【映】熱血男児

B001FQFAQW熱血男児 [DVD]
アミューズソフトエンタテインメント 2008-11-28

by G-Tools



ソル・ギョングの魅力が詰まった一作。
とても面白かった。

ストーリーは少々分かりにくかった。
なぜ、主人公ジェムンが、デシクという男を狙おうとしているのか・・と言う部分が分からず、ただ、ジェムンの人間性の悪さ(舎弟のチグクに態度も横柄だし卑怯なことするし、子ども相手にも大人気ないし・・最低やなこいつ・・みたいな)ばかりが目立ってしまう。
でも、食堂のおばちゃんとの触れ合いを経て、ジェムンの優しさみたいなものが伝わってきて、同時に、どうしてジェムンがデシクを狙っているのかも分かってくる。
最後の最後には、また、その「事件」の陰にある「真実」も明らかに。
ヤクザなんかになっちゃダメだよ、ヤクザってこんなものだよ・・というメッセージが伝わった。

ソル・ギョングが嫌悪感から好感を抱かせるヤクザを好演していたと思う。
こういう役はとても似合う。ヘアスタイルも良かった。(長髪はイヤ。短くして欲しい)
役柄としては「公共の敵」の、カン・チョルジョンの次に好き(*^_^*)
スポンサーサイト
10:47 : [映画タイトル]な行トラックバック(0)  コメント(0)

【映】ニーチェの馬

B0098F40G8ニーチェの馬 [DVD]
タル・ベーラ
紀伊國屋書店 2012-11-24

by G-Tools



ものすごい映画だった。
そこは嵐のような風が吹きすさび、歩くのもやっと。そんな荒野のあばら家に、父と娘の二人が住んでいる。娘は井戸の水を汲み、父親の着替えを手伝い、馬の世話をする。食事はいつもゆでたジャガイモだ。
そんな生活が、ただ、そんな生活が描かれている。それだけの映画といえばそれだけだ。
この映画を見ていて私は大昔に読んだ長塚節の「土」を思い出した。
戦争とか災害とかの中ではなく、単なる「日常」なのに、それがもう想像を絶する過酷さ。
「こんな人生はイヤだ」と思わずにいられない日々の暮らし。
淡々と、単調な生活が描かれているだけ。それなのに、絶望を感じてしまう、それが似ていたように感じた。
正直言えば面白くない映画だ。単調なので見飽きるし眠気に襲われる。
でも、見終えた後、忘れがたい感慨がある。
10年たっても20年たっても覚えているような気がする。「土」と同じように。
★★★
22:37 : [映画タイトル]な行トラックバック(0)  コメント(0)

【映】南極料理人

B002YV7V7I南極料理人 [DVD]
バンダイビジュアル 2010-02-23

by G-Tools


西村(堺雅人)は、ドームふじ基地へ南極観測隊の料理人としてやってきた。
限られた生活の中で、食事は別格の楽しみ。
手間ひまかけて作った料理を食べて、みんなの顔がほころぶのを見る瞬間はたまらない。
しかし、日本には妻と8歳の娘と生まれたばかりの息子が待っている。
これから約1年半、14,000km彼方の家族を思う日々がはじまる・・・・・・。Amazon紹介文


南極観測隊というレアな仕事をする男たちの生活を淡々と描いた作品。大笑いはないけどクスクス笑った。食べることは人間の基本だなぁ。節水、とか、健康第一、とかあちこちに貼られた標語や、電話のところにある砂時計、娯楽室(リビング)に置いてある本や漫画やビデオがミョーに気になった。それよりも、観測隊は自衛官なのか、とか、観測隊の仕事内容とか色々トリビアでへぇ~と思うこと多々。
極限の生活なんだけどゆるゆるした感じがとてもよくて面白かった。

★★★☆
22:28 : [映画タイトル]な行トラックバック(0)  コメント(0)

【映】ネスト

B004JLMCIOネスト [DVD]
Happinet(SB)(D) 2011-05-03

by G-Tools


監督 ルイス・ベルデホ
出演 ケヴィン・コスナー(ジョン・ジェームズ)
    イバナ・バケロ(ルイーサ・ジェームズ)
    ノア・テイラー(エヴァン・ホワイト)
    サマンサ・マシス(カサンドラ・パーカー)
    ガトリン・グリフィス(サム・ジェームズ)

妻と離婚して、子どもを二人引取り、それを機に新天地に越してきた主人公一家。
家の近くに、不気味な塚があり、引き寄せられるようにその塚に行く長女。
そして一家には奇妙なことが起き始め・・・。


一応、ホラー映画です。
でも、オカルトなのかホラーなのか微妙な感じ。
はっきり言ってホラーとしては面白くない。
前半、それでも、一家に起きていることが「正体不明」である間の、ぞくっとする感じは良かったと思う。
でも、こういう映画は、その正体がはっきりしてしまうと恐怖半減。なんだーがっかり!って言うことが多い。
この映画もまさにそんな感じで、後半の失速感が残念。
でも、映画の作り手としては、観客のこういう感想は不本意かもしれないけど、思春期の娘を持つ父親の悩み・・ということでは、とても面白く観た。
妻と離婚した主人公(ケビン・コスナー)。
原因は妻に男が出来たらしい。
まだ幼い弟はそうでもないけど、思春期真っ盛りの娘には、そんな母親は不潔に感じるだろうし、そのうえ母親に「捨てられた」と思っているし、また、母親を恨んでいる。
だまって出て行かせた父親にも、不信感を抱いている。
ただでさえ難しい年頃なのに、いっそう扱いにくい娘になってしまう。
そんな娘を深い愛情で包みながらも、自分にはどうしても、娘の孤独感を埋めてやれないふがいなさに悩む父。
インターネットで「娘、思春期」とか「父親 失格」とかのワードでググっているのが、なんだかリアルで笑える。笑えるけど身につまされてしまう。
私は、本来の「ホラー」よりも、こうした家族ドラマとしてとても楽しめた。
残念ながら、その「家族ドラマ」のほうでは、ちゃんと着地してはいないけど、それは仕方がないことなのかも。
ケビン・コスナーふけたなー・・と思いつつ、ふけてもハンサム。
長女は「パンズ・ラビリンス」の女の子、弟は「チェンジリング」の子。この弟の健気さも良かった。
おせっかいな(?)学校の先生、サマンサ・マシスは「ブロークンアロー」に出てましたね。
リバー・フェニックスの恋人だったそうですね。

★★★

21:29 : [映画タイトル]な行トラックバック(0)  コメント(0)

【映】ナイト&デイ

試写会が当たったので(久しぶりー!)長女と見に行ってきました。
トム・クルーズとキャメロン・ディアス主演です。
ごく普通の自動車修理工の女性(クルマオタクというか・・)が、画期的なある新製品をめぐって、スパイたちの命を掛けた攻防に巻き込まれると言うアクション映画。
・・と言っても、結構ラブコメっぽい部分も多かったです。
主演二人の掛け合いというか、息もぴったりでかなり楽しませてくれました。
キャメロン演じるジューンは、自分の置かれた状況が何がナンやらわからなくて、ともかくトム・クルーズ演じるエージェントから逃げようとするんだけど、どこに逃げてもしつこくしつこく、しつこーく追ってくるのです。
それがもう、面白くって。嫌がるジューンとひょうひょうとしつこいトムの対比で笑いました。
その合間合間にど派手なアクション、カーチェイス・・これがまたすごい。
最初から最後までクライマックスって言う感じで、面白かったです。(中盤はちょっとだれてしまう?)
まぁご想像のとおり二人の間にラブが芽生えかけるんですが、そのあたりもそれほどゲンナリするような展開にはならなくてよかったです。あれなら、トムの苦手な私もよろめくと思うよ(笑)。
特に感動などはありませんが(^_^;)あんまり深く考えず、期待しすぎずに観たら、娯楽映画として充分楽しめると思います。
(途中、「そこはちゃんと見せてよ」と思うシーンもあったけど、はしょり方としては考えたね・・って感じ)
トム・クルーズですが、私はそんな好きじゃないんだけど、でもいくつになってもヤングガイ(笑)。
屋根の上でのアクションとか、ジェイソン・ボーンですか?みたいな。オジサンなのに頑張ってますよ。
ピーター・サーズガードはトムよりも10歳近く年下のはずなんですが、どうみても、トムのほうが若々しいです。
ラストはちょっと納得できかねる部分もあるんですが、まぁ深く考えずに・・(笑)。

★★★☆

あ、オリヴィエ・マルティネスが出てるとは、帰ってきて映画の情報ページを見て初めて知りました。
ノーチェックだったから全然気付かなかった。
あのあたりのひとだったんだろうなぁ・・・と思うのはあるけど・・・DVD出たら見てみなくては!!
ひさしぶりのオリヴィエマルティエンスだったのに、見逃してちょっとショックです。


22:08 : [映画タイトル]な行トラックバック(1)  コメント(0)

【映】南極物語

B000FQ5FOU南極物語 [DVD]
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント 2006-08-23

by G-Tools


関係ないけど、「な行」の映画作品が少ない!と思ってるんだけど、ここ「ノエル」と「南極物語」と続いてる。最近、ちょっと「な行」の感想文が少なく、あえてな行の作品を選んで観た時期もあったのを思い出します(笑)。

この映画はご存知、高倉健主演の「南極物語」のアメリカ版リメイク。
ポール・ウォーカーが出てなかったら観てないと思うけど、出ているので観る事に。
日本版も観たはずですが、あんまり、覚えてなくて・・・(^_^;)
アマゾンのカスタマーレビューには「日本の映画にあるような悲愴感がなくなっている」というのがありましたが、そうかも・・。
でも、犬たちが良く訓練されていて、撮りかたもうまく、本当に犬が演技をしていると言うか迫真の演技なのですね。かわいいことかわいいこと。
ポールと犬を観る価値はあると思いますね。
14:31 : [映画タイトル]な行トラックバック(0)  コメント(0)

【映】ノエル

B000FOT8H2ノエル [DVD]
デヴィッド・ハバード
アミューズソフトエンタテインメント 2006-08-25

by G-Tools


クリスマスの夜を寂しく過ごす3人の男女に訪れる、ささやかな奇跡の物語。
もちろん、ポール目当てに見たのですが、意外にも心温もるなかなか素敵な群像劇でした。
ポールが演じているのは、恋人との結婚を間近に控えた警察官。これまたハマっておりました。でも、この彼がものすごく嫉妬深く、恋人に近寄る男性は何人たりとも許せない。これには恋人も困ってしまっているのだけど、案の定クリスマスイブにもケンカをしてしまう。。。。
そのうえ見知らぬ老人に「妻の生まれ変わり」と勘違いされるし、散々なクリスマスイブの夜。
その恋人役を、ペネロペ・クルスが演じているのだけど、この人のイメージが私はトム・クルーズの恋人だったときのイメージに固定されていて、「ブロウ」くらいしか見たことがなかったんだけど、印象には薄かったのです。でも、今回、彼女のメヂカラに驚きました。あんな瞳で見つめられたら男性はイチコロでしょうね・・・。
もう一人の主人公、スーザン・サランドン。自分のこともわからないアルツハイマーの母親の介護を続けて10年、夫とは別れ子どももなくひとりきりの生活。同僚と恋人への一線を越えられるかと思いきや、どうしても自分を解放できず、寂しいクリスマスイブ。そんな時、母の入院する病院で隣の病室にお見舞いに来ていた男性(ロビン・ウィリアムズ)と一晩一緒に過ごす羽目に。
そんな寂しい思いをした人々に、ガラスの天使がちょっとした「奇跡」を与えます。
まぁクリスマスをテーマにした作品ですから、後味のいい作品になってますね。
ポールも良いけど、ペネロペやスーザン・サランドンが存在感ありました。
しかし、「君は妻の生まれ変わりなんだ」とか言い寄られたら困るわね。。。(^_^;)


14:24 : [映画タイトル]な行トラックバック(0)  コメント(0)

ネバー・バックダウン

B001LOFA5Eネバー・バックダウン [DVD]
ショーン・ファリス, アンバー・ハード, キャム・ギガンデット, ジャイモン・フンスー, ジェフ・ワドロフ
Happinet(SB)(D) 2009-02-27

by G-Tools


たまたま、現代版「ベスト・キッド」と言う言葉が私のアンテナに引っかかって借りてみた。(とくに「ベスト・キッド」のファンと言うわけでもないけど・・。)
転校先の高校で格闘技に目覚め、強くなっていく主人公を描いた青春物です。私はこういう、いかにも狙ったような引いたり寄ったりが乱用(?)されてる手振れ映像が大嫌いなので、最初はちょっと敬遠してしまったけど、見ているうちに内容に引き込まれました。
父親の死を自分の責任だと感じ、母にも責められているように感じてしまっている主人公、彼が格闘技の師匠に出会う事で、肉体的にも精神的にも大人になっていく過程がちゃんと描かれていて、なかなかの掘り出し物かと思いました。

★★★

余談だけど、最後は当然というか、やっぱり格闘技の試合シーンで終わるんですが、ちょうどその場面が終わったとき私のケータイの着信が鳴りました。その着メロは「ロッキー」のテーマ。あらまー、ちょうどロッキーみたいだなと思っていたところ。ベタすぎてネタにもならない。と言うわけでこの作品も、基本はロッキーでした。

主役のショーン・ファリスって、トム・クルーズとアシュトン・カッチャーをミックスしたような(トムの厭なところを取ったような・・って、失礼な!)イケメン。好みじゃないけど、見ていて爽やかな・・・。ちょっとチェックしておこうかな。
seanfaris1

seanfaris2


10:39 : [映画タイトル]な行トラックバック(0)  コメント(0)

NEXT

B001CEIK64NEXT
ニコラス・ケイジ, ジュリアン・ムーア, ジェシカ・ビール, トーマス・クレッチマン, リー・タマホリ
ギャガ・コミュニケーションズ 2008-10-03

by G-Tools


2分先の予測が出来る特殊能力を持つ男、それが主人公のクリス・ジョンソン。人に自分の能力を知られる事のないように、しかし、その能力を利用して、マジックショーをしたりカジノで小さく稼いだりして日常をやり過ごす毎日。そんな彼の元にあるときFBIがやってくる(のが見える)。核爆弾がアメリカに持ち込まれたらしいので、探せと言う依頼を受ける(のが見える)。面倒には関わりたくないし、自分の能力以上のことを要求されるので、とりあえず逃げる。しかし、結局おいつめられ、協力することになるのだった。

どこまでが、クリスの見た未来なのか、本当の出来事なのか分からない。それが面白いのだけどいろんな矛盾もあって(見えているのが2分よりも先じゃないかとか)、FBIがクリスに目をつけるのもどうかと思うし、ツッコミどころが満載なんだけど、あんまり深く考えずに目の前に差し出された映像を追うと、案外楽しめます。私は結構好き。面白かった。そもそも、2分先が見えるという、良いのか悪いのか良く分からない特殊能力なのに、主人公はそれを上手く使っているし、カジノでの追いかけっこなんかは充分面白いです。懐かしいピーター・フォークが登場するのも嬉しい。
ネットの評判が悪く、期待しないで見たから、って言うのもあるかもしれません。そこそこ楽しめてラッキーでした。
10:59 : [映画タイトル]な行トラックバック(0)  コメント(0)

ノーカントリー

B001APXBUAノーカントリー スペシャル・コレクターズ・エディション
トミー・リー・ジョーンズ, ハビエル・バルデム, ジョシュ・ブローリン, ウディ・ハレルソン, ジョエル・コーエン;イーサン・コーエン
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン 2008-08-08

by G-Tools


言わずと知れたアカデミー作品賞受賞作品。
この映画を「おもしろかった?」と訊かれたら「うーん、それほどでも」と答えると思う。「好きなタイプの作品か?」と訊かれれば「特にそんなことはない」と言う。でも「何年かたっても、覚えていると思うか?」と言う問いには「覚えていると思う」と、答えます。そんな作品。

大金をひょんなことから掠め取ってしまった男が、そのお金を持ち帰るように誰かから依頼された殺し屋にしつこく付回され、命を狙われ、そして全てを把握している保安官は、狙われている男の命を守ろうと二人を追う。
見ている間はじわじわ迫る恐怖感と、淡々とした緊迫感が続いて、次はどうなる、二人の男はどうなるんだろう、と見入ってしまうのだけど、映画が終わったとき「え・・・これで終わり?」と、思わずとなりにいる人に尋ねてしまうような。「だからなんだったの」と訊きたいような。。。
つまりは(ここはネタバレか?→)「命を狙われる男を助けたかったのに、助けられなかった保安官の話だったのか」と、ラストでやっと分かった感じ。

★★★


10:38 : [映画タイトル]な行トラックバック(0)  コメント(4)