する手紙を送っていました。そんなレイチェルも愛おしい。ふたりが愛おしくて、そして悲しくて、泣けました。

それでもどこかさわやかさが残る。
すてきな青春映画。
「ウォールフラワー」や「プールサイドデイズ」と同じような後味があり、同じように好きな作品になった。
スポンサーサイト
22:11 : [映画タイトル]は行トラックバック(0)  コメント(0)

【映】ヒメアノ~ル

ヒメアノ~ル 通常版 [Blu-ray]
ヒメアノ~ル 通常版 [Blu-ray]
Happinet 2016-11-02
売り上げランキング : 11754


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


この映画を観たのは少し前だけど、「ディストラクションベイビーズ」を見たら、感想を書きたくなりました。
「あの」「ジャニーズ」の「V6」の「森田剛」が!!こんな役を!!
という衝撃がありますが・・・。彼、よくやってました(ナニサマ!!怒られるで。(^-^;)
内容は重くて辛いです。
「ディストラクションベイビーズ」と、暴力つながりと言うことで思いだしたんだと思いますが、とても心に残る映画です。

物語は前半と後半で見どころが違うんです。
前半はすごくとぼけたコメディのようでともかく、ムロツヨシがおかしい。
カフェの店員ユカ(佐津川愛美)に片思いしているんだけど、ちょっと・・・いや、かなり気持ち悪いんですね(^-^;
でも、ユカが森田剛演じる森田からストーキングされているので、そのボディーガードを名乗り出る。
それに全てつきあわされるのが濱田岳演じる岡田君。
結局、ユカと岡田が付き合うことになって、ムロツヨシは振られてしまう、そして激怒したり・・・
この辺の三角関係が、みょーにコミカルでおかしいです。
ムロツヨシってこういう役がとても似合ってますね。本当にこんな人なんじゃない?って感じが(^-^;失礼か!
佐津川愛美も体当たりの演技で、見直しました。(私が見たドラマではあんまりいい役ではなかった気が)

後半は森田が本性を現してどんどん恐ろしくなっていくんだけど、
森田君はほんとうに何を考えているのかわからなくて不気味なんです。
ジャニーズのアイドルがここまで汚れ役をやったことあるのかな?
小柄だから高校生の時の回想にも違和感がなかったね。

森田はいじめられていて岡田も、最初は森田とつるんで仲良くなったのに、自分がいじめられるのがいやでいじめる側に回ったという、ひとことで言うと卑怯な奴だけど、でも誰がそれを責められるか。。みたいなね。
誰でも、とまでは言わないけれど、森田のようにいじめられるのか、それとも、いじめる側に立つのかという、二者択一ならほとんどの人がいじめる側に立つんだろうと思う。私もきっとね。認めたくないけれど。

森田の精神はそのとき、壊れてしまったんですね。
後半の森田の凶行は、まるで無関係の人々にも及び、たいへんに残酷なんだけど、高校時代のいじめがここまで森田の精神を壊したのだと思う。
いじめる方は気軽に?いじめてて、年月がたてば簡単に忘れると思う。
でもいじめを受けたほうは一生消えない傷になって苦しむ。
ときには、森田のように狂ってしまう人もいると思う。
いじめは本当に罪深い。いじめる本人が思うよりも何倍も何十倍も。
岡田に殺された人たちは、いじめが殺したようなものだというと言いすぎでしょうか。

エピローグで、森田と岡田が友達だったころのシーンが流れるんだけど、このままいじめなんかに合わずに大人になっていたら、森田にも全然違う「いま」があったはずなのに・・・と思うと涙が止まらないのでした。
17:08 : [映画タイトル]は行トラックバック(0)  コメント(0)

【映】淵に立つ

淵に立つ(通常版)[DVD]
淵に立つ(通常版)[DVD]
バップ 2017-05-03
売り上げランキング : 64112


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



ネットで「嫌な気持ちになる映画」と言うのを見て、そく、借りてみた(どんな私)。
イヤミス・・みたいな感じなのかと思ったけど、私はそうは思わなかったかな。
悲しい、負の連鎖に翻弄された家族の姿を描いてあると思います。
その不条理は、誰のうえにも起こり得ることで、我が身に置き換えてイヤは気分になるかもしれないですが、でも、とてもとても悲しい物語でした。
役者陣はみなさん、よかったです。
浅野忠信さんはとても禍々しい感じで、、個人的に「寄生獣」で見た後藤のイメージが重なりました。
(意外な感じではないということ)
妻を演じた筒井真理子さんも熱演でした。夫の古舘勘吾さんも・・実はこの二人、あんまり知りません(^-^;
でも、ふたりともすごくたくさんの映画やドラマに出演されてて・・古舘さんは「逃げ恥」にも出ておられました。
今回強烈にインプットしました(^-^;



以下、ネタバレ感想です。

奥さんの気持ちがとてもよくわかった(共感とかじゃなくて、伝わったという意味ですよん。←ざわざわ言わなくてもいいけども)ので、奥さん目線中心の感想です。








町工場の一家。そこへ転がり込んできた「八坂」という謎の男。
彼は一家の夫の旧知の友達で、夫を頼ってやってきたのでした。
突然のことに一言も文句を言わず迎える夫、
妻は当然不服なのですが、仕方なく受け入れます。
が、仕方なく・・という当初の気持ちとは裏腹に、次第に彼に魅かれて行くのです。

まず、物腰が柔らかで言葉も丁寧。
実は彼は刑務所帰り。
刑務所での習慣で、旧友の夫に対しても敬語でしゃべったりするけれど、妻にとっては紳士に見えたと思います。
そのうえ、夫はやらない、食前のお祈りとか(妻はクリスチャン)教会の礼拝なんかも一緒に行くし。
また、オルガンを弾いては娘に教えたり。
罪を犯したことを告白したうえ(純粋な感じ)、反省している風。
あとは、字がきれい!
演じているのは浅野忠信で、長身で渋いイケメン、夫は古舘寛治。
申し訳ないけども見てくれは当然?浅野さんのほうがカッコいいよね(^-^;
会話のない夫婦だったようなので、この二人の距離が近づいていくのは当然のように思った。

ダンナはそれを黙殺しているところから、夫婦の愛情が冷めているというよりも、きっと八坂に弱みを握られてる、と思う。
家族がピクニックに川遊びに行くのですが、それがジャケット写真の一部に使われています。
このとき妻は八坂とキスをして抱き合う。
いけないわ・・と、多少の逡巡をみせることもなく。
背徳感で余計に盛り上がりそうです(^-^;


で、ピクニックのあと、結局八坂は妻の体を求め、
その一線は超えられなくて拒絶する妻。
腹立ちまぎれに、夫婦の娘に手をかけた。

何があったの?
八坂は捕まったの??

と思ってたら、その回答はなくて物語はそこから8年飛ぶ。
奥さんが、誰だか分からないぐらいに変貌してました。
とても女性らしい、いつも服装をこぎれいに、スカートをはいて、髪も伸ばしてきれいにメイクして・・
そんな奥さんが、8年たったら服装には無頓着、小汚い色のトレーナーやズボン姿。
ヘアスタイルもザンバラ?
教会にも行ってないようでしたが。。

そして、娘はそこで亡くなったのかと思ったけど、生きていた。
けれども重い脳障害で自発の意思や動作がない。寝たきりで車いす生活です。驚きました。

奥さんは自分が八坂に心を許したから・・自分が「女」だったために娘がこんなことになったと思った。
だから自分が女であるということを封印しているんだと思います。
まぁ車いすの娘の介助は、機能的な服装でないとできないというのもあるには違いないけど。
そして、強迫観念症になってて、石鹸で手をしつこく洗ってます。
これも事件の後遺症でしょう。

町工場はちょっと規模が拡大してて?従業員をひとり使ってました。
それが三浦貴大なんだけど、このひと、ここで一瞬登場しただけ。
すぐに円満退職、代わりに来たのが太賀演じる山上と言う男。

じつはこの山上くんは、八坂の息子だと。
実の親子でも面識はなく、八坂は自分が産まれていることも知らないだろうというのだけど、平静でいられない夫。
つい、いきなり山上青年にビンタくらわしたりして。。
息子に罪はないんだけど、やっぱり憎しみが知らず知らずのうちに募りますか。
妻には言うな・・と言うんだけど、ひょんなことからばれてしまい、そのうえ、山上青年がむすめにいたずらしたように見えて、妻は山上青年を拒絶します。今度こそ!と言う気持ちがあったのではないかなと思った。彼の父をきっぱり拒絶しなかったけれど、今度こそ。。うがち過ぎかな。娘を守る一心で山上君を追いだしたのだろうね。

でも山上青年との会話から、八坂が服役したときの罪は、隠れた共犯者がいるときいた妻。
夫に問いただすと、夫は隠すこともなく「それは俺だ」と言うのです。
大ショックだよねぇ。
自分の夫が、娘の父親が、犯罪者で、殺人に関わっていたなんて。。。
しかも八坂がうちに来たのは、アンタのせいか!!

そんな風に思ったり。私ならね(^-^;(感想とは違うか)

もう夫婦を続けるのは意味がないと離婚を決意したふたり、だけど、八坂が見つかったという興信所の知らせに、山上青年もさそって会いに行く。
そこにいたのは、八坂ではなかった・・・
その帰りに、森の中の河にかかる橋の上から娘と一緒に身投げする。
妻の目には八坂が微笑む姿が見えました。
クリスチャンは、たしか自殺は厳しく禁止しているはず。
それなのに自殺してしまう奥さん。それも娘を連れて・・。

飛び込んだふたりを助ける夫。
妻を助け、娘は自力で水から上がった・・というのは、夫の幻覚?で山上青年が助けたらしい。
夫が見たら川岸には横たわる山上と娘。
ふたりは息をしておらず、妻の蘇生をした後必死で娘に呼び掛ける。

物語はそこで終わります。

もとはと言えば、夫が八坂と一緒に罪を犯したから。
そしてそれを八坂一人にかぶせて自分は罪を償うこともなく生きていたから。
八坂はそこに付けこんだから身を寄せた。
そして妻を誘惑した。
妻も夫とうまく行っていたら、よろめかなかったかもしれない。
それで娘が被害に合った。
八坂を探していたのも夫で、興信所の知らせがなければ、出向かなかったかもしれなくて
出向かなければ川に飛び込むこともなく
誰も死ななかったかもしれない。
(死んだとははっきり決まってないんだけど)

こんな風にひとつ負の要素があって、それが連鎖して、大きな悲劇になっていった、
という一家の物語。
どこの家庭にも、誰にでも、負の要素の一つや二つはあるかもしれない。
「あのとき、あんなことしなければ」という後悔の一つや二つはあるでしょう。
それが連鎖して大きな悲劇にならないとは、言いきれない。
そこが怖くて・・・映画としてはとても面白いなと思いました。
山上青年もひょっとしたら、自分の母を殺めているのかもしれない。
(その話をしているときの山上君、ちょっと怖いんです)
八坂は夫婦の娘に何もしてないのかもしれない。
本当の罪人は誰なんだろう?

心に残る作品です。








15:56 : [映画タイトル]は行トラックバック(0)  コメント(0)

【映】ファンタスティックビーストと魔法使いの旅

T0020183p.jpg

「ハリーポッター」シリーズは子どもと一緒に前作劇場で見ましたので
私的に思い入れのある作品です。
続編には興味が沸かなかったけれど、「博士と彼女のセオリー」を見て
主演のエディ・レッドメインにとても興味が沸いて、この映画も子どもと一緒に見に行きました。

ハリーポッターシリーズの中で主人公のハリーたち(役者の子たちも含めて)が子供から大人になるまで(お話の中ではまだまだ高校生なんだけど)成長しました。

「ファンタスティックビーストと魔法の旅」はハリーポッターとともに成長した年代の子ども達(ポッタリアン)が、今度は大人目線で見られる映画になっていたと思います。

主人公のエディ君はとてもこの古めかしい世界(ハリーポッターシリーズの前日譚)に似合っていてカッコよかったデス。

今回の舞台はニューヨーク。1920年代です。

エディが演じているのは、ニュート・スキャマンダーと言う青年で、彼はイギリスの魔法省の出身で、今は動物学者として魔法動物の保護をしています。
ニュートが持ってるトランクにたくさんの魔法動物が保護されています。
このなかに入っているある魔法動物のために、ニュートはアメリカにやってきました。
しかし、このトランクがきっかけでアメリカでのニュートの冒険が始まることになります。

今まではマグルと呼ばれていた人間たちは、ここでは「ノーマジ」なんて呼ばれてます。「ノーマジック」の略だそう(笑)
ノーマジのジェイコブ・コワルスキーとニュートのトランクがたまたま同じだったために、入れ替わってしまうのです。
そのためにニューヨークにニュートの保護してきた魔法動物たちが散らばってしまいました。

ニューヨークではある魔法の勢力が広がりつつあり、それはノーマジの世界にも影響し、魔法勢力がノーマジの間に認知されつつありました。
そこでニュートのアメリカ入りが問題となり(無許可だったらしい)ニュートは追われる立場となります。

トランクを入れ違えたジェイコブ・コワルスキーや、自分をアメリカの魔法省(マクーザ)に通報したティナ・ゴールドシタインやその妹のクイニーなどとともに、困難を乗り越えていく物語となっています。

ノーマジのジェイコブがとってもいいキャラで彼の存在が作品の癒しとなっているように感じました。
それから魔法動物たちがとても可愛いんです。

加えて、ハリーのときに出てきた名前もちらほら出てきて、今後彼と彼らの関係が明らかになるかと思うと、次作もとても楽しみです。
ニュートは影のある青年なのですが、その理由も今後明らかになるのでしょう。
この世界がどうやってのちの「ハリーポッター」につながるのか、見ていきたいと思いました。

脇を固める役者陣としては、お気に入りのジェイコブのほかに、ジョニー・デップなどもいるのですが・・・
ジョニーがハリーシリーズ??と、ちょっと違和感が。。
今後なじんでくれますように(笑)

エズラミュラーが今回の重要人物で登場しました。
エズラって美少年→美青年でとってもカッコいいのにこの映画では変な髪型ですっごく陰気な役。
おそらくシリーズ続投するようなので、今後カッコいいエズラ君が見られるといいなと念じています。

(エズラなら「ウォールフラワー」なんかカッコいいし、物語もいいです。おススメです。そう言えばそこでの共演がエマワトソン!)
10:50 : [映画タイトル]は行トラックバック(0)  コメント(2)

【映】プールサイド・デイズ

B00W75ZUSIプールサイド・デイズ [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2015-07-03

by G-Tools


この映画のこと、何にも知らなくて、たまたま見たという感じでしたが
すごく好きな映画となりました。

主人公のダンカン少年、両親の離婚後母親と暮らしています。
その母親にさいきん彼氏ができ、その彼氏と彼氏の娘と4人で、ひと夏を別荘で過ごすべく出発します。
ところがこの、母親の彼氏って言うのがすごくイヤな奴で!
いきなり「お前は自分に点数をつけるとすれば何点だと思う。」なんて言う。
怪訝そうにしながらも「6点」と答えるダンカンに、その男トレントは「いや、お前は3点だ」と言い放つのです。

こんな風にとても楽しくなさそうな夏休みが始まり、案の定、別荘地の人間関係にもなじめず、孤立するダンカン。
そんなダンカンが居場所を見つけ、たくましく大きく成長していく物語です。

なんと言ってもこの映画に出てくるサム・ロックウェルがカッコいい。
彼のためにあるような映画だと思う。
あのカッコよさを見るために、何度も見たいと思えてしまうのです。

トレントもおとな、オーウェンもおとな・・・。
大人にもいろんなのがいて、最初は子どもっぽくてうっとおしいと思えたオーウェンなのですが、ダンカンにとっては、オーウェンこそが必要なおとなでした。

母親もね~
離婚して孤独だったんでしょうねぇ。
あんなトレントみたいなクソ男に引っかかってしまうんだもん。。
別荘地でほかの女の人と貼り合ったり、クスリでハイになったり。気持ちは分かるけど、思春期の男子には見せてはいけない場面だと思いました。少年が可哀想だった。

でも、ダンカンとトレントの不仲を見て、もちろんそれだけじゃないけど、母親はトレントと分かれなければならないことを知ったんだと思う。
最後の最後に、オーウェンとトレントがやり合うのを見て、ダンカンのトレントへの気持ちを真に理解したんだと思う。

ダンカンを連れて行こうとするトレントの前に立ちはだかり、ダンカンを守るように
3点の友達のオーウェンだ
と言うオーウェン。。。。。
(実際に見て欲しいから白抜きにしておいた(笑))

このときのサム・ロックウェルのカッコよさと言ったら!!
目から鱗!
今までカッコいいと思ったことなかったんだけど、この映画のこの人は、ほんとうにほんとうにカッコよかった!!

おススメ映画です。
私もずっと好きでいられる映画です。

ほかの出演は、母親役にトニ・コレット、トレントはスティーブ・カルレ(この人の映画見た記憶がない)
別荘地で仲良くなった隣のうちの女の子はアンナソフィア・ロブちゃん。健康的な可愛さがあるよね。彼女は出演作品に恵まれてる気がする。良い作品が多いよね!

ところで、サム・ロックウェル、
アラン・リックマンが亡くなったので、追悼で、「ギャラクシークエスト」を見たんだけど、ここではカッコよくはないけど、印象的ないい役で出演しています。実はあんまりちゃんと覚えてなかったけど。。(グリーンマイルの出演のほうが印象的)

もう一挙に好きな俳優に躍進したわ。。
ほれてまうやろ~~~!(●^o^●)
17:36 : [映画タイトル]は行トラックバック(0)  コメント(0)

【映】ブルー・ジャスミン

ブルージャスミン [DVD]
ブルージャスミン [DVD]
KADOKAWA / 角川書店 2014-10-24
売り上げランキング : 11528


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



ウッディ・アレン監督、ケイト・ブランシェット主演の映画。
とても面白かったです。
というか、演じるケイトブランシェットが秀逸で目が離せませんでした。
★★★★☆


感動するような物語ではないんですけどね。
あ~・・・たしかに、現実にいそう、こんな人、という感じ。
すっごくズレてる感覚、気持ち悪いぐらい。
こんな人が身近にいたら耐えられないだろうなぁ。
そうそうこんな人はいないと思うけれど、部分的には、誰しも持ってるかもしれないですね。
だから怖いもの見たさで見てしまい、高みの見物的に見ることで、自分はこうはならないと安心したい。
まるで他人事と言えるでしょうか?


セレブな奥様が破産して、軽蔑している妹の家に転がり込むところから、物語が始まります。
破産してるんだけど、身なりはそのまま、ブランド品に身を固め、なによりもファーストクラスなんかでやってくる。
冒頭から気持ち悪いぐらいに、思考についていけません(^-^;

そんな女のその後を描きつつ、セレブ時代のシーンを織り交ぜて、時間を行きつ戻りつして、その対比と原因を追究していきます。


以下ネタバレ





見ている間中、「アンタ、ナニサマだと思ってるの!!」の連続(^-^;
ともかく、現実と向き合えないのです。
自分が破産して貧乏・・一文無しだと言うことも、その原因が、自分の夫が詐欺師だったからだと言うことも。
夫が多額のお金をだまし取り、そのお金で贅沢三昧していながら「お金はあるところがないところに施すべき」とかなんとか、いけしゃーしゃーとよく言うよ!と思うし、
夫がまっとうに働いて得たお金じゃないと分かっていたくせに、自分のぜいたくな暮らしが最優先で、被害者のことも犯罪だということも、見て見ぬふり。
(実は知らなかったのかも?と、ちょっと思わせるんだけど、いや、実は確実に知っていた・・と、最後にわかります)
それどころか、自分も被害者面。
妹の夫をも破産させておきながら、罪の意識は皆無。
妹がそのことで離婚しても、知らん顔。
それなのに破産して住まいがなくなった途端、妹を頼る。
妹って言うのが、ジャスミンともども、もらわれた養子で、里親はジャスミンをひいきしたらしく、妹ジンジャーはぐれて幼いうちに家出したと言うから、このふたり姉妹と言うよりほぼ他人です。
似てないことこの上ない。
迷惑かけられている妹に同情はするものの、しかし、見事なほど妹に対して好感が持てない。
二人が並んでいたら、やっぱり人はジャスミンを好きになるのじゃないかな?
里親もそりゃ、ジンジャーよりはジャスミンを可愛がろうかと言うものです。

で、妹もなぜか姉に気を使い、姉の思考に感化されていって、恋人を嫌いになってしまったりして。
妹も謎だなーと思いました(^-^;
ジャスミンが妹の恋人を罵倒するのはやりすぎで、ほんと「ナニサマ??」なんだけど、ちょっとわかるんですよね。
妹の男の趣味が悪すぎます(^-^;
妹とのなにかにつけての対比が「これでもかっ!」って言うぐらいで凄かったですね。

ジャスミンに恋人が出来るんだけど、それがセレブなのです。
男運が悪い妹に対して、ジャスミンには「いい男」が寄ってくる。
でも、自分の素性をそのまま言えないジャスミンは嘘をつきまくり。
自分はインテリアコーディネーターで、夫は事故で死別、子どもはいない・・・など。
嘘がばれることも考えず、求婚されて有頂天。
ふつうは自分のついた嘘をどうしようかと、このままじゃ結婚できないと思うものでしょ。
その辺の、本気で、「なんにも考えてない感じ」がいっそすがすがしいほどです(^-^;

恋人の両親もジャスミンにベタ惚れしちゃったって・・。
やっぱり魅力的なんですよ、外見は。
きれいで優雅だもんね。

こうした「現状」に対して、さしはさまれる、「ここまでになってしまった原因」を探る「過去のシーン」。
途中からなんとなく感じていたけど、やっぱり・・・夫をFBIに売ったのはジャスミンその人でした。
夫に「お前と別れて19歳の現彼女と結婚する」と宣言されて、間髪入れずにFBIに電話してるもんね。これは、自分が夫の犯罪の証拠を握っていたって言うことでしょ。当然「知って」いたんですよね。

ジャスミンにとっては、夫の浮気、そのはてに19歳の「小娘」に夫が本気になり(ウッディアレンの自虐ネタらしい)、自分が捨てられることで傷つく自尊心、そっちのほうが重大事項でした!
FBIに逮捕されたそのあとの、「自分の境遇」をも、理解できず・・いや、「なんにも考えてない」ので、驚き・・・というか、それほどに我を忘れさせた夫の浮気と本気。

息子が母と決別して消息を絶ったのが、父親が働いた犯罪行為のためではなく、(それもあっただろうけど)母親が父親を売ったことへの絶望だったのです。
普通に考えて、普通の感覚なら、この息子と同じように感じるよね。
「まとも」な感覚の持ち主と言う感じがしました。

誰にともなく語るジャスミン。
冒頭と結末が同じように独り言をしゃべってるシーンです。
今後どうなるんでしょうか、ジャスミンは。
結局妹を頼らずにいられないのか、それとも、息子のところに行くのか。
ジャスミンに延々と振り回される「家族」も災難です。

いやもう、特別ミステリーと言うジャンルじゃないはずだけど、充分サスペンスフルでした。
満足!










09:26 : [映画タイトル]は行トラックバック(0)  コメント(0)

【映】プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命

table border="0" cellpadding="5">プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命 スペシャル・プライス [Blu-ray]プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命 スペシャル・プライス [Blu-ray]
Happinet(SB)(D) 2015-02-03
売り上げランキング : 2430


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

松林を超えた場所・・・・松林の向こうの場所
タイトルの意味がよくわからないんだけど、要所で登場する松林がタイトルのポイントなのかな。
重苦しくて胸が締め付けられるような物語でした。
サブタイトルにあるように、宿命・・・というか、宿業と言うか・・・不思議で悲しい因縁の物語です。
意表を突かれるストーリー展開で、私はぜんぜん予想がつきませんでした。
ときどき度肝を抜かれる部分もあり、けっこう驚きの連続だった(^-^;
人間の良い面だけじゃなく、悪い面もたくさん描かれていて、展開としては私は「嫌な物語だなぁ」と思いながら見ていました。。。が、その割にラストに至っては後味が決して悪くないという不思議な物語。
あんまり書くとネタバレになるのでこの辺で。
ライアン・ゴズリングってカッコイイってことで人気があるようですが、私はちょっと苦手な俳優さん。
演じたキャラによると思うけど、この作品以外では「ドライブ」を見ましたが、どうも何を考えてるかわからないみたいな役柄だったし、非常に安直に、演じたキャラによって苦手意識が・・。今回は多分、メイクだと思うけど(そうであってほしい)イレズミだらけなんだもん。苦手なんだよねぇ。。。そういうキャラだったからなんだけども。
(余談だけど、トム・ハーディーもお顔は好きだけどあのタトゥーにドン引き・・)
ラブコメなんかに出てくれたら払拭できるかもしれません(^-^;
ブラッドリー・クーパーは明るいイケメンって感じで好きです。安直に(笑)
デイン・デハーンは、「リンカーン」でちらっとしか出てなかったけど鮮烈にイケメンだなぁと思ったので、今回じっくり見ることができてよかったです。私の中ではレオ君とジュード・ロウをミックスしたような感じなんだけど、いかがでしょうか。
あと、ヤツが出てた。レイ・リオッタ。相変わらずな感じ。気の毒なぐらいです(笑)
作品の評価は個人的には★★★☆です。




では、以下、ネタバレ感想です。




ルーク(ライアン・ゴズリング)は移動遊園地のバイクショー(球体の中でバイクを走らせるショー)で生活している流れ者。
しかし、かつての恋人が自分の子どもを産んでいたことを知ると、子どものためにショーの仕事を辞めて、子どもとその母親がいるこの街(スケネクタディ)に留まる。
そこで自動車修理工場の自称経営者にすすめられ、銀行強盗をする。
そしてそのあげくには、警官に撃たれて死んでしまうのだった。


私はこのルークに切なさを感じました。
流れ者だった彼、そのかつての恋人のことも大事にはしなかったようですが、自分の子どもがいたと知り、きっと初めて「愛情」を感じたんじゃないでしょうか。
なんとか息子のためになりたい、息子のために自分に出来る限りのことを、いいえ、それ以上のことをしてやりたいと思うのです。
それで銀行強盗を、すすめられるままにやってしまう。
暴力的で短絡的で自己的で無知で・・・良いところと言ったらバイクの運転ぐらい。
でも、息子に対する愛情は本気です。でもその表現方法が間違っているのが一目瞭然で私は好感が持てなかったのです。申し訳ないことに・・・(^-^;
だいたい、子どもの母親・・・なんでルークに会いに行ったか。
それがすべての発端だと思う。
それに、彼女。ちゃんとした連れ合いがいるのに、なんでルークと寝ちゃうかな。
やっぱり好きだったんだろうね。
でも、今の彼に申し訳ないとか思わなかったのか。彼女にも好感が持てなかったです。


ルークを撃ち殺した警官エイブリー(ブラッドリー・クーパー)は、罪人とはいえ人の親を一人殺してしまったので、罪の意識を抱いて苦しむのです。。。っていうか、この、ルークの死にのけぞりましたよ。主人公だと思ってたのに死んじゃって。
でも、物語の中にルークの存在は生きていました。
このエイブリーが正義漢かと思いきや、警官たちの横領を盾に自分が出世してしまい、ただの正義漢じゃなくなってしまったのも驚きでした。
一気に15年後に話が飛んでいたのも驚きで、今度は彼らの子どもたちの物語になっています。

ルークの子どもジェイソンとエイブリーの子どもAJ、二人が知り合い、ルークの子どもが「良い子」で(ちょっとだけ悪い)エリートのエイブリーの子どもがグレてます。

ジェイソンが父親のことを知りたがって、自動車修理工場のところへ行く。
ルークのことを修理工場のオヤジが、良く伝えたのでホッとしました。
でも、自分の父親の「死の真相」を知り、復讐心が生まれてしまう。
エイブリーはとっくにジェイソンとAJが友達になったことを知っていて、AJには、ジェイソンと付き合うなと言ってます。

エイブリーの家に侵入するジェイソン。
エイブリーを銃で脅して松林へ。
銃を向けると「すまない。ジェイソン」とエイブリーが泣きながら言うので、彼が何もかも承知だと知ることに。
エイブリーの財布には折りたたまれた、一枚の写真があります。
それはルークとジェイソンと、その母親が一緒に写っている15年前の写真。
両親は幸せそうに笑っています。
エイブリーを殺すことなく、立ち去るジェイソン。

そのまま町を出て、オートバイを手に入れ、「西」へと向かいます。
父親の生きた証であるオートバイ。。

父親を慕うジェイソンが切なかったです。
銀行強盗の末に死んだなんて不名誉な父親を、ジェイソンは慕ってる。
そのことが胸を暖かくしてくれたし、エイブリーを殺さなかったことも良かった。

だから、嫌な物語だと感じても、見終えた後は胸がジーンと温かくなりました。

20:14 : [映画タイトル]は行トラックバック(0)  コメント(0)

【映】ザ・ファイブ‐選ばれた復讐者‐

ザ・ファイブ-選ばれた復讐者- [DVD]
ザ・ファイブ-選ばれた復讐者- [DVD]
ビデオメーカー 2014-11-28
売り上げランキング : 24715


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



キム・ソナさん主演のサスペンススリラー「ザ・ファイブ」を見ました。
まだDVDリリースされてないですね。WOWOWでの鑑賞です。

ひさしぶりに、満足のいく韓国ノワール作品でした。
ノワールと言っても主人公は「被害者」なのですが。

ちょっとあり得ないなぁ・・・という突っ込みどころはやっぱりあったし、ところどころ納得できなかったり、腑に落ちなかったりする点はありましたが、それでも、ドキドキハラハラの感じが「おおう!これこれ!求めてたのは!!」的な・・。最近の韓国サスペンスでは、ちょっと物足りなかったものが多かった(「共謀者」とか「ある会社員」とか・・)のだけど、今回久しぶりに満足させてくれました!個人的には好きな作品です。
「チェイサー」「アジョシ」なんかが好きな人には受けるんじゃないかな。
まぁもちろん最高峰「オールドボーイ」ほどじゃありませんでしたけども。
と言うわけで★★★★です。
容赦も救いもないのがまた良かったです。






では、ネタバレで内容ご紹介と感想です。

こちらへどうぞ!←クリックしてね

15:23 : [映画タイトル]は行トラックバック(0)  コメント(0)

【映】ベルリンファイル

ベルリンファイル Blu-ray
ベルリンファイル Blu-ray
TCエンタテインメント 2013-12-25
売り上げランキング : 2352


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「スパイな奴ら」と違い、こちらシリアスで本格的なスパイ物。見応えありました。
北と南、CIAとモサド・・ロシアも??
なんだかややこしすぎて、私の頭では理解不可能だったのが残念。
もうちょっとシンプルにしてもらったらなぁ・・って、それじゃ話がつまらないのか(^_^;)。
ともかく誰と誰が「組」で、誰を、何をどうしようと思ってるのかという基本が分かりづらくって、それで物語りにハマるまでに時間が掛かってしまった。
中盤からはぐっとハマって、手に汗を握ってみてましたけど。。

役者たちの熱演は良かったです。
ハ・ジョンウ、ハン・ソッキュは3本目、猟奇的なチョン・ジヒョンは4作品目かな。あんまり見てないんだけど。
みなさんそれぞれカッコよかったです。

アクションがね~。
ハ・ジョンウ強くてキレのあるアクションで頑張ってて様になってて良かったけど、ジェイソン・ボーンみたいだった。
私にはボーンに勝るアクション映画はないのです。
あと、彼女(主人公の妻)、逃げるときはスニーカーをはこうよ・・・と思いました(^_^;)
12:55 : [映画タイトル]は行トラックバック(0)  コメント(0)

【映】パーフェクト・プラン 完全なる犯罪計画

パーフェクト・プラン 完全なる犯罪計画 [DVD]
パーフェクト・プラン 完全なる犯罪計画 [DVD]
ビデオメーカー 2013-11-02
売り上げランキング : 66570


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


そこそこ面白い映画と思います。
でも、中盤までは、主人公の「アホさ」に耐えられない!!
なんちゅうアホなんだ、この男・・・
アホで間抜けで見てられない・・!!(>_<)
アホだから、、何が起きても自業自得なんだから、私は笑って見てればいい、とでも思えたら気楽だったけど、なんとなし憎めないので、そのあとに待ち受けるであろう事を予測して、こっちの胃が痛くなると言う感じ。
胃が痛くなるって、こないだ見たばっかりの「ランズエンド」もそうだったなぁ、もーーイヤ!私ってなんでこんなに胃が痛くなりそうな展開の映画を選んでしまうんだろう、・・などと思いながら見てしまいました。
話としては、よく出来た筋書きだと思ったけど、ラストまで見たら一番アホだったのは、こんなにも真剣にハラハラしてしまった自分ではなかったかしら。
まぁそんな感じを味わうのもキライじゃないので(^_^;)見たことを後悔したりはしなくてすみました。
個人的には好みで、楽しめたと言えば楽しめました。
こんなビミョーな感想に興味を持たれたら、ご覧になっても良いかな。
あえて「絶対に見て」というオススメでもないかな。。
個人的に★★★☆かな。

Amazonの紹介文「『ファーゴ』『シンプル・プラン』を凌ぐクライム・サスペンス」は言いすぎです!!
リー・トンプソン懐かしかったけど、老けてた・・・・(^_^;)そりゃそうだ。自分も同じだけトシ取ってるんだから・・・(笑)




以下ネタバレです。

 ...続きを読む
17:23 : [映画タイトル]は行トラックバック(0)  コメント(0)